Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

優美なリゾートホテルを思わせる、白がまぶしい南プロヴァンス風のお住まい

[茨城県 Nさま邸]

田園に囲まれたのどかな環境に、白い塗り壁の外観が美しく映えるNさま邸。石張りの門柱や乱切り石のアプローチが南プロヴァンス風の佇まいを凜と引き立てています。

階段のアイアン手すりがお洒落な玄関ホールからLDKに入ると、そこはヨーロッパのリゾートホテルのような雰囲気。リビングの天井はメダリオン照明でエレガントに装飾され、ヨーロピアン家具と気品高く調和しています。

一方、ダイニングは高さ約4mの吹き抜けで、長く吊したペンダント照明が伸びやかな空間のアクセントに。高い位置の連窓から光が食卓に明るく降り注ぎます。「爽やかな陽光のもとで朝食をいただくのは気持ちいいですね」と奥さま。

ダイニングの窓の外に広がるタイルテラスは、自然とふれあう憩いの場。オーニングも設置して日差しを遮り、快適にティータイムが楽しめるようにしています。

自宅で仕事をされることも多いNさまは、ダイニングの一画を低い壁で仕切って書斎スペースに。「妻と顔を合わせて会話ができるように、LDKとオープンにつながる書斎にしました」と語ります。 また、書斎の隣にはクロゼットを設け、出勤に必要なスーツや鞄はここに収納。「洗面・浴室も1階にあるので、朝は洗顔、身支度、朝食の流れがスムーズに進みますし、帰宅後も2階に着替えに上がる必要がなく、1階で生活が完結できます」とNさま。

奥さまも、憧れのイメージ通りのお住まいに大満足のご様子。「この家に似合う調度品を飾るのが楽しみです」と笑顔で語ってくれました。

吹き抜けリビングで中庭を眺めて憩う、ラグジュアリーホテルのような住まい

[新潟県 Oさま邸]

Oさま邸の玄関ホールに入ると、そこに広がるのは虚飾を排し、ラインで建築美を際立たせた白の世界。大きな窓越しに見えるホワイトタイルの中庭に目が奪われます。

モザイクタイルの水盤にたたえられた水が陽光を受けてゆらめき、モダンアートの美術館のよう。この中庭はリビングにも面しており、高い壁で外からの視線を遮ることで、プライバシーが守られています。
「家にいながら非日常的な雰囲気が味わえる暮らしがしたくて、ハワイのお気に入りホテルのテイストを設計に取り入れてもらいました」とOさまは語ります。

玄関から続く階段ホールの壁際には、マッキントッシュの名作椅子、ラダーバックチェアを飾ってインテリアのアクセントに。ブラウンガラスの壁越しにリビングが透けて見える演出も素敵です。

LDKは約30畳の大空間で、6mを超える吹き抜けリビングは、上の窓からも光が差し込んで圧巻の明るさです。白い大理石調フロアに黒革ソファやアールを描くアルコランプが調和する上質な空間は、ラグジュアリーホテルさながら。

「夜は間接照明とアルコランプだけを灯し、落ち着いた雰囲気でくつろいでいます。中庭の水盤をライトアップすると水面が煌めいてきれいですよ」とOさま。

テレビボード側のタイル壁の後ろは家事コーナーとパントリー。雑多なモノをここに隠せるのも、生活感の漂わない美しい暮らしの秘訣でしょう。

「木目の質感を取り入れたメタルスモークのキッチンは奥さまのお気に入り。フランスの伝統陶器をコレクションしている奥さまは、家づくりをきっかけにテーブルコーディネーターの資格も取得されたそう。
「ときどき仲良しの友人とダイニングで食事会をしています。今度は好きな食器でテーブルコーディネートも楽しみたいですね」

スキップフロアでつながる桟敷席、吹き抜けのリビングで楽しく子育て

[愛媛県 Nさま邸]

3人のお子さまの成長にともない、お祖父さまから相続された古い家を建て替えられたNさま。「住宅展示場を見学したなかで、いちばんカッコいいと感じたのが『蔵のある家』でした。間口7mの奥に長い敷地でも、大収納空間を設けることで吹き抜けの開放感ある暮らしが実現できると聞いて、素晴らしいと思いました」と語ります。

その言葉通り、「蔵」のあるリビングは天井高4mの伸びやかさで、約8畳とコンパクトながら圧迫感を感じさせません。「蔵」の上のタタミスペースともガラス壁でつながり、視線が広がります。「子どもたちはタタミスペースからリビングのテレビを観て、『映画館みたい』と桟敷席のように楽しんでいます」とNさま。

また、スクエアな外観デザインへのこだわりが強く、「人目のある道路側にはあえて窓を設けず、すっきりとスタイリッシュに見せたい」とのご要望でした。そこで中庭を囲むようにリビングとダイニングを配置して、光を上手に採り入れています。

「かさばる荷物やたくさんの生活用品も『蔵』に気軽にしまえるから、リビングはいつもすっきり。帰宅するとホッと心が和みます」とNさま。

天井近くの高い窓からも光が差し込み、南側に窓がないにもかかわらず、昼間は照明いらず。観葉植物も元気に成長しているそうです。
「キッチンから中庭を眺めたり、家事の合間にウッドデッキでお茶を飲んだりとリラックスできて、心にゆとりが生まれました」と奥さま。目障りなモノが一切ない美しい住空間で、ご家族5人の賑やかな暮らしを和気あいあいと楽しまれています。

リビングに施された縦と横の大胆なラインと照明計画で演出された心地よい大人の空間

[愛知県 Aさま邸]

住まいづくりにあたってAさまご夫妻が望んだのは、将来、ご夫婦お二人で暮らすためのお住まいでした。
「今はまだ娘もおりますが、いわゆるアットホームな空間である必要はなかったのです」と語ります。そのため、「大人の空間」を意識したデザインによって、メリハリを効かせながら落ち着きのあるお住まいが実現しました。

外観は、壁から駐車スペースまで連続するダークブラウンの縦のラインを強調した端正なフォルムに。内部は1階にLDKと和室を配し、吹き抜けの階段室を介して、2階の個室や浴室などとゆるやかにつながる空間構成となっています。

セミオープンなLDKには、壁面の中央に横壁が施され、リビングとダイニングを仕切る壁とともに大胆な縦横のラインを形成。横壁は外からの視線を遮り、プライバシーを確保するための仕掛けですが、壁の上下に高窓と地窓を設けることで採光も十分です。

また、ダイニングにつながる面の地窓は掃き出し窓にすることで、通風もしっかり確保。地窓からは庭がのぞき、建物の内と外との一体感も感じられます。

そして、Aさま邸を「大人の空間」にしているのが照明計画でしょう。LDKの横壁には白壁にやさしく反射する間接照明が設けられ、仕切り用の縦壁には天井からの照明が光を放ち、それぞれの壁の素材感をより豊かに見せています。

「昼と夜で異なる2つの表情を楽しんでいます。すっきりとして、暮らしやすいこともうれしいですね」とAさまご夫妻。「大人の空間」を味わっていらっしゃいました。

同一フロアでほどよく交わる二世帯住宅、吹き抜けの大空間で憩いの暮らしを満喫

[秋田県 Wさま邸]

将来、ご両親を呼び寄せて同居できるよう、二世帯住宅を建てられたWさま。玄関ドアを開けると、天井を白木のルーバーで覆った奥行約13mもの長いホールに目を奪われます。このデザインは、「木都」として栄えた秋田を象徴したもの。夜はダウンライトの灯りがルーバーから拡散し、白壁に美しい陰影を描きます。

ご両親の住空間は玄関土間の西側に配置。二世帯の住まいを同一フロアに設けつつ、ほどよい距離感を保って、お互いに気兼ねのない暮らしができるようにしています。

玄関ホールの先にはスケルトン階段を配した吹き抜けの階段室があり、ここを通って勾配天井のリビングへ。
「階段室を接点にした開放的な設計デザインが気に入っています。子どもたちの部屋のみを2階に設け、私たちは1階ですべて生活が完結できる平屋のような間取りにしてもらいました。リビングでくつろぎながら、階段室の上の素通しガラスの壁越しに、2階にいる子どもたちと顔を合わせられるのも楽しいですね」とWさまは笑顔で語ります。

子ども部屋は勾配天井の梁にブランコを吊って、北国の長い冬の間、室内で遊べるようにしています。

リビングと大開口でつながるダイニングキッチンは、天窓からも光が降り注ぎ、北側とは思えない明るい空間になっています。キッチンの前には、2人のお子さまが並んで座れるスタディーコーナーも設置。お勉強する様子をキッチンから見守れるようにしています。
「日々愛着が深まり、この住空間で暮らす幸せを感じています」とお喜びのWさまです。

吹き抜けのLDKで伸びやかに子育て、生活動線も工夫してゆとりの暮らしを

[東京都 Hさま邸]

奥行きのあるモノトーンのタイル外壁と切妻屋根の佇まいが風格を漂わせるHさま邸。育ち盛りの3人の息子さまが日々成長され、お住まいになっていた賃貸マンションが手狭になったことから、ご実家の隣地にマイホームを新築されました。

天井高3.5mの開放感あふれるリビングは、南側のワイドサッシや高い位置の連窓から光がふんだんに差し込み、照明いらずの明るさです。
「日差しが温かいので、冬は床暖房だけで十分暖かく過ごせますし、気候の良い季節は窓を開けると心地よい風が通ります」とHさま。お子さまたちはタタミコーナーでゴロンと寝そべって遊ぶのが大好きだそう。

キッチンは調理の油ハネが気にならないよう、あえて壁付けに。ダイニングとキッチンを高めのカップボードでさりげなく仕切って、キッチンがリビングから丸見えにならないように配慮し、食器類や家電をカップボードにすっきりと納めています。

「回遊動線でキッチンからすぐに洗面室や玄関に行けるから家事もスムーズ。勝手口から直接洗面・浴室に行けるので、サッカー帰りで泥んこの子どもたちをお風呂に直行させられるのも助かります」と奥さま。

外壁の柱型の凹みを利用して、リビングに埋め込みの収納を造作。レジャー用品や季節モノは2階の大収納空間「蔵」にたっぷりしまえるので、住空間をすっきりと保てます。

「住まいにゆとりがあるから、子育ても家事もしやすくなり、心にもゆとりが生まれました」と奥さま。夜は間接照明の灯りだけをつけたリビングで、ゆったりと大人の時間を楽しまれています。

吹き抜けのリビングで田園風景に憩い、大空間で愛犬と一緒に楽しく過ごす家

[静岡県 Iさま邸]

緑の田園風景にニューセラミックの白い外壁が映えるIさま邸。大きな吹き抜けのリビングは、南面のワイドな窓からなだらかな山並みが一望でき、屋内とは思えない開放感に満ちています。

「四季折々、のどかな自然の風景を眺めて暮らす毎日は、気持ちも大らかにしてくれます。2匹の愛犬は芝生の庭で遊ぶのが大好きで、サッシを開けるとうれしそうに駆け出していきます」とIさまは目を細めます。

スケルトン階段をアクセントにした大空間のLDKは、愛犬が滑りにくい「うづくりPlus」のフローリングに。壁掛けテレビの壁はストーンタイル調のエコカラットを貼ってすっきりと演出しています。

奥さまはリビングや外の景色が見渡せるオープンキッチンがお気に入り。 「家族とお喋りしながら料理ができるから孤独感がありませんし、勝手口からパントリーに直接買い物した食材を運べる動線も便利です」

エコ意識の高いIさまは省エネの暮らしを求めて、切妻屋根に6.5kWの太陽光発電システムを搭載。オール電化の住まいにされました。
「気密・断熱性が高いから、夏も冬もエアコン1台で大空間が快適に保てます。夏は愛犬のために、冷房を一日中つけていましたが、電気代の収支はプラスになって驚きました」

リビングは高い窓からも日射しがふんだんに差し込み、冬も暖かく過ごせるそう。「休日、家族が揃ってランチを楽しんでいると、ワンちゃんたちがそばに来て気持ちよさそうに寝そべります。そんなひとときに、とびきりの幸せを感じますね」と語る奥さまの笑顔が印象的でした。

ダイナミックな吹き抜けの大きな窓から、絵のように空を楽しむ洗練された住まい

[新潟県 Sさま邸]

箱を組み合わせたような外観が印象的なSさま邸。玄関をあえて正面から見えない位置に配置、ガレージシャッターと四角い大きな窓のみをアクセントにした佇まいは、まるでモダンアートの美術館のようです。スケルトン階段が走る玄関ホールも、大空間のLDKも、すべて大理石調フロアで美しく統一され、中庭に1本だけ植えられた樹木の緑が「白」の世界に鮮やかな色を添えています。

LDKに入ると、リビングのダイナミックな吹き抜けに目を奪われます。
「圧迫感のない暮らしがしたかったので、吹き抜けを思い切り大きくしてもらいました。南側の高い位置にある大きな窓から空の景色がきれいに見えて、一日中眺めていても飽きません。赤く染まる夕暮れも美しく、夜にはお月見や星空も楽しめます」と奥さまは笑顔で語ります。

カウンタートップと扉をセラミックの風合いで統一したキッチンは高級家具のよう。デザインタイルの壁や木目の収納と調和して、インテリアを引き立てています。
家事動線にもしっかり配慮。洗濯物がすぐにインナーバルコニーに干せるよう、洗面・浴室は2階に配置。続きに室内干しのできるランドリールームも設けました。

また、サーフィンが趣味のご主人のご希望で、インナーガレージの奥にはシャワーブースとサーフボードの置けるスペースが設けられています。
「早朝にすぐそばの海で波乗りした後、シャワーを浴び、着替えてそのまま仕事に出かけます」とご主人。
生活感の漂わない美しい住まいで、憩い、語らい、趣味を楽しむ充実した暮らしを満喫されています。

6mの吹き抜けがもたらす開放感、南蛮風の客間で遊び心のある住まいに

[大阪府 Tさま邸]

築40年を経たご自宅をお建替えになったTさま。家づくりにあたってこだわられたのは、遊び心のあるデザインでした。玄関ホールの正面にしつらえた客間はその象徴です。

花鳥が描かれたアクセントクロスや、黒と金の亀甲柄クロスをあしらった折り上げ天井で、南蛮風のエキゾチックなインテリアに演出。部屋の外に細長く走らせた板石敷きの坪庭が木格子の壁としっくりと調和して、雅な趣を醸し出しています。

「安土城の信長の館のような南蛮風の唐様デザインに憧れていたので、客間で思い切り遊んでみました。続き間の和室と共に、ここだけは私の趣味で別世界に仕上げています。客人を招いておもてなしをするのが楽しみですね」とTさまは語ります。

一方、LDKは白を基調にしたシンプルモダンな空間に。高さ6mのダイナミックな吹き抜けのリビングは、上の窓からも光が降り注ぎ、明るく爽やか。天井まで張り上げたタイル壁が、ホテルのラウンジのような気品を生み出しています。

「キッチンから直接洗面所へ行けたり、客間を通って玄関へ行くこともできるので、リビングに来客があるときも顔を合わせずに家事やお出かけができます」と奥さま。

また、全館空調でどこへ移動しても温度差がなく一年中快適。愛犬も気持ちよさそうにくつろいでいます。 「冬でも薄着で平気ですし、夏はバタバタ動いても不快な暑さを感じません。おかげでアクティブに暮らせますし、吹き抜けを介して2階にいる家族の気配がわかるのも安心です。この家に住んでから心も大らかになりました」と微笑むTさまです。

片流れのラインが美しいファサードに、心地よい空間を兼備した優雅な住まい

[愛知県 Hさま邸]

美しいファサードが、住宅街のなかでもひときわ印象的なHさま邸。ご主人が幼い頃にお住まいだった家を建替え、奥さまが経営するエステサロンも併設されています。

外観にこだわりをお持ちのご夫妻は、10kW以上の太陽光発電システムの搭載もご希望でした。また、住宅街ながら人や車の往来も多いため、しっかりとしたプライバシーやセキュリティ対策が欠かせません。

そこで考えられたのが、敷地の広い間口を活かしたこのファサードでした。片流れ屋根によるシャープなライン、開口部のない正面の白い壁面、その手前に設けた塀など、最小限の要素で構成しつつ、植栽が親しみを与えるエッセンスとなるよう配置されています。

室内は、1階にオープンで使いやすいLDKとエステサロン、2階に個室と浴室などを配置。ただし、敷地正面に開口部を設けていないため、室内には十分な明るさが確保されなくてはなりません。

そのため、1階のリビングを下屋として2階までの吹き抜けにし、屋根の勾配なりに天井が高くなるよう設計。空間的な広がりを演出するとともに、開口部にハイサッシを設けて、キッチンやダイニングにも風や光が届くように工夫されています。

また、1階の広びろとしたエントランスホールや2階中央の和室などは、敢えてゆとりを設けてHさまご自身が自由な発想でお使いいただけるようになっています。

「外観も使い勝手もたいへん満足しています」とHさまご夫妻。Hさま邸は、美しさと機能を兼備した現代的で優雅なお住まいでした。

「白」の空間がスキップフロアでダイナミックに繋がる光に満ちた住まい

[愛媛県 Yさま邸]

奥さまのご実家のある愛媛県に東京から居を移し、マンション生活を経てご自宅を新築されたYさま。大理石調フロアが美しい光沢を放つ住空間は白で統一され、天井高3m60㎝の広々としたリビングは気品高いホテルのラウンジのよう。一見飾り棚に見える扉は大収納空間「蔵」への入り口です。生活の中心となるダイニングキッチンは、「蔵」の上の1.5階に設け、スケルトン階段でつないでいます。

「ダイニングが吹き抜けになっている上、透明ガラスの壁からリビングに視線が伸びるので、開放的な気分で食事ができます。朝は東の窓から光が差し込んで気持ちがいいですし、半階高い位置にあるため外を歩く人と視線が合うこともありません。『蔵』にたっぷりと収納できるおかげで住空間がすっきりと保てるのもうれしいですね」と奥さま。

ワイドなカウンターのアイランドキッチンは、お料理好きの奥さまのこだわりをかなえたもの。続きにパントリーを兼ねた広い家事室も設けられています。一方、移住を機にフリーランスとなって活躍されているYさまは、吹き抜けに面した2階に仕事部屋をつくり、快適なSOHO生活をスタートされました。

「東京時代は働きづめで、夜も外食続きでしたが、今は三食とも自宅で手料理を食べるようになり、身体の調子も良くなりました」とご主人。
ご夫妻ともワインの愛好家で、数年前に揃ってワインエキスパートの資格も取得されたそう。「週末は二人でワインを飲みながら、ゆっくりと食事を味わい、会話を楽しんでいます」と幸せの笑顔が広がりました。

住宅密集地でも、間取りの工夫で明るく開放的な暮らし

[宮城県 Oさま邸]

Oさま邸は住宅街の旗竿地を生かした奥行き感のある佇まい。植栽に美しく彩られた路地風のアプローチを進むと玄関ポーチが見えてきます。リビングのドアを開ければ、思いがけないほどのダイナミックな吹き抜け空間が現れ、開放感もひとしお。上下の窓から自然光が明るく差し込み、ここが住宅密集地であることを忘れそうです。床から天井までひと続きに見える縦型ブラインドがより天井を高く感じさせます。

「ソファでくつろいでいるときも、吹き抜けの窓を介して2階にいる家族と笑顔がつながり、おしゃべりができるので楽しいですね」とOさま。

東西南北に窓を設けた風通しの良い設計もご夫妻のお気に入りです。西側の窓からは遠くの森の緑が目に入り、開けると川風が涼しく吹き抜けるので、夏も冷房を使わない日が多いそうです。

ダイニングの南側に設けたキッチンはリビングから丸見えにならないよう、セミオープンの独立型に。キッチンに立つと中庭や玄関ポーチまで目が届き、お子さまの帰宅や中庭で遊ぶ様子もわかります。

「門扉から続く長いタイル貼りのアプローチは、息子の格好の遊び場になりました。週に一度、幼稚園帰りに息子のお友達が寄り道して、ここでみんなでボール遊びをして帰ります。そんなときはクッキーを焼いてふるまい、ママ友と子ども達の様子を見守りながら、おしゃべりを楽しんでいます」と奥さま。
旗竿地を上手に生かして思い通りの明るく開放的な暮らしを実現されたOさま。ご近所のママたちとの楽しい交流の輪も広がりました。

庭に広がる南阿蘇の樹々、街中で「森林浴」を叶えた憩いの家

[熊本県 Kさま邸]

「街中の住まいでも森にいるような生活がしたい」。Kさまの家づくりは、そんな夢をテーマに始まりました。リビングの外に広がる庭には、コナラ、モミジ、ナツハゼなど南阿蘇の山から採った樹木が植えられ、成長すると雑木林さながらの自然な趣になるようにデザインされています。

「木立の中を小鳥のさえずりを聴きながら散歩して、ブルーベリーの実を摘んで食べたり、子どもとドングリを拾ったり...。木陰のベンチで読書にふけるのもいいですね」とKさま。

LDKはリビングの一部を吹き抜けにして上の窓からも光を招き、明るく開放的に。2階でお子さんが奏でるピアノの調べを聴きながら、ソファでくつろぐのがKさまのお好きな時間だそう。

内装は素材感にこだわって、ウォールナットの床材や天然石タイルの壁で重厚な雰囲気に仕上げました。

また、キッチンは家族みんなで料理ができるようにスペースを広く取り、作業しやすいⅡ型にレイアウト。「娘と一緒にケーキづくりをするのが楽しくて。週末は主人がお得意のイタリア料理に腕を振るってくれます」と奥さまはうれしそうに語ります。

リビングの上にはスキップフロアで和室をつくり、床下を大収納空間「蔵」に。キッチンから出入りできるので片付けやすく、かさばる玩具や生活用品もたっぷりとしまえます。

「和室の地窓からリビングが見下ろせるのも気に入っています」とKさま。

どこにいてもご家族の気配が伝わり、笑顔がつながるお住まいで、四季の自然を感じる風情豊かな暮らしを満喫されています。

吹き抜けから光舞うリビング ご家族が心豊かに暮らす邸宅

[東京都八王子市 Kさま邸]

閑静な住宅街の角地に、ゆったりと佇むKさま邸。街並みに調和しながらも、手彫り模様の外壁がひときわの重厚感を放つハイブリッド住宅です。

柱のない大空間のLDKは、リビング側を吹き抜けにして変化と開放感をもたらした印象的な設計。高さ4mの天井まであるコンビネーションサッシから自然光が舞うように差し込み、上質感漂うくつろぎの場を明るく包んでいます。

ウォールナットの家具と美しく溶け合うフローリングは耐久性も高く、「愛犬が爪でひっかいても傷つきにくいので安心です」と奥さま。

窓の外には大きなウッドデッキと芝生の庭が広がり、お天気の良い日には愛犬2匹の楽しい遊び場に。「家事が一段落した午後、ソファで庭を眺めながらワンちゃんとくつろぐのが幸せなひとときですね」と微笑みます。

ファイナンシャル・プランナーとしてご活躍のKさまは、自宅でお仕事ができるよう、眺めのいい2階ホールをお客様と商談ができる応接室に。続きに数段高いスキップフロアに隠れ家のような書斎を設けました。

Kさまはプロのバスアングラーとしても著名で、全米トーナメントに参戦のため渡米されることもしばしば。2階の大収納空間「蔵」にはウエアや旅行用品、スーツケースを、そして書斎の上の小屋裏収納に大切な釣り道具を保管されています。

「以前の家であふれていた荷物も全部しまえました。立体感のある間取りも気に入っています」とKさま。
オンとオフを上手に切り替えられるお住まいで、奥さまとゆとりの暮らしを心豊かに楽しまれています。

ゴルフ練習を楽しみ、大空間で憩う 家族との時間を楽しむ邸宅

[埼玉県 Wさま邸]

南北に長い敷地を上手に活かした「コの字」の設計で、家のどこにいても自然光が差し込む明るい暮らしを叶えたWさま邸。1階には車を愛するご主人や、ゴルフがお好きなご一家の夢が素敵な形で実現されています。

タイル土間の玄関は、壁のスリット窓から愛車が眺められる楽しい仕掛け。そして玄関ホールから続く廊下に面した中庭は、人工芝を敷いてパッティングの練習場に。

さらにゴルフレッスン室もあり、ここは床を一段下げてドライバーを思い切り振れる天井高に。 「ゴルフスクールに通っている次女はレッスン室でスウィングチェックをするのが日課で、私も帰宅後、毎日30分ほど練習しています」とWさま。続きのシューズクロークを通って、直接ガレージと行き来できる動線も便利です。

2階に広がるのは、天井高3mのリビングと吹き抜けからも光が明るく降り注ぐダイニングキッチン。約40畳もの大空間に白い大理石調フロアが美しい光沢を放ち、向き合うように配置した白と黒のタイル壁が気品を漂わせています。黒タイル壁の後ろは、ロングカウンターや本棚を造り付けたホームコモンズスペース。

「子どもたちは個室にこもらず、ここで宿題をするようになりました。キッチンにいても子どもの様子がわかるから安心ですし、お勉強も見てあげられます」と奥さま。

「まさに思い描いていた理想の家」と頬を緩めるWさま。ご家族で仲良く趣味の時間を楽しみ、光に満ちた開放感あふれる住空間で大らかな暮らしを満喫されています。

光と風を招き 太陽光発電でゼロ・エネルギーの家に

[千葉県君津市 Iさま邸]

吹き抜けのダイニングでお子さま達との会話を楽しむIさん。休日のティータイムは、ご夫妻の笑顔が弾ける憩いのひととき。南と東の2面の窓から、そして吹き抜けの高い窓からも明るい光が差し込んで、ご家族の団らんを温かく包みます。

ゆったりとしたリビングは外のウッドデッキを囲んでダイニングとL字に配置され、両空間をつなぐ対面キッチンがインテリア家具のような存在感を放っています。

「キッチンは、我が家のコックピットですね。ここに立つと内外が一望できるので、子どもがどこで遊んでいても見守れますし、来訪者もわかるから安心です。洗面・浴室へもキッチンから直接行けるので、家事もしやすくて」と奥さま。

自然の光と風を暮らしに採り入れたエコロジーな暮らしがしたい。Iさまの家づくりは、そんな思いから始まり、太陽光発電を備えたゼロ・エネルギー住宅へと発展しました。

「実は提案してもらうまで、省エネと創エネでエネルギー消費がゼロの住まいが実現できるとは知らなかったのです。国から補助金が交付され、年間の光熱費もプラスになると知ってうれしくなりました」

暮らしてみて、予想以上の効果を実感されたIさま。階段上の天窓から降り注ぐ光で北側まで明るく、日中はどこも照明いらず。

窓を開けると心地よく風が通り抜けるので、夏もほとんど冷房に頼ることなく快適に過ごせたとのこと。寒い冬もLDKは日向にいるような温かさです。

「モニターで発電量や消費電力量が目に見えるので、自然にエコ意識も芽生えました。実際、以前の住まいと比べて光熱費は半額以下。環境にも貢献できる家づくりができて、ちょっと誇らしい気持ちですね」

ライトコートと吹き抜けのある家

[京都府 Aさま邸]


BOXシェイプの存在感ある外観デザイン。ベージュのタイルがやさしい表情を与えています。

Aさまの住まいがある京都北山は、古都の歴史と新しい文化が交じり合うエリア。そんな街にふさわしい佇まいとするためにシンプルで重厚なコンクリートとベージュの割肌調タイルを組み合わせ、周囲の環境に自然に溶け込みながらも、さりげなく個性を主張する外観デザインとしました。 大きな特徴は、建物のまん中に設けたライトコートと吹き抜け。都会でのプライバシーを守りながら、いかに光と風を取り入れるか。いかに心地よい空間をつくりだせるか。光と、素材の質感や色合いを最大限にいかすことで、ご家族のための上質なライフステージが実現しました。


リビングの広さは20帖以上。大きな吹き抜けがいっそう広がりを感じさせます。

ライトコートから光と交流が広がる

住まいの中央にライトコートを設けたことによって、室内のすみずみにまで自然の光が届くとともに、どこにいても家族の気配が感じられるようになっています。たとえば、2階の部屋からライトコートを介してリビングやダイニングにも視線が届くため、家族のコミュニケーションが自然にはかれます。また、オブジェとしても美しいジャグジーが暮らしを彩るアクセントになっています。


広びろとしたリビング。ライトコートと吹き抜けから入る反射光が、やわらかな雰囲気をつくります。

静かで落ち着ける北側のリビング

家族が集うリビング・ダイニングはあえて北側に配置しました。ライトコートや吹き抜けから入る反射光が空間全体を照らすことで、やわらかな光の演出効果が生まれ、静けさと落ち着きのある空間となっています。さらに、北側に配置したことでプライバシーを確保しやすい設計となり、外からの視線を気にすることなく、心ゆくまでリラックスできる住まいが実現しました。


ゲストをおもてなしするためのバースペース。つい時間を忘れて語り合うことも多いとか。

所在地 京都府
家族構成 ---
敷地面積 314m²
延床面積 248m²(1階 141m²、2階 107m²)
建ぺい率 47%
容積率 79%


住まいのまん中に設けたライトコート。ジャグジーが空間のアクセントになっています。

リビングとつながる和室にはアーチ形の下がり壁を設け、ソフトに仕切っています。

開口をフルオープンにすれば、住まいの内と外が一体に。自然とふれあえる格別の場所です。

2層分のガラスウォールが開放的な家

[北海道 Aさま邸]


吹き抜けのリビングは、壁一面ガラス張り。屋敷林を借景として「まるで森の中にいるような気分」に。

まるで森の中の別荘のような、ゆったりとした雰囲気。しかし、住まいがあるのは札幌の中心にほど近い住宅密集地で、工場の倉庫に隣接した敷地です。 この立地条件にも関わらず、Aさまがここに新居を構えられたのは、「土地のハンデを見事にプラスに転じるプラン提案があったから」といいます。 ミサワホームがご提案したのは、隣家との境界にある屋敷林を借景として最大限に活用した住まいづくり。その結果、シンプルでコンパクトな建物に、驚くほど開放感のあるライフステージが生まれました。


視界が広がる対面式キッチン。明るく清潔感漂う空間です。

敷地のハンデをプラスに変えたプラン

吹き抜けのリビングは、壁一面をガラスのカーテンウォールとしました。ウッドデッキの先には屋敷林が茂り、日中はやわらかな木漏れ日が入ってきます。「家を建てる前は、この木が邪魔になって部屋が暗くなるのではと心配していましたが、吹き抜けにしたことで陽ざしが十分入るし、四季折々の景色も楽しめます」とご主人。訪れる方々も「森の中にいるみたい」と驚かれるそうです。


コンパクトなBOX形の外観。暖色系2色のカラーリングが印象的です。

1階と2階を吹き抜けでつなぐ

2階のプライベートスペースも吹き抜けによる開放感を存分に満喫できる工夫を込めました。階段ホールはリビング上の"展望ロフト"のようにつくられ、1階ファミリースペースとのつながりも感じられる明るい空間になっています。また、壁厚を利用した飾り棚や間接照明が住まいのアクセントとして効果的に配置され、暮らしを美しく彩っています。


ダイニングの天井も一部を吹き抜けとし、自然の光が降りそそぐのびやかな空間に。

所在地 北海道
家族構成 ご夫婦・お子さま2人
敷地面積 187m²
延床面積 124m²(1階 67m²、2階 56m²)
建ぺい率 37%
容積率 66%

リビングの中に設けたスケルトン階段は、視線が抜けるので圧迫感がありません。

和モダンの照明と飾り棚。飾り棚には温かみのあるクルミ材を使っています。

大空間と2つの「KURA」がある家

[京都府 Mさま邸]


表情豊かな外壁と白いパーゴラが印象的な外観デザインです。

京都市内の閑静な住宅街に建つMさまの住まい。ルーフバルコニーからは京都の風物詩である大文字五山送り火なども眺められるそうです。 住まいづくりのテーマは「子どもたちをのびのび育てられる家」。外観は普通の2階建に見えますが、内部は中2階に大収納空間「KURA」を設けた3層構造のため、1層分広びろとしています。 このゆとりをいかして、リビング・ダイニングは天井も高く、開放的なビッグスペースを実現。この心地よいファミリースペースで、二人のお子さまと一緒にほとんどの時間を過ごされています。


3.2mの天井高のリビングとひと続きのダイニング。床材の切り替えで、視覚的な仕切り効果を出しています。

家族が自然に集まるファミリースペース

会社経営で忙しい毎日を送られているご主人は「家族でくつろげる開放的なリビング」がご希望でした。そこで、リビング部分の天井は「KURA」の高さを利用して、3.2mの高さを確保。また、ダイニング・キッチンまでひと続きとなった大空間を実現しています。気がつくと家族が集まっている、まさにくつろぎの空間。「自分の部屋に戻るのは寝るときくらいですね」と笑顔の奥さまです。


ご夫婦で料理を楽しまれることも多いので、キッチンは8帖の広さを確保しました。

2つの「KURA」など収納充実

以前の住まいでは「収納の少なさ」も悩みのタネだったため、収納をとことん充実させました。1階には家族がふだん使うものをしまえる壁面一体収納、中2階には2つの大きな「KURA」とウォークインクロゼットを設け、季節の衣料や調度品をまとめてしまっています。また、2階の居室にもそれぞれ収納を設け、片付けるのもラクなので、インテリアはいつもすっきり美しく保てます。


中2階に大収納空間「KURA」の入口を設置。ウォークインクロゼットも洗面化粧台の横から出入りできます。

所在地 京都府
家族構成 ご夫婦・お子さま2人
敷地面積 233m²
延床面積 186m²(1階 106m²、2階 80m²)
建ぺい率 50%
容積率 80%

安全で掃除もラクなIHヒーターコンロなど設備も充実。

セミオープンのキッチンに、大きなシンク。お料理をしながら洗い物も無理なくできます。


セミオープンタイプ、大きなシンク、引出し式のキャビネットなど、使いやすさは抜群です。

シンプルなデザインで素材の質感を最大限にいかした玄関ホール。床は大理石です。

バーゴラの内側には、リビングと連続して使える中庭が通風、採光をよくしてくれます。

伝統的なまち並と融合した光と風がやさしく包む住まい

[石川県 Mさま邸]


下屋の水平ラインと面格子や壁面の垂直ラインが、独特の外観をつくり出している。

Mさま邸のあるエリアは、文教地区の一角。しっとりと落ち着いた景観と閑静な環境を維持し、保全するため、独自のまちづくり協定を定めています。 Mさま邸の外観は、そうした周囲の雰囲気に溶け込みながらも、独特のフォルムが印象的です。


雁木にみたてた下屋の空間は、内と外をさり気なく仕切る役割を果たしている。

まちの景観になじむ外観デザイン

外観を特徴づけているのは、2方向の道路に沿って延びる下屋と、フラットルーフの住居部分のデザインでしょう。 下屋はまち並みとの融合を実現しているのと同時に、道路と住居とをソフトに仕切る役割も果たしています。この下屋でつくられた空間は、雁木(がんぎ)づくりのよう。雁木は雨や雪をしのぐため、軒から庇が長く延び、その下が通路になっている雪国特有のつくりです。
また横に延びる下屋に対し、外壁には縦に面格子が施されているため、外観に心地よい緊張感を生み出しています。面格子には独特の陰影が感じられることから、建物全体に圧迫感がないだけでなく、和の風情を醸し出すことにも成功しています。


リビングは天井が高くて開口部も広いため、明るい陽射しがたっぷりと注ぎ込む。

家族のお気に入りの空間"DEN"

室内は1階がパブリックスペースとなっており、すっきりとしたダイニングキッチンと天井の高いリビングが中心。それらは壁で仕切られているものの、高さのあるガラス戸をオープンにすると適度な一体感を感じさせる仕掛けに。リビングに来客があっても、ダイニングで家族が過ごすこともできると好評です。 また1階とプライベートスペースである2階をつなぐように設けられているのが、DENと呼ばれる多目的空間。ここにはたくさんの書籍が書棚に並び、窓からいっぱいの光が差し込むため、家族にとっての癒しの空間なのだそう。
2階へ続く階段やそれぞれのプライベートルームにも、自然の光が無理なく取り込める工夫がなされ、いつも明るく、風がやさしく流れるデザインになっています。 Mさま邸は、扉や窓といった開口部がうまく配置されているため、どこにいても家族の気配がわかるという。それぞれのプライバシーを確保しながら、互いのぬくもりを身近に感じられる住まいです。


ダイニングキッチンは、床や家具などにウォールナットをベースにナチュラルオークを加え、空間に軽快さを与えている。キッチンの目隠し役でもある収納部分は奥さまのご希望によるオリジナルだ。

所在地 石川県
家族構成 ---
敷地面積 ---
延床面積 ---
建ぺい率 ---
容積率 ---


1階と2階をつなぐDENは、読書とくつろぎのスペースとしてご家族全員のお気に入りだ。

ご主人の部屋はメゾネット式。窓が多く採光もたっぷりあって、心地のいい空間となっている。

2階へ続く階段にもホールの窓やトップライトから陽射しが差し込む。

ビルトインガレージと室内からも車が愛でられるギャラリーリビング

[福岡県 Hさま邸]


正面中央にビルトインされたガレージ。ここから独特のエンジン音を奏でて愛車を駆っていく。

正面中央に心地よさそうに鎮座しているのは、「99年型フェラーリ550マラネロ」。Hさま邸は、車が主役とも思えるほどの斬新なデザインが印象的だ。ここは、住まい全体がビルトインガレージを中心に構成されているといっても過言ではない。住まいの顔である玄関もガレージの横をぐるりと回ったところに設けられ、空間の中心となるリビングすらガレージに隣接している。


ガレージに隣接した明るいリビング。窓には、いつも愛車が映り込んでいる。真っ赤な美しい姿はまさにインテリアのようだ。

ご主人の至福の時間

ご主人にとって、愛車は片時も離れたくない大切な存在。それならいっそ、インテリアにしてしまおうという発想でつくられたのが、このリビングである。大きな窓には、フェラーリレッドで彩られた美しい曲線が映り込み、まるで一枚の美しい絵のよう。愛車のためのギャラリーとさえいえる心憎い仕掛けだ。ソファでくつろぎながら、愛車を眺めること。それはご主人にとって至福の時間のひとつなのである。


リビングの大きな窓から見る愛車も格別だとご主人。

ご家族はウッドデッキで

Hさま邸にはもうひとつ、ご家族全員が楽しむための仕掛けがある。ここは郊外の高台にあり、遠くに海が広がる絶好のロケーション。そしてHさまご家族は、バーベキューなどアウトドアで過ごすことが大好きだ。そこで開放感抜群のアウトドア空間としてつくられたのが、ダイニングから続くウッドデッキである。家族や友人がともに過ごす自慢の空間だ。「ここまでやっていいのだろうか」と思いながらの大胆なデザイン提案に、「これしかない!」とうなずいたHさまご夫妻。趣味の家もここまでくると、気持ちがいい。


ガレージから見たリビング。ここにはいつも家族のだんらんがある。

所在地 福岡県
家族構成 ご夫婦・お子さま3人
敷地面積 294m²
延床面積 171m²(1階 96m²、2階 74m²)
建ぺい率 37%
容積率 58%

ソファやテーブルの上には愛車関連グッズがいっぱい。

遠くに海が見える絶好のロケーションを活かし、ウッドデッキのテラスが設けられている。

定年退職を機に故郷で建て替え、ご夫婦二人だけの快適空間に

[徳島県 Sさま邸]


広大な庭の向こうに寄棟屋根の端正な姿がたたずむ。セラミック外壁が映える外観。

端正な姿を見せるSさま邸は、その敷地の広さを生かした平屋づくり。ご夫婦二人だけで暮らす住まいは、リビングダイニング、多目的に使用できる和室、寝室、ご主人の書斎、それに水回りというシンプルな空間構成となっている。


モダンなインテリアが似合うダイニングキッチン。向こうに見えるリビングは、特大の勾配天井と共にハイブリッド住宅ならではの大空間と大きな窓で絶妙な広がり感を生んでいる。

将来を考慮した住まいづくり

こだわりは、シンプルであること。また、少しリフォームをすれば車椅子などが利用できるよう、できるだけユニバーサルなつくりにすることだった。そうした要望を実現できたのが、鉄骨ラーメン構造のハイブリッド住宅。柱や間仕切壁のない大空間をつくることができ、デザインの自由度が高いため、ユニバーサルなつくりなどにも容易に対応ができたといえる。
奥さまの「モノを置きたくない」という希望を採り入れ、分散収納によって広くすっきりとしたリビングとダイニングが印象的だ。 定年退職というタイミングで建て替えた、ご夫妻二人が快適に暮らせる空間がここにある。


ダイニングから続く廊下の両側に、寝室やご主人の書斎などが配置されている。


すっきりとしたインテリアのリビングとダイニング。

所在地 徳島県
家族構成 ご夫婦
敷地面積 ---
延床面積 146m²(1階 146m²
建ぺい率 ---
容積率 ---

リビングに隣接した和室もコーナーの開口部で広々した印象に。

入口にはクロークを挟んでメインの玄関とプライベートな玄関がある。

光が注ぎ、風が流れる内と外が融け合う家

[新潟県 Nさま邸]


Nさま邸は幹線道路沿いにある。広く長いアプローチをとることで喧騒を避け、数台が止められる駐車場を配置。アプローチ沿いの見事な植栽も庭として機能している。

三世代にわたって受け継がれてきた広大な日本の伝統的な庭園と家屋があったNさま邸。その建て替えに当たり、もっとも気を配ったのが光と風、そして庭だったという。木々がうっそうと茂り、採光の少なかった家屋から風通しのいい光あふれる住まいへ、広くて手のかかる日本庭園から季節の花々が身近に感じられる親しみのある庭へ。Nさま邸にとって住まいの快適性を支えているのが、内と外をつなぐ庭なのだといえる。


2階から望むメインの庭。中央には背の高い樹木が植えられ、庭のアクセントに。タイル貼りのテラスがリビングと庭を巧みにつないでいる。

どこからも庭が楽しめる空間配置に工夫

Nさま邸の特徴は、住まいを囲むように庭が続き、どの部屋からも庭の気配が感じられる空間配置になっているところにある。リビングから望むメインの庭に加え、玄関と廊下に面した坪庭、さらには裏庭もあり、窓の外にはいつも花や木々の姿が目に映るよう工夫されている。


玄関脇からの敷石が誘導役となって庭へと続く様子は、日本の伝統的家屋を思わせる。住まい全体が洋風でありながら、そうした和風の味付けが施されているのも特徴だ。

洋風のなかに和風のエッセンスを

とにかく明るい家を。そして広くて居心地のいい部屋で構成したい。それがNさまご夫妻の望みだった。そのため、1階の中央に広く吹き抜けのあるリビングと和室を設け、南側には連続するようにダイニングとキッチンが続く。また北側には広い仏間もあり、2階の3つの寝室にはそれぞれ広いテラスが設けられている。全体としては洋風ながら、どこか和のテイストが感じられる住まいは、おおらかで親しみのある空間となっている。


吹き抜けのある広いリビングは開口部も大きく、庭との一体感を醸し出している。連続するダイニング側にも庭が続き、日常の多くの時間を緑とともに過ごすことができる。

所在地 新潟県
家族構成 ご夫婦・お子さま2人
敷地面積 988m²
延床面積 362m²(1階 258m²、2階 103m²)
建ぺい率 27%
容積率 36%

広い玄関の正面からは、まるで額縁の中の絵画のように坪庭が見える。この坪庭は玄関からは洋風に映り、左手の廊下側からは和風に見える仕掛けが施されている。

リビングに隣接した和室から望む坪庭。灯篭やつくばいは以前の日本庭園から受け継いだもの。障子を開けて畳でくつろぎながら坪庭を眺められると、お客さまにも好評だという。

大収納空間がある、将来二世帯の3階建

[栃木県 Kさま邸]


モダンでいながら重厚感を感じさせる外観。植栽も美しく調和しています。

Kさまの敷地の周辺はショッピングセンターなどが建ち並ぶ、新都市開発事業地です。賑わいと活気あふれる街の中で心からくつろげる住空間を実現するため、また将来は二世帯住宅として長く住み継いでいくため、Kさまは高いレベルの住性能を持つハイブリッド住宅を選ばれました。 ブルーに輝くソーラーパネルとニューセラミックの重厚感あふれる外壁が調和した堂々たる外観。室内空間は、ご自身でお取り寄せになったチーク材を床に敷き詰めるなど、すみずみまで本物志向のこだわりが込められています。


2階リビング。チーク材のフローリングとM-Woodのぬくもりのある色合いが落ち着きを演出しています。

収納が空間を快適にする

Kさま邸の特徴の一つは、よく考えられた収納プラン。ガレージ上部の大収納空間「KURA」をはじめ、各部屋で使うものの収納スペースが十分にあるため、室内にモノが氾濫せず、すっきりと美しいインテリアを保つことができます。また、収納に加え、随所に設けられた飾り棚も快適な空間づくりに一役買っています。キッチンとダイニングを仕切るスライド式の飾り戸棚は、まさにそんな創意工夫の成果です。


1階の和室と洋間は、今後の二世帯同居を視野に入れて設計されました。

心地よさを育むリビング

2階LDKは大開口から自然の光と風をとりいれることができ、一部吹き抜けになった高さのある空間には、のびのびとした開放感が満ちあふれています。前面のバルコニーはリビングと同じ床材を敷きこんだことで、一体感のある広がりが感じられます。また、1階の和室と洋室は、現在、ゲストルームとして使われていますが、将来的には二世帯で暮らすことを考えて設計されています。


大収納空間「KURA」の内部。ふだん使わないモノや記念の品々を収納できます。

所在地 栃木県
家族構成 ご夫婦・お子さま2人
敷地面積 282m²
延床面積 226m²(1階 92m²、2階 82m²、3階 52m²)
建ぺい率 32%
容積率 80%

リビングのようにくつろげる、バルコニー空間。

キッチンとダイニングを仕切る飾り戸棚。スライドドアで空間の表情も変わります。

住む人の感性が建物を引き立てるシンプルな空間を生かすオリジナルライフスタイル

[岡山県 Kさま邸]


ビルトインのカーポートの前に広がるエントランス。スペースに余裕を持たせ、建物の圧迫感をなくした。

フラットルーフ2階建ての外観は、垂直と水平のラインを基調とした単調な造りながら、タイル外壁の重厚さを加えることで安定した美しいバランスを見事に生み出しています。


写真奥、壁面上部の窓から差し込むやわらかい朝の光が、ご夫妻のお気に入り。

シンプルで美しい室内空間

Kさまご夫妻の「コーディネートされたものでなく、自分たちがいいと思うものを使いたい」というライフスタイルは、このKさま邸で随所に見受けられます。 ホワイトで統一された広々とした玄関ホールや、壁に掛けられた抽象画、あるいはそこにあるのが当然のように配された家具、備品に至るまで、おふたりのセレクトにより作り上げられた室内空間は、結果として建物自体をも引き立てることに成功しています。特に、中2階に「蔵」を設けることで実現する3.5mの天井高が、シンプルなインテリアコーディネートと融合し、さわやかな開放感の演出に一役買っています。 通常なら、広々した室内空間も、広いがゆえについモノであふれてしまいがちですが、Kさま邸は、余計なものを出来る限り排しながらも、必要な家具、備品がスマートに配された美しい室内空間を実現しています。


シンプルで機能的なキッチンは美しいだけでなく、片付けや掃除もしやすい。

美し住まうための工夫

もちろん美しさだけではありません。1階に配された家族全員の衣類が収納可能なファミリークロゼットや、スムーズな家事効率を考慮した動線の確保、リビングと空間的につながっている多目的に使えるライトコートなど、毎日の生活のためのさまざまな工夫も充分に施されています。ライトコートは、お子さまの日々の遊び場としても使われているそうです。


ライトコートのタイルはリビングのものと色調を合わせ、空間的な一体感を出している。

所在地 岡山県
家族構成 ご夫婦・お子さま3人
敷地面積 359m²
延床面積 190m²(1階 112m²、2階 78m²)
建ぺい率 45%
容積率 52%


広く明るい玄関とホール。ガラスブロックの向こうはダイニング。

2階の東側の洋室は遊び部屋。仕切りを設け2部屋にもできる。電源、エアコンも対応済み。お子さまの成長を見越しての設計だ。

オープンな空間づくりのシンプルモダンな家

[茨城県 Mさま邸]


敷地を囲む塀はいっさいないが、まとまり感のあるエクステリアが特徴となっているMさま邸。白くモダンな外観とともに、シンプルモダンのテイストをつくり出している。

異なる形のキューブをいくつも組み合わせたような外観を覆う白く表情のある外壁。Mさま邸は、シンプルモダンを絵に描いたようなデザインが印象的だ。そしてもうひとつ、Mさま邸の大きな特徴となっているのが、オープンに配置されているエクステリアである。ここには住まいを囲む塀もなければ門もない。車を覆う屋根もない。あるのは、表札と郵便受けのための塀と、リビングを目隠しするルーバーだけ。それらが白い家屋と巧みに融合し、独特の外観を形づくっている。


すっきりと整えられたアプローチと玄関まわりは、鉢植えの花の赤が効いている。芝生以外にもハーブ類など手軽に育てられる植栽があちらこちらに植わっていた。

エクステリアの工夫でオープンななかに統一感を

この家をプランニングする際、塀だけはぜひ避けたいというのがMさまご夫妻の要望だ。そのため、駐車場やアプローチ、庭といったエクステリアをどのように配置するかに工夫が求められ、その要のひとつとなるのが敷石と芝生だった。
ランダムな形の敷石が道路際を流れるように覆うことでアウトラインをつくり、アプローチにはシンプルで上品な石が玄関へと誘導する。また庭はもちろん駐車場にも芝生をあしらい、白い外観に緑のアクセントを添えつつ、全体に統一感を生み出している。ところどころに配置された背の高い木々がたくさんの葉を茂らせるようになると、シンプルモダンの外観がよりいっそう映える。


リビングから望む庭には、2カ所にルーバーが配置されている。ポール間に隙間があることで、圧迫感がない。これだけの仕掛けでも外から中がうまく目隠しされている。

すっきりとした空間で家族や仲間と楽しむ

Mさま邸がめざしたのは、あくまでもすっきりとした空間だ。たとえばお気に入りのワインが入った既存のクーラーに、サイズを合わせてカップボードを設計。あたかも壁にビルトインされているかのように見える。またオープンキッチンも巧みに目隠しされ、すっきりとした印象だ。広いリビングには家族はもちろん、ワインを楽しむ仲間が集う。どの部屋も白を基調に濃いブラウンの床や扉が全体を引き締め、モダンな雰囲気をつくり出している。


余計なものは置きたくないというのが奥さまの方針。そのため、広々としたリビングが、いっそう広く感じられる。大きな開口部からは光が存分に注ぎ、空間にあたたかさを添えている。

所在地 茨城県
家族構成 ご夫婦・お子さま1人
敷地面積 320m²
延床面積 218m²(1階 118m²、2階 99m²)
建ぺい率 40%
容積率 68%

来客用の駐車スペースには、枕木を埋め込んでいる。そのまわりに芝生を敷き詰めることで、目にやさしく、エクステリアとの統一感を生み出す効果も実現している。

2階には広いテラスが設けられ、エクステリアが一望できる。駐車場やアプローチ、庭などが巧みに配置され、建物と一体感をつくっていることがよくわかる。

将来移り住むことを考えた別荘

[熊本県 Yさま邸]


外観はブラウンの外壁に青く輝く太陽電池モジュールが印象的。ウッドデッキがリゾート気分を演出しています。

熊本はもとより全国的にも名高い黒川温泉。阿蘇の眺めを一望できる素晴らしい立地に別荘をお建てになったYさま。現在、自宅は福岡県にありますが、将来的にこちらに住み替えることを想定されてのことといいます。 「家づくりのテーマは構造がしっかりしていて、長く快適に住み続けられること」というYさま。ご自宅もミサワホームで、その品質や性能、住み心地に満足されていたことから、いずれ移り住む別荘も当然ミサワホームと決めていたそうです。 ブラウンのタイル調の外壁と、陽ざしを受けた太陽電池モジュールがひときわ印象的な住まいです。


正方形に近い形で、広がりが感じられるLDK。

手がかからず、電気代もかからない

当面は別荘として利用されることをお考えのYさま。メンテナンスに手がかからないことを条件に建物を選ばれ、家が傷まないようにと24時間フロアセントラル換気システムと太陽光発電システムを採用されました。その結果、何日も家を空けていても空気がこもることなく、室内はいつも新鮮な空気で満たされているそうです。その必要な電気は、もちろん太陽光発電でまかなわれています。


吹き抜けで2階とつながるリビング・ダイニング。明るい陽ざしが満ちあふれます。

心を豊かにする快適空間

温暖な気候の熊本にあっても、この一帯は冬の寒さが厳しく、かなりの積雪もあります。その点、ハイブリッド住宅なら断熱性・気密性に優れているため、少ないエネルギーで暖かさを保てます。奥さまも「家の中はポカポカ。気持ち良くつろげます」とご満足の様子。また、1階のデッキや吹き抜け、2階のスカイパティオなど、心を豊かにしてくれる空間も多彩です。


スカイパティオからの眺望。天気の良い夜には奇麗な星空も眺めることができる。

所在地 熊本県
家族構成 ご夫婦・お子さま2人
敷地面積 305m²
延床面積 100m²(1階 55m²、2階 45m²)
建ぺい率 30%
容積率 60%

太陽光発電のためのモジュールを敷き込んだ大屋根。

2階にはゲストのための居室も用意。勾配天井が開放感を増しています。

蛇口をひねれば天然温泉が出ます。

ウッドデッキ下の草花。自然と仲良くなれる住まいです。

南北に2つの中庭がある、開放的な家

[埼玉県 Wさま邸]


ダークカラーとステンカラーでモノトーンにまとめられた外観。シンプルな中に豊かな表情が感じられます。

南北に2つの中庭を設けたWさまの住まい。敷地の外に対しては閉じることでプライバシーとセキュリティを確保する一方、2つの中庭に対しては開くことで、心地よい通風と採光、開放感が広がるプランが生まれました。 外観はモノトーンの色調とスクエアなフォルムで、都会的な洗練とシャープさを強調。しかも変化のある面構成により、街並みに調和しながらも、個性をさりげなく主張しています。また、ガレージを開けると、ご主人の愛車がアクセントカラーになる趣向も洒落たセンスを感じさせてくれます。


愛車を眺められる南側のパティオ。住まいの内も外も一体で楽しめる空間です。

内と外がつながる開放感

「開放的な生活を楽しみたい」というWさまのご要望に対し、南と北に一つずつパティオを設けてリビングなどの居室から楽しめるようプランニングしました。ご家族はリビングに隣接した南側のパティオにテーブルや椅子を置いて、半戸外のセカンドリビングとして存分に楽しまれています。また、北側も土間を経由してパティオにつながり視線が通るため、どこまでも続くような開放感が味わえます。


中庭とリビングがつながって、よりいっそう視覚的な広がりが得られます。

家族の交流が広がる空間

Wさま邸では、ご家族のあたたかな交流を考え「センターリビング」プランを採用しました。これはリビングを間取りの中心として、どの部屋に行くにもリビングを通るように配慮されたプランです。また、お子さまの遊び場になる土間は、リビングや和室、サニタリーと隣接しているため、親の目が届きやすいという利点があります。


ホワイトを基調としたインテリア。スケルトン階段がアクセントになっています。

所在地 埼玉県
家族構成 ご夫婦・お子さま2人
敷地面積 187m²
建築面積 118m²
延床面積 187m²(1階 108m²、2階 78m²、蔵 22m²)
建ぺい率 59%
容積率 85%

リビングとの一体感を意識し、畳の敷き方や障子のデザインなどをモダンにアレンジした和室。

純白のカラーリングとガラスで、明るく清潔感のあるバスルーム。間仕切りをガラスにすることで開放感のある空間に。

トイレのカウンター付き手洗い器もおしゃれなボウル型に。空間の細部までこだわった住まいであることが感じられます。

和モダンの粋を凝らしたセカンドハウス

[京都府 Sさま邸]


高さが5mもあるリビングの大開口。まさに別世界のような眺望が楽しめます。

大切なお客さまのおもてなしと、ご家族が週末のひとときを過ごすために建てられたセカンドハウス。 上質な和モダンを感じさせるエントランスをはじめ、やわらかな光があふれる玄関ホールなど、品格のある空間が訪れる人をあたたかく迎えてくれます。 設計にあたり、Sさまのご要望は「美しい桜の木を眺める住まいにしたい」というもの。これを受けて、リビング、3つのベッドルーム、花見台から眺められるプランを実現しました。春には"桜の間"とよぶにふさわしい風情を、また、四季折々の味わいを心ゆくまで堪能していただけます。


水平ラインとシンメトリーが美しい外観。周囲の緑に馴染むナチュラルな色調も魅力です。

桜の眺めを特等席で楽しむ

全長26m のギャラリーホールをはじめ、その途中にある花見台、そしてくつろぎながら眺めを楽しむリビングと2階ラウンジにいたるまで、桜の眺めを楽しむための贅を尽くした空間をつくりあげました。まさに桜の表情をあらゆる角度から楽しむ仕掛け。とくに天井高約5mのリビングは壁一面をガラス張りとして、美しい景色に圧倒されるほどのダイナミックな空間です。


落ち着きのある色調でまとめた、シンプルな洋風のベッドルームです。

おもてなしの心を込めた空間

おもてなしの心が込められた3つのベッドルーム。浴室も備えられ、それぞれが異なるテイストでまとめられています。たとえば、和モダンのベッドルームには檜の浴槽や竹で造作した洗面台などを設け、また洋風のベッドルームはシンプルにまとめられ、浴室にはジャクジーバスと大開口サッシを設置。いずれも心地よい週末を過ごしていただける格別な空間となっています。


桜の季節には途中の花見台で、しばし桜の美しさに浸ることができます。

所在地 京都府
家族構成 ---
敷地面積 2508m²
建築面積 645m²
延床面積 658m²(1階 580m²、2階 77m²)
建ぺい率 25%
容積率 26%

和モダンの意匠を凝らした空間。桜の木を眺められるよう、開口部の位置にも配慮しています。

エントランスから続く玄関スペース。無駄な虚飾を廃したシンプルなデザインです。

バリの高級リゾートをイメージした二世帯住宅

[愛知県 Hさま・Nさま邸]


大きな寄棟屋根が印象的。既存の樹木をいかして、自然と共存できる住まいに。

バリの高級リゾートにあるコテージをイメージしたHさまとNさまの二世帯住宅。窯変が味わい深い瓦を葺いた寄棟屋根とセラミックの外壁が調和し、大らかな雰囲気をかもし出しています。 敷地の高低差をうまくいかしながら、2棟の建物を渡り廊下でつなぎ、庭を囲むように配置。二世帯のほどよい距離感を保ちながらも、さりげなく庭越しに気配を感じられるようなプランとしました。 また、天然素材にこだわったインテリアや大開口から入ってくる陽ざしが、まさにバリの高級リゾートでのくつろぎを想わせる空間を演出しています。


建物のデザインと一体で考えられた二世帯共有のガレージ。

バリのコテージを想わせる団らん空間

Nさま邸のリビングの魅力は何といっても、壁いっぱいの大開口と高さ約5mの勾配天井。こののびやかな開放感に加え、勾配天井や壁に使った天然木や石のナチュラルな質感、白とダークブラウンのコントラストが、バリのコテージのような雰囲気を演出しています。またリビングとダイニングキッチンのつながりに変化をつけたことで"心地よい奥行き感"が生まれています。


壁いっぱいの大開口がダイニングのコーナー窓とも連動し、伸びやかな開放感を満喫。

自然の光と風に憩うアウトリビング

室内だけでなく屋外でもくつろぎが広がるよう、アウトリビングを充実させました。広びろとしたスペースを確保しつつ深い軒と塀で囲んだことにより、開放感を感じながらもリラックスできる屋外空間となっています。どの居室からも大きな開口部でつながる上、室内との段差がないので室内空間の一部のように気軽に楽しめるスペースとなっています。


開放感のある勾配天井と、落ち着きのある色調の空間が心地よく調和しています。

所在地 愛知県
家族構成 ---
敷地面積 853m²
建築面積 330m²
延床面積 433m²
建ぺい率 38%
容積率 44%


高さ2.4mある大開口を2面配し、周囲の緑を楽しめます。


両側の壁や軒天で囲まれているため、外からの視線を気にすることなく、落ち着ける空間に。


風通しをよくするため、塀の天然木部分は、視線を遮り風は通す"千鳥張り"に。

大きな屋根の傾斜をインテリアとして生かした個性的なゲストルーム。

木や石など天然素材を基調とした内装。落ち着きと洗練を兼ね備えた空間です。

和室はヒノキの色調で統一し、モダンな印象にまとめました。

4層のスキップフロアを持つ二世帯住宅

[北海道 Hさま邸]


シンプルなBOXフォルム。外壁の白とカーポートの黒のコントラストが印象的です。

二世帯が快適同居できるよう、スキップフロアを活用したHさまの二世帯住宅。4層のフロア構成とし、1層がダイニング・キッチン、2層が書斎、3層が大収納空間『KURA』、4層はリビングとしました。 外観はシンプルなBOX形状。外壁には白の窯業系サイディングを用いています。シンプルなデザインが無機質な印象にならないよう、玄関には木製ドアを採用、和みのある自然素材をアクセントにしました。 インテリアは、各フロアの雰囲気を考えて照明プランにもひと工夫。多彩な照明が造りだす陰影が心豊かな空間を実現しています。


リズミカルに配置された照明が、空間の表情を豊かにしています。

二世帯がゆったり交流できる広びろスペース

「ダイニングスペースは1階、リビングスペースは2階に」というご要望に合わせ、1層部分のダイニング・キッチンは、二世帯が共有して食事や会話を楽しむスペースとしました。高い天井を確保し、キッチンやテーブルは中庭が眺められる位置に配置。また、1層のダイニングと4層のリビングをつなぐ階段や木質感溢れる焼杉板の壁が、2つの空間をゆるやかにつなぐ役目を果たしています。


キッチンの面材やテーブルの素材を統一。ぬくもりのある木の表情をいかしたインテリアです。

居心地の良い"シンプルモダン"空間

4層にあるリビングの天井高は約2.4mとし、ダイニングスペースと比べて、より落ち着いた雰囲気に仕上げています。床や収納扉、アクセントウォールには木を使うことによって、やさしく穏やかな空間を演出。さらに、主照明と間接照明を上手に組み合わせて、美しい陰影をいかした豊かな表情を持つインテリアを実現しています。


大きさの異なるランプをランダムに吊り下げ、楽しいリズムを生んでいます。

所在地 北海道
家族構成 ---
敷地面積 202m²
建築面積 80m²
延床面積 166m²
建ぺい率 42%
容積率 82%


まるでオブジェのような焼杉板が、上下階の空間を繋いでいます


落ち着いた雰囲気に仕上げられた4層にあるリビング


ペンダントライトと間接照明で豊かな空間演出を。


やわらかなあかりが、リビングに落ち着いた雰囲気をもたらしています。

二世帯が食事、会話を楽しめるスペースは天井が高く開放的。

上下の空間をゆるやかにつなげる焼杉板は、空間を引き締めるアクセントにもなっています。

天井高3.5mという、明るく開放感のある玄関ホール。シンプルな空間を追求しました。

開放感とプライバシーを両立した家

[三重県 Oさま邸]


外観は、高さ4mを超える堂々としたゲートが大きな魅力。

日当たりと風通しのよい高台に建つO邸。そのメリットを生かしつつ、プライバシーにも十分配慮してほしいというOさまご夫妻のご要望に応えた住まいです。 その工夫の一つが高さ4m超のゲート。住まいの内と外を明確に分けて目隠し効果を発揮しながらも、縦のルーバーを設けることで光と風を室内に招き入れることができます。 ご家族の生活空間は、間仕切りの少ない開放的なつくり。しっかり守られているという安心感と、のびやかな開放感を見事に両立しました。また、高台からの眺望や夏の花火大会を楽しむ広いバルコニーを2ヶ所設けています。


間仕切りのない広いLD。3本のラインが空間をゆるやかに仕切っています。

間仕切りのない広々としたLDK

約24帖のLDKは間仕切りを設けず、ゆとりある空間を実現。LDには全開口サッシを使うことで、庭と一体化した開放感を演出しています。また、LDの間に設けた3本の列柱が心理的な仕切りの役目を果たします。インテリアは白をベースに濃いアンバー色をアクセントに使って、広がりが感じられるツートーンにまとめました。


オープンキッチンはフルフラットカウンターですっきり。庭との一体感が感じられる空間です。

人通りの多い立地でプライバシーを保つ工夫

敷地の内外の仕切り方やルーバーの活用、開口部の位置を考えることで、開放感とプライバシーの両立がはかれます。O邸のようにゲートで仕切ると高い安心感が得られ、そこに縦ルーバーを併用することで道往く人の視線を遮りながら日差しをとりいれることが可能。また開口部は高窓や地窓など、窓の高さを変えることで、視線を巧みにそらすことに成功しています。


ルーバーは光と風を十分に通しながら、プライバシーを確保することができます。

所在地 三重県
家族構成 ---
敷地面積 148m²
延床面積 185m²
(1階 109m²、2階 75m²、2階蔵 13m²)
建ぺい率 37%
容積率 46%

ゲートの内側にはタイル敷きの庭。ルーバーは視線を遮りながら、光と風を通します。

壁の曲線を美しく演出した玄関ホール。光と影が奥行きを感じさせます。

ゲートの右側を回りながら玄関ポーチへ。ほどよい「間」のある玄関アプローチ。

階段の端にはアクセントとなるピンコロ石を敷きました。

潤い豊かな中庭を囲むコートハウスの暮らし

[鹿児島県鹿児島市 Iさま邸]

シルバーのアルミ格子を大胆に活かした外観が、ひときわ洗練された印象を放つIさま邸。
屋内に入るとタイル敷きの中庭を囲んでメイン玄関、リビング、ダイニングキッチン、ファミリー玄関が回廊動線でつながり、思いがけないほど潤い豊かな景色が広がっていました。
高い塀で囲んでプライバシーをしっかりと守りつつ、中庭から心地よい光と風、緑の眺めを家中に採り入れたコートハウスの設計です。

大理石張りのアクセント壁が気品を生む吹き抜けのリビングは、チーク材の床にゆったりとしたソファが調和し、上質のくつろぎ感を漂わせています。リビングからL字に続くダイニングキッチンは、キッチンとテーブルを直線につなげて家事動線をスムーズに。ホームパーティーにも格好の配置になりました。

「キッチンに立つと、目の前に広がる中庭の景色が楽しめますし、中庭越しに回廊のスタディスペースで勉強する子どもたちの様子が見守れるのもうれしいですね」と奥さま。

三人のお子さまがいらっしゃるにも関わらず生活感の漂わない暮らしが維持できるのは、収納の工夫があればこそ。リビングには大収納空間「蔵」を備え、その上を和モダンな畳コーナーに活用。散らかりがちなオモチャやかさばる調度品も「蔵」にしまえて便利です。

また、シューズクロゼットのあるファミリー玄関を別に設け、バックヤード的に使うことで、ゲストを迎えるメイン玄関は常にすっきりと格調高く保てます。

「片付けのストレスがないと、気持ちにもゆとりが生まれます」と微笑むIさま。
街の中心地に近い立地ながら、外からの視線を気にすることなく、開放感に満ちた美しい暮らしを実現されています。

キッチンを主役に スタイリッシュな空間を実現

[愛知県半田市 Yさま邸]

知多半島の中核都市、半田市の閑静な住宅街で、白い箱のような陸屋根の外観デザインが目を引くYさま邸。鉄骨ラーメン構造のユニット工法で建てられた高耐久・高耐火・高耐震のハイブリッド住宅で、硅石と石灰石を原料にした厚みのある手彫り柄による外壁が深い味わいを生んでいます。

屋内に入ると、そこには若いご夫妻にお似合いのスタイリッシュな空間が広がっていました。「キッチンもインテリアの一部にして、木目を使わずにクールな雰囲気にしたい」というご夫妻のご要望で、約26畳大のLDKは、ストーン調のエコカラットやガラス、メタル素材を活かし、白・黒・グレーのモノトーンでトータルコーディネート。浮遊感のある洗練されたデザインが印象的なステンレストップのアイランドキッチンを主役に、リビングとダイニングがL字につながり、白い大理石調の床が美しい光沢を放っています。柱や間仕切り壁のないこんな大空間をつくることができるのも、強靭な鉄骨ラーメン構造の魅力です。

庭に面した南側のダイニングスペースは吹き抜けにして開放感を。上下に設けられたハイブリッド住宅ならではのワイドな開口から陽光がふんだんに差し込み、住空間を明るく包んでいます。
南側のサッシはすべて高性能複層ガラス(Low‐Eペアガラス)が採用されているので、優れた断熱性能と相まって、真夏でも暑くなりすぎることはありません。
また、窓の大きさや配置を工夫して風の流れをつくる設計がされており、エアコンだけに頼らず涼しく快適に過ごせます。

「太陽光発電を設置したので、夏は電気代を払っても売電収入でお釣りが来ました」とYさま。また、寒い冬も吹き抜けのある大空間にもかかわらず、エアコン一台で十分暖かく過ごせるそうです。

インテリアデザインを大事にして生活されているYさまご夫妻。
小さなお子さまがいらっしゃるとは思えないすっきりと片付いたお住まいですが、その秘訣は収納の工夫にありました。
玄関ホールには天井までのシューズクロゼットに加えて、取っ手のないシンプルなデザインの壁面収納も設けて収納力をたっぷりと確保。
キッチンの近くにはかさばるモノも気軽におけるパントリーを備えています。

「しまいたい場所に使い勝手の良い収納があり、生活動線も便利なので、家事や片付けが少しも苦になりません」と奥さま。
ご主人も「細部のデザインまでこだわってイメージ通りにできたから、どこを眺めても大満足です」と笑顔で語ってくれました。

シャープな空間にやさしさを添えた、モダンスタイルの住まい

[兵庫県 Mさま邸]

大きさの異なる長方形がいくつも重なり合うように見えるMさま邸の外観。シンプルで街並みに調和しつつも、独特の雰囲気を醸し出しています。

Mさま邸のフォルムデザインをひと言で表すなら、「直線の妙」と言えるかもしれません。直線はまた、室内の空間においてもデザインのキーワードとなっています。
たとえば、1階のエントランスから続くホールは、一直線にパブリックスペースへと伸び、透明ガラスでできたフレームレスの扉の向こうを望むことができる仕掛け。
また、ダイニングとリビングが一体となったパブリックスペースには、高く伸びた太い柱が2本。ダイニングの吹き抜け空間の力強いアクセントになっています。
光をたくさん採り入れようと、複数の大きな開口部が設けられ、空間にやわらかな光が注ぎ込みます。

もうひとつ、Mさま邸の特徴として「硬軟の妙」もあげられるでしょう。これは硬質な素材とやわらかな素材を巧みに組み合わせ、シャープさにやさしさを添えています。
たとえば、開口部にはフロストガラスがはめ込まれ、南面の強い陽射しをやわらかなものにしています。
またパブリックスペースの床は大理石の硬い材質で覆われていますが、2階への階段はカーペット。ソファやチェアも布製で、あたたかさを演出しています。

こうした空間の構成やデザインの牽引役となったのがご主人。住まいへのこだわりが明確で、それらを一つひとつ形にしていきました。
一方、奥さまがこだわったのは、やはりキッチンでした。あえて空間を独立させ、中央に広いワークトップを備えたアイランドキッチンを配しています。

もともと住まいには、モノの少ないすっきりとした空間を望んでいた奥さま。広いキッチンには十分な収納もあり、作業中でも扉を閉めてしまえば、ダイニングやリビングから中が見えることはありません。

1階にはほかに、洗面所やバスルームなどの水廻り、ゲストルーム、ライブラリーがあります。
ユニークなのがライブラリーで、ここはご主人の書斎兼お子さまの勉強部屋。ホールからも、リビングからも出入りができて、親子でライブラリーにこもることも多いとか。
また2階にはご主人自慢の広々としたオーディオルームがあり、コンパクトな劇場といった風情です。

さらにご主人と奥さまそれぞれのウォークインクロゼット、子ども部屋、主室が中庭を囲むように配置されています。

Mさま邸は、ご家族一人ひとりがゆとりをもって過ごすことのできる、まさに「大人仕様」のお住まいでした。

世代がほどよくつながる、庭のある住まい

[群馬県 Eさま邸]

楽しそうに駆け回るお子さま、それを微笑みながら見守るご主人と奥さま。そして時折、庭からご両親が訪ねて来て......。春のやわらかな陽射しが降り注ぐ明るいリビングには、そんな温かい光景がよく似合います。

Eさま邸は、同じ敷地のなかにご両親の平屋もあり、2つの住居は庭でつながっています。家を建てる際、ご主人が思い描いていたのは、庭先でバーベキューをしながら、お子さまやご両親、友人たちが笑顔で楽しんでいる風景でした。お互いのプライバシーを守りつつ、家族が気軽にコミュニケーションできる暮らしは、多忙なご夫妻にとって安心して子育てができる住まいがあってこそ実現するのです。

Eさま邸の1階は、リビング、ダイニング、キッチンが一体となったパブリックスペース。リビング横の「蔵」は、現在はお子さまの遊具の収納場所としても大活躍。蔵上は、畳敷きのマルチスペースで、大きなガラス窓から1階を見渡すことができます。

また、キッチンには土間が隣接しており、そこからも庭へ抜けることができますから、庭でバーベキューをするときには、この土間がおおいに活躍してくれそうです。広いワークトップが印象的なキッチンは、洗面所や浴室と直線的につながっているため、家事動線がとてもスムーズ。奥さまにとっても、家事がしやすいと好評です。

2階には、ご夫妻の主室とお子さまの部屋があり、ユニークなのが主室です。ここは1階の蔵の高さを活かして、2階部分を畳敷きのリラックススペースに、2.5階部分を寝室にしたメゾネット式。さらに、Eさま邸にはゲストルームもあり、居室側の玄関ホールから廊下でつながっています。

印象的なのは、ゲストルーム側の玄関。吹き抜けのホールは大きなガラス窓に囲まれ、シンプルにデザインされた階段もあって、まるで小さなホテルのよう。また、居住スペースとゲストルームの間にも庭があり、両側から四季を楽しめる仕掛けとなっています。

そしてもっともEさま邸を特徴づけているのが、その外観でしょう。シンプルながら、存在感たっぷりの外観は、六面体が集まった積木のような造形で、独特の表情をつくっています。夜、各部屋に明かりが灯ると、幻想的な姿となって浮かび上がります。

開放的な外構のなかに、造形が美しいEさま邸、そして端正なご両親の平屋がほどよくつながって、二世帯が笑顔で集う素敵なお住まいとなっていました。

風を感じ、星が見えるダイニングのある家

[宮崎県宮崎市 Yさま邸]

宮崎市内の分譲地にたたずむYさま邸。1階が水回りを含むパブリックスペース、2階が主室などのプライベートスペース、さらに1階の蔵上にあたる1.5階が客間としての和室となっています。一見、シンプルな空間構成ですが、それらの至るところにご夫妻のこだわりが詰め込まれています。

ご主人が強く希望したのが、「星が見えること」でした。夕食やその後のくつろぎの時間に、窓から星を眺められたら、どんなに心が和むだろうと思っていたからです。また、奥さまは家族がもっとも時間を費やすのはダイニング。できれば、このダイニングを広く充実したものにしたいとのご希望でした。そこで実現したのが、高い吹き抜けとたくさんの開口部を設け、椅子に座ったときにちょうど星空の見えるダイニングです。キッチンにはカウンターも設置され、夜間、照明を落とせばショットバーのような雰囲気に。ダイニングが日常の食卓としてだけでなく、リラックスのための空間になっています。

また、隣接するリビングは一段低くなっているため、ダイニングと一体感がありつつも、独立した空間として過ごすことが可能。玄関に面した壁には扉が設けられ、扉の開閉次第でリビングが開放的になったり、個室のように使用できたり、さまざまな表情を楽しむことができます。

1階でユニークなのが、キッチンの後ろ、洗面所の横に設置されているファミリークロゼットでしょう。ここは、奥さまからのリクエスト。朝、洗面所で身づくろいを済ませた後、そのすぐそばで身支度できれば、忙しい朝も効率よく準備ができる。ご家族の行動を考えたとき、1階にファミリークロゼットがあれば、より便利になるとの思いからでした。

適材適所の収納も、奥さまのこだわりの一つです。1階の階段室の脇に「蔵」を設け、調度品など大きなモノはここに収納。その他、玄関、キッチンや洗面所など、利用する場所に合わせて収納スペースが設けられています。
さて、玄関先に目を向けると、Yさま邸を印象づけているのが、玄関アプローチです。一部が壁になっているため、トンネルのなかを抜けていくような気分に。

そして玄関扉を開けると、正面の大きな窓にモミジが映り込み、まるで絵画のよう。ここも、ご夫妻のこだわりの一つです。
広く開放的なYさま邸。お子さまたちがのびのびと過ごす姿がとても印象的で した

キューブを重ね合わせた 北海道の家

[北海道札幌市 Iさま邸]

淡いベージュ色の外壁と複数のキューブ形を重ね合わせたような外観が印象的なIさま邸。
ご夫妻がこだわったのは、まずは「広いリビング」と「他にはないユニークなデザイン」でした。それを表現しているのが、1階のパブリックスペースです。

キッチンとダイニング、メインとなるリビング、そして畳コーナー。ここには柱がほとんどないため、それぞれの空間が一体となって広がっています。そのなかで、アクセントとなっているのがキッチン手前にあるスケルトンの階段。しかも吹き抜けになっているため、上からもやわらかい光が注ぎ込みます。

全体的に落ち着きのある雰囲気をつくっているのは、床材やキッチン、所々に使用されている壁板の色合いにあります。床には北海道産のナラの無垢材を使ったやさしいブラウン。
キッチンや壁板は引き締め効果のあるダークブラウン。全体が白い壁面のなかにメリハリが演出されているため、広い空間でも場所によって異なる表情が楽しめる仕掛けです。

また、キッチンは奥さまのご希望でオープンタイプに。しかも、ワークトップの奥にある収納部分には扉が設けられ、不意の来客時など、こまごましたモノをさっと片付けるときに便利だと好評です。

さらに、ご主人のもうひとつの希望は畳があること。リビングから連続してフラットな畳コーナーが続き、この存在がパブリックスペースをより機能的にしています。

2階への階段を上がっていくと、正面にはギャラリーが。
かつて野球で甲子園出場もはたしたご主人の記念の品々が飾られていました。また、ご夫妻の主室の奥でちょうど階段上の踊り場のようなスペースがご主人の書斎。子ども部屋は現在、階段との仕切りのない広い空間になっており、今後、二人のお子さまの成長に合わせて空間づくりをしたいとのことでした。

さて、Iさま邸のある北海道は、極寒の地。そのため木質パネルも通常の90ミリではなく、120ミリという厚さで、より密度の高い断熱材が埋め込まれた寒冷地仕様が使用されています。
高断熱を実現しているため、暖房はエアコンと窓際のパネルヒーターのみ。特に窓際は、冬季には下降冷気が生じるコールドドラフト現象が起こります。そこで、パネルヒーターによって冷気が室内に流れないようにしているのです。パネルヒーターは冬季に一日中稼働させることで、空気を汚さず、やわらかい暖かさが持続するとのことでした。

柱のないオープンなスペースを走り回る子どもたち。それを見守るご夫妻。ここにはいつまでも暖かい空気が漂っていました。

蔵を活かした 表情の豊かな楽しい住まい

[静岡県富士市 Aさま邸]

富士山がひときわ大きく見えるのはもちろん、ところどころに深い緑色の茶畑が広がるロケーション。Aさま邸は、そんな静岡ならではの風景のなかにありました。

「楽しい家をつくりたかった」と語るご夫妻は、どちらも多彩な趣味をもち、仕事仲間や友人たちを招いてのホームパーティも大好き。特にご主人は、週末には車やバイク、ラジコンやスノーボードといった趣味で謳歌しています。奥さまは秋に出産を控えているため、今は家で静かにその準備をしている真っ最中です。

そんなお二人の住まいは、コンパクトながら機能性に富み、随所に「こだわりとお気に入り」を配したオリジナリティあふれる空間となっています。
そのひとつが、1階のリビングと1.5階にあるダイニングキッチンでしょう。吹き抜けのリビングは天井が高く、ユーティリティとしての和室が隣接しています。そしてリビングからはルーバー越しに、美しい曲線のキッチンカウンターが見え、そこはまるで雰囲気のあるバーのような佇まい。リビング、和室、ダイニングキッチンといった役割の異なる空間が、互いに連続しながら、表情豊かな空間を構成しています

ちなみに建物の一部のように収納されているバイクはご主人の宝物。冬の乗らない時期は一階の蔵のなかにしまえてしまいます。
さらにダイニングには、白と黒のコントラストが印象的なモダンな家具が置かれ、座ったときには窓から富士山が間近に見えるという贅沢さ。ダイニングからはテラスも張り出しており、富士山の絶景を眺めながらのランチを楽しんでいるとのことでした。

Aさま邸の要となっているこの空間は、1階から利用できる蔵上に設けることで実現しました。蔵は駐車スペースから直接アプローチができるだけでなく、玄関やリビングからも出入りが可能で、自転車やアウトドア用のテーブルや椅子など、住まいの内外で使うさまざまなものを収納するのに大活躍しています。
また、2階へ続く階段の途中に、もうひとつ蔵があるのも特徴的です。蔵には窓が設けられているためとても明るく、天井には空と雲が描かれ、壁紙にもかわいいイラストが施されています。収納はもちろんのこと、近い将来、お子さまのお気に入りの遊び場にもなりそうです。

ほかにも、キッチンや和室の棚など、ご主人自ら手を加えた部分も多く、住みながら少しずつ変化する家にもなっています。

「楽しい家」は、ご夫妻のライフスタイルに十分配慮した家であり、それはまた、目にも楽しい考え抜かれた家でもあります。Aさまご夫妻の明るい笑顔にぴったりのお住まいでした。

光と風を呼ぶパティオを介して コミュニケーションを楽しむ住まい

[熊本県熊本市 Mさま邸]

陽射しがたっぷりと注ぎ込み、木の葉が風にひらひらと揺れるパティオは、Mさま邸のこだわりのひとつです。まるで光や風を呼び込むかのように、パティオの存在が室内を明るく快適なものにしていることがわかります。

暮らしの中心となる1階のリビングはもちろん、玄関、ご主人の書斎、さらには2階のホールや廊下からも、パティオを望むことができ、各空間がそこを囲むように配置されているといっても過言ではありません。しかも、パティオを通してそれぞれの空間感が伝わってくるため、家族がどこにいても、その気配が感じとれるようになっています。

パティオを設けたのは、Mさまご夫妻の強い希望があってのこと。シンプルモダンなスタイルながら、自然のやさしさを採り入れたいというのがその理由でした。

プランニングの際、シンプルモダンにこだわったのはご主人。外観もフラットルーフのすっきりとした形で、周囲に溶け込みつつも、Mさま邸だけがもつ独特の雰囲気を醸し出しています。またパティオの目隠しとして、ルーバーが屋根と同じ高さに大胆に配してあるため、それが外観に和モダンのテイストを与えているのも特徴といえるでしょう。

一方、奥さまがこだわったのは、キッチンと収納でした。日常の家事動線を考え、アイランド型キッチンとダイニングテーブルをT字型に配置。最も多くの時間を過ごすキッチンに立ちながら、1階のパブリックスペースを見渡すことができる構造になっています。さらにキッチンの一角には、奥さまの趣味のコーナーを設け、大好きなソーイングで、お子さまの洋服やさまざまな雑貨の手づくりを楽しんでいます。

そしてキッチン回りの収納以外にも、2階の2つのウォークインクロゼットを含め、全空間で15カ所もの収納があるのも、Mさま邸ならでは。それぞれ、収納する物と奥さまの使い勝手を考えた場所に配置されているため、家事もスムーズにできるうえ、個々の空間がすっきりと使えると好評です。

また、2階にはリビングの吹き抜けとパティオを囲むようにホール、廊下、バルコニーがあります。特徴的なのはホールの存在で、もともとは「エアロバイクを置いてエクササイズをしたい」という奥さまの希望から生まれたスペースです。いわばマルチスペースとして、将来的にはお子さまが勉強をする空間としても利用したいとのことでした。

明るい開放的なパティオのあるお住まいは、ご家族が楽しくコミュニケーションしている様子が目に浮かぶ、あたたかな空間でした。

空間に絶妙なアクセントを添える インテリアのカラーコーディネート

[神奈川県横浜市 Fさま邸]

Fさま邸を訪れたなら、おそらくその「色」の使い方に感心するのではないでしょうか。しかも「色」は家具や調度品ではなく、キッチンや壁面といった広い面積部分に大胆にあしらわれ、それが空間に絶妙なアクセントを添えています。そんなカラーコーディネートが、Fさま邸の大きなこだわりのひとつといえるでしょう。

まず目に飛び込んでくるのが、キッチンのビビッドなブルーグリーンです。壁やワークトップの白とのコントラストが美しく、ブルーグリーンという鮮やかな「色」が視覚ポイントとなって、リビングダイニングをより広く明るく見せています。またシンクの上には吊り戸棚がないため、開放的なキッチン空間をつくり出し、リビングダイニングとの一体感を生み出しているのも見逃せません。

壁面のカラーコーディネートが絶妙なのは、2階にある2つの子ども部屋。ロフトを利用した子ども部屋には、屋根の傾斜による四辺形の壁にポップなピンクがあしらわれ、小窓もあって、空間そのものが楽しい印象を与えてくれます。また、もう一つの子ども部屋にはキュートなブルーの壁が、やわらかな陽射しに輝いています。

Fさまご夫妻は、現在の住まいに建て替える際、2つのポイントにこだわりました。一つは明るいこと。もう一つはシンプルで素敵なこと。建て替え前の住まいは採光に恵まれなかったことから、できるだけ窓を効率よく設け、広くて明るい空間にしたいと考えていました。そんなときに出会ったのが、現在の住まい「ハイブリッド住宅」でした。

ハイブリッド住宅は鉄骨ラーメン構造で、開口部を広くとることができ、「蔵」の空間を利用することで床面積を減らすことなく吹き抜けを設置することが可能です。それにより光の通りと風の流れをデザインした空間にもなっています。そんなハイブリッド住宅のシンプルなカッコよさが特にお気に入りのご主人。そして、大開口で明るい空間がお気に入りの奥さま。それぞれの住まいに対するイメージとこだわりをしっかりと実現しているのが、ハイブリッド住宅というわけです。

加えて、インテリアコーディネーターとの相性が抜群だったと微笑む奥さまは、ご自身もインテリアコーディネートの勉強をされていただけに、互いの感性を住まいという形にしていくプロセスも楽しかったと振り返ります。

広く明るい空間と奥さまの感性が光るカラーコーディネート。この2つの合わせ技で、Fさま邸だけのオリジナルな素敵な空間となっていました。

家族の誰もが自然に家事に参加できる工夫で楽しく暮らす住まい

[福島県 Sさま邸]

広いアイランド型キッチンとウォークインクロゼット

Sさま邸は、ご夫妻と小学6年生から生後2カ月までのお子さま5人が暮らしている。7人の大家族が住むには十分な広さのあるSさま邸だが、お子さまが多いだけに家事をいかにスムーズにこなせる住まいにするか、それが新築時のひとつのテーマだったという。

そこでまずキッチン。中央に作業台のあるオープンなアイランド型キッチンは、とにかく広く、収納もたっぷりある。しかもシンク、IHクッキングヒーター、食洗機がそれぞれ2台ずつ備えられている。シンクや食洗機は、食器用と鍋やフライパン用に分けて、大量に発生する洗い物を処理しやすくするためだ。また一方のシンクや食洗機の片付けが間に合わない場合でも、もう一方で作業ができるのもメリットとなっている。中央の作業台には収納もあり、ここを中心に家族みんなで食事の準備をするという。

またユニークなのが、ウォークインクロゼットの位置である。ウォークインクロゼットは、ふつうなら寝室の隣にあることが多い。ところがSさま邸の場合は、1階の洗濯機置き場のすぐそばにある。洗濯が終わると、浴室乾燥機や廊下、洗面所などに干し、乾いたらそれらをウォークインクロゼットにどんどん収納していく。洗濯機、干し場、収納がまとまった場所に集中していることから、短い距離の移動だけでたくさんの洗濯物が処理できるというわけだ。

さらに、実際に暮らしてみて便利だと感じているのが、駐車場から出入りができる勝手口だという。ここはキッチンやパントリーと直結しているため、車から荷物の移動がスムーズで、収納もすぐにできる。家族の出入りは、この勝手口が中心になっているという。もちろん、メイン玄関にも広いシューズクロゼットが備えられてあり、靴だけではなく、よく利用するコートなども掛けられるようになっている。

広いSさま邸も、家事が必要な場所に効率よく作業ができる工夫を施すことで、移動や時間を短縮することができている。また、育児や家事に積極的なご主人をはじめ、お子さまたちもよくお手伝いをする。Sさま邸は、家族が自然に家事参加できる住まいといえる。

お気に入りに囲まれたい だから好きなものは自分でつくる チャーミングな家

[熊本県 Tさま邸]

ディテールにこだわったあたたかい空間づくり

ごくシンプルな外観ながら、ディテールに目をやると、なにやら独自のこだわりを感じさせるのがTさま邸である。

塗りムラを活かした外壁、玄関へ続く階段脇のサインボード、芝生の向こうに見える小さな白い塀や扉。屋外だけでも、あちこちにそのこだわりを見つけることができる。もちろん、屋内にもそうした楽しいディテールがいっぱいだ。

1階はキッチン、ダイニング、リビングが連続する広い空間。でもどこかが違うと目を凝らすと、なるほど屋内の壁も塗り壁風クロスが張られ、床もまた木目風クロスで覆われている。柱や梁にも木の風合いを取り入れ、空間をあたたかいものにしている。

デザインプランを牽引したのは奥さま。最初のイメージはアメリカのTVドラマ「大草原の小さな家」だったという。塗り壁や木の風合いにこだわるのは、そうしたカントリー調のナチュラルな味わいが好きだから。そしてもうひとつ「お気に入りに囲まれて暮らしたい」というのが願いだった。

とはいえ、必ずしも「お気に入り」が簡単に手に入るわけではない。そこで、得意の手づくりインテリアが活躍する。たとえば、キッチンとダイニングを仕切る壁の可愛らしい棚やCDを置く棚、パソコンデスクなど、数えるときりがない。ここまでくると、手づくりは立派な趣味のひとつだ。もちろん、外のサインボードなども奥さまの作品。ちなみにパソコンデスクはご主人との合作だ。

Tさま邸は、そうした手づくりインテリアが壁や床と調和して、ここだけのチャーミングな空間になっているのが特徴だろう。

絵を描いたり、雑誌を見せたり、あの手この手でこだわりを提示し、そのたびに根気よくプランを練り直す。そんなコラボレーションが容易に想像できる家づくり。Tさまのこだわりを実現するにふさわしい職人も家づくりに参加してもらったという。

妥協せずに、とことん自分流を貫いたことがTさま邸のポイントだ。お気に入りの中で過ごす、家族とのあたたかい時間。そんな素敵な時間が見えるような空間に、またひとつ異なる趣味の家を見たようである。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP