Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

「白」の空間がスキップフロアでダイナミックに繋がる光に満ちた住まい

[愛媛県 Yさま邸]

奥さまのご実家のある愛媛県に東京から居を移し、マンション生活を経てご自宅を新築されたYさま。大理石調フロアが美しい光沢を放つ住空間は白で統一され、天井高3m60㎝の広々としたリビングは気品高いホテルのラウンジのよう。一見飾り棚に見える扉は大収納空間「蔵」への入り口です。生活の中心となるダイニングキッチンは、「蔵」の上の1.5階に設け、スケルトン階段でつないでいます。

「ダイニングが吹き抜けになっている上、透明ガラスの壁からリビングに視線が伸びるので、開放的な気分で食事ができます。朝は東の窓から光が差し込んで気持ちがいいですし、半階高い位置にあるため外を歩く人と視線が合うこともありません。『蔵』にたっぷりと収納できるおかげで住空間がすっきりと保てるのもうれしいですね」と奥さま。

ワイドなカウンターのアイランドキッチンは、お料理好きの奥さまのこだわりをかなえたもの。続きにパントリーを兼ねた広い家事室も設けられています。一方、移住を機にフリーランスとなって活躍されているYさまは、吹き抜けに面した2階に仕事部屋をつくり、快適なSOHO生活をスタートされました。

「東京時代は働きづめで、夜も外食続きでしたが、今は三食とも自宅で手料理を食べるようになり、身体の調子も良くなりました」とご主人。
ご夫妻ともワインの愛好家で、数年前に揃ってワインエキスパートの資格も取得されたそう。「週末は二人でワインを飲みながら、ゆっくりと食事を味わい、会話を楽しんでいます」と幸せの笑顔が広がりました。

伸びやかな吹き抜けのある平屋、「蔵」の上のスキップフロアが楽しい

[愛媛県 Tさま邸]

Tさま邸は白いタイル張りに黒目地を効かせた外壁が瀟洒な平屋のお住まい。「マンション生活でワンフロアの暮らしに慣れていましたし、いずれ子どもたちは巣立っていくので大きな家はいらないと思い、平屋にしました」とTさま。

木の温もりに満ちたLDKは屋根勾配を生かした吹き抜けの設計で、最高約4mを超える天井が気持ちまで伸びやかにしてくれます。また、全館空調で夏も冬も暑すぎず寒すぎず、自然でちょうどいい温度感。家中どこにいても寒暖差を感じることなく快適に過ごせます。

リビングにある一見飾り棚に見える扉は、大収納空間「蔵」への出入り口となる引戸で、「蔵」の上はスキップフロアでモダンな畳スペースになっています。ここはお子さまたちの大好きな遊び場所。ガラスの腰壁越しにリビングにいるパパやママの姿が見えるから、手を振ったり、声を掛けたりと楽しそう。

「子どもの友だちも、遊びに来るとみんな必ず上がってはしゃいでいます」と笑顔の奥さま。天井にはロールスクリーンが収納されていて、下ろせば畳スペースが個室感覚で使える客間に早変わりします。

「ふだん使わない和室を別に設けるのはもったいないと思って、スキップフロアを畳の間にしました。両親や友人が泊まりに来たときも、下の『蔵』から布団を出して寝てもらえるので便利ですね」
寝室は雰囲気を変えて、カーペットとウォールナットのベッドでホテルのような落ち着いた空間に。広いクロゼットも備え、洋服類をすっきりと収納しています。

誰がどこにいても気配がわかる平屋の暮らしは、仲良しご家族にとって理想のスタイル。「シンプルな空間でどの部屋も明るいから、気持ちも自然と明るくなります」と笑顔で語るTさまです。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP