Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

季節の変化を告げる雨 豊かな"梅雨言葉"に心もしっとり

6月前後だけじゃない?年に4回ある「梅雨」

 日本では、6月を中心とした5月から7月にかけて、雨や曇りの日が多い期間を「梅雨」と呼びますね。ところが、この6月を中心とした時季以外にも、「〇〇梅雨」と呼ばれる期間があるのをご存知でしょうか?また、6月前後のいわゆる「梅雨」に関しても、その性質や移り変わりを表す言葉がたくさんあります。「梅雨」をめぐる言葉から、日本の天気の特徴をみてみましょう。

季節の変わり目には雨が多くなる!

 季節の変わり目は天気が不安定になり、雨が降りやすいもの。特に期間が長いのが、春と夏の変わり目である 「梅雨」 で、沖縄は大体5月に梅雨入り•6月に梅雨明けするのに対し、東北北部は6月に梅雨入り•7月に梅雨明けすることが多いです。北海道は梅雨がないといわれますが、5月下旬から6月上旬の2週間ほど、梅雨に似た天候が続くことがあり、そえぞつゆれを「蝦夷梅雨(えぞつゆ)」と呼んでいます。
 「梅雨」以外に雨が多い時季といえば、「秋の長雨」 という言葉もよく聞きます。これは夏と秋の変わり目である8月下旬から10月上旬にかけて、しっとりした雨が続く期間のことで、別名 「すすき梅雨」 といいます。本来の「梅雨」ほど勢力は強くありませんが、台風と重なると大きな被害を出します。
 冬と春の変わり目である3月下旬から4月上旬にかけての数日間、主に関東から九州の太平洋側で見られるのが 「菜種梅雨(なたねづゆ)」。菜の花が咲く時季の長雨で、豪雨は少なく、雨や曇りのどんよりとした天気が続くのが特徴です。
そして秋と冬の変わり日が 「 山茶花梅雨(さざんかつゆ)」。山茶花が咲く11月下旬から12月上 旬ごろの連続した降雨を指します。菜種梅雨と山茶花梅雨は、期間が短く地域も限定されているので、そこまで知名度はないようです。

本家本元の「梅雨」は表す言葉も豊富

 本家本元の 「梅雨」に関する言葉は、やはりバラエティ豊富です。
 本格的な梅雨に先立ち、天気がぐずつくことを「走り梅雨(づゆ)」、梅雨入りを別名「入梅(にゅうばい)」、梅雨の間の一時的な睛天を「五月睛れ」、梅雨に訪れる季節はずれの寒さを「梅雨寒(つゆざむ)」、梅雨明けごろの雷を伴う激しい雨を 「送り梅雨(づゆ)」、梅雨明けを別名「出梅(しゅつばい)」、梅雨が明けたにも関わらず雨が続くことを「戻り梅雨(づゆ)」などといいます。
 また、弱い雨がしとしと続く梅雨を 「 陰性梅雨(いんせいばいう)」、降るときは短期間に激しく、降らないときはすっきり睛れる梅雨を「 陽性梅雨(ようせいばいう)」、雨量が少ない梅雨を「空梅雨(からつゆ)」や「旱梅雨(ひでりづゆ)」などといいます。

 立葵(たちあおい)は別名「梅雨葵(つゆあおい)」といいます。立葵の花は下から上へ咲き進むのですが、下の花が咲くころ梅雨入りし、一番上の花が咲くと梅雨明けするといわれています。さて、今年の立葵の咲き進み具合は、一体どうなるのでしょうか?

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP