Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

自然と、家族と、心地よくつながりお子さまたちが伸びやかに楽しく遊ぶ住まい

[新潟県 Sさま邸]

自然豊かな環境で3人のお子さまを大らかに育てたいとの思いから、新潟県へと移住されたSさま。2つの中庭を抱いた眺めの良いお住まいは、歩く都度に目に入るシーンが変わり、いたるところにお子さまたちが遊べる仕掛けが施されています。

「子どもたちが家の中で自由に楽しく遊べて、家族と思う存分コミュニケーションできる家づくりを目指しました」とSさまは語ります。

玄関ホールと一体にしつらえた小上がりの和室はオープンなくつろぎの間で、五月人形や雛人形を飾る場としてもうってつけ。地窓から見える和庭の眺めは一幅の絵画のようです。

玄関ホールからLDKへと続く中庭に面した長い廊下には、壁一面に天井まである本棚を造り付けてご家族みんなの「図書室」になっています。お子さまたちは好きな絵本を選び、ハンギングチェアに揺られて読書をしたり、外のウッドデッキで遊んだり。

「本を手にリビングのベンチソファで寝そべって、田園風景を眺めるのも気持ちがいいですね」とSさま。

リビングの吹き抜けを介して上下階の視線がつながり、家族がどこにいてもお互いの気配が温かく伝わってきます。2階の渡り廊下からはLDKが見下ろせて楽しそう。

子ども部屋の手前に設置したカラフルなボルダリングウォールも育ち盛りのお子さまたちのお気に入りです。

「子どもたちが伸び伸びと楽しく遊んでいる姿を見るのが何よりの幸せですね。こうした住まいで育つことで兄弟愛が深まり、大人になってもずっと仲良しでいてくれると思います」と目を細めるSさまです。

空間同士が巧みにつながり合う住まいで家族が心地よく安心して過ごす

[埼玉県 Oさま邸]

Oさま邸は、車2台分を収容できるビルトインガレージのある住まい。明るいベージュの外観正面には一切の窓がないにもかかわらず、室内に入ると圧倒的な開放感に満たされます。その仕掛けは、建物全体を「ロ」の字型に配置し、その中央に中庭を設けていることが挙げられます。

1階のオープンなLDKには中庭に面して豊富な開口部が設けられ、リビングからはガレージの5連窓を通して愛車も見えます。

アイランド型キッチンの横にはステップダウンした土間ダイニングを配置し、ガレージや庭へも出入りが可能。

LDKを中心に、中庭やガレージ、土間ダイニングや和室がつながって、機能的で心地よい空間を実現しています。

「基本的には、妻が快適な日常が過ごせる住まいにしたいと考えました。僕はガレージがあって、室内から愛車が眺められれば十分!」と笑顔のOさま。「子どもが小さいので、見守りができるLDKが望みでした。外からの視線を気にせずにくつろげる中庭があって、カーテンをせずに済む家に住みたかったので、願いが叶いました」と奥さまも微笑みます。

個室などのプライベート空間は2階に集め、2つの大収納空間「蔵」や適所に豊富な収納があるOさま邸。2階には洗濯物を干したり、アイロン掛けをしたりできるスペースや屋根のあるバルコニーもあり、家事がしやすいと奥さまにも好評です。

「冬は温かく、夏も風が通って涼しく快適です。プライバシーがしっかり守られているので、安心してくつろげるのが何より満足です」とご夫妻。ここにはご家族の温かい時間が流れ、豊かな暮らしがありました。

連続するタイルで和室とリビングが一体に 愛猫と心地よく暮らすスタイリッシュな平屋

[香川県 Kさま邸]

4匹の愛猫と暮らすKさまご夫妻が建てられたのは、軒先のシルエットが美しい平屋のお住まい。3m超の高天井が開放感を生むリビングは続きの和室とも違和感なく調和。窓側に配した板張りの下がり天井が落ち着きを醸し出しています。

お布団派のご夫妻は和室を寝室として使われています。リビングから和室まで連続して張り巡らされたダイナミックなタイルの壁が生み出す一体感も見どころです。ダイニングに通じるドアにも同じタイルを貼って「隠し扉」にした遊び心のある演出は、訪れた人みんなに驚かれるそう。

リビングの一角にしつらえた書斎コーナーは、床を掘り下げたピットスタイルに。段差で別空間のような落ち着きが得られ、仕事に集中できるとのこと。ご夫妻は天井まで造り付けた本棚にお気に入りの小物を飾って楽しまれています。「冬は壁に埋め込んだエタノール暖炉の炎に心癒やされます」とKさま。

タイルの壁の「隠し扉」を開けると、シックなインテリアのダイニングキッチンが現れ、スタイリッシュなキッチンやゴージャスなシャンデリアに目が惹き付けられます。「天井が折り上げられているから、こんな大きなシャンデリアをつけても圧迫感がありません。夫婦で食事をしながらワインを飲むひととき、優美な灯りが気分を盛り上げてくれます」とKさま。

筋トレのマシンを置いたトレーニングルームにはキャットステップも設置。愛猫たちは心地よさそうにくつろいでいます。

「この家でゆったりとスローライフを楽しみたいですね」と語るご夫妻の笑顔が満足感を物語っていました。

タイルが映える玄関ホール。

リビングの外に広がるテラスは光や風を感じて憩うアウトドアのくつろぎスペース。黒のタイル張りの壁とアイボリーの外壁のコントラストが美しい。深い軒天が屋根代わりになって、夏は日差しを遮ってくれる。

中庭からも光が差し込む大らかなリビングで 愛猫や愛犬たちと戯れ、心豊かに暮らす家

[宮城県 Sさま邸]

お子さまが巣立ち、ご夫婦とお母さまだけの暮らしになったSさま。
古いご自宅を建替えて、愛猫3匹、愛犬1匹と一緒に楽しく快適に暮らせる住まいを実現されました。

1階に広がる大空間のLDKはダイニングを吹き抜けにした設計で、美しい木調格子の壁で1.5階の寝室とつながります。小上がりスペースをコの字に造作した和モダンなダイニングは、中央に無垢材のテーブルを設置し、脚を下ろしてラクに座れるスタイルに。

リビングはテレビボードの背面の壁に天然石タイル調のエコカラットを貼ってグレード感を演出。風通しの良さにエコカラットの消臭効果も加わって、爽やかな空気感です。

リビングから続くタイルテラスの中庭は、ペットたちのお気に入りの遊び場所。アルミのルーバーフェンスで外からの視線を遮りながら、LDKまで光を採り入れています。
「高いフェンスでペットたちが飛び出す心配もありませんし、人目を気にせず洗濯物を干すことができて重宝しています」とSさま。

LDKには、1.5階の寝室の下を活用した大収納空間「蔵」があり、ここに愛猫のゲージやペット用品をすっきりと収納しています。
ペットたちは思い思いの場所で心地よさそうにくつろいだり、中庭でお日様の光を浴びて自由に遊んだり、伸び伸びと楽しそう。その様子をやさしい眼差しで愛おしそうに眺めるSさまご夫妻。

「かわいいペットたちと一緒に穏やかに過ごすひとときが、私たちのいちばん幸せな時間ですね」とお二人の顔がほころびました。

ダイニングとつながる「蔵」の上のリビング 細長い敷地を上手に活かした伸びやかな家

[岩手県 Mさま邸]

ご結婚3年目のMさまが、駅から近い立地が気に入って購入されたのは、間口が狭くて奥に長い両面道路の土地でした。お住まいはその形状を上手に活かし、玄関ホール、キッチン、ダイニング、リビングが一直線に続く機能的な間取りに。通路にもなるキッチン空間には中心にアイランドのカウンター収納を配し、レンガ調の腰壁でカフェのような雰囲気に演出しています。「カウンターは配膳にも便利に使えますし、友人とのホームパーティーの際にも活躍してくれそうです」とMさま。

吹き抜けのダイニングは大収納空間「蔵」の上に設けたリビングと開放的につながり、面積以上の広がりを感じます。また、南北の窓から光が差し込んで明るさも満点。「広い『蔵』があるからモノがしまいやすく、すっきりと暮らせるのがうれしいですね」と奥さまはにっこり。
リビングに上がると、そこはオレンジ色のソファが映えるラグジュアリーな別空間の趣で、気分もくつろぎモードに変わるそう。「夕食後、ここで映画を見ながらゆったりと過ごす時間が心地いいですね。1.5階の高さなので道行く人の視線も気になりません」とMさまは語ります。

共働きのご夫妻は家事動線にもしっかり配慮。洗面・浴室のある2階の東側にファミリークロゼットを兼ねた広いランドリースペースを設け、「洗う・干す・乾かす・しまう」をスムーズに。「洗濯物を干したまま出勤し、乾いたらそのままオープンなクロゼットのハンガーパイプにかけて完了。2人とも時間が不規則な勤務ですが、洗濯や家事のストレスがなくなりました」とお喜びです。

キッチン空間はアイランドカウンターでカフェ風に。

2階の「蔵」にはスポーツアイテムを収納。

玄関には趣味のロードバイクをディスプレイ。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP