Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

父の思い出が宿る砧公園は、音楽家のオアシス音楽家浜口茂外也さん

『バラが咲いた』が生まれた地


パーカッションの名手と謳われる浜口さんだが、最近はシンガーとしても人気。「七光りが嫌で封印してきた親父の曲を、ライブでリクエストされて歌い始めました」と柔和な眼差しで語る。上の写真で手にするマラカスは、中学生のとき庫之助さんから譲られた大切な楽器。

小学6年のとき母親を亡くした浜口茂外也さんは、ほどなく父親の浜口庫之助さんと中野区から世田谷区の砧公園に近い借家に移り住み、高校1年まで暮らした。
「当時、ここは都営のゴルフ場で、親父はゴルフを目当てに引っ越したのですが、1年後には公園になってがっかりしていました(笑)。サッカー少年だった僕は、グリーンの面影が残る芝生のスロープにボールを蹴り上げて、毎日のように一人練習を繰り返したものです」
借家には庭があり、赤と白のバラが咲き誇っていた。庫之助さんはそれを眺めて、名曲『バラが咲いた』を作詞・作曲したという。
「親父はきっと亡き妻、僕の母を想って書いたのでしょう。キミは散ってもボクの心の中にずっと咲いているよ、と。人それぞれの来し方に例えて共感できる歌だからヒットしたのだと思います」

木立から音楽が聴こえてくる


桜のアーチの下を走る1.75kmのサイクリングコース。ジョギングも楽しめる。

砧公園に来ると浜口さんはいつも入り口に自転車を置き、周回コースを早足に歩き始める。
「突然バードサンクチュアリ辺りの深い森のような木立から、幽玄な能管の音が聴こえてきて、清々しくも不思議な気持ちになったことがありました」
また、あるときはバグパイプの音色で『アメージンググレイス』が聴こえてきたという。
「思わずそばまで行ってみると、なんとセミプロの4人組がコンサートに向けて、音合わせをしている最中でした。スコットランド民謡を英国の森でじっくり聴かせてもらった気分でしたね」
携帯用アンプでカラオケを流しながら、アルトサックスでジャズを奏でている人は、あまり上手じゃないけれど気持ち良さそう。芝生でベリーダンスを踊る女性と、傍らでアラブの太鼓をたたく男性は恋人同士だろうか。桜の大木の下でベンチに座って、初老の男性がJポップのメロディをウクレレで奏でている。歳を取ってから楽器を始めるのもいいものだ。


ゴルフ場の面影を残す芝生のスロープ。ここで中学生の浜口少年はサッカーボールを蹴り続けた。

「樹木がつくる心地良い木陰は、最高の練習場所。何より自然の中で聴く響きに、室内では得られない気持ち良さを感じることができます。だからプロアマ問わず多くの演奏家がやってきて、思い思いの音楽を楽しんでいるのでしょう」
そう、砧公園は人々の憩いの場であると共に、音楽家にとっても心置きなく演奏できる貴重なオアシスなのだ。今日もまた、散歩がてらいろいろな音楽を聴いて幸せいっぱいになり、浜口さんは自転車にまたがって帰路についた。 

浜口茂外也 (はまぐち もとや)

1951年東京生まれ。早稲田大学在学中にニューヨークに渡り音楽修行。1975年、細野晴臣氏に誘われ、ティンパンアレイのツアーにパーカッション、フルートで参加。スタジオミュージシャンとしても活躍する。1990年、アルバム『TAKARA-MONDE』を発表。2000年に歌を歌い始め、ソロ・アルバム『Din Don』を発表。以来各地でライブ活動も始める。2008年9月にソロ2作目となる『月影の恋』を発表。父は浜口庫之助。

10代からずっと見守ってくれている、笹塚の商店街俳優甲本雅裕さん

笹塚に出会えてラッキー


「笹塚の商店街はあったかいですよ。来ると『帰ってきた』という気持ちになります」と甲本さん。

「笹塚は、安心感とほんの少しの危うさが共存した、不思議な街。ここにいるだけで、ワクワクドキドキしてくるんです。今は別の場所に住んでいますが、地元の人と『あそこの店、変わっちゃったよね』『うん、この間、取り壊していたよね』と会話ができるくらい、いつでも笹塚とつながっていたい」と熱く語る甲本雅裕さん。
お兄さんが先に笹塚に住んでいたことから、10代のころから、甲本さんにとって東京といえば笹塚。24歳で俳優をめざして上京したときも、住むのは笹塚と決めていた。それから16年、4回の引越しをしても、笹塚を離れることはなかった。


大好きなベーカリー「トゥルナージュ」のバゲッドサンドはラタトゥイユサンドが450円、スモークハムとチーズが480円。ランチセットはドリンク付きで680円。「僕が日本一好きなパン。今でもときどき買いに来ます」。

「多感な10代から40代のはじめまで、ずっと笹塚に見守られてきました。とくに商店街が好きです。もともと緊張しがちなのですが、この商店街に出会って、人の手からものを買うあたたかさが分りました。愛想をつかうこともつかわれることもないし、飾らない自分でいられる。だから、商店街をゆっくり歩きながら、芝居のこと、将来のこと、自分の甘い部分、夢。何も気にせず、集中して自分のことだけを考えられた。そんな時間が持てたことは、役者として大きかったと思います。笹塚は第二の故郷。ここと出会えたのはラッキーでした」

「普通なのに特別」でありたい


笹塚では、甲州街道の北にのびる「十号坂商店街」の坂の下の部屋に一番長く住んでいたという。

俳優である甲本さんは、仕事でいろいろな人生を生き、いろいろな部屋に住む。そんな甲本さんにとっての「本当の自宅」へのこだわりとは?
「家には、ぱっと目を引くようなものは置いていません。いたって普通です。でも、一見普通なのだけれど、何度も見て、触れて良さがわかるようなものを選んでいるので、実は僕にとって特別なものばかり。


ベーカリーカフェ トゥルナージュ
笹塚の十号坂商店街に2003年にオープンした天然酵母使用のベーカリー。1、2階にカフェを併設、パスタなどのメニューも。プロ養成コースがあるパン教室は、笹塚のほかに千駄ヶ谷や神宮前で開校。
住所:東京都渋谷区笹塚3-19-6
TEL:03-5388-5167
tournage.jp

友人が遊びに来て、何度目かに『よく見ると、このテーブルすっごくいいよね』って言われると、たまらなくうれしい」
一見普通で、実は特別。それは、自身の芝居観にも通じると、甲本さんは話す。
「演じるのはたいてい、普通の人間。でも、画面になじんでいるように見せておいて、どこかにちょっとだけ飛び出した表現を交えて印象に残したい。毎回、そこにチャレンジしています」
そういえば笹塚も、普通のようで、きらりと光るものがある街。
「笹塚も確かにそう。角度を変えて見ると新しい発見があるところが、好きなんです。きっと一生、飽きずにこの街とつながっていくのでしょうね」

甲本雅裕 (こうもとまさひろ)

1965年、岡山県生まれ。サラリーマン経験後、24歳で俳優を目指して上京。89年から96年まで劇団東京サンシャインボーイズに在籍。在籍中の全公演に出演。その後、映画、テレビ、舞台、CMと幅広く活躍。近年に舞台「世界は嘘で出来ている」、映画「悼む人」、ドラマ「三匹のおっさん」「花咲舞が黙ってない」「破裂」(10/10、22:00~NHK総合)に出演。

好きなだけ音楽に没頭できるスタジオギタリスト・作曲家春畑道哉さん

魔法が重なって曲が成長


Gスタジオ
パソコンやレコーディング機材が置かれたコントロールルーム。渋いグリーンの壁が落ち着いた雰囲気を醸し出している。

人気バンド、TUBEの名ギタリストであり、メロディメーカーとしても活躍する春畑道哉さんの好きな場所は、東京の六本木にある「Gスタジオ」。TUBEのメンバーのためにつくられた レコーディングスタジオだ。地下にあるコントロールルームは、ガラス壁で広いブースとつながっていて、いつでも思い立ったときに演奏や録音ができる。
「レコーディング以外にも、アンプやドラムの音を確かめたり、アイデアの試し弾きやアレンジをしてみたり、好きなだけ音楽に没頭していられるのがうれしくて。メンバーは全員、時間があるとしょっちゅうここに集まっています」


「ツアーに出ているとき以外は、ほとんどこのスタジオにいますね。今は新しいソロ・アルバムの制作に没頭する毎日です」と春畑さん。

デビューして30年。「家族よりも長く一緒にいる4人」だから、あうんの呼吸で曲づくりが始まり、きたんなく意見を出し合える。
「納得がいくまで無限に音楽に向き合ってしまうので、お昼に来たのに、気がつくと深夜になっていることもあり、たまにやり過ぎを反省するんですけれどね(笑)」
春畑さんにとって、このスタジオは「FIND MY PLACE」。精神的にも落ち着ける自分の居場所を見つけた思いなのだ。
飛行機の窓から雲を眺めたり、バイクでツーリングしているときに、ふとメロディが浮かぶことが多いという春畑さん。そうしたひらめきをメモしておいて、このスタジオで曲の形に仕上げていく。 「けれど、決して僕の予想通りにはなりません。ここでドラムやベースが入った瞬間に変化し、歌詞でまた変わるなど、マジックが積み重なって曲が成長していくんです。完成してみて、自分でも『こうなったのか!』と驚きます」

お風呂で星空を眺めて憩う


2002年に日本人で初めてFENDER USA社との専属契約を結んだ春畑さん。愛器はフェンダーの名器、ストラトキャスター。

プライベートでも音楽漬けは変わらない。13年前に新築した自宅にも本格的な地下スタジオがあり、憩いのリビングには壁一面に数十本ものギターが並ぶ。大事なギターは倉庫に預けず、すぐに弾けるようにしておきたいのだそうだ。
もうひとつ、多忙な春畑さんがホッとリラックスできるお気に入りの場所がある。それはガラス張りの天井から空が広がるお風呂。
「小さい頃から宇宙が好きだったので、夜空を見上げながらくつろぐひとときは至福ですね。湯船に寝そべって、美しくまたたく星や月の動きを眺めていると、心身が癒されていく気がします」

コントロールルームからガラス越しにブースが見える。ドラムもベースもギターもボーカルも同じ場所で録音できるから、一体感がほしい曲のときは一発録りをすることも多い。

こんな時間からきらめく感性が育まれ、豊かな泉となって春畑さんの中から新たな音楽が湧き出してくるのだろう。

春畑 道哉 (はるはた みちや)

1966年東京都生まれ。小学校時代からピアノを習い始め、中学時代にバンド活動に参加。高校入学と同時にエレキギターを手にし、84年にビーイング主催の「シルクロード音楽祭」で「ベストギタリスト賞」に輝く。その後TUBEを結成し、ギタリスト・作曲家として活躍。ソロ作品としてJリーグのテーマソングをはじめ、多数の楽曲がTV・CMで起用されている。2012年には、ソロ・アルバム「FIND MY PLACE」(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)がリリース。

心と技を養った思い出のテニスコートテニス指導者・解説者神尾 米さん

「アスリート」になれた場所


「耐えること、前向きに考えることの大切さをテニスから教わりました。だから今は多少のことがあっても、何てことないって思えるんです」と神尾さん。

テニス解説者の神尾米さんの好きな場所は、横浜市にある「泉中央テニスガーデン」。
ジュニア、プロ時代に、師事した伊良子妙子先生から徹底的に鍛えられたテニスクラブだ。
「まさに私の"ホームコート"。プロ時代に遠征から帰ってくるとまっ先に立ち寄ったし、フォームが狂ったらここに戻ってきて、基礎からやり直しました。引退後はしばらく離れていましたが、2011年3月に伊良子先生が戻られるのを機に、私もここで指導にあたっています」


公営の「泉中央テニスガーデン」は相鉄いずみ野線「いずみ野駅」または「いずみ中央駅」よりそれぞれ徒歩10分。テニスコート計11面を有する。

精神面で成長させてくれたのもこのクラブだった。18歳でプロに転向した後、ほどなくスランプに陥り、勝てなくなってしまった。海外のホテルから自宅へ「もうやめたい」とファックスを送ったが、「好きなことを仕事にしているのになぜ楽しめないの? もっと自由にやれよ。みんな応援してるぞ」
という兄からの返信ファックスを受け取り、衝撃を受けた。


現役時代から練習を重ねた思い出いっぱいの「泉中央テニスガーデン」で、現在ジュニアとプロの指導にあたっている。

「ぱっと目の前が晴れました。『私がやっていることを家族、コーチ、トレーナー、みんなが応援してくれているんだ。みんなが支えてくれているんだ。みんなに恩返しをするために絶対勝つ!』と思うようになったんです」
それからは、テニスに対する姿勢が変わり、貪欲に一球を追うようになった。ミスをしてもすぐに気持ちを切り替えて前を向けるようになり、ランキングもアップ。
「このクラブは、私を本当のアスリートにさせてくれたんです」

父の書斎に親子3代が集合

両親と11歳になる娘と住む実家の好きな場所は「父の書斎」。
「娘に勉強に集中させる場所を与えたくて、父の広めの書斎の一角に私と娘の机を置いて、勉強スペースを作ったんです。勉強だけだと飽きてしまうから、棚にカップとポット、お茶やお菓子を置いて、カフェっぽくしています」
同じ空間でおじいちゃんは読書、神尾さんは仕事、娘さんはお茶とお菓子を楽しみに宿題をやる。親子3代の穏やかなコミュニケーションの時間を、神尾さんはとても大切にしている。

神尾さんの今年の目標は「シングルスの試合で勝つこと」。先ごろ、ある著名人とテニス対決をして惨敗。負けたことよりも、イメージとかけ離れたショットをした自分が情けなかったという。
「意外な自分を発見できる試合の楽しさが蘇りました。まずは、クラブの中学生たちと真剣勝負の試合をしたいですね」

神尾 米 (かみお よね)

1971年、神奈川県生まれ。10歳でテニスをはじめ、伊良子妙子先生に師事。東海大学相模高校卒業後の18歳でプロデビューを果たす。1992年の全豪オープンを皮切りにグランドスラムで活躍。1995年にWTAツアーランキング24位に。1997年肩の故障により引退。引退後はスポーツイベント参加やテレビ出演、各地で講演を行うなど、幅広く活躍。2011年3月より、「泉中央テニスガーデン」でイラコテニスカレッジの選手育成にあたっている。

心のよりどころ、天津神社タレント北野 誠さん

取材スタッフが引いたおみくじの表は「大吉 よろこべ」、裏が「しあわせよろし」。北野さんいわく、いいおみくじは少なく「8割がたは厳しい言葉」という。

世にも不思議なおみくじ

北野誠さんが案内してくれた「好きな場所」は、京都市北区の「天津神社」。閑静な住宅街にあり、ともすると通り過ぎてしまいそうな、小ぢんまりとした神社だ。しかし、ここにはとってもユニークなおみくじがあり、北野さんが番組や書籍を通して紹介したことから、全国各地からおみくじを引きに訪れる人が絶えない。

「ヘアメイクさんに『面白いおみくじのある神社があって、これがすごく当たるんです』と紹介されて行ったことから、この神社とのお付き合いが始まったんです」

一般的なおみくじは、旅行運、金運などについてアドバイスが並ぶが、こちらでは竹串の表と裏にそれぞれ短い言葉が書いてあるだけ。「大吉」「凶」と目安は記されているものの、続く言葉に難解なものが多く、自分なりに解釈をする。北野さんは、竹串の表は「現状」、裏は「アドバイス」として読み取っているという。

「最初に引いたおみくじの表が〝油断大敵〟。裏を返すと〝敵は我にあり〟。仕事も順調だったし、何だろう、くらいに思っていましたが、謹慎をしなければいけないことになって。おみくじの言葉通りですよ。あの時の〝油断大敵〟はこれだったんだ、ただものじゃないおみくじだぞ、と思いました」

拝殿するなり、神棚の前に座り、手を合わせた北野さん。いつもの光景だという。

以来、月に1度は足を運んでいるが、最近はお詣りだけのことも。

「おみくじを引くのは、心に迷いが生じてすがりたくなったときだけ。言葉をいただいたお返しもこめて、あちらこちらで紹介をしているんです。ここに来ると気持ちが落ちつくのは、素直な気持ちになれるからかな。これからも、長く付き合いたい神社ですね」

天津神社の本殿で語る北野誠さん。「この神社はとってもオープンですね。門が開いていれば、いつでもすぐに本殿に入れます。珍しい神社だと思います」。

まだ見ぬ「思い通りの家」

東京に自宅を持つ際、こだわったのは「自分だけの書斎がほしい」の1点のみ。晴れて1畳ほどの書斎を手に入れ、パソコンに向かったり、原稿を書くなどして、気ままに過ごしている。

「子どもを中心に考えた家で、間取りは女房がほとんど決めました。書斎は落ち着くけれど、変なもので、時々、無性に狭い場所...クロゼットの隣の壁に体をつけて眠りたくなるんです。押入れで寝た頃を思い出して、好きなんですよ」

実家は大阪にあり、いつか、その敷地を利用して家を建てるという、ぼんやりとした計画もある。

「その時には、自分が思うとおりの家にしたいですね。どんな間取りになるか‥? まだイメージはありませんが、時間をかけて、じっくりと練り上げていきます」

北野 誠 (きたの まこと)

1959年大阪府生まれ。京都産業大学出身。東京、名古屋、大阪を中心にTV、ラジオなどで活躍中。怪談が好きで、仕事で各地の心霊スポットを巡り、数々の著書を持つ。『おまえら行くな。黄泉帰り編』(竹書房)には、天津神社が記されている。FX取引の世界でも有名人で、セミナーも開くほど。CBCラジオ「北野誠のズバリ」ほかのパーソナリティ。2013年には文庫『お前ら行くな。犬神祟り編』(竹書房)が発売。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP