Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

季節の変化を告げる雨 豊かな"梅雨言葉"に心もしっとり

6月前後だけじゃない?年に4回ある「梅雨」

 日本では、6月を中心とした5月から7月にかけて、雨や曇りの日が多い期間を「梅雨」と呼びますね。ところが、この6月を中心とした時季以外にも、「〇〇梅雨」と呼ばれる期間があるのをご存知でしょうか?また、6月前後のいわゆる「梅雨」に関しても、その性質や移り変わりを表す言葉がたくさんあります。「梅雨」をめぐる言葉から、日本の天気の特徴をみてみましょう。

季節の変わり目には雨が多くなる!

 季節の変わり目は天気が不安定になり、雨が降りやすいもの。特に期間が長いのが、春と夏の変わり目である 「梅雨」 で、沖縄は大体5月に梅雨入り•6月に梅雨明けするのに対し、東北北部は6月に梅雨入り•7月に梅雨明けすることが多いです。北海道は梅雨がないといわれますが、5月下旬から6月上旬の2週間ほど、梅雨に似た天候が続くことがあり、そえぞつゆれを「蝦夷梅雨(えぞつゆ)」と呼んでいます。
 「梅雨」以外に雨が多い時季といえば、「秋の長雨」 という言葉もよく聞きます。これは夏と秋の変わり目である8月下旬から10月上旬にかけて、しっとりした雨が続く期間のことで、別名 「すすき梅雨」 といいます。本来の「梅雨」ほど勢力は強くありませんが、台風と重なると大きな被害を出します。
 冬と春の変わり目である3月下旬から4月上旬にかけての数日間、主に関東から九州の太平洋側で見られるのが 「菜種梅雨(なたねづゆ)」。菜の花が咲く時季の長雨で、豪雨は少なく、雨や曇りのどんよりとした天気が続くのが特徴です。
そして秋と冬の変わり日が 「 山茶花梅雨(さざんかつゆ)」。山茶花が咲く11月下旬から12月上 旬ごろの連続した降雨を指します。菜種梅雨と山茶花梅雨は、期間が短く地域も限定されているので、そこまで知名度はないようです。

本家本元の「梅雨」は表す言葉も豊富

 本家本元の 「梅雨」に関する言葉は、やはりバラエティ豊富です。
 本格的な梅雨に先立ち、天気がぐずつくことを「走り梅雨(づゆ)」、梅雨入りを別名「入梅(にゅうばい)」、梅雨の間の一時的な睛天を「五月睛れ」、梅雨に訪れる季節はずれの寒さを「梅雨寒(つゆざむ)」、梅雨明けごろの雷を伴う激しい雨を 「送り梅雨(づゆ)」、梅雨明けを別名「出梅(しゅつばい)」、梅雨が明けたにも関わらず雨が続くことを「戻り梅雨(づゆ)」などといいます。
 また、弱い雨がしとしと続く梅雨を 「 陰性梅雨(いんせいばいう)」、降るときは短期間に激しく、降らないときはすっきり睛れる梅雨を「 陽性梅雨(ようせいばいう)」、雨量が少ない梅雨を「空梅雨(からつゆ)」や「旱梅雨(ひでりづゆ)」などといいます。

 立葵(たちあおい)は別名「梅雨葵(つゆあおい)」といいます。立葵の花は下から上へ咲き進むのですが、下の花が咲くころ梅雨入りし、一番上の花が咲くと梅雨明けするといわれています。さて、今年の立葵の咲き進み具合は、一体どうなるのでしょうか?

うまくいく二世帯同居 - 親世帯・子世帯が一緒に暮らす「完全同居」-


寝室を除くすべての空間を共有する二世帯同居のスタイルです。親世帯・子世帯の交流が図りやすいので、食事の時間や就寝時間など生活スタイルに大きな差がないご家庭、育児や家事において両親のサポートを受けたい子育て世代などに向いています。


「完全同居」のメリット

  • 現在の住まいに少し手を加えるだけで二世帯住宅にすることができるため、リフォーム費用を抑えやすい。
  • 玄関、キッチン、浴室などを共有するため、その分、リビングやダイニングスペースをゆったり設けることができる。
  • 子世帯、親世帯を分けた同居スタイルではないため、家族が増えたときもフレキシブルに部屋を利用できる。
  • おじいちゃん、おばあちゃんと暮らすことで、子どもが思いやりの心を育むことができるほか、若い世代だけでは省略しがちな伝統行事も継承される。

家族みんなが集う広いLDK

家族が集うリビングダイニングは、開放感あふれる広さを最優先するとよいでしょう。ゆとりあるスペースの中では親と子、祖父母と孫の自然なコミュニケーションが生まれます。また、大型のテーブルを置くことで、家族みんなで食事をしたりお茶を飲んだりできるほか、孫たちがお絵かきをしたり、宿題をするスペースとしても有効です。

家族みんなに優しいバリアフリーの採用

幅広い年代が長期間にわたり一緒に暮らす二世帯同居では、子どもの誕生、孫の成長、祖父母の高齢化など、単世帯に比べ様々な変化を経験することになります。そのため、将来のことを考慮した、柔軟性のあるプランを考えておくとよいでしょう。赤ちゃんから高齢者まで誰もが使いやすい住まいにするには、床の段差の解消や、手すりの設置など、バリアフリー対策を考慮したユニバーサルデザインを採用することで、暮らしやすさが一段と高まります。

アドバイス
  • 共用部分が多いので、個人専用スペースを設けるなど、プライバシー確保の工夫が必要です。
  • ライフスタイルの異なる世代が一緒に暮らすゆえの問題が生じることもあります。同居前から想定される問題は、プランづくりの前によく話し合い、解決しておくことが大切です。

お薦めプラン


将来の同居を見据えた住まい作り

今すぐの同居は難しくても、将来的に二世帯同居を考えているならば、平日の夕食を共にしたり、週末に親世帯を訪ねて週末同居をしたり、時間をかけてお互いの暮らし方を理解しあうのもよいかも知れません。まずは、みんなの集うリビングを広いLDKにするなど、必要に応じて部分ごとリフォームをしていくのもよいでしょう。

ダイニングとつながる「蔵」の上のリビング 細長い敷地を上手に活かした伸びやかな家

[岩手県 Mさま邸]

ご結婚3年目のMさまが、駅から近い立地が気に入って購入されたのは、間口が狭くて奥に長い両面道路の土地でした。お住まいはその形状を上手に活かし、玄関ホール、キッチン、ダイニング、リビングが一直線に続く機能的な間取りに。通路にもなるキッチン空間には中心にアイランドのカウンター収納を配し、レンガ調の腰壁でカフェのような雰囲気に演出しています。「カウンターは配膳にも便利に使えますし、友人とのホームパーティーの際にも活躍してくれそうです」とMさま。

吹き抜けのダイニングは大収納空間「蔵」の上に設けたリビングと開放的につながり、面積以上の広がりを感じます。また、南北の窓から光が差し込んで明るさも満点。「広い『蔵』があるからモノがしまいやすく、すっきりと暮らせるのがうれしいですね」と奥さまはにっこり。
リビングに上がると、そこはオレンジ色のソファが映えるラグジュアリーな別空間の趣で、気分もくつろぎモードに変わるそう。「夕食後、ここで映画を見ながらゆったりと過ごす時間が心地いいですね。1.5階の高さなので道行く人の視線も気になりません」とMさまは語ります。

共働きのご夫妻は家事動線にもしっかり配慮。洗面・浴室のある2階の東側にファミリークロゼットを兼ねた広いランドリースペースを設け、「洗う・干す・乾かす・しまう」をスムーズに。「洗濯物を干したまま出勤し、乾いたらそのままオープンなクロゼットのハンガーパイプにかけて完了。2人とも時間が不規則な勤務ですが、洗濯や家事のストレスがなくなりました」とお喜びです。

キッチン空間はアイランドカウンターでカフェ風に。

2階の「蔵」にはスポーツアイテムを収納。

玄関には趣味のロードバイクをディスプレイ。

家族の事情で決まる「建て時」 ゆとりある資金計画を冷静に判断ファイナンシャルプランナー深田晶恵

はじめて資金計画を立てようとする場合、意外と見落としがちなポイントが少なくない。
資金計画相談業務の豊富な経験を持つファイナンシャルプランナー深田晶恵さんにうかがった。

我が家の建て時とは?

── 住宅ローンの金利が史上最低水準と呼ばれるレベルを推移しています。絶好の「建て時」「買い時」という声も聞きますが、どうお考えになりますか?

深田  金利が低い今のうちにローンを組んで住まいを手に入れておこうというのは、一般的にはその通りだと思います。ですが、金利などの外部要因以上に、家族それぞれの「我が家の建て時」を重視することが大切です。たとえば、住まいを購入してもお子さんが転校せずに済むタイミング。あるいは、お子さんの人数が確定したとき。そうした家族ごとの事情が建て時を左右すると思います。

── お子さんの数によって必要な養育費も大きく変わりますから、将来にわたる資金計画を立てるうえでも大切な要素ですね。

深田  お子さんの話でいえば、最近は「保育園縛り」という問題もあります。これは私の造語ですが、都心に近い利便性のいいエリアで賃貸住まいをしている共働き夫婦が、マイホーム購入を検討するとき、ようやくお子さんが入れた保育園の権利を失いたくないため、そのエリアから離れられなくなってしまうことを意味します。

── 待機児童の問題が盛んに報道される昨今では、改めて探そうとしても入れる保育園がないという事態もありそうです。

深田  今の便利な住まいから数十分電車に乗った郊外にエリアを拡げると、物件価格が1千万円以上安い戸建てが見つかる可能性もあります。思い切って子育てに向いたエリアに移って住まいを探すという方法もありますよね。ですが、「保育園縛り」が理由で、その選択肢を選べないという方もいらっしゃいます。

── 他にも意外と気づかない注意点があれば教えていただけますか。

深田  たとえば、初めて住まいを手に入れようと考えた場合、同じ勤務先の同期社員がマイホームを購入したのを見て、自分も同じ金額の住まいを買っても大丈夫と考える方がいらっしゃいますが、その判断は危険です。同じ収入でも、年間に貯蓄できる金額は人によって違いますからね。

我が家の「お金の実力」を知る

深田  結婚と同時に住まいを購入する計画を立てる若い方もいらっしゃいますが、それもおすすめしません。結婚してから二人でいくら貯蓄ができたか。それが何年続いたか。そうした実績、いわば「我が家のお金の実力」を見極めて資 金計画を立てていただきたいですね。貯蓄をすることは、住宅ローンを返す練習にもなります。

── 「お金の実力」を理解して返済計画を立てる。その重要性は若い夫婦以外にも言えますね。

深田  返済額を決める目安の一つに「今の家賃並みの額」という考え方がよくいわれますが、実際に家賃並みに設定すると苦しくなります。住まいを所有すると固定資産税がかかり、その分だけ住宅費がオーバーしてしまうからです。年間の家賃額から固定資産税額を引いて、残った金額を12で割ったものが、今と同じ暮らしができる返済額です。とはいえ、持ち家になるのだから、もっとがんばるつもりだという方もいらっしゃいます。そのための貯蓄に励んでいた方なら、家賃並みプラス1万円〜2万円多くても返していけるというケースもあります。

── 判断するうえでも我が家の「お金の実力」を知っておきたいですね。

深田  予期せぬことが起こるのが人生です。たとえば勤務先の業績が急に悪化したり、思いがけずもう一人子どもを授かったりといった理由で、世帯収入が一時的にダウンする可能性もないとはいえません。不測の事態に備えるためにも、住宅ローンでリスクを取るべきではありません。住まいづくりは決断する場面がたくさんあります。どれだけ冷静になれるか、それが大切です。

深田晶恵(ふかた・あきえ)

ファイナンシャルプランナー。(株)生活設計塾クルー 取締役。個人向けコンサルティングなどを行う一方、国土交通省の「住宅ローン商品改善ワーキングチーム」をはじめとした数々の委員を歴任。著書に『住宅ロー ンはこうして借りなさい』ほか。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP