Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

広いテラスをコの字で囲む二世帯住宅 吹き抜け天井が醸す開放感、色遣いも楽しい

[岡山県 Oさま邸]

お子さまが巣立たれた後にOさまご夫妻が新たに建てられたのは、ご両親と快適に同居できる二世帯住宅。建物はテラスを囲むコの字型のレイアウトにし、広いLDKを挟んで左右にご両親の部屋とご夫妻の寝室を振り分け、お互いのプライバシーを確保しています。

美しい花壇を眺めながらアプローチを歩き、玄関ホールに入ると、まず大理石タイルの大壁が映える吹き抜け空間に圧倒されます。続くリビングは最高4mのゆるやかな勾配天井に2つのシーリングファンがゆったりと回転し、まるで南国のホテルのよう。連なるハイサイドライトから光が明るく降り注ぎ、大胆なデザインクロスや板張りの化粧天井がリゾートムードを醸し出しています。

インテリア雑貨がお好きな奥さまは、ペリカンの置物やミミズクの絵画などカラフルな調度品を飾ってギャラリーのように楽しまれています。「ハンギングチェアに揺られながら、リビングを眺めている時間が好きですね」と奥さまはにっこり。

リビングはアールの大開口でダイニングとつながり、その上のロフトへも視線が抜けるから開放感もひとしお。全館空調システムを採用しているので、どこにいても温度差が少なく、夏も冬も快適に過ごせます。

リビングの外に広がるテラスは青空の下の団らんスペース。道路からの視線を気にせずに大らかに過ごせ、愛犬も走り回れて大喜びです。

「子どもたちや孫を呼び寄せてテラスでバーベキューをするのが楽しみです。四世代の家族が集い、和気あいあいと過ごせる理想の家になりました」とOさまの笑顔が弾けました。

雑木林のような庭園を眺めて、ご夫婦で憩うリゾート感漂う平屋の落ち着きある邸宅

[茨城県 Tさま邸]

雑木林を再現した広大な庭園に抱かれて佇む平屋のTさま邸。なだらかに連なる寄棟の大屋根が樹木の緑と調和して、高原の別荘のような雰囲気を漂わせています。

「子どもたちが巣立って夫婦二人の暮らしなので、部屋数はいらないからLDKを思いきり広く取り、一日中庭の景色が楽しめるようにしたいと要望しました」とTさま。 板張りの折り上げ天井が落ち着きを生むリビングは、大開口のサッシから庭園が一望できる憩いの場。高さ3m以上の山採りの樹木を約200本も植えた起伏のある庭園は、落葉樹も多く、四季折々の風情が楽しめます。

初夏は新緑、秋は紅葉、冬は落葉した枝のシルエットが美しいそう。「ずっと眺めていても飽きることがありません。夜、ライトアップしたときの幻想的な風景も美しいですね」とTさま。

アイランドカウンターをセンターに配置したダイニングキッチンは、ご友人たちとのホームパーティにも活躍しそうです。LDKの外に広がるタイル床のテラスは、アウトドアのくつろぎスペース。深い軒に守られて夏も涼しく、雨に濡れることもありません。

「テラスでコーヒーを飲みながら、愛犬、愛猫と一緒に過ごす時間は至福のひとときですね。朝夕、庭の小径を散歩するのが日課になりましたが、疲れが取れて気分がすっきりとします」と奥さまも微笑みます。

「これから年月を経て樹木が成長し、本格的な雑木林の姿になっていくのを見守るのが楽しみです」と語るTさま。高原リゾートのような癒やしに満ちた暮らしを慈しむご夫婦の幸せな姿がここにありました。

木目の勾配天井が落ち着きを生むリビング 平屋感覚で暮らすスキップフロアの住まい

[福井県 Sさま邸]

切妻の大屋根が風格を漂わせるSさま邸。玄関ドアを開けると天井高4mを超える美しい吹き抜けホールの伸びやかさに目を奪われます。

なるべく上下階の移動をすることなく平屋感覚で暮らせるよう、2階は子ども部屋だけにして、1階で生活が完結する間取りにされたSさま。

大空間のLDKは吹き抜けのリビングの勾配天井を木目柄にして温もりを感じる落ち着いた雰囲気に。

天井が高いため濃い色なのに圧迫感がなく、チーク材のフローリングと相まって上質のヴィンテージ感を醸し出しています。 夜、天井の間接照明をつけると、やわらかく拡散する灯りで美しい陰影が生まれ、ラグジュアリーな雰囲気でくつろげるそう。リビングから続く庭のテラスはお子さまの格好の遊び場で、向かいの土手の緑豊かな風景に心が和みます。

リビングの続きには大収納空間「蔵」を設け、その上が和室となっています。 「子どもの玩具は『蔵』にサッと片付けられますし、和室の畳でほっこりとくつろげるのもいいですね。 和室にいてもリビングの家族の様子がわかり、会話も交わせるから楽しくて」とSさま。空間が伸びやかなので、愛猫ものびのびと暮らしています。

共働きのご夫妻は家事が効率よくこなせるよう、キッチンから洗面所を通り抜けて玄関ホールへとつながる便利な回遊動線も実現。 「買い物の食料を回り道せずにキッチンに運べますし、キッチンと洗面・浴室、サンルームが隣接しているから洗濯もラクラク。サンルームに干せるので雨の日も安心です」と奥さまも大満足のご様子です。

クラシックなデザインが美しい邸宅で 愛犬とともに心穏やかに暮らす

[宮城県 Sさま邸]

東京の喧噪から離れ、故郷で心穏やかに暮らしたい。そんな思いから、住み替えを決心されたSさまご夫婦。現在、自然の息吹を身近に感じながら、可愛らしい6匹のトイプードルとともに暮らしています。

閑静な住宅街に位置するSさま邸は、水平ラインが美しいクラシックなフォルムと落ち着きのあるブラウンの外壁がひときわ目を引きます。玄関ホールから室内の扉を開けると、開放感あふれるLDKが広がり、庭に面した開口部からは、隣接する公園が借景となって、豊かな風景を望むことができます。

「住まい全体は、1950年代のモダンなスタイルが希望でした。また、以前は広すぎて不便でしたので、1階は廊下を極力なくし、LDKを中心にしたマンションのワンフロアのようにしたいと考えていました。水廻りや寝室も1階に設けたことで家事がとても楽になり、愛犬を見守るのにも好都合なんですよ」とSさま。

ダイニングには庭に面したカウンターがあり、ここで仕事をすることも多いとか。「四季の風景を味わいながら、気持ちよく仕事ができるのもうれしいですね」

1階がそんな暮らしの空間だとすれば、2階はまさに趣味の空間。30畳ほどの部屋には、鉄道模型のジオラマがつくり込まれ、こだわりの世界が表現されています。大きな作業台には多彩なパーツが並び、壁面は関連の書籍や雑誌が詰まったライブラリーに。

「家族も愛犬も、そして仕事も趣味も、それぞれに満足できる住まいになりました」と語るSさまご夫婦は、お二人の豊かな暮らしを実現されていました。

グレーと木目調を効かせたシンプル空間で インテリアスタイルを楽しむ暮らし

[東京都 Kさま邸]

夏はサーフィン、冬はスノーボードと、お子さまたちと一緒にアクティブな暮らしを楽しむKさまご夫妻。「住まいは家族の暮らしの場です。流行に左右されず、日常生活にストレスのないシンプルな住まいが欲しかったんです」と振り返るKさま。

シンプルとはいえ、なかに入ると、ヴィンテージ感たっぷりのカフェスタイルに彩られた心地よい空間が広がっていました。1階のオープンなLDKは、白壁に、床の厚挽きのブラックウォールナット、柱壁やキッチンの天板のグレーが絶妙に調和。照明器具や階段、椅子などの素材感や黒のカラーが空間全体を引き締め、所々に配された植物とともにモダンさと温かさを演出しています。

もちろん、機能性もしっかり確保。家具をなるべく置かず、適材適所に収納を設けているため、室内はすっきり。また、ダイニング横の階段は、DKから気軽に2階の洗濯室へ行くための家事動線としても活躍しています。「スケルトンタイプなのでキッチンから庭も見渡せますし、2階の個室へは必ずここを通るので、子どもたちの見守りにも便利ですね」と奥さま。

さらに、2階の水廻りには脱衣室と洗面室の間に扉を設ける工夫も。「扉を閉めると洗濯物の乾燥室になるので、毎日大量に発生する洗濯物を効率よく片付けるのに助かっていますね」と微笑みます。

日常を快適に送ることを最優先にし、インテリアで自分たちの居心地をつくるのがKさま流。壁には奥さまが撮影したご家族の写真が飾られ、インテリアとしても効いています。空間がシンプルだからこそ、ご夫妻のセンスが光っていました。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP