Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

雨傘も日傘も好きな現代日本。梅雨〜夏に大活躍する傘の意外な歴史とは?

昔はレインコートが雨具の主役だった!?

梅雨の時期に手放せないのが傘。今でこそ「雨具」といえば真っ先に傘をイメージしますが、昔の傘は雨具としてよりも、日除けや権力の象徴、あるいはファッションアイテムとしての役割のほうがメインだったとか。昔の庶民の雨具としては、今でいうレインコートにあたるものがメジャーだったようです。そんな傘と雨具の歴史についてご紹介します。

権威・権力の象徴としての傘

傘が歴史に登場するのは4000年ほど前といわれています。古代エジプトやアッシリアの彫刻や壁画では、王や王族と思しき貴人が従者に日傘を差し掲げられている構図がよく見られ、傘が権力の象徴であったことがうかがえます。
古代ギリシャやローマの時代になると、日傘とともに雨傘の記述がたびたび見られるようになり、また、傘が王侯貴族のものから一般に普及した様子が見てとれます。とはいっても、傘は"貴婦人"のものであり、傘を差し掲げるのは使用人などの役目で、やはり一定の権威の象徴、あるいは贅沢品だったようです。

日傘&女性用の歴史が長い洋傘

私たちが現在使っている傘は、洋傘と呼ばれるヨーロッパ発祥の傘です。ヨーロッパにおける傘は、贅沢品であり富と権力の象徴であるとともに、どちらかといえば雨傘より日傘、男性より女性が持つものでした。雨をしのぐのは、おもに外套や帽子の役目だったのです。
傘が男性も使う雨具として広まったのは18世紀後半以降のこと。イギリスの旅行家ジョナス・ハンウェーが、ペルシャ旅行で見かけた雨傘に感激し、防水加工を施した傘を差してロンドンの町を歩いたことに始まります。最初は変人扱いしていた周囲も、30年間見続けるうちに抵抗がなくなり、やがて持ち手などをステッキに似せた傘が開発されると、一気に普及しました。

「かさ」といえば「傘」でなく「笠」だった日本

明治時代以降は日本でも洋傘が普及しましたが、それまでは和傘と呼ばれる伝統的な傘が使われていました。
日本の傘は、飛鳥時代に百済から伝わった「きぬがさ(絹を張った長柄のかさ)」が始まりとされています。平安時代には竹のフレームに和紙を貼った傘が生まれ、室町時代には和紙に油を塗って雨具としても用いられるようになりました。ただ、やはりまだ一部の特権階級のものであり、実用的に普及したのは江戸時代中期以降といわれています。

それまで庶民の雨具といえば、菅笠(すげがさ)や蓑(みの)。「かさ」といえば、柄(え)のない被り物の「笠」でした。ところが今の日本は雨傘も日傘も使用率が高く、一方、ヨーロッパなどでは日傘はおろか雨傘もあまり使用しないのだとか。不思議なものですね。

さっぱり派?あま〜い派?好みのテイストで新茶を楽しんで

八十八夜といえば茶摘み、新茶の季節がやってくる

5月2日は「八十八夜」。文部省唱歌『茶摘み』の歌い出しに「♪夏も近づく八十八夜...」とあるように、4月の終わりから5月の中頃までは新茶の季節です(もちろん、地域や種類によって違いはあります)。お茶は1年に3〜4回摘み取られますが、やはり最初の新茶が甘くておいしいのだとか。新茶の魅力を紹介します。

新茶ってどんなお茶?

お茶の樹は、冬の間に養分を蓄え、春になるとその栄養分を含んだ若葉が次々と芽を出し成長していきます。 その年の最初に生育した新芽を摘み採ってつくったお茶を一番茶と呼び、以降、摘み採った順番により「二番茶」「三番茶」と呼ばれます。
なかでも「一番茶」は「新茶」とも呼ばれ、1年で最初に摘まれる"初物(はつもの)"であり、また"旬"のものとして珍重されてきました。
実際、新茶は「二番茶」「三番茶」に比べて渋味の成分であるカテキンが少なく、うま味・甘味の成分であるテアニンが多い傾向にあります。また、若葉の爽やかな香りが特徴で、初物らしい清々しさとともに、旬の美味しさを持っていると言えるでしょう。

さて、「八十八夜」は立春(2017年は2月4日)から数えて88日目の日のこと。昔から、この日に摘み採られたお茶を飲むと、一年間無病息災で元気に過ごせると言われてきました。そもそも"初物"は食べると75日寿命が延びるとも言われていますね。このように、新茶は縁起物でもあるのです。

新茶は美味しく淹れるには

それでは、そんな新茶をさらに美味しく頂くコツはあるのでしょうか?
お茶のおいしさを引き出すポイントは、お湯の温度にあります。温度によって、溶け出すお茶の香味成分が違うからです。うま味・甘味成分のテアニンは50度以上、渋味成分のカテキンは80度以上から溶け出しやすいとされています。
よって、渋味や苦味が少なく、うま味・甘味が多い新茶は、70度くらいでじっくり抽出すると、甘くてうま味の多い味になります。

新茶のもうひとつの特徴である若葉のような爽やかな香りと、ほどよい渋みを味わいたいなら、やや熱めのお湯でさっと抽出するとよいでしょう。熱湯の方が、香りを引き出しやすいからです。
なかなか奥が深い"新茶"の魅力。今年はちょっと"こだわり"を楽しんでみてはいかがでしょうか?

近所で野草採り?遠出して山菜取り?食べて、出掛けて、春を堪能

舌で味わう春の風物詩"山菜"と"食べられる野草"

春は様々な植物が芽吹く季節。様々な山菜や食用となる野草もいっせいに姿を現します。山菜とは山野に自生する食用の植物をいい、土手や畔道に自生するものがありますが、それは自然のままの証拠。野菜に季節感が乏しくなったからこそ際立つ、春の山菜・野草の魅力をご紹介します。

フキノトウ

山菜の中で最も早く採れるのが、フキの蕾であるフキノトウ。雪が解け始める頃に出てくる、春の訪れを感じる山菜の代表格です。アクが強く苦みがあるので、天ぷらが定番の食べ方です。"ふきのとう味噌"も、ご飯にあう一品です。

タラの芽

タラの木の新芽で、こちらも天ぷらが定番です。ほのかな苦みともっちりした食感が人気の"山菜の王様"。採取時期が桜の開花時期と重なることでも知られています。

ワラビ・ゼンマイ・コゴミ

"山菜"と言われて思い浮かぶ姿は、先がくるんと丸まった芽ではないでしょうか?そういった外見を持っているのが、ワラビ・ゼンマイ・コゴミです。

ワラビは先の丸まっている部分が3つなのに対し、ゼンマイ・コゴミは1つ。ゼンマイは産毛のようなものに覆われているのが特徴です。

ワラビ・ゼンマイはかなりアクが強く、特にワラビは微量の発癌成分が含まれていますが、伝統的なアク抜きをすれば分解・無毒化します。一方、コゴミはアク抜きの必要が無いので、手間がかからず食べやすい山菜です。

ツクシ

暖かくなると土手や畔道に顔を出すツクシは春の季語にもなっています。茎の節々についている袴を取り、湯がいてアクを取った後、おひたしや和え物、卵とじ等にして食べると美味しいです。

ヨモギ

ヨモギは繁殖力が強く、稀に市街地などでも見ることができます。春に採れる新芽を茹でておひたしや和え物に、また下茹でなしで天ぷらにすることもできます。しかしなんといっても一番はよもぎ餅(草餅)ではないでしょうか。春の和菓子の定番ですね。

ここでご紹介したのはほんの一部。現在食べられている山菜は、約300種類と言われています。自然の植物には毒を持つものもありますから、むやみやたらと食べるのは危険です。山菜・野草取りの際は、きちんと知識を身に付けて行きましょう!

似ているようで結構違う?春を代表する花木たち

梅・桃・桜、見分けられる?

ひなまつりは別名「桃の節句」。桃の花は春の到来を感じさせますが、同じく春を告げる木の花に梅・桜があります。この梅・桃・桜の見分けはつきますか?写真は左から梅・桃・桜です。いかがでしょう、なかなか難しいのではないでしょうか。見分け方のポイントを紹介します。

花弁の形と花柄(かへい)の長さ

梅・桃・桜はいずれもバラ科サクラ属。どうりで似ているわけですね。開花時期である程度区別がつきますが、北に行く程その差は縮まり、東北や北海道では3つの花が同時に咲くのだとか。できれば花そのもので判別したいところです。そこで注目したいのが花弁の形。梅の花弁は先が丸く、桃は先が尖っていて、桜は先が割れているのだそうです。

次に注目したいのが、花柄(かへい)・・・要は花を支える茎の事です。桜はこの花柄が長く、こぼれるような花の付き方。一方桃は花柄が非常に短く、花が枝に沿うような形です。そして梅は花柄がほぼないので、枝にくっつくように花が咲いています。

1節に付く花の数

桜の長い花柄は特徴的なのですぐにわかると思いますが、梅と桃の花柄はあまり区別がつかないかもしれません。そこで着目したいのが、1つの節にいくつ花が付いているかです。
梅は1節に1つの花で、ポツンポツンと花が付く感じです。桃は1節に2つの花が付いて、梅より密集した感じに、開花と同時に葉も出る品種が多いようです。なお、梅は花と葉が同時に出ることはありませんので、ここも判断の基準になりますね。

梅・桃・桜は今も昔も日本人に愛され、改良が加えられてきました。それゆえ様々な品種があり、上記の判別法が適用できない場合もあります。一筋縄ではいかないからこそ、色々な面から違いを見つけ、それぞれの花をよく知る事もまた、愛で方のひとつなのではないでしょうか。花が咲き始めたら、是非じっくり観察してみてくださいね。

新旧の"年明け"と厄を払う節分の豆まき

節分と厄年の深い関係?

2月3日は「節分の日」、節分といえば、厄年の人が厄払いをしたり、豆まきで特別な役割を担ったりします。また、厄払いをするのは、松の内から節分までが適しているなどとも言われますね。節分と厄年には深い関係があるようですが、どうしてでしょうか?厄年と節分の関係に迫ります。

そもそも厄年とは?

厄年とは、文字通り災厄に遭いやすいとされる年齢のこと。由来や根拠ははっきりしませんが、平安の昔から根強く伝わる風習です。
厄年とされる年齢は地域や寺社によって違いますが、一般的に男性が数え年で25歳・42歳・61歳、女性が19歳・33歳・37歳と言われています。厄年を「本厄」、厄年の影響が出る前後一年を「前厄・後厄」と呼び、厄払いの祈祷を受け付けている寺社が多くあります。
では、どのタイミングで厄払いをしたらいいのでしょう。基本的にはいつでも構わないし、寺社でも通年受付けているようですが、よく言われるのが「元日から節分までの間」です。

厄年が始まるのはいつからか?

「元日から」というのは、年が明けて厄年に突入したら、ということですね。初詣と一緒に厄払いもしてしまおうという人は多いでしょう。
ただ、この元日とは新暦の元日なので、伝統的な元日とは日にちが違います。月の満ち欠けをベースとした旧暦では、元日は立春に一番近い新月の日。しかし、太陽の動きを元に季節を分ける二十四節気では、立春が一年の始めとなります。

そして「節分」ですが、これは季節の分かれ目という意味。実は、立春・立夏、立秋、立冬、の前日をすべて節分と呼んでいましたが、年が改まる立春が特に重要視され、立春の前日だけが「節分の日」として残りました。
昔からこうした"節目"には、厄払いをしてその後の安泰を願いました。節分の豆まきも、鬼を災厄に見立てたまさに厄払いです。そこで、厄年の人が節分に厄払いをする風習が生まれたのでしょう。
元々の節分の性格に加え、新旧の"年明け"の存在が、「じゃあその間に厄払いをするのが適当かな」という考えを生んだのではないかと思います。とはいえ、厄年に関しては地域や寺社でいろいろと考え方が違います。厄払いに行って当日戸惑わないように、事前によく調べておいた方がよいですね。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP