Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

住宅展示場を見学するポイントは?

住宅展示場には、各住宅メーカーの建物が並び、目移りしてしまうことも多いかもしれません。何をどう見たらいいのか迷うことも多いはず。今回は見学のポイントについてご紹介します。

建てたい住まいをイメージしておく

住宅展示場では、各住宅メーカーの建物のほとんどが現在もっとも力を入れている住宅ですから、最新の設備が備わり、素敵なインテリアで彩られた空間がそこにはあります。
また、展示場の住宅は、ある意味「理想」的な空間をつくっています。間取りしかり、設備しかり、そしてインテリアしかり。見た住宅がそのまま建てられるということは少ないかもしれません。

そうした理想をより現実的な目で見るためには、家族で「建てたい家のイメージ」をある程度明確にしておくことが大切です。そのためには、将来も含めてのライフスタイルについて、しっかりと把握しておかなくてはなりません。
また、現在の住まいに対しての不満部分について洗い出すことも必要です。手狭なのか、使い勝手が悪いのか、あるいは二世帯住宅を考えているのか。それらを考えたうえで、建てたい家をイメージする。加えて、家族の誰が、何を必要とし、どんな暮らしがしたいのか、家族それぞれの思いを反映させたイメージをもつことも重要となります。

同時に、「いつ、どのぐらいの予算で建てるのか」ということについても話し合っておきたいものです。「なんとなく」建てようかなと漠然とした気持ちで展示場へ行くと、ついつい気持ちが大きくなってしまったり、営業担当者のセールストークにのせられてしまったり・・・。
まずは自分たちの建てたい家に対し、中身、時期、予算などを頭に入れながら見学することが大切なポイントといえます。

目には見えない構造や性能を要チェック

では、実際の住宅展示場では何をポイントに見学したらいいのでしょう。ある調査によると、来場者の7割が1日に見て回れる限界は3件程度と答えているそうです。見学には、時間も体力も使うということなのでしょう。
それだけに、建てたい家をイメージすることがより大切になってきます。なぜなら、そのイメージが見るべきポイントを絞り込んでくれるからです。

外観のデザインなのか、間取りなのか、家事動線なのか、あるいは素材の質感や色なのか。住宅メーカーのなかには、間取りや設備機器、インテリアなどを通して、ライフスタイルそのものを提案しているケースもありますから、その場合には、それが自分たちに合っているかどうかもポイントになるでしょう。
そしてぜひチェックしてほしいのが、目には見えない住まいの構造や性能です。東日本大震災以降、災害に強い家を求める人が急増しています。各住宅メーカーはこぞって耐震性や耐久性をうたっていますが、それぞれのメーカーで対応が異なります。しっかりと説明を聞き、家族全員が納得できる構造や性能を選びましょう。そうすれば、自ずと住宅メーカーも絞られてくるはずです。

営業担当者とのいい出会いを!

「希望通りの住まいができた」「住まいづくりが楽しかった」と語る人のほとんどが、住宅メーカーの営業担当者との良い出会いがあったからと言います。そして出会いの場が住宅展示場なのです。
一方的に自社のメリットだけを話す営業担当者ではなく、お客様がどんな暮らしを望み、住まいにどのような機能や性能を求めているのか、建てる側の思いをしっかりと聞き、それを受け止めてくれる担当者がベストでしょう。当然ながら、お互い人間ですから、相性というものがあります。仮に一方的な話をしても、なんとなく気が合いそうと感じることもあるはずです。
その意味で、住宅展示場は相性のよい営業担当者と出会うことを期待しながら、質問をしたり、雑談を交わしたり、コミュニケーションを積極的にとることも大切です。

土地の見方・選び方「敷地調査編」

日当たりや風通しのほかにも見どころが盛りだくさん!
法的規制やインフラ、権利関係なども必ず調べましょう。

ポイント1
敷地調査で総合的に判断しよう。
ポイント2
敷地の造成方法や高低差などもチェック。
ポイント3
境界や権利関係の確認も大切。

日当たりや風通し以外にも確認しておきたいポイントはたくさんあります。隣地や道路と高低差がある場合は、土留めや擁壁の造成に費用がかかることも。ひな壇になった分譲地では開発時の区画造成図で「切り土」か「盛り土」の確認を。土地の権利関係を登記簿でチェックすることも大切です。また「登記簿上の面積が実際と違っていた」ということもありますので、専門家に調査を依頼すると安心です。

敷地の主なチェックポイント

敷地の主なチェックポイント:画像

あなたの敷地や周辺環境を総合調査。

敷地の権利関係や法規制、境界線の有無、道路状況、給排水などのインフラ整備から近隣の状況まで、住まいづくりの専門家がきめ細かく調査します。

土地の見方・選び方「周辺環境編」

どんな環境が整っているかも大切!
資産価値を高める、5つの周辺環境をチェックしましょう。

自然環境

お子さまのいるご家庭なら、近くに安心して遊ばせられる公園は必須。公園への道のりや交通量も確認しましょう。街路樹や外構が整っているまちや、元の地形や樹木をいかしたまちはいつまでも景観を保ち、心地よく暮らせます。

交通環境

最寄り駅やバス停の時刻表で始発、終電・終バスの時間、運行本数や急行の頻度、休日ダイヤなどをチェック。通勤・通学時間や混雑度は体験してみることが大切。乗り換えやすさや電車の待ち合わせ状況なども確認しましょう。

教育・文化環境

通園・通学ルートは距離や所要時間、歩道の有無や危険な場所はないかなど、お子さまと一緒に歩いて確認。学校の校風や評判は近所の人から聞くとよいでしょう。託児所や図書館、児童館、スポーツ施設なども調べておきましょう。

医療環境

病気やケガはいつ起こるかわからないだけに必ず確認。近くに大きな総合病院があれば、まずは安心。軽い風邪やケガなどに備えて内科・小児科・外科などの個人病院もチェック。救急や往診可能な病院があればより安心です。

ショッピング環境

日常的に使うスーパーマーケットは場所、営業時間、品揃えなどを確認。近くにコンビニエンスストアがあれば便利です。銀行や郵便局、市役所も大切。クリーニング店や飲食店など、なにが必要かも考えてみましょう。

土地選びは5つの環境を確認

自然環境
  • 統一感のある美しい街並みか
  • 子どもにも安全な公園はあるか
  • 住民が景観づくりに協力し合っているか
  • 個々の住宅の庭まで緑が豊富な街か
交通環境
  • 電車やバスのダイヤはどうなっているか
  • 始発、終電、終バスの時間を確認
  • 所要時間や混雑度はどうか
  • 道路の朝夕の渋滞はどうか
教育・文化環境
  • 地区内の学校の校風や評判はどうか
  • 通園・通学ルートはどうなっているか
  • 保育園や幼稚園はあるか
  • 図書館や美術館などの文化施設はあるか
医療環境
  • 近くに大きな総合病院はあるか
  • 小児科・歯科などの専門医も確認
  • 救急病院はどこにあるか
  • 往診してくれる医院はあるか
ショッピング環境
  • スーパーの営業時間や品揃えはどうか
  • コンビニエンスストアは近くにあるか
  • 薬局など、日頃必要なお店もチェックを
  • 銀行や公共施設などは遠くないか

土地の見方・選び方「立地状況編」

自分の目と足でチェックが基本!
写真や図面ではわからない情報を、直接確認しにいきましょう。

ポイント1
最低2回以上は、現地に足を運ぼう。
ポイント2
実際に歩いて、所要時間を計ろう。
ポイント3
いろんな人からのアドバイスも大切に。

気になる物件は、現地に足を運んで確認。写真や図面ではわからなかった情報が手に入ります。第一印象も大事ですが、同じ場所でも昼や夜、平日や雨の日などで違うことも。最低2回以上は見に行きましょう。

最寄り駅やバス停から歩いて、歩道の有無なども確認。物件選びに詳しい人と出かけたり、治安や季節の変化などを近所の人に尋ねるのもよいでしょう。

同じ物件でも、異なる条件で確認することが大切です。

平日をチェック
近くに工場や幹線道路がないか。操業時間や車の多い時間帯も確認。
雨の日をチェック
周辺の危険な河川や土地の水はけを確認。周辺より低い敷地は要注意。
夜間をチェック
街灯が少ない通りや人通りが途絶える場所はないか。

道路付けは、東西南北それぞれにメリット・注意点がある!

南道路付け
メリット
1陽当たり、外観の印象がよい。
2建物の配置を整えやすい。
注意点
道路から視線が届きやすい。
給排水設備の引込費用が多め。
北道路付け
メリット
3居室や庭を南側にゆったり配置。
4道路からの視線が気にならない。
注意点
駐車場で建物を南側にずらす必要も。
東・西道路付け
メリット
5リビングや庭を最適な場所に配置。
注意点
南側が狭いと採光に工夫が必要。

住まいの建て方・買い方「まち選び編」

家を選ぶことは、まちを選ぶこと。
環境や景観がすぐれた、価値の高まるまちを選びましょう。

【ポイント1】いいまちは、トータルデザイン。

美しいまち並みを見ると幸せな気分になるもの。統一性のある建物や外構のデザインは大切なポイント。自然の地形や植生をいかしたり、シンボルツリーや植栽を取り入れると、まち全体が緑あふれる環境に。敷地の区画割りや建物配置の工夫で、隣どうしが快適に暮らせるように配慮されたまちもあります。

【ポイント2】いいまちは、地球にやさしい。

「微気候デザイン」を取り入れたまちなら、四季を通じて心地よく暮らせます。微気候とは、住まいとその周辺に限った局地的な気候のこと。街路の植栽を計画的に行うことなどで、日射や通風、気温などをコントロールできます。地域によって異なる風の流れにも配慮されているかなどを確認しましょう。

【ポイント3】いいまちは、コミュニティが育つ。

安心して暮らせるまちかどうかは重要なポイントです。ご近所づきあいのあるまちなら不審者をすぐに見分けられ、高い防犯効果を期待できます。コミュニティを育む集会所や広場をはじめ、フットパス(歩行者専用の小道)、ボンエルフ(車の速度を抑える工夫)といった安全面への工夫もチェックしましょう。

【ポイント4】いいまちは、味わいが深まる。

住み始めたときはきれいでも、住み続けるとともに時代遅れになったり、見栄えが悪くなったりするようでは困ります。10年先、20年先まで考えて植栽計画がされているか、建物の外壁やデザインに風格を増す工夫があるか、など歳月とともにエイジングするように考えられているまちが理想的です。

【ポイント5】いいまちは、資産価値が高まる。

暮らす人が愛着をもてるまちは、住む人とともに成長していきます。そこには新たな価値が生まれ、魅力もアップ。暮らすことが誇りになるまち、誰もが住みたくなるまちなら、将来の資産価値も高まります。グッドデザイン賞やまち並み賞など会社の実績も参考にしながら、本当に価値あるまちを選びましょう。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP