Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

ソメイヨシノ以外にも目を向ければ 長く、個性を楽しめる「桜」たち

お花見といえば桜、桜といえばソメイヨシノ?

エドヒガン

3~4月はお花見シーズン。今では桜といえばソメイヨシノを思い浮かべる人が多いと思いますが、実は桜には様々な種類があります。約10種の原種とそこから生まれた変種を合わせると100種類以上の野生種があり、さらにそれらから生まれた栽培品種は200を越えます。分類によっては600種類以上といわれるバリエーション豊かな桜の種類と、その特徴や魅力についてご紹介します。

ソメイヨシノのルーツでもある代表的な桜の原種

オオシマザクラ

今の日本で最も代表的な桜はソメイヨシノでしょう。現在、桜の約8割を占めるといわれています。ソメイヨシノは江戸時代末期に、染井村(現:東京都豊島区)の植木職人が作り出した品種です。エドヒガンとオオシマザクラを交配させたものと推定されています。見た目が華やかで成長も早いので、明治時代以降、全国で植えられるようになりました。
親に当たるエドヒガンは原種の一つで、春のお彼岸頃に開花します。長寿で各地に巨木や名木があり、樹齢2000年に達するものもあります。日本三大桜は、いずれもエドヒガンの系統です。

枝垂れ桜

また、枝が柳のように垂れ下がる"枝垂れ桜"の多くは、エドヒガンの変種だそうです。
もう一方の親のオオシマザクラも、原種の一つ。ソメイヨシノやエドヒガンと違って花と葉が同時に開き、白く大きな花をつけます。桜餅を包む葉は、オオシマザクラの葉を塩漬けにしたものです。

シロヤマザクラ

ソメイヨシノは当初、「吉野桜」の名で売り出されていました。古来桜の名所である奈良県吉野山の桜をイメージした命名です。しかし、吉野山の桜の多くはヤマザクラ(別名:シロヤマザクラ)であり、誤解を生むとのことでソメイヨシノに改められました。ヤマザクラは最も代表的な原種で、古くから詩歌に詠まれている桜はこのヤマザクラです。

早咲き、八重咲き、花の色...特徴的な桜の種類

カンヒザクラ

早咲きの桜としてはカンヒザクラが有名で、1~3月が見頃です。濃いピンクの釣り鐘状の花が、下向きに咲きます。原種の一つに数えられることもあり、多くの品種の母種になっています。沖縄で桜といえば、この花を指すそうです。

八重桜

「八重桜」は特定の品種を指す言葉ではなく、通常の5枚より多くの花びらをつける桜の総称です。全体的に開花がソメイヨシノより1~2週間遅く、また開花期間が長いのが特徴です。

ウコンザクラ

桜といえば濃淡はあれど、ピンク色のイメージですが、黄~緑色の桜もあります。ウコンザクラ(鬱金桜)は淡い黄~黄緑色の花を、ギョイコウザクラ(御衣黄桜)は淡い緑色の花をつけます。いずれも、開花後時間とともに、徐々に中心から赤みを帯びていきます。

ギョイコウザクラ

このように、ちょっと目を向けてみれば、様々な桜が春の間中咲き誇っています。パッと咲いてパッと散るソメイヨシノも美しいですが、個性豊かな桜たちをじっくり愛でるのもおすすめです。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP