Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

6mの吹き抜けがもたらす開放感、南蛮風の客間で遊び心のある住まいに

[大阪府 Tさま邸]

築40年を経たご自宅をお建替えになったTさま。家づくりにあたってこだわられたのは、遊び心のあるデザインでした。玄関ホールの正面にしつらえた客間はその象徴です。

花鳥が描かれたアクセントクロスや、黒と金の亀甲柄クロスをあしらった折り上げ天井で、南蛮風のエキゾチックなインテリアに演出。部屋の外に細長く走らせた板石敷きの坪庭が木格子の壁としっくりと調和して、雅な趣を醸し出しています。

「安土城の信長の館のような南蛮風の唐様デザインに憧れていたので、客間で思い切り遊んでみました。続き間の和室と共に、ここだけは私の趣味で別世界に仕上げています。客人を招いておもてなしをするのが楽しみですね」とTさまは語ります。

一方、LDKは白を基調にしたシンプルモダンな空間に。高さ6mのダイナミックな吹き抜けのリビングは、上の窓からも光が降り注ぎ、明るく爽やか。天井まで張り上げたタイル壁が、ホテルのラウンジのような気品を生み出しています。

「キッチンから直接洗面所へ行けたり、客間を通って玄関へ行くこともできるので、リビングに来客があるときも顔を合わせずに家事やお出かけができます」と奥さま。

また、全館空調でどこへ移動しても温度差がなく一年中快適。愛犬も気持ちよさそうにくつろいでいます。 「冬でも薄着で平気ですし、夏はバタバタ動いても不快な暑さを感じません。おかげでアクティブに暮らせますし、吹き抜けを介して2階にいる家族の気配がわかるのも安心です。この家に住んでから心も大らかになりました」と微笑むTさまです。

家族の集う空間が緩やかにつながり、光と温かさが溢れる二世帯住宅

[大阪府 Tさま邸]

やさしい色調の端正な外観が印象的なTさま邸は、二世帯住宅。1階がお母さまの居室、2階と3階がTさまご家族の居室となっています。

以前、ここには古い4階建のビルがあり、そこを二世帯で居室用として利用していたとのこと。 「とにかく夏は暑く、冬は寒かったんです。しかも日中でも電気をつけていたほど暗くて」とご主人。当然ながら、ご希望は「夏涼しく冬暖かく、明るく広い住まい」でした。

「今は、夏も冬も快適です。また全館空調でどこにいても室温の差がなく、母もとても喜んでいます」とご主人もうれしそう。

そして、2階と3階の居室は、主に奥さまのご希望を叶えたもの。 「家族が集まる場所は、仕切りが少なく空間全体がつながっている。そんな住まいにしたかったんです」と奥さま。雁行型に連続したダイニングとリビングは、「立つ位置で空間の見え方が異なる」とご主人もお気に入りです。

3階には吹き抜けに開いた窓も設置し、ご家族の気配が感じられるよう、上下階でのつながりも実現しました。

また、奥さまがこだわったのが収納とインテリアでした。たとえば、玄関に隣接したシューズクロゼット。靴や屋外で使用するものなどが大量に収納できるため、玄関がいつもすっきりと使えると好評です。

インテリアは白を基調としながらも、モダンすぎず、ナチュラルすぎない、暖かみのある色調でまとめられ、空間にやさしさを添えています。

「担当のインテリアコーディネーターの方とは、毎回楽しく打ち合わせができました。プロの知恵を借りながら、私なりのインテリアにできたのがうれしいですね」

元気な3人の息子さんを微笑みながら見守るご夫妻。明るい住まいに、明るい笑顔が溢れていました。

塀の内側に創り出す、 静寂とゆとりを愉しむ暮らし

[大阪府 Tさま邸]

街中の瀟洒な邸宅街で、寄棟屋根を戴いたシンメトリーの佇まいが威風を放つTさまの邸宅。旧道に面した角地であることから、車の往来による騒音やセキュリティを考慮して、建物の周囲を3mのストーン調タイルの塀で囲み、遮音性とプライバシーを高めています。

塀の内側には、広い敷地を生かして樹木をバランス良く植えた中庭がデザインされ、まるで公園の中に建物が佇んでいるよう。中庭のテラスに面したリビングは、ご夫妻のくつろぎの場。

壁面は天然石やウッドパネルで気品高く装飾され、折り上げ天井の間接照明が放つやわらかな灯りが優美な雰囲気を醸し出しています。

リビングはダイニングキッチンや書斎とつなげて、ぐるりと回遊できる便利な生活動線に。「どこにいてもお互いの気配が感じられるのがいいですね」とTさまは微笑みます。

将来の暮らしを考えて、ホームエレベーターを設置。全館空調も装備して、家のどこにいても温度差のない暮らしを実現されました。

吹き抜けのバルコニーに面した日当たりのいい2階のサロンは、寝室から続くプライベートリビング。

磨りガラスのフェンスで外からの視線を遮りつつ、連続する窓から広がる眺めを大きく採り入れています。

「どこに移動しても四季折々の庭の景色が目に入るので、暮らしていて飽きることがありません。ライトアップした夜景も格別です」とTさま。

高い塀の内側に開かれた景色を創り出し、中層マンションも多く建つ街中でありながら、静寂で開放感に満ちた暮らしを満喫されています。

ホームシアターとロフトのある家

[大阪府 Yさま邸]


丸いムーンゲート、BOX形のフォルム、ソーラーパネルの三角屋根が美しく調和したデザインです。

緑豊かな景観をもつ街並みの中で、ひときわ個性的なフォルムが際立つYさまの住まい。奥さまは「ミサワホームのパンフレットを見て、外観デザインがひと目で気に入ってしまったんです」とご計画当初をふり返ってくれました。 また、ハイブリッド住宅のすぐれた耐震性や省エネルギー性能に加え、アレルギーをお持ちの奥さまとお嬢さまにとっては建材の安全性や空気環境も住まい選びの重要ポイントになったといいます。 そうした基本要件をすべてクリアし、Yさまご家族が心からくつろげる、理想的な住まいが実現しました。


大開口のある1階リビング。ご家族共通の趣味である映画を大スクリーンで楽しめます。

1階には映画を楽しむリビングと客間を

Yさまご家族の共通の趣味は「映画鑑賞」。そこで1階リビングには大画面のホームシアターを楽しむのに十分対応できる、ゆったりとした奥行きを持つスペースを確保しました。遮音性・気密性にすぐれた空間は、映画館顔負けの臨場感を味わうことができ、3人とも「大満足!」だそうです。また、1階には和室も設けているため、急な来客があってもここで対応することができます。


2階にも家族で楽しめる団らんスペースが。壁一面の飾り棚がぬくもりを感じさせます。

2階にもファミリースペースを

2階にはご夫婦の主寝室、お嬢さまの居室のほかに、もう一つの家族団らんスペースとして「ファミリースペース」が設けられています。ここには屋根勾配を利用したロフトを設けており、多彩な楽しみ方ができるうえに開放感もたっぷりの交流空間になっています。また、フロアセントラル熱交換換気システムによって、アレルギーをお持ちのご家族にもうれしい、健やかな住環境を実現しています。


客間として設けた1階の和室。障子からやわらかな光が射し込みます。

所在地 大阪府
家族構成 ご夫婦・お子さま1人
敷地面積 227m²
延床面積 166m²(1階 82m²、2階 84m²)
建ぺい率 39%
容積率 73%

すっきりと美しい玄関ホール。壁一面のクロゼットで収納力は抜群です。

暖色系の色合いでまとめた対面式キッチン。太陽光発電を利用するオール電化です。

2階ファミリースペースにあるロフト。星空も眺められます。

"将来二世帯"プランを内蔵した三階建

[大阪府 Yさま邸]


BOXフォルムの簡潔な外観。インナーバルコニーとクレストゲートの木調の風合いが全体を引き締めています。

昔ながらのあたたかなコミュニティが息づく、大阪の下町の一角にお住まいのYさま。築80年以上になる木造家屋を、3階建てのハイブリッド住宅に建替えられました。 敷地は間口が狭く、奥に細長いため、「住まいの顔となる門構えにはこだわりたかった」というYさま。数々の住宅展示場をめぐった末、ミサワホームの展示場で、ご主人が思い描いていた理想の門構えの家に出会えたといいます。 ニューセラミックの重厚な外観とクレストゲートを組み合わせた佇まいは、訪れる人を温かく迎え入れる雰囲気をつくり出しています。


奥行きが感じられる玄関ホール。収納力のあるクロゼットで空間はいつもすっきり。

"将来二世帯"に応えるプラン

現在、5人家族のYさまは、将来、ご長男が結婚されたときには二世帯で住まわれることを予定されています。そこで、新築時に1階と2階それぞれにトイレ、浴室を設置するとともに、1階にはキッチンを設けるためのスペースも確保されました。将来二世帯を考えたプランとすることで、「以前の家よりも長く、代々受け継がれる住まいにしたい」というYさまのご希望も実現することでしょう。


ナチュラルな雰囲気の2階リビング・ダイニング。いつもここに5人の笑顔が揃うそうです。

家族の絆を育むセンターリビング

自然の光と風が心地よく入る2階LDKは「センターリビング」プランとしました。3人のお子さまの個室がある3階へ上がる階段はリビングの中にあり、"どの居室へ行くにも必ずこのリビングを通らなければならない"空間設計になっています。ご主人も「ふと気付くと、いつも家族みんながリビングに集まっている」と仰言っしゃるように、ご家族のコミュニケーションが広がる住まいになりました。


1階和室はご夫婦の寝室として使われています。飾り棚が空間のアクセントになっています。

所在地 大阪府
家族構成 ご夫婦・お子さま3人
敷地面積 103m²
延床面積 154m²(1階 51m²、2階 51m²、3階 52m²)
建ぺい率 56%
容積率 149%

愛車4台と家族4人を抱擁し暮らしの幅を広げる3階建て

[大阪府 Kさま邸]


外壁とのマッチングも考慮し、擁壁には石英岩を採用。4台の車が横並びで置けるよう、ゆったりとした幅を確保。

色鮮やかな黄系の外壁タイルに、重厚な石英岩張りの擁ようへき壁を組み合わせ、ポイントカラーとして赤いラインや濃紺の門扉。普段は閉ざされた内外のシャッター奥には、ご主人愛用のロールスロイスやベントレーに加え、BMWやベンツも控えます。


大理石をふんだんに用い、華やかな印象の玄関ホール。玄関扉と反対側のライトコートからは自然の光が注ぎます。

愛車とガレージへのこだわり

「これらの車4台を横並びに置けるガレージが絶対条件」というご主人の要望は、2軒分の土地約100坪を手に入れることで実現へ。建物とのバランスを考えながら十分なスパンと奥行を確保し、タイヤ痕が付きにくく水はけの良いインターロッキングブロックを敷き詰め、使い勝手の良いガレージに仕上げました。


3階への階段室を中心に配置されたLDKは勉強コーナーも併設。広さだけでなく家族のコミュニケーションにも配慮。

広さだけでなく家族のコミュニケーションにも配慮

真っ赤なカラーリングが印象的な両開きの玄関扉を開くと、落ち着いたトーンの大理石に囲まれたホールが広がり、正面奥には大きなガラス窓。北側はルーバーで目隠しした吹き抜けのライトコートという形で、自然の光を採り入れています。華やかなエントランスフロアに対し、30帖余りのLDKを中心とする2階は、家族が集う暮らしの拠り所。「帰ってきた子どもたちの姿が見られるよう、子ども部屋へは必ずここを通るように階段室を配置。また窓辺はカウンターを設け、勉強コーナーに」と奥さま。さらに、ダイニング脇の少し高所に畳の間を設けたり、キッチンに大容量のパントリーと納戸を併設したりと、実生活への配慮が光ります。 一方で、ライフスタイルの変化にも対応。「子ども部屋は分割もできる可変空間とし、父の介護が必要となったときのために、ミニキッチン付きの洋室やホームエレベーターも用意しました」とご主人。将来を見据えた包容力を兼ね備えています。


1階の応接間は、ご主人の愛車が眺められるように大きめの窓を設置しました。

所在地 大阪府
家族構成 ご夫婦・お子さま2人
敷地面積 350m²
延床面積 495m²(1階 190m²、2階 177m²、3階 127m²)
建ぺい率 56%
容積率 141%


テレビやオーディオ機器、ブローバスなどを備えた浴室。ライトコートに面する窓やガラス張りの間仕切りで開放感も。

ガレージの床は透水性なども考慮して、インターロッキング舗装としています。赤く塗られた天井が個性的な空間を演出します。

重厚感あふれる建物のところどころにあしらわれたポイントカラーが視覚的変化をプラス。

家族のふれあいが増す大空間のある家

[大阪府 Tさま邸]


太陽電池を載せた青屋根と白い外壁が美しい佇まい。サンルームが生活のぬくもりを物語ります。

医師として多忙な毎日を過ごされるTさまから「なるべく家族とのふれあいが多くなる家にしたい」というご希望をいただき、鉄骨ラーメン構造をいかした大空間のある住まいをご提案しました。 太陽電池モジュールが輝く青屋根とホワイトの質感のある外壁が、閑静な街並みに調和したTさま邸の佇まい。室内はご夫婦とお子さま3人がゆったりくつろげる1階ファミリースペースを中心に、2階にプライベートタイムを充実させる空間を実現。さらには地下ガレージや小屋裏の大収納空間も設けて、上質なゆとりを生み出しています。


柱や壁のない広びろとした空間はハイブリッド住宅ならでは。まるで戸外のような開放感です。

ふれあいを増すためのオープン設計

Tさま邸では、玄関に入ると、すぐ目の前にリビングが広がるオープンな設計を採用しました。これはご主人が「出かける時も帰ってきた時も、お子さま達の笑顔をすぐそばで見たい」という気持ちをカタチにしたもの。また、玄関ホールや廊下を設けない分、リビングをさらに広くできました。このリビング・ダイニング・サンルームがつながる大空間は、まさに家族の集まる広場として楽しまれています。


キッチンからリビングの眺め。対面式なので、リビングで遊ぶお子さまを見守りながらお料理ができます。

子どもの成長に寄り添う可変空間

2階の主寝室は書斎やシャワールーム、ウォークインクロゼットを設け、ゆとりを確保。子ども室はお子さま達の成長にあわせて部屋を与えられる1ルーム3ドア設計としました。まだ小さいうちは3人共用の広びろ空間とし、将来は間仕切って独立した部屋にすることができます。このように、暮らしの変化に合わせて空間を変えていけることも、長く楽しめる住まいの条件です。


障子と畳の間に、板の間を配した和室。はだしになってゆっくりくつろぎたくなる心地よい空間です。

所在地 大阪府
家族構成 ご夫婦・お子さま3人
敷地面積 222m²
延床面積 156m²(1階 81m²、2階 75m²)
建ぺい率 50%
容積率 100%

リビングとつながるサンルームはお子さま達のお気に入りの遊び場。庭ともつながるオープンスペースです。

子ども室はお子さま達の成長にあわせて部屋を与えられる1ルーム3ドア設計としました。

積み木や本に飽きたら、サンルームから庭に出て遊べます。

お子さまの絵やかわいらしい手形でお出迎え。玄関アプローチに施した"遊び心"です。

アンティークな家具が似合う 落ち着きのある3階建て

[大阪府大阪市 Tさま邸]

住宅街の一角、時折ピアノの美しい音が漏れ聞こえ、ふと足を止めたくなるような家。それがTさま邸です。

可愛らしい植栽に囲まれたアプローチから、カーポートの奥にあるエントランスへ。扉を開けると、そこにはアンティークな家具調度がよく似合う落ち着きのある美しい住まいがありました。

Tさま邸は1階にご夫婦の寝室と和室、2階にダイニングキッチンとリビング、そしてその上に4人のお子さまたちの部屋がある3階建て。エントランス内の素敵なインテリアに感心しながら階段を上ると、リビングもまたシックな色調ながら華やかさのあるアンティーク家具で彩られています。

そしてダイニングにはワインレッドのグランドピアノが置かれ、優雅な雰囲気に満ちています。もちろん、ダイニングテーブルもアンティーク家具。どれも、奥さまが長い年月をかけて丹念に集めてきたものばかりです。
家を新築する際、そうした家具調度がしっくりと調和する空間が欲しかったという奥さま。特にこだわったのが、天井の縁を飾るモールディングでした。

主要な居室や廊下の天井は、ベルギーから取り寄せたモールで縁どられ、空間にやわらかさと華やかさを添えています。また、シャンデリアを支える天井側の装飾材も、イメージに合ったものを取りつけました。ダイニングで奥さまが腕をふるった創作料理をいただき、食後はピアノの音色とともにリビングでくつろぐ。そんな暮らしが見えてきそうです。ちなみに、キッチンとリビングは連続した空間にありながら、それぞれが見えないような配置になっています。

一方ご主人は、アニメキャラクターなどのフィギュアをコレクションするのが趣味とのこと。3階の広いロフトには、おそらく数千体はあるだろうと思われるほど、たくさんのフィギュアがぎっしりと並んでいました。

「当初は少しシンプルすぎるかなと感じましたが、空間をどう自分たちらしくするのかは、住む人次第。家はその器を提供しているだけなんですね。それが理解できるようになってからは、家づくりがより楽しくなりました」とご夫妻。

毎月何度も打ち合わせを繰り返しながら、ご夫妻からの要望とハウスメーカーの提案をすり合わせていく。そんなプロセスから、お互いの深い信頼関係がより強くなったと語ります。
「スタッフの皆さんとは、先日もパーティをしたばかり。1年に1回は同窓会を開くつもりです」とにこやかに語るご主人。
ご夫妻の明るい笑顔が印象的な素敵なお住まいでした。

個々の部屋の役割を意識しつつ 一体感のある広い空間を実現

[大阪府大阪市 Dさま邸]

_O4H1722ok.jpg

総タイル張りのDさま邸は、住宅街のなかでも明るいベージュとダークブラウンのツートンカラーがひときわ目を引きます。
奥行きのある土地に3階建てとなっており、現在2階と3階がDさまご夫妻の居住空間、1階はお母さまの英語教室として利用されています。

_O4H1689ok.jpg

Dさま邸で特にこだわったのが、2階の空間でした。ここはキッチン、ダイニング、リビングといったパブリックスペースに加えて、和室も備わっています。そして、個々の空間の役割が明確に表現されていながら、それらが広いひとつの空間として一体感があるところが大きな特徴となっています。
そのための仕掛けとして、たとえば天井の高低差があります。リビングは2・8mの高い天井を実現し、ダイニングとの間に段差を設けています。また、ダイニングとリビングの床のカラーを変えることで、つながった空間でありながら、異なる役割のある空間であることを表現。

_O4H1666ok.jpg

さらに2階を広く明るく見せる役割を担っているのが、広いテラスでしょう。8畳ほどもあるテラスは、リビングと和室の両方に接し、開口部を大きくとっているため、自然の光が存分に注ぎ込みます。同時に、キッチン側にも坪庭が設けられ、窓を開けることで2階全体に風が流れるため、気温の高い時期でも快適に過ごせるとのこと。

さらにDさま邸の工夫のこだわりのひとつが階段にありました。吹き抜けの階段空間は室内側の壁の一部を4本の柱で構成し、外側の壁には窓が設けられているため、圧迫感がありません。

_O4H1652ok.jpg

3階には書斎と寝室、将来の子ども部屋があり、たくさんの窓により、どの空間も明るいのが特徴です。特に書斎は階段側の壁をガラスと柱で構成しているため、ひときわ明るく心地のいい空間となっています。現在はご夫妻がともに利用する書斎ですが、将来的にはお子さまとも共有したいとのことでした。また、寝室は広いウォークインクロゼットを備えているため、すっきりと調えられ、シックなカラーが印象的です。

_O4H1658ok.jpg

さて、1階は将来どのようなニーズにも応えられるよう、マルチな空間として設定されています。現在は、お母さまが英語教室を開いており、たくさんの子どもたちが訪れています。ガラスの扉から教室を覗くと、カラフルな椅子や教材が並び、いかにも楽しそう。
光に満ちたDさま邸は、心地よさのなかにご家族のあたたかさも漂う、素敵なお住まいでした。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP