Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

リビングで桜を眺め、ゲストと語らうスタイリッシュな3階建ての住まい

[愛知県 Hさま邸]

リビングで桜を眺め、ゲストと語らうスタイリッシュな3階建ての住まい

桜並木が続く通りの角地に、黒のスクエアな外観がアート建築のように映える3階建てのHさま邸。屋内に入ると一転、そこには「白」の美しい世界が広がっていました。「パーティーに招いたゲストが感嘆してくれるような住空間が創りたいと思いました」とHさま。

2階のLDKはリビングの床を低くして、オープンな大空間ながら高低差でダイニングキッチンと視覚的に切り分けています。大勢が集まったときは、段差を椅子代わりに座ってもらえるのも便利です。

リビングの道路側には5連の窓を設け、桜の大木を景観に取り入れました。春には満開の桜で窓がピンクに染まります。さらに3階にはもうひとつのお花見の特等席となるワイドなバルコニーもあります。

また、リビングの続きにはモダンな和室をしつらえています。パーティー後、ここに泊まっていく方もいらっしゃるそう。和室から直接トイレや洗面室に行ける動線もゲストにうれしい配慮です。。

一方、ダイニングは大開口の窓に面した陽当たりのいい場所に配置。キッチン天井の間接照明が柔らかな光で団らんの場を彩ります。見た目の美しさだけでなく、家事のしやすさにも配慮し、キッチン、家事室、洗濯室、洗面室を結ぶ回遊動線に。

「家事が効率よくこなせますし、家事室にミシンやアイロンを出しっ放しにできるのもいいですね」と奥さまもお喜びです。
全館空調で快適な温熱環境も実現。「隅々までイメージ通り。感動のある住まいになりました」とお喜びのHさまです。

竹林の眺めを愛で、四季を感じる喜び。旧家の敷地内に別荘のように佇む情趣豊かな家

[山梨県 Aさま邸]

ご実家の広い敷地内に、竹林に抱かれるように佇むAさま邸。ダークな色づかいの和モダンな外観が、伝統ある地域の環境や瓦屋根の母屋ともしっくりと溶け合っています。

1階に広がる大空間のLDKは上質感に満ちた別荘のよう。ウォールナットを基調にした重厚感あるインテリアがホワイトの明るい床色と調和。リビングとダイニングを仕切る割肌の石張り壁がひときわの存在感を放ち、リゾート感のある雰囲気を醸し出しています。

リビングは高さ約3mの板張り天井で、南側の高い位置に連なる窓から竹林の景観が切り取った絵のように目に入ります。「秋は竹の緑、モミジの赤、イチョウの黄で錦絵の景色が楽しめます」とAさま。冬の雪景色も美しく、エタノール暖炉の炎のゆらめきに心も暖まります。

お酒がお好きなAさまは、リビングにバーコーナーをしつらえ、ボトルやグラスをお洒落に飾っています。ご友人を招いてホームパーティーを開かれることも多く、「バーカウンターでウイスキーを飲みながら、お喋りをするひとときは最高ですね」とのこと。

ダイニングの続きには小上がりの畳コーナーもあり、冬は掘り炬燵でお鍋を囲んでほっこりとするのも心地よさそう。

「断熱性がいいから、以前は辛かった冬の寒さが嘘のようです。遮音性も高いので、夜に音楽を聴いたり、友人たちとカラオケをしていても音漏れが気にならず、隣の母屋に住む母にも気兼ねなく暮らせます」
四季の移ろいを愛でながらゆったりと暮らす喜びが、ご夫妻の笑顔から伝わってきました。

ツインコアデザインのH型二世帯住宅に建替え、愛着ある桜の大木を眺めて憩う暮らし

[東京都 Yさま邸]

築50年余のご実家を完全分離型の二世帯住宅に建替えて、お母さま、お姉さまと同居されたYさま。
「南側にそびえる樹齢50年の桜の大木を残した住まいづくりを考えました」と語ります。

一級建築士でインテリア関連のお仕事に就くYさまは、自らの手でプランを描き、それを実現できるハウスメーカーとしてデザイン力に定評のあるミサワホームを選ばれたとのこと。建物は2棟を大きなアーチで結ぶH型のデザインで、中央の抜けた空間が中庭を兼ねたガレージになっています。

子世帯の玄関ホールと直結したYさまの寝室&アトリエは、ご自身で無垢材の床や壁をペイントしてブルックリン風の内装に演出し、壁には趣味のロードバイクをディスプレイ。掃き出し窓からガレージを介して、お母さまの部屋の様子が見守れるのも安心です。

2階に広がる子世帯のLDKは、リビングを折り上げ天井にして開放感あふれる雰囲気に。ワインレッドのキッチンが差し色となって引き立っています。4連の大きな窓からは四季折々の桜の眺めが窓一杯に広がり、くつろぎ感も満点。「満開の桜で窓がピンクに染まる春の眺めは最高ですね。夏は葉が繁って通りからの目隠しになります」と奥さまもうれしそう。

息子さまや娘さまが帰省された折にはご家族みんなが集まり、ガレージに面したウッドデッキでバーベキューをするなど、二世帯でほどよい交流を楽しまれているYさま。昔も今も桜の大木がご家族の暮らしを温かく見守っています。

息子さまの家と庭でつながる安心感。クラシック家具や美術品が映える邸宅

[兵庫県 Mさま邸]

息子さまのお宅と隣接する土地を購入し、桜並木を望むお住まいを建てて、移り住まれたMさま。
「築3年を経た息子の家とテイストを揃えて、1軒家のように見える外観デザインにしたかったので、同じミサワホームにお願いしました」と語ります。

ご愛用のクラシック家具や美術品が住空間にバランスよく映えるよう、あらかじめ配置する場所を想定してプランニング。内装は白を基調に、主張しないデザインでシンプルに仕上げています。リビングやダイニングの天井に組み込まれた間接照明が優しい灯りで空間を彩ります。

リビングの中で存在感を放つ赤革のミニチェアは、スペインの高級ブランド、バロッサバレンティのもの。
「亡き主人が40年前に船便で取り寄せた思い出深い椅子なので、インテリアのアクセントに使いました。朝、階段を降りて目にする度、素敵な眺めだなと感じます」とMさま。

ダイニングは折り上げ天井にシャンデリアを設置し、面材に彫り込みが入った白いキッチンでエレガントな雰囲気に。床から天井まであるワイドな窓サッシから、雑木林の風情が漂う庭の景色が広がります。キッチンは高いカウンターで内部を隠し、ダイニング側に収納を設けて、調度品も飾れるようにしました。Mさまはテーブルで趣味の水彩画を描いたり、ご友人たちを招いてホームパーティーを楽しむことも多いそう。

「庭を通路にして息子宅のリビングと行き来できるのもいいですね。お嫁さんと私の間で、手づくりのおかずが毎日行ったり来たりしています」と幸せそうに語るMさまです。

シンプルながら豊かな表情を見せる、美しい空間ですっきりと住まう家

[香川県Iさま邸]

青い空と周囲の緑に映える真っ白な外壁と端正なフォルムが印象的なIさま邸。ご夫妻と小さなお子さまの三人が暮らしています。

室内に入ると、そこには天井、壁、床の各「面」が織りなす美しい空間が広がっていました。「シンプルでありながら、空間の見え方にこだわった住まいにしたかったんです」と語るIさま。1階のオープンなLDKは、2階に設けた大収納空間「蔵」による天井の高低差を活かし、リビングとダイニングを程よく仕切り、広さと開放感を演出。

また、キッチンの背面を扉付き収納で覆い、その奥に洗面室や浴室が配置されているため、LDKはどこから見てもすっきり。夜になると、壁面を利用した間接照明が端正な空間を表情豊かに彩ります。「空間がシンプルなのでモノをあまり置かなくても済むように、収納もたっぷり設けました。おかげで掃除がしやすく、床を水拭きした後の爽快感は格別ですね」と奥さまにも大好評です。

2階には広いユーティリティスペースがあり、「将来的には、ソファを置いてセカンドリビングとして利用したいですね」と語るIさま。また、ご夫妻の主寝室には入口側にウォークインクロゼットがあるため、「洗濯後の衣類管理も楽なんです」と奥さまも微笑みます。

もともとインテリアに興味のあるIさまは、「コーディネーターさんと照明や家具を選ぶのがとても楽しい時間になりました」とにっこり。考え尽くされた空間とインテリアは、シンプルながら、そのままIさまご家族の豊かな暮らしを映し出していました。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP