Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

あなたはシャリシャリ派?フワフワ派? かき氷で夏の暑さを吹き飛ばそう!

侮れない冷んやりスイーツかき氷の魅力に迫る!

 7月25日は"かき氷の日"。かき氷の別名である「夏氷(なつごおり)」と「725(なつごおり)」を掛けた語呂合わせと、7月25日が「最高気温記念日」だったことが由来です(現在では別の日に最高気温を更新しています)。かき氷は昔ながらの夏の風物詩であるとともに、最近は海外のかき氷がブームになるなど、最新のスイーツとしての側面もありますね。そんなかき氷の今昔をご紹介します。

かき氷が貴族の贅沢から庶民の楽しみになるまで

 かき氷の歴史は古く、最初に登場する文献は、清少納言の『枕草子』。「あてなるもの(上品なもの、良いもの)」として、「削り氷(けつりひ)に甘葛(あまずら)入れて、新しき金鋺(かなまり)に入れたる」という記述があります。甘葛はツタの樹液を煮詰めてシロップ状にした甘味料のこと。それを削った氷にかけて金属製の器に盛るというのですから、まさにかき氷です。とはいえ、清少納言が生きた平安時代は氷も甘味料も貴重なもの。楽しめるのは貴族など一部の階層に限られていました。
 かき氷に庶民の手が届くようになったのは、明治時代以降のこと。明治初期に天然氷の製造販売が広まると、氷が比較的手に入りやすくなりました。明治2年には横浜の馬車道で「氷水店」(※「氷水」は「かき氷」の別名)が開店し、人気を博しますが、まだまだ高級品だったようです。やがて明治後半になり、人造氷の生産が拡大すると、やっと庶民にも楽しめるようになりました。しかし、本格的なブームがやってきたのは昭和時代の初期。かき氷機が普及してからだそうです。

かき氷の美味しさは進化し続けている!

 戦前のかき氷の定番メニューは、砂糖をかけた「雪」、砂糖蜜をかけた「みぞれ」、小豆餡を載せた「金時」のおもに3つ。夏祭りなどでおなじみの、色とりどりのシロップは、戦後に発売されたものだそうです。市販のシロップは今も増え続け、無添加のものや、新しい味、料理にも使えるタイプなど、日々進化しています。
 戦前・戦後は"かき氷の定番メニュー"が定着した一方で、さまざまな"ご当地かき氷"も生まれました。鹿児島の白くま、熊本のコバルトアイス、沖縄のぜんざい等々...。ご当地かき氷は今も各地で生まれており、イベントなどで一堂に会する機会もあるので要チェックです。
伝統的なかき氷はシャリシャリとした食感でしたが、今は天然氷を削ったフワフワのかき氷が人気を集めています。天然氷は頭がキーンとしにくいのも特徴です。また天然氷を使う店はシロップをオリジナルで作っているところが多いようで、そこも人気の秘密のようです。
 ここ数年は、台湾のマンゴーかき氷や、韓国のミルクかき氷など、海外のかき氷がブームになりました。次はどんなかき氷が登場するか、楽しみですね。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP