Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

木目の勾配天井が落ち着きを生むリビング 平屋感覚で暮らすスキップフロアの住まい

[福井県 Sさま邸]

切妻の大屋根が風格を漂わせるSさま邸。玄関ドアを開けると天井高4mを超える美しい吹き抜けホールの伸びやかさに目を奪われます。

なるべく上下階の移動をすることなく平屋感覚で暮らせるよう、2階は子ども部屋だけにして、1階で生活が完結する間取りにされたSさま。

大空間のLDKは吹き抜けのリビングの勾配天井を木目柄にして温もりを感じる落ち着いた雰囲気に。

天井が高いため濃い色なのに圧迫感がなく、チーク材のフローリングと相まって上質のヴィンテージ感を醸し出しています。 夜、天井の間接照明をつけると、やわらかく拡散する灯りで美しい陰影が生まれ、ラグジュアリーな雰囲気でくつろげるそう。リビングから続く庭のテラスはお子さまの格好の遊び場で、向かいの土手の緑豊かな風景に心が和みます。

リビングの続きには大収納空間「蔵」を設け、その上が和室となっています。 「子どもの玩具は『蔵』にサッと片付けられますし、和室の畳でほっこりとくつろげるのもいいですね。 和室にいてもリビングの家族の様子がわかり、会話も交わせるから楽しくて」とSさま。空間が伸びやかなので、愛猫ものびのびと暮らしています。

共働きのご夫妻は家事が効率よくこなせるよう、キッチンから洗面所を通り抜けて玄関ホールへとつながる便利な回遊動線も実現。 「買い物の食料を回り道せずにキッチンに運べますし、キッチンと洗面・浴室、サンルームが隣接しているから洗濯もラクラク。サンルームに干せるので雨の日も安心です」と奥さまも大満足のご様子です。

旧家屋の記憶が生きる和モダンの家

[福井県 Uさま邸]


ゆとりある敷地に建つUさまの住まい。落ち着いた佇まいが訪れる人の心まで和ませるようです。

時の流れの中で、変わらぬ美しい景観を見つめ続けてきた。その思い出深い築70年の日本家屋を建替えられたUさまご夫妻。旧家屋に使われていたケヤキ材を、ダイニングのテーブルやカウンター、上がり框など新しい住まいの随所に再利用されました。 「代々受け継がれてきたものを生かしたことで、新築した時から暮らしになじむ住まいになりました」と喜ばれるご夫妻。昔ながらの和の素材と現代の美しい機能が見事に調和し、住まう人が心からくつろげる快適な住まいができ上がりました。


和の趣と機能性を両立したダイニング。テーブルは旧家屋の梁や柱の再利用です。

友人たちが気軽に集まれる空間

ご友人との交流を何より大切にされるUさまのご要望で、1階リビングはお客さまが気軽に集まれる広間のような空間とし、キッチン・ダイニングも大勢で料理や食事を楽しめるよう、ひとつながりの空間としました。南面にはリビング・ダイニングと連続したデッキテラスが広がり、天気の良い休日は青空のもと、雄大な山並を眺めながら交流できるスペースになります。


ゆったりと落ち着いた雰囲気のリビング。昔の縁側のような"陽だまり"スペースに心和みます。

上質のゆとりがあるプライベートスペース

2階は「のんびり過ごせること」を大事にしたプライベートスペース。ご主人のために設けた和風の書斎は1階のダイニングと吹き抜けでつながっており、ダイニングにいる奥さまの気配を感じることができます。また、南向きの寝室は爽やかさと落ち着きを兼ね備え、ウォークインクロゼットによって収納力も申し分なし。「いつもすっきりとした室内を保てる」と奥さまにも好評です。


リビングの中に設けられた階段。スケルトン構造で視覚的な圧迫感もありません。

所在地 福井県
家族構成 ご夫婦
敷地面積 1286m²
延床面積 214m²(1階 164m²、2階 49m²)
建ぺい率 70%
容積率 400%


リビングとダイニングは高低差をつけることで空間にメリハリを生んでいます。遠い山々の眺めもまた格別です。

和モダンを感じさせる玄関アプローチ。敷石は旧家屋で使われていたものです。

まさに和モダンの空間。信楽焼の洗面ボウルが風情を感じさせます。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP