Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

高天井のリビングで森を眺めて憩う 変化に富んだスキップフロアの住まい

[千葉県 Tさま邸]

ブナやナラの樹木が豊かに茂る公園の森と向き合うTさまのお住まい。ウォールナット色の床や建具で統一されたLDKは、シンプルながら木の温もりを感じるデザインで、リビングは天井高3.5mの吹き抜けになっています。上下に設けられた二面の窓から陽光がたっぷりと入り、窓に目をやると庭の植栽と森の樹木がひとつに溶け合って一面の緑の眺め。駅から遠くない立地でありながら、まるでリゾート地の別荘にいるかのようです。

「ロケーションが気に入って、ここに土地を求めました。朝はダイニングに東側の窓から光が木漏れ日のようにやさしく差し込むので、朝食タイムがすごく気持ち良くて」とTさまは微笑みます。

共働きで子育て中のご夫妻が特にこだわったのは収納プランでした。リビングには玄関ホールから続く土間の大収納空間「蔵」があり、生活用品やお子さまの玩具はもちろん、ベビーカーやガーデニングの道具など外まわりの用具も手軽にしまえて便利です。また、リビングやダイニングにはベンチソファを造り付けて、くつろぎやすさと片付けやすさを両立させています。

「蔵の上のスキップフロアは子どものお気に入りの遊び場になっています。高いところからリビングにいる私たちを見下ろすのが楽しいみたい。ソファでくつろぎながら見守れるから親としても安心ですね」

お仕事、子育てとお互いに多忙ながらも、憩いの時間を大切にされているTさまご夫妻。住空間を美しく保ち、四季の自然に癒やされる心豊かな暮らしを満喫されています。

太陽光発電を備えたZEHの住まいで電気代収支プラスのエコライフを実現

[千葉県 Mさま邸]

白いタイル張りの外観に、太陽光発電モジュールを搭載したダークな屋根が調和するMさま邸。

木の温もりに満ちたLDKは間接照明の光に彩られ、オープンキッチンまでもがインテリア家具のよう。階段壁を木格子にして視線を通した設計が開放感を生み出しています。
「キッチンから全体が見渡せて、子どもがどこで遊んでいても様子が見守れるので安心です」と奥さま。

Mさまのお住いはZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)。そもそもは「寒いのが大の苦手」というMさまの希望で、高性能の断熱材やサッシを採用するプランとなったことから、ZEHの提案につながったと言います。

「照明は最初からLEDにするつもりだったので、あと太陽光発電を設置すれば、ZEHの基準をほぼ満たし、130万円※の補助金が得られるとのうれしい提案をいただきました」とMさま。※ZEH補助金の金額は、平成27年度のものです。

まだ入居されて2ヶ月ですが、省エネ性能の高さを実現されているご様子。寒い冬も床暖房だけで充分暖かく、エアコンの出番はほとんどなかったとのこと。太陽光発電による収支にも満足されています。

「2月は買電額が約8000円、売電額が約1万5000円でした。特に我慢して節電していたわけでもないのに、7000円もプラスになったのは驚きでしたね。スマートフォンのアプリで発電量や消費電力を確認できるのもおもしろくて。空が晴れているとうれしくなりますね」と笑顔のMさま。

伸び伸びと子育てをしながら、無理なく快適なスマートライフを満喫されています。

光と風を招き 太陽光発電でゼロ・エネルギーの家に

[千葉県君津市 Iさま邸]

吹き抜けのダイニングでお子さま達との会話を楽しむIさん。休日のティータイムは、ご夫妻の笑顔が弾ける憩いのひととき。南と東の2面の窓から、そして吹き抜けの高い窓からも明るい光が差し込んで、ご家族の団らんを温かく包みます。

ゆったりとしたリビングは外のウッドデッキを囲んでダイニングとL字に配置され、両空間をつなぐ対面キッチンがインテリア家具のような存在感を放っています。

「キッチンは、我が家のコックピットですね。ここに立つと内外が一望できるので、子どもがどこで遊んでいても見守れますし、来訪者もわかるから安心です。洗面・浴室へもキッチンから直接行けるので、家事もしやすくて」と奥さま。

自然の光と風を暮らしに採り入れたエコロジーな暮らしがしたい。Iさまの家づくりは、そんな思いから始まり、太陽光発電を備えたゼロ・エネルギー住宅へと発展しました。

「実は提案してもらうまで、省エネと創エネでエネルギー消費がゼロの住まいが実現できるとは知らなかったのです。国から補助金が交付され、年間の光熱費もプラスになると知ってうれしくなりました」

暮らしてみて、予想以上の効果を実感されたIさま。階段上の天窓から降り注ぐ光で北側まで明るく、日中はどこも照明いらず。

窓を開けると心地よく風が通り抜けるので、夏もほとんど冷房に頼ることなく快適に過ごせたとのこと。寒い冬もLDKは日向にいるような温かさです。

「モニターで発電量や消費電力量が目に見えるので、自然にエコ意識も芽生えました。実際、以前の住まいと比べて光熱費は半額以下。環境にも貢献できる家づくりができて、ちょっと誇らしい気持ちですね」

アーバンリゾートを想わせる癒しの住まい

[千葉県 Nさま邸]


微妙にゆらぎのあるタイルの2色づかいで、外観にやわらかな表情を与えています。

「休日は、東京湾でクルージングをするのが趣味」というNさまが思い描かれたのは、まさにリゾートホテルを想わせる「癒し」に満ちた住まいでした。 玄関アプローチには建物と一体デザインしたアーチ状の入口を設け、端正な石貼り風に仕上げた外壁は中性の西欧圏築のイメージが重なります。 外観デザインは微妙に色調の異なる2色のタイルを"ゆらぎ"のイメージで貼ることによって、豊かな質感のある表情をもたらしています。力強い個性を主張しながらも、街並みに美しく調和する住まいです。


大理石調の床タイルに、アイボリーで統一したインテリアが美しいリビング。

大勢のゲストをもてなす回廊空間

1階はお客さまとの交流を楽しむためのパブリックスペース。美しい中庭を囲むようにテラコッタタイルを敷き詰めた回廊が広がり、訪れた人は靴を履いたまま庭と室内を行き来できるようになっています。「クルージング仲間を大勢招いてパーティを開きたい」というご主人の想いがカタチになった空間。週末には、みなさんで自然と一体になるひとときを楽しまれています。


「離れ」をイメージした和室。縁側、回廊を通して庭園とつながります。

間接照明でシーンに合わせた空間演出

天井高3mというのびやかな空間のリビングは全体をアイボリーで統一し、床には大理石調のタイルを採用。多灯式の間接照明で奥行きのある空間を演出するとともに、生活のシーンによって光の演出を変えられるよう配慮しました。また、「離れ」感覚の和室には広縁を設け、ご家族はもちろん、訪れた人ものんびりと庭を眺められる憩いの場になっています。


テラコッタタイルを敷き詰めた回廊空間。コロニアル風のリゾートホテルを想わせます。

所在地 千葉県
家族構成 ---
敷地面積 409m²
延床面積 293m²(1階 148m²、2階 145m²)
建ぺい率 39%
容積率 72%

空間のカタチも色も最小限に抑え、素材の質感を強調したダイニング。

ほのかな光が空間に奥行きを与える間接照明をふんだんにとりいれました。

心地よさへのこだわりを込めた医院併用住宅

[千葉県 Yさま邸]


夜は美しくライトアップされるYさま邸。防犯性も考えられたプランです。

代々、この地で医院を開業されてきたYさま。市の道路拡張計画にともない、隣りの敷地に医院併用の住まいを建てられました。この敷地は近くに線路が通っており、以前のお宅では列車の音と振動に悩まされたそうです。 そこで、ご夫妻は、以前から気に入っていたというミサワホームのシンプルなデザインに加えて、構造的にも騒音や振動にも強いことを知り、ミサワホームを選ばれました。実際、ご入居後は「まったく外のことが気になりませんね」と満足のご様子。訪れる患者さまにも居心地のよい空間を実現することができました。


2階リビング・ダイニング。和の趣を取り入れた洗練されたくつろぎスペースです。

自宅で過ごすような心地よい医院に

医院スペースの設計について、Yさまは「ご自宅にいるような気持ちで過ごしていただける空間にしたい」というこだわりをお持ちでした。そこで、待合室や入院者さまのベッドルームを「M-Wood」を用いた温かみのある雰囲気でまとめました。待合室の6連窓は朝の光を取り込みながら、外からの視線は遮るように、また入院用のベッドルームは明るい南向きに配置するなど、きめ細かな配慮があります。


2面の開口から明るい陽ざしを取り入れるダイニング。

高い天井で心やすらぐ生活スペース

生活のステージとなる2階は天井を高くし、南側に大開口を設けて明るく開放的な雰囲気に。また、インテリアはシンプルに徹しながらも「M-Wood」の木の質感が心やすらぐ空間となっています。15帖大のリビングは、引戸で仕切れる9帖のダイニングと合わせて広びろとした空間です。また、対面キッチンからバスルームまで一直線とし、奥さまの負担を軽くする家事動線も考慮しました。


主寝室も「M-Wood」の温もりのある雰囲気で統一されています。

所在地 千葉県
家族構成 ご夫婦・お子さま2人
敷地面積 480m²
延床面積 320m²(1階 182m²、2階 137m²)
建ぺい率 40%
容積率 80%


「ご自宅で過ごすような心地よい空間に」というYさまのご要望をカタチにした待合室。


診察室間をスムーズに移動できるよう、効率的な動線を配慮しています。

入院用のベッドルーム。温かみのある空間が印象的です。

家族で過ごす時間を大事にする家

[千葉県 Nさま邸]


寄棟屋根と重厚なニューセラミックの外壁。お洒落で楽しげな外構にぬくもりが感じられます。

都市の便利さと自然に恵まれた環境を兼ね備えた地に、新たな居を構えられたNさま。ご夫婦ともにお医者さまというご多忙な毎日の中、「2人のお子さまと過ごす時間を何よりも大切にしたい」というご希望をかなえられました。 端正な美しさを見せる寄棟屋根に、ベージュ系の落ち着いた色調がマッチするニューセラミックの外壁。水平ラインを強調したフォルムが風格を物語りながら、街並みに調和しています。 その外観の印象通り、室内空間もゆったりとした空気が満ち、家族のあたたかなコミュニケーションが広がる住まいになりました。


広びろとした玄関。天井までのシュークロゼットで収納量もたっぷりです。

家族が自然に集うリビング

「家族が自然と集う団らん空間をつくりたい」というご主人のご要望を受けて、1階リビングはダイニングとひと続きの大空間としました。また、2面は天井いっぱいの高さの大開口をとり、建物を囲むように広がる庭と一体感のある開放的な空間を実現しました。さらに、キッチンはスライド式のドアを閉めると完全にクローズされ、心からくつろげるファミリースペースになります。


実に広びろとしたリビングスペース。低い家具で統一しているため、よりいっそう広がりが感じられます。

家族の絆になるプラスα空間

Nさまご家族の"絆"や"つながり"を象徴する空間が、2階の廊下を兼ねたホールです。ご夫婦の寝室と子ども室、そしてホビールームをつなぐ広びろとしたこの空間は、現在、お子さまが描いた絵を飾るギャラリーになっています。新しい作品を飾るときには家族みんなでワイワイと、楽しい批評をしながら...。そんな暖かい時間が広がるスペースがあることも大きな魅力です。


客間として使われている二間続きの和室。大勢のゲストを招いてもゆとり十分です。

所在地 千葉県
家族構成 ご夫婦・お子さま2人
敷地面積 522m²
延床面積 206m²(1階 116m²、2階 90m²)
建ぺい率 22%
容積率 39%


トップライトからの光がギャラリースペースを開放的にしています。

すっきりとした機能美を持つI型のキッチン。スライドドアで閉め切ることもできます。

2階の廊下を兼ねたギャラリースペース。お子さまの絵が最高のインテリアです。

世代を超えて住み継いでいける家

[千葉県 Kさま邸]


スクエアなフォルムに三角の屋根がアクセントになった外観。大開口が明るい暮らしを物語ります。

心地よい光と風が抜ける高台に新居を建てられたKさま。仕事でイギリスに滞在されていた時、「何世代にもわたり住み継いでいく家づくり」に感銘を受け、選ばれたのがハイブリッド住宅でした。 その理由は、堅固な鉄骨ラーメン構造で、家族構成やライフスタイルの変化に応じて間取りを容易に変更できること。そして、無駄な装飾を省いたシンプルなインテリアであること。 新聞広告をひと目見て惚れ込んだというスタイリッシュな外観をはじめ、「家は住む人の個性が生きるステージあってほしい」というKさまの理想に近い住まいが実現しました。


大きなダイニングテーブルに合わせて設計されたというダイニング・キッチン。

暮らしを楽しむメインステージ

ご家族が集まってくつろぐ。ときにはゲストを招いて賑やかに楽しむ。そのメインステージとなるのが1階リビング・ダイニングです。南向きの大開口から明るい陽ざしがあふれ、庭の美しい緑も眺められます。とくにダイニングはお気に入りの8人掛けの大きなダイニングテーブルに合わせて設計されたもの。会話も食事も、また一人でくつろぐ時でさえも、心が豊かになっていく空間といえます。


ご自慢の音響システムで楽しむホームシアター。ハイブリッド住宅ならお隣りへの音漏れの心配もなし。

プラスαの楽しさを広げる空間

2階プライベートスペースもゆとりたっぷり。主寝室にはご主人のパソコンコーナーと奥さまのパウダーコーナーをそれぞれ設け、お互い好きなことをして過ごす時間も大切にされています。また、階段ホールには造り付けの書棚を設けて「ファミリーライブラリー」として活用されるとともに、3階にはパノラマの景色が眺められる屋上テラスを設けるなど、プラスαの楽しみが広がる住まいです。


すっきりと上品にまとめられたインテリアが美しい、お嬢さまの居室。

所在地 千葉県
家族構成 ご夫婦・お子さま2人
敷地面積 258m²
延床面積 195m²(1階 92m²、2階 92m²、3階 11m²)
建ぺい率 54%
容積率 75%

シンプルにまとめた主寝室。白いクロスと腰壁が落ち着いた雰囲気を演出しています。

ヨーロッパ滞在中に集められたスプーンコレクション。美しいインテリアになっています。

和の伝統と快適さを進化させた家

[千葉県 Wさま邸]


シンプルモダンながら、どこか和の趣が漂う外観。街並みにもしっくり調和しています。

外観はBOX形のシンプルモダンなデザインですが、一歩足を踏み入れると1階フロアは伝統的な和の空間。まさに和と洋の美しさが融合した住まいといえます。 外壁は櫛引の塗り壁でぬくもりのある表情を与え、建物のセンターには防犯性も兼ねたアルミルーバーを組み込んでメリハリの効いたデザインに仕上げました。 1階の各室はすべて畳敷きとしたのをはじめ、エントランスや玄関のタタキには玉砂利を敷き詰めるなど、インテリアの細部にいたるまで伝統的な和の趣と機能美が息づいています。


和をモチーフとしたデザインや素材を用いたWさま邸。日本の良き伝統が息づく空間です。

玄関から客間まで和テイストを追求

玄関から1階客間までは伝統的な和をベースにモダンなテイストを加えることで、個性的な空間に仕上がりました。玄関は、タタキに玉砂利を敷き詰めて石畳を配し、床に清々しい竹材のフローリングを使用。また、1階リビングにつながる客間は、焦げ茶の柱と梁が広びろとした空間をきりっと引き締め、和紙づくりのペンダントラ イトが空間の美しいアクセントとなっています。


和の意匠を損なわないよう、エアコンは吊り戸棚上の欄間に収めています。

会話も弾む、畳敷きの団らん空間

Wさまご夫妻は、和の暮らしやすさに惹かれ"座って生活するスタイル"のリビング・ダイニングをご希望されました。畳敷きの団らん空間は家族の交流にもぬくもりが生まれるようです。また、キッチンは対面式のフルフラットカウンターとしただけでなく、床を約60cm掘り下げて、料理をする奥さまとご家族の視線の高さが合うように配慮。家族の会話が弾み、おいしい時間を広げる提案です。


シックな色調でまとめたキッチンカウンター。統一感のあるインテリアは広く感じます。

所在地 千葉県
家族構成 ご夫婦・お子さま1人
敷地面積 216m²
建築面積 79m²
延床面積 149m²(1階 75m²、2階 73m²、蔵 33m²)
建ぺい率 36%
容積率 68%


スキップフロアに設けた約21帖の大収納空間「KURA」。普段使わないものなどを大量に収納できます。

外壁は手仕事による櫛引の塗り壁。味わいのある質感があります。

竹材のフローリングと暗色の玉砂利。素材の美しさをいかすのも和の伝統です。

モダンとエスニックが融合した家

[千葉県 Aさま邸]


クスノキの巨木をシンボルツリーに。大らかな暮らしを物語ります。

タイで暮らしていたAさまがご帰国後に建てたモダンとエスニックが融合した住まい。緑豊かな約140坪の敷地には、クスノキの巨木がご家族の暮らしを見守るように立ち、つねに自然が身近に感じられます。建物の正面にはウッドデッキ、その右側にはタイル敷きのテラスを設け、外まわりも充実させました。 アジアンテイストのリビングは約17帖大。ダイニングより一段高い3.1mの天井高が開放感を生んでいます。この大空間を引き締めているのが透かしタイルを使ったアクセントウォール。アジアの古い寺院や宮殿をイメージしたものです。


濃い茶系タイルの素材感により、シックな印象を醸し出す外観。

自然を満喫する空間をふんだんに

心から自然とふれあえる工夫が盛り込まれたAさま邸。たとえば、和室には坪庭の眺めを楽しむ地窓を設け、シンプルな和室に景色を与えています。また、天井には代萩(だいはぎ)の自然素材を用いて涼やかな印象を演出しました。さらに、ステージのようなウッドデッキはお子さまたちの一番の遊び場。庭の自然を感じながらご家族でのびやかな時間が過ごせそうです。


ウォールナットの床とアースカラーの塗り壁で、落ち着いた雰囲気を演出。

緩やかなつながりを考えた2階フロア

2階はゆとりを大切にしたプライベートゾーンとしました。南側の主寝室と、階段を挟んで北側にある子ども部屋の間は、壁の一部をガラス張りに。それぞれの部屋にいながらお互いの気配を感じることができ、家族がゆるやかにつながります。夜間などはブラインドを下ろせば視線を遮ることも可能です。また、一般的に暗くなりがちな階段ホールも、居室の窓からの光が入るように配慮しています。


開放感のある天井高で、ゆったりと寛げるリビング

所在地 千葉県
家族構成 ご夫婦・お子さま2人
敷地面積 461m²
延床面積 210m²(1階 120m²、2階 90m²)
建ぺい率 27%
容積率 45%


複数の照明を組み合わせる"一室多灯"で空間に豊かな陰影が生まれます。


座るとちょうど庭の美しさが目に入る和室の地窓。


クスノキが見えるよう、やや高めに設置した主寝室の南側窓。

日光浴やお子さまのプール、バーベキューなどが楽しめる広いウッドデッキ。

子ども部屋から、階段ホールの先にある主寝室まで見通せる。

庭を眺めながら入浴できる、天井高3mの浴室。床と壁には上質な磁器タイルを使用しています。

家族が集まる、光あふれるセンターリビングの家

[千葉県千葉市 Nさま邸]

長年にわたる東南アジアでの海外赴任生活を終え、ご実家の隣にお住まいを新築されたNさま。手彫りの風合い漂うセラミックの外壁が印象的なハイブリッド住宅で、「モデルハウスを見て一目でデザインが気に入りました」と笑顔で語ります。

ダークカラーの床や建具でアジアン風にコーディネートしたLDKは、天井まである大きな窓から陽光が差し込んで明るく開放感いっぱい。
スケルトンの階段がオブジェのように映え、赤のチェアと共にインテリアのアクセントになっています。

3人のお子さまを持つご夫妻が、何よりも大切にされているのが家族との時間。そこでみんなが集まるリビングはセンターに配置し、オープンキッチンと対面するスタイルに。「キッチンにいても、リビングで遊ぶ子どもたちが見守れて安心。会話も交わせるから楽しくて」と奥さま。

お子さまが必ず家族と顔を合わせてから2階に上がるよう、階段をリビング内に設けたのもこだわりです。階段には梁の厚みを利用して飾り棚をしつらえ、旅行写真や思い出の小物など家族の「歴史」をディスプレイ。さらに階段の2階壁には半透明のアクリルパネルをはめ込んで、北側で暗くなりがちな洗面スペースに光を通す工夫も凝らしています。

小さなお子さまがありながら、すっきりと美しい暮らしが保てるのは収納が充実しているから。特に小屋裏を最大限に有効活用した大収納「小屋KURA」は大活躍。「段ボール100箱以上あった」という膨大な荷物も余裕で収まっています。

週末は隣家に住むご両親や妹さま夫妻を招き、総勢9人で楽しく賑やかに食卓を囲むというNさま。
このお住まいを舞台に「大家族」の温かな交流が育まれていました。 

広さと高さを活かしたデザインで、のびやかで温かな住まいに

[千葉県 Mさま邸]

外観のツートンカラーが印象的なMさま邸は、背後に水田が広がるのどかな地域に立地しています。春から秋にかけて、稲穂が青から黄へと色づく季節には、美しい田園風景が借景となってMさま邸を彩ります。

マンション住まいだったMさまご夫妻は、まず「丈夫で広い家」にこだわりました。そして展示場を巡るうちに出会ったのが、木質パネルによる「蔵」のある家だったのです。コンパクトな印象の外観ですが、1階と2階に蔵が、さらに2.5階のロフトもあるため、Mさま邸は空間の広さに加え、天井の高さも十分なお住まいです。
プランニングはご主人が担当。間取りのプラン集を見ながら、方眼紙に自ら間取りを描き込み、詳細な設計へと進めていきました。そのため、ご主人のこだわりが随所に反映された、のびやかなお住まいになっています。

そのひとつが1階の広い空間です。ここはリビング、ダイニング、キッチンがひとつの空間となっており、蔵の高さを活かした天井高3.2mの吹き抜けが自慢。開口部もたっぷりととっているため、太陽の光が燦々と降り注ぎ、借景の田園風景も存分に楽しむことができます。

ユニークなのは、キッチンに隣接したマルチコーナーがあることでしょう。マルチコーナーは一段高く、テキスタイルフロアになっているため、腰をかけたり、寝転がったり、さまざまにくつろぐことが可能です。
現在はパソコンなどが置かれ、ご夫妻にとっての情報収集基地として活躍中。

将来はお子さまがここで遊んだり、勉強したり、キッチンやダイニングにいる奥さまとコミュニケーションができる空間になりそうです。
またリビングには蔵も隣接し、内部の土間から玄関へと抜けることができます。家具や自転車など、大きなモノが収納できると、奥さまにも大好評。蔵上のスキップフロアは和室で、来客用スペースとして活用されています。
広さを活かしたもうひとつのこだわりが、階段と1階のトイレ。階段は幅が設計上もっとも広いタイプを採用しているため、大人が十分にすれ違うことも可能です。

踊り場にもゆとりがあるため、壁面にはギャラリー用の棚が設置されています。また、1階にはかなり広いスペースに、来客用の男性専用のトイレを設置。
浴室などの水廻りは2階にあり、洗濯から取り込んで収納するまでの動線がとてもスムーズです。しかもここにも蔵があるため、収納力もたっぷり。
広いお住まいながら、動線がコンパクトになっているのもMさま邸の特徴でしょう。まさに、ご主人の力作。ご夫妻の笑顔が似合う、温かい、素敵なお住まいになっていました。

こだわりの隠れ家空間のあるシンプルモダンな住まい

[千葉県船橋市 Mさま邸]

Mさま邸は、郊外の住宅地に立地し、ビルトインガレージを備えたモダンな外観が印象的。周囲には、子育てが終わった世代が多いせいか、落ち着いた雰囲気が漂います。

理想的な広さの土地が見つかり、新築を決意したときに、ご夫妻がコンセプトにしたのは「キュービックな家」でした。そしてもうひとつ、「シンプルモダン」であること。新たな家にご夫妻が求めたのは、そうしたムダのない美しさでした。

そのため、1階のパブリックスペースは、広々としていてすっきりとしています。大きなオープンキッチンも道具類がしっかり収納されて、とてもすっきり。奥さまの「シンプルが好き」という志向が、パブリックスペースにも徹底されているせいでしょう。
シンプルでムダがないとはいえ、冷たさを感じないのがMさま邸の特徴です。大きな窓からは、カーテンを通してやわらかな光がたっぷりと注ぎ込み、あたたかい色調のフローリングが空間全体をやさしく包みます。大きなキッチンでは、2人のお子さまもいっしょに奥さまとお料理をするそうで、親子の楽しそうな笑い声が聞こえてきそうです。

そんなやさしい空間の一角に、隠れ家のように配置されているのが、ご主人の部屋。イメージを伝えるために、自らデザインを書き起こしたほどのこだわりの空間です。キッチンの横から階段を下りた先は、壁の色もダークに染まり、まさに「男の空間」という印象。中に入るとビルトインガレージが連結されて、大好きなスポーツカーが目の前にあるという仕掛けです。

スポーツシューズやミニレーシングカーなど、お気に入りのものが飾られている様子は、まるでギャラリーのよう。
奥さまも「家づくりはほとんどを任せてもらいましたが、この趣味の部屋だけはノータッチ。主人も楽しみながらデッサンを描いていました」と語ります。

また、ご夫妻が気にかけた空間として、子ども部屋があります。2階の明るい空間で、間仕切りもできるよう広く設定されています。ここは明るくあたたかいせいか、とても心地のいい空間で、お子さまたちも大のお気に入り。
ほかにも2階には畳の部屋やマルチスペースがあり、3人のお子さまたちの成長に合わせてフレキシブルに活用したいと考えているそうです。

こうした工夫に加えて、3人のお子さまが全員女の子であることから、シューズクロゼットや洗面所といった空間にも、女性ならではの配慮が行き届いていました。
ご夫妻ともに多忙な仕事をおもちなだけに、お子さまと家で過ごす時間は貴重なもの。やさしい空間の中で、ご家族の笑顔が素敵に輝いていました。

庭とひと続きにつながる 土間ダイニングのある家

[千葉県 Hさま邸]

Hさま邸は、周囲をぐるりと住宅に囲まれた密集地で、南北を上下の崖地に挟まれています。ところが敷地内に足を踏み入れると、そこは別世界。崖条例を逆手に生かし、近隣との距離を保ってプライバシーを確保した建物は、奥に大きく広がる庭を抱いて、リゾートの趣に満ちた憩いの風景を創り出していました。

土間フロアのダイニングは二面のフルオープンサッシを全開すれば内と外がひと続きになり、吹き抜けの高い天井と相まって開放感いっぱい。奥さまは「ダイニングから庭で遊ぶ子どもたちの元気な姿を眺めていると、家族の幸せを感じます」と微笑みます。

土間から一段上がった床座リビングには、足触りのいい織物の床材が市松模様に敷かれ、ホワイトの障子窓がすっきりと洗練された印象。
特に奥さまのお気に入りのアジアン家具ともしっくりと調和して、上質のくつろぎ感を醸し出していました。土間のダイニングと床座リビングはオープンにつながり、大らかな暮らしのメインステージになっています。

ダイニングにリビングと同じ高さでL字に設置されたベンチ収納は、いわば縁側のような感覚。家族が自然と集まり、テーブルを囲んで会話が弾みます。この場所は仲の良いご友人たちとのキッチンパーティーでも大活躍。誰もが好きな場所に気軽に腰を掛け、奥さまの手料理を味わいながら楽しいおしゃべりに花を咲かせることが多いそう。土間フロアは、夏は足下がひんやりと涼しく、冬は大きな窓からたっぷりと差し込む日射しの熱が土間に蓄えられて暖かく快適。 汚れても水洗いできて掃除がしやすいのも土間の魅力です。

もうひとつ注目したいのが、2か所に設けられた大収納空間「蔵」の存在です。土間フロアの「蔵」は、キッチンやダイニングで使う保存食や生活用品をはじめ、庭で使うガーデニング用品もしまえて便利。2階の「蔵」は、中2階に設けられた洗面所の壁と子ども部屋の床に出入り口があり、衣類や書籍などあふれるモノをまるごとしまえます。こんな充実した収納があるから、住空間をいつもすっきりと美しく保てるのでしょう。

家具、調度品、照明などのインテリアのひとつひとつにもHさまの高い美意識が薫るお住まいは、モダンな中にどこか懐かしい和の心地よさが息づいていて、ホッと気持ちが和みます。四季折々の自然を五感で感じながら、家族やご友人とのふれあいを大切に、一日一日を丁寧に重ねていく潤い豊かな暮らしがここにありました。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP