Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

1/fゆらぎ効果と非日常体験が味わえる「焚き火」で心身をリフレッシュ!

11月は焚き火シーズン?最近の意外なブームとは

11月の季語に「御火焚(おほたき・おひたき・おしたき)」があります。京都を中心に各地の社寺で行われる祭事で、文字通り火を焚く祭りです。この「火を焚く」という行為には特別な効果があるらしく、ここ数年は「焚き火」が静かなブームとなっているようです。人間の心理や文化に深く関わる焚き火について、現在では禁止されている「野焼き」との違いなどとともにご紹介します。

宗教的に重要な意味を持つ焚き火

御火焚の祭事は境内で火を焚き、一年の収穫を感謝したり、厄除けや願い事の成就を祈願するもの。燃やすものは稲わら・お火焚串・護摩木など各社寺によって違い、またお供え物や付随する祭事もそれぞれ異なりますが、メインが「火を焚く」ことに変わりはありません。御火焚の祭事は多くの社寺、また一般家庭でも行われるため、京都の11月は「火のお祭り月」とも呼ばれているそうです。
御火焚の由来は、天皇がその年の収穫に感謝する「新嘗祭(にいなめさい・にいなめのまつり・しんじょうさい)」が民間に広まったものという説、旧暦の11月は冬至に近かったので、一年で最も弱まる太陽の力の復活を願ったものという説など、諸説あります。

焚き火は現代人の心をいやしてくれる

このように、信仰の場では相変わらず重要な「火を焚く」という行為ですが、ガスや電気が普及し、生活の場ではめっきり少なくなりました。屋外で落ち葉やごみを燃やす「焚き火」は残りましたが、それも平成13年の廃棄物処理法改正でほとんどみられなくなりました。
しかし、火を焚く行為には実利以上の特別な魅力があるようで、数年前から焚き火が静かなブームとなっています。
真っ暗な中でひとつの炎を囲むと、連帯感が高まるそうです。また、火を起こして消えないように維持するのは、意外と技術と集中力を要します。黙々と炎と対峙することが、一種の癒しとなるようです。さらに、炎の不規則なゆらめきは「1/fゆらぎ」のリズムを含み、リラックス効果があるのだそうです。仲間とだけでなく、ひとりでも楽しめるとして、「ソロキャンプ」「ソロ焚き火」なる言葉も聞かれるようになりました。

マナーを守って焚き火を楽しもう!

実は、廃棄物処理法で「野焼き」と「焚き火」は区別されており、暖をとるための焚き火やキャンプファイヤーは、例外として認められています。ただし、自治体の条例や、施設等の管理規則によって、規制・制限されていることがほとんどです。また、キャンプ場などでも直火は禁止で、「焚き火台」が必須というところが多いようです。
もし「焚き火」に興味を持たれたら、事前にルールや方法をよく調べてチャレンジしてくださいね。

太陽光発電システムの設置から売電まで

太陽光発電の設置までをチェックポイントで確認


「太陽光発電システム」を設置するには現地調査や、補助金の申請などやるべきことがたくさんあります。ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、工事会社にお願いをすれば、ほとんどの手続きを代行してくれるので安心です。とは言え、どのようなことをするのかは事前に知っておきたいもの。そこで設置までの段取りを追いながら、それぞれのチェックポイントをご紹介します。


効率的に発電できるように、現地調査を行いましょう

「太陽光発電システム」の発電量は住宅の向きや、周辺の建物の形状によってかなり違いがあります。たとえばソーラーパネルを設置する向きは真南がもっとも効率が良いとされており、真南の発電効率を100%とした場合、南東・南西では約95%、真東・真西では約80%程度になります。また、設置する角度によっても違いがあり、もっとも効率的な角度は30度と言われています。そこで工事の前には現地調査を行い、最適なシステムの提案をしてもらうことをオススメします。


補助金の申請について確認しましょう

「太陽光発電システム」には設置費用に対して国からの補助金制度があります。その金額は1kWあたり1万5000円から2万円です。一般的な容量の3〜4kWの「太陽光発電システム」を設置するとすれば、およそ4万5000円から8万円の補助が受けられます。また、都道府県によっては、独自の補助金制度を設けている場合もあるので各自治体に問い合わせてみましょう。


申請については工事会社に相談しましょう

くわしくは「一般社団法人 太陽光発電協会 太陽光発電普及センター」のホームページで確認できますが、実際の手続きは工事会社に申請を代行してもらうのが一般的です。


電気を売ることができる、売電の仕組み


「太陽光発電システム」を検討している人にとって、「太陽光発電システム」の気になる制度と言えば売電ではないでしょうか?「余った電気を電力会社へ売る」というところまでは知っているけど、実際にはどういう仕組みなのかわからない・・・そのような疑問を解決するために、ここでは、実際に電力会社から発行される明細書のサンプルなどを元に、分かりやすく解説していきます。


売電とは?

売電とは、昼間に発電し、ご家庭で使いきれなかった電気を電力会社に売る仕組みです。特別な機器の操作などをせずに、昼間は電気を売って、夜は買う、というやり取りを自動で行うことができます。


売電ができる時はいつ?

「太陽光発電システム」が活躍するのは、太陽が出ている昼間の時間です。とは言え、日中は発電量に比べ、電気をあまり使わないことが多いものです。そのような時に、余った電気を売ることができるのです。


売電料金の確定手順とは?

月々の売電価格は電力会社が毎月売電メーターを検針(電力量計を調査)することで確定します。この金額は通常の「電気ご使用量のお知らせ」のほかに毎月届く、「余剰購入電力のお知らせ」という明細書で確認できます。


売電料金の入金方法とは?

検針によって確定した売電料金は翌月に振り込まれます。検針日・振り込み日は電力会社によって違うので確認しましょう。ここで注意したいのは売電と買電とは、別の手続きになるということです。つまり電力会社から送電してもらった買電の料金は今まで通りに支払うことになります。「売電料金から買電料金を差し引いてくれればいいのに」と思われるかもしれませんが、残念ながら今のところそのようなシステムにはなっていません。太陽光発電システムを導入した際には通常の電気使用分の明細に加え、電力会社に売電した分の明細が発行されます。


売電価格とは?

2020年度の売電価格は1kWあたり21円(10kw未満)です。(※2020年11月現在)この価格は「太陽光発電システム」を設置した年に確定し、10年間据え置きとなります。なお実際に毎月どれくらいの収支になるのかは、先ほどご紹介したソーラー設置診断のホームページでシミュレーションできるので確認してみましょう。


【コラム】売電から生まれる節電の意識!

今、どれくらい売電できているのか・・・という売電量は家の中のモニターで確認できます。リアルタイムで売電量がわかるのは嬉しいですね。「今は発電量より使う電力が多いから売電できていない」といったことを、目にすることができるので、自然と節電意識にもつながります。売電をすることで、これまで気づかなかったエネルギーの大切さを知るきっかけになるのではないでしょうか。


太陽光発電の素朴な疑問Q&A


停電の時でも使える?

晴天の日中であれば、停電であっても発電を行うことができます。「自立運転コンセント」を利用することで、停電中でも家電機器を使用できます。ただし設置するシステムによってワット数の上限があるので、災害に備えるためにも、事前に確認しておくことをオススメします。


天候によって発電量はどれくらい変わる?

快晴の時を100%とすると、曇りで40〜60%、雨で12〜20%の発電量になります。雨の日でも、全く発電されない・・・というわけではありません。


発電した電力は貯めておける?

太陽光発電システム自体に電力を貯めておく機能はありません。発電した電気は、その場で使用するか売電するかになります。しかし、「蓄電池」を併用することで電力を貯めておくことができます。


地震がきた際、住まいへの影響は?

家の耐震性を考えると、屋根は軽い方が良いとされています。ですが、最近の「太陽光発電システム」の重さは同じ面積の和瓦に比べ、1/4から1/5と軽量です。そのため屋根への負担は、年々軽減されてきています。


掃除は必要?

太陽電池の表面に付いた汚れは雨で自然に流れるので掃除の必要はありません。また周辺の交通量が多いなどで油性の汚れが付いた場合でも平均的な都市部であれば出力低下は数%程度です。どうしても汚れが気になる場合は、工事会社などの専門家に相談しましょう。

ホテルのラウンジを思わせる美しいリビング 高い天井の開放感あふれる平屋の暮らし

[大阪府 Yさま邸]

「夫婦だけの暮らしなので、部屋数よりもゆとりと開放感がほしい」との思いから、平屋のお住まいを建てられたYさま。北側に視線が抜けるロケーションを活かし、LDKはあえて北東に配置。リビングは天井高が3.6mもあり、まるでホテルのラウンジのよう。

高い窓からも光がふんだんに差し込み、明るさに包まれています。テレビを掛けた鉄錆色のアクセント壁の左右に配した北側の窓から空と緑が眺められ、「夜は星空も見えます」とYさま。一方、通常の高さに抑えたダイニングキッチンの天井は黒のクロスで引き締めてメリハリをつけています。

白×黒×茶でコーディネイトされたインテリア空間は、余分なものが一切ないシンプルモダンな美しさ。キッチンとダイニングテーブルは同じ素材と色合いで統一して一体感を生み出しています。「生活感の漂わない住まいづくりにこだわった」と語るYさまは、キッチンの演出にも気を配り、家電製品も冷蔵庫もパントリー内に隠してすっきりと洗練された表情にされました。コーヒーがお好きなご夫妻は、壁面にエスプレッソマシンを埋め込んで"おうちカフェ"を楽しまれています。

リビングのスケルトン階段でつながる1.5階は、趣味のゲームを楽しむ書斎スペース。黒をベースにしたインテリアが落ち着いた雰囲気を醸し出しています。「木調格子越しにリビングを見下ろせるので、こもっていても孤独感がありません。夫婦が別々の場所で思い思いに過ごしていても、お互いの気配が感じられるのがいいですね」とYさまに幸せそうな笑顔が広がりました。

ホテルライクな洗面室。

上下に配した横長窓でプライバシーを守りつつ光を採り入れた寝室。大収納空間「蔵」も配置。

高天井の伸びやかな玄関ホール。

100年後もまちに残る 未来の住まいと暮らし一級建築士山﨑健太郎

私たちの暮らしと社会が大きく変わりつつある今、建築家が考える未来のグッドデザインとは。
住宅や病院、福祉施設、公共施設など、さまざまな建築を手掛ける山﨑健太郎さんにうかがった。

100年先を見据えた建築を

── 新型コロナウイルスの出現は、暮らしを一変させました。この状況は、これからの住まいづくりも変えていくのでしょうか。

山﨑 確かに暮らしは変わりました。けれど、そこでの多くの課題は、実はみんなが以前から薄々感じていたことです。たとえば職住の問題。リモートワークのような柔軟な働き方は以前から推し進められていましたが、住まいの中に そのための快適な環境がありませんでした。そうした課題が、この機に一気にあらわになったというのが今の状況です。

―― 人のつながりの大切さをあらためて実感している人が多いのも、同様のことといえますね。

山﨑 目の前の変化に建築が応えていくのはもちろん大切です。けれど、建築とは50年、100年という歳月に耐えるもの。状況が変わったからといって私たちが大切にしてきたものまで変えてしまうという考え方は、少し違うのかな と感じています。むしろ、時代が変わっても変わらない普遍的な価値をあらためて掘り下げる。それが必要かもしれません。

「便利さ」よりも大切な価値を

山﨑 今ある社会のニーズに応えようとすると、つくり手は便利なモノをつくろうという発想になってしまいます。それは目の前の状況に対してはとても便利でも、別の状況では融通が利かないといったことに陥りやすい。現代は価値 観も多様化していますし、成熟した価値観をお持ちの消費者も多い。そう考えると、便利なモノを届けるのではなく、住まう人にどうやって使い方をゆだねるか、そこを考えることが大切だと思います。

―― 山﨑さんが手掛けた「未完の住まい」でも、その考え方が大切にされていますね。暮らし方の変化に合わせて、使い方を自由に変えられる住まいです。

山﨑 自由に変えられる空間といっても、何もない一部屋を差し出すわけにはいきません。そこが設計の難しいところであり、設計者として腕を問われる部分です。

―― こんなふうに住んだら楽しい。そんな気づきのヒントがさりげなくちりばめられた空間なら、住む人の発想を刺激して、暮らし方や楽しみ方の可能性をさらに広げてくれそうですね。

大切にすべき普遍的な価値とは

山﨑 そうした建築を考えるうえで、いくつか大切なテーマがあります。その一つが、人間の身体感覚です。例を挙げるなら、室内の温熱環境。オフィスビルの設計の場合、多くの人にとって快適な環境は、室温26℃、湿度40〜60%と されています。ですが、「快適」の感じ方は人によって千差万別。空調が不均質だとしても状況によっては許容されるのではないかという考え方もあります。たとえば、空間の一部を26℃に、別の一部は28℃にしながら外気が感じられる 状況をつくれる設計とする。人が自分の快適さに合う場所へ移動することになりますが、それは不便ではなく「価値」になるわけです。

―― 若い人たちの間でもアナログレコードに人気が集まるなど、あえてひと手間かけることを楽しんでいる方が増えています。これも身体感覚で味わう楽しさですね。

山﨑 身体感覚は楽しさや心地よさの重要な鍵ですよね。同じ26℃でも、空調と自然の風とでは、感じる心地よさが違います。そうした感じ方は、時代が変わっても、変わることのない大切な価値です。それをどうやって建築に織り込む か。これからの建築にとっての大切なテーマですね。

―― 人によって異なる多様な価値観や心地よさを大切にできること。その答えの一つが、使い方を自由に変えられる住まいなのですね。

山﨑 100年後の未来を断言できる人はいません。どんな状況や価値観にも応えられる自由な住まいが、これからは必要かもしれませんね。

山﨑健太郎(やまざき・けんたろう)

一級建築士。株式会社山﨑健太郎デザインワークショップ 代表取締役。
1976年千葉県生まれ。2002年工学院大学大学院修了。2008年山﨑健太郎デザインワークショップ設立。子ども、高齢者、障がい者など、あらゆる人にとっての心地よい居場所の模索や、地域にも貢献する建築のあり方などを真摯に追及 した建築は、国内外の多くのアワードを受賞。現在、工学院大学・東京理科大学・早稲田大学非常勤講師、明治大学・法政大学兼任講師。2020年よりグッドデザイン賞審査委員。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP