Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

持続可能なまちづくりと「つながり」をつくる住まい東京都立大学教授 都市計画家饗庭 伸

多くの社会課題を抱える現代、これからのまちづくりはどうあるべきなのか。東京都立大学の教授として、都市計画について研究している饗庭伸さんにうかがった。

住まいは新技術を運ぶ乗り物

── 饗庭先生が感じているこれからの住宅地における課題とは、どんなものでしょう。

饗庭 住民の高齢化や、福祉医療サービスの増加への対応をどうするかなどですね。郊外の住宅地では人口が高齢者に偏り、住人同士のコミュニティがないという問題もあります。高齢になった住民が孤立し、近所に知り合いがいないという状態が生まれています。

都市開発の代表例である「多摩ニュータウン」。東京西南部の多摩丘陵に位置し、八王子、町田、多摩、稲城の4市にわたって開発された。戦後の高度経済成長期、東京の深刻な住宅難に伴って既成の市街地から周辺へと開発が拡大。乱開発を防ぎ、居住環境を考慮した宅地や住宅を大量に供給するために計画されたのが「多摩ニュータウン」だ。現在は、人口約22万人。住宅をはじめ、商業、教育、文化といった多様な施設が立地する多摩地域における複合拠点となっている。

── 解決には、人と人がもっとつながる状況が必要でしょうか。

饗庭 確かにつながりは大切ですが、それだけに頼っていてはパワーが足りません。情報や技術でサポートする都市計画が必要だと考えています。住宅地は長い年月をかけてゆっくりと変わっていきます。放っておいたらなんとなくバッドな状態になってしまいますが、バッドをベターにするのが技術の役割です。まちに埋め込まれる新しい技術は、4つの乗り物に乗ってやってきます。乗り物とは、「住宅」、「クルマ」、「家電製品」、「スマートフォン」です。たとえば住宅なら、ヒートショックを防ぐ浴室といった技術。自動運転とセンサーを組み合わせたクルマなら、高齢者の徘徊の発見・見守りにも活用できます。

── 住まいの役割は大きそうですね。

饗庭 古い住宅地の場合、新しく家を建替えた人は技術の恩恵を受けられますが、一方で古いままの家もあるので、そのままでは問題を解決できません。そこで提案したいのが、新しい技術を埋め込むときに、その周囲にも技術を入れていくことです。Wi-Fiを考えるとわかりやすいですね。一つのWi-Fiを複数で使い合えれば、すべての住民が持っていなくても、ある程度の台数があればまち全体をカバーできます。今はパスワードで管理される時代ですから、実際に個人のWi-Fiがそのように使われることは考えづらいですが、イメージとしてはそういうことです。

▪賢い都市計画の実践新築されたマイホームや入手した新車、家電製品の導入、スマートフォンによって埋め込まれた都市を支える技術が、まち全体にどのように広がっていくかを示した模式図。Wi-Fiに例えると理解しやすい。

持続可能なまちづくりのために

── 住宅メーカーに期待することはありますか。

饗庭 持続可能なまちづくりのためには、住宅メーカーがタウンマネジメント組織を立ち上げておいて、その運営のためのお金も分譲価格に含んで販売することが大事だと思います。まちの運営には意思決定が必要となりますから、意思決定できる組織の基盤をつくっておくことも大事です。それと先述した技術をどう導入していくか。自分の新しい家に埋め込まれた技術がまちのためにも使われますが、その恩恵はあなた自身にも返ってきますと、そこをしっかり理解してもらったうえで販売していただくことが望ましいですね。

▪住宅地はどう変わっていくかライフステージによる暮らしの変化と、暮らしを支える技術について表したグラフ。都市計画には、地域ごとに必要な技術を埋め込むことが必要だという。

── これからのまちづくりのビジョンを聞かせていただけますか。

饗庭 歴史を振り返ってみると、都市計画のなかで住宅は伝統的に守られる存在でした。たとえば、工業地帯と住宅を切り離して、住環境をよくするといった具合ですね。工場やお店がどんどん増える時代でしたから。ところが今はその関係が逆転し、工場やお店の跡地に住宅が建てられています。働く場所がないのに住宅地ばかりが増えていくことには疑問を感じています。暮らしの空間だけで独立させるのではなく、モノを生産する場所や仕事の場所と住宅をどう接続させるかを考えることも、とても大事です。

▪これからの住宅地の課題は何かこの20年間、都市がどの世代の暮らしと仕事を支えてきたのか、東京都を例に表したグラフ。人生100年時代、高齢者を含めて仕事を意識した住宅地づくりが求められている。

── 生産の場所が接続するメリットとは何でしょうか。

饗庭 わかりやすいのは農業ですね。1年間で農作物が育つのを観察でき、食べ物ができていく過程を実感できます。住宅地が近ければ、窓からぼんやり眺めることもできますし、子どもにとっては最初に刷り込まれる環境として良好な影響も与えてくれるでしょうね。

── 住まいづくりを考えている方にとっては、どんなまちを選ぶかという意味でも参考になります。

饗庭 伸(あいば・しん)

東京都立大学教授/都市計画家
1971年兵庫県生まれ。東京都立大学 都市環境科学研究科 都市政策科学域教授。都市の計画とデザイン、そのための市民参加の手法や市民自治の制度、NPOなどについての研究を行っている。主な著書に『都市をたたむ~人口減少時代をデザインする都市計画』(花伝社)、『白熱講義 これからの日本に都市計画は必要ですか』(共著、学芸出版社)などがある。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP