Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

築年数ごとのメンテナンス計画をたてましょう。


住まいのメンテナンスは「なにか起こってから」では手間も費用も多くなります。「いつ」「どこを」メンテナンスすればいいのかは、なかなか分かりづらいですよね。そこで築年数ごとのメンテナンス例をご紹介します。これらを参考に計画的なメンテナンスを行って、長く安全で快適な暮らしを実現しましょう。



築10年目

クロスの貼り替え

クロスとクロスの境目が剥がれてていませんか?
汚れが目立つ、クロスとクロスの境目が剥がれてくる、といった症状が出てくるのが築10年目前後です。そのままにしておくとさらに汚れや剥がれが広がります。これを機に一部を珪藻土※などの塗り壁すると、雰囲気が変わり、美観上のメンテナンスとしても効果的です。

※珪藻土とはプランクトンの殻の化石が、長い間堆積してできた土のことを指します。壁材として使用することで、脱臭機能や調湿機能の効果があります。

給湯器の交換

お湯の出が悪いなどと言った、給湯機のトラブルはありませんか?
給湯器が故障すると、お湯を使うことができなくなります。水がなかなかお湯にならないなど、小さなトラブルでも放置せずに修理をしましょう。多くのメーカーの部品保有期間は、製造打ち切りになった後約7年間と言われています。この期間を過ぎてしまった後もトラブルが続く場合は、給湯器自体の交換が必要になります。

その他、築10年目に必要となってくるメンテナンス
  • 畳表の張り替え
  • 水栓(給排水)のパッキン交換
  • トイレ、タンクの部品交換

築10・20年目

屋根・外壁塗装

屋根・外壁が色あせていませんか?
この時期に、外壁や屋根の塗り替えを行うことは、劣化の進行を抑えることにも繋がるので、結果的に住まいを長持ちさせる効果があります。最近の塗装には遮熱効果が含まれているものもあるので、メンテナンスの際には一緒に検討してみてはいかがでしょうか。


築20年目

雨どい交換

雨どいが白っぽくなっていませんか?
雨どいは屋根に降った雨水を集めて地上や下水に流します。これが機能しないと外壁に雨水が直接垂れて汚れるだけでなく、基礎や土台にも影響を与える可能性があります。特に台風や梅雨、落ち葉の季節は継目のずれ、ゆがみなどが生じやすいので注意が必要です。表面が白っぽくなり簡単に割れてしまう状態になったら、交換のサインです。

フローリング張り替え

フローリングにキズやきしみ、反りはありませんか?
フローリングにキズやきしみ、反りなどが目立つようになったら張り替えのサインです。補修方法はフローリングの材質によって異なります。無垢材は浅いキズなら薄く削ることで補修できます。また、合板の場合は張り替えが必要になります。表面の化粧版が削れて、下地が見えてきたら張り替えのサインです。

その他、築20年目に必要となってくるメンテナンス
  • ユニットバス本体の交換
  • ガス・IHコンロ本体の交換
  • 洗面化粧台本体の交換

築30年目

屋根スレート張り替え

工事会社に腐食や強度をチェックしてもらいましょう
築30年ごろになると、屋根スレートの張り替えが必要になってきます。張り替えのタイミングを知るには、工事会社などの専門家に確認してもらうのが最適です。例えば、美観目的で屋根の塗り替えを行う際などに、工事会社にあわせて下地の腐食やスレート自体の強度をチェックしてもらうのがいいでしょう。

サイディング(外壁材)張り替え

サイディングボードが反ったり、剥がれてきていませんか?
築30年が経過して、サイディングボードの反り、剥離が目立ち始めたら張り替えのサインです。放っておくと内部に水が浸入して構造材である土台・柱などを腐食させると同時に湿気がシロアリを誘います。

その他、築30年目に必要となってくるメンテナンス
  • 内部ドアの交換
  • トイレ本体の交換
  • サッシの交換
  • シャッターの交換
  • 玄関・勝手口ドアの交換

住まいのメンテナンスは計画的に

大切な住まいで長く快適に過ごすために、築年数に合わせてチェックすべきポイントがたくさんあります。ミサワホームのリフォーム会社「ミサワリフォーム」のホームページでは、築年数に合わせたさまざまなリフォームメニューをご紹介しています。ぜひ一度チェックしてみてください。
ミサワリフォームのホームページはこちら

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP