Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

リビングに施された縦と横の大胆なラインと照明計画で演出された心地よい大人の空間

[愛知県 Aさま邸]

住まいづくりにあたってAさまご夫妻が望んだのは、将来、ご夫婦お二人で暮らすためのお住まいでした。
「今はまだ娘もおりますが、いわゆるアットホームな空間である必要はなかったのです」と語ります。そのため、「大人の空間」を意識したデザインによって、メリハリを効かせながら落ち着きのあるお住まいが実現しました。

外観は、壁から駐車スペースまで連続するダークブラウンの縦のラインを強調した端正なフォルムに。内部は1階にLDKと和室を配し、吹き抜けの階段室を介して、2階の個室や浴室などとゆるやかにつながる空間構成となっています。

セミオープンなLDKには、壁面の中央に横壁が施され、リビングとダイニングを仕切る壁とともに大胆な縦横のラインを形成。横壁は外からの視線を遮り、プライバシーを確保するための仕掛けですが、壁の上下に高窓と地窓を設けることで採光も十分です。

また、ダイニングにつながる面の地窓は掃き出し窓にすることで、通風もしっかり確保。地窓からは庭がのぞき、建物の内と外との一体感も感じられます。

そして、Aさま邸を「大人の空間」にしているのが照明計画でしょう。LDKの横壁には白壁にやさしく反射する間接照明が設けられ、仕切り用の縦壁には天井からの照明が光を放ち、それぞれの壁の素材感をより豊かに見せています。

「昼と夜で異なる2つの表情を楽しんでいます。すっきりとして、暮らしやすいこともうれしいですね」とAさまご夫妻。「大人の空間」を味わっていらっしゃいました。

同一フロアでほどよく交わる二世帯住宅、吹き抜けの大空間で憩いの暮らしを満喫

[秋田県 Wさま邸]

将来、ご両親を呼び寄せて同居できるよう、二世帯住宅を建てられたWさま。玄関ドアを開けると、天井を白木のルーバーで覆った奥行約13mもの長いホールに目を奪われます。このデザインは、「木都」として栄えた秋田を象徴したもの。夜はダウンライトの灯りがルーバーから拡散し、白壁に美しい陰影を描きます。

ご両親の住空間は玄関土間の西側に配置。二世帯の住まいを同一フロアに設けつつ、ほどよい距離感を保って、お互いに気兼ねのない暮らしができるようにしています。

玄関ホールの先にはスケルトン階段を配した吹き抜けの階段室があり、ここを通って勾配天井のリビングへ。
「階段室を接点にした開放的な設計デザインが気に入っています。子どもたちの部屋のみを2階に設け、私たちは1階ですべて生活が完結できる平屋のような間取りにしてもらいました。リビングでくつろぎながら、階段室の上の素通しガラスの壁越しに、2階にいる子どもたちと顔を合わせられるのも楽しいですね」とWさまは笑顔で語ります。

子ども部屋は勾配天井の梁にブランコを吊って、北国の長い冬の間、室内で遊べるようにしています。

リビングと大開口でつながるダイニングキッチンは、天窓からも光が降り注ぎ、北側とは思えない明るい空間になっています。キッチンの前には、2人のお子さまが並んで座れるスタディーコーナーも設置。お勉強する様子をキッチンから見守れるようにしています。
「日々愛着が深まり、この住空間で暮らす幸せを感じています」とお喜びのWさまです。

吹き抜けのLDKで伸びやかに子育て、生活動線も工夫してゆとりの暮らしを

[東京都 Hさま邸]

奥行きのあるモノトーンのタイル外壁と切妻屋根の佇まいが風格を漂わせるHさま邸。育ち盛りの3人の息子さまが日々成長され、お住まいになっていた賃貸マンションが手狭になったことから、ご実家の隣地にマイホームを新築されました。

天井高3.5mの開放感あふれるリビングは、南側のワイドサッシや高い位置の連窓から光がふんだんに差し込み、照明いらずの明るさです。
「日差しが温かいので、冬は床暖房だけで十分暖かく過ごせますし、気候の良い季節は窓を開けると心地よい風が通ります」とHさま。お子さまたちはタタミコーナーでゴロンと寝そべって遊ぶのが大好きだそう。

キッチンは調理の油ハネが気にならないよう、あえて壁付けに。ダイニングとキッチンを高めのカップボードでさりげなく仕切って、キッチンがリビングから丸見えにならないように配慮し、食器類や家電をカップボードにすっきりと納めています。

「回遊動線でキッチンからすぐに洗面室や玄関に行けるから家事もスムーズ。勝手口から直接洗面・浴室に行けるので、サッカー帰りで泥んこの子どもたちをお風呂に直行させられるのも助かります」と奥さま。

外壁の柱型の凹みを利用して、リビングに埋め込みの収納を造作。レジャー用品や季節モノは2階の大収納空間「蔵」にたっぷりしまえるので、住空間をすっきりと保てます。

「住まいにゆとりがあるから、子育ても家事もしやすくなり、心にもゆとりが生まれました」と奥さま。夜は間接照明の灯りだけをつけたリビングで、ゆったりと大人の時間を楽しまれています。

吹き抜けのリビングで田園風景に憩い、大空間で愛犬と一緒に楽しく過ごす家

[静岡県 Iさま邸]

緑の田園風景にニューセラミックの白い外壁が映えるIさま邸。大きな吹き抜けのリビングは、南面のワイドな窓からなだらかな山並みが一望でき、屋内とは思えない開放感に満ちています。

「四季折々、のどかな自然の風景を眺めて暮らす毎日は、気持ちも大らかにしてくれます。2匹の愛犬は芝生の庭で遊ぶのが大好きで、サッシを開けるとうれしそうに駆け出していきます」とIさまは目を細めます。

スケルトン階段をアクセントにした大空間のLDKは、愛犬が滑りにくい「うづくりPlus」のフローリングに。壁掛けテレビの壁はストーンタイル調のエコカラットを貼ってすっきりと演出しています。

奥さまはリビングや外の景色が見渡せるオープンキッチンがお気に入り。 「家族とお喋りしながら料理ができるから孤独感がありませんし、勝手口からパントリーに直接買い物した食材を運べる動線も便利です」

エコ意識の高いIさまは省エネの暮らしを求めて、切妻屋根に6.5kWの太陽光発電システムを搭載。オール電化の住まいにされました。
「気密・断熱性が高いから、夏も冬もエアコン1台で大空間が快適に保てます。夏は愛犬のために、冷房を一日中つけていましたが、電気代の収支はプラスになって驚きました」

リビングは高い窓からも日射しがふんだんに差し込み、冬も暖かく過ごせるそう。「休日、家族が揃ってランチを楽しんでいると、ワンちゃんたちがそばに来て気持ちよさそうに寝そべります。そんなひとときに、とびきりの幸せを感じますね」と語る奥さまの笑顔が印象的でした。

大開口と高天井の開放感あふれるLDK。ご家族の笑顔が集う将来の二世帯住宅

[岐阜県 Wさま邸]

「以前の住まいは寒くて、収納が少なく、駐車スペースも足りなかったんです」と語るご夫妻。そこでゆとりある敷地に、広い外構と大屋根を施した明るいお住まいを新築しました。室内は開放感あふれる大開口や高天井、リビング内のベンチ階段、大収納空間「蔵」など、「ぜひ欲しかった」という希望を叶えつつ、将来は二世帯住宅として利用できるよう配慮されています。

「世帯間のプライバシーを尊重しながら、気軽に交流できる共用スペースの多い二世帯住宅が望みでした」とにこやかに語るご夫妻。そこで、1階にご家族が集うオープンなLDKとご夫妻の主寝室を、2階にはミニキッチンを備えたセカンドリビング、お子さま達の個室や洗面カウンターなどを配置。

庭に面した1階の大開口の先には、ご主人のこだわりでもあるウッドデッキが施され、室内空間にさらなる広がりを与えています。また、主寝室のウォークインクロゼットには外へ抜けられる「蔵」を併設。その蔵上を和室とし、リビング側に幅広のベンチ階段を設けました。

さらに木目を基調とした内装の室内には随所に収納スペースがあり、「下にモノを置かない生活が理想でしたので、この収納力が本当にうれしいですね」と奥さま。一方、ご主人はキッチンのバーカウンターがお気に入り。「仕事から帰ると、まずこのカウンターでくつろぐのが習慣になっています」

開放感に満ちたWさま邸は、「冬は温かく、夏も過ごしやすい」と好評で、ご家族の笑顔が似合う温かなお住まいでした。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP