Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

浮世絵にも描かれていた冬の風物詩、日本の雪だるまの意外な素顔

雪だるまは2段?3段?

2月は寒さと積雪がピークを迎え、各地で雪まつりが開催される月です。雪まつりでは芸術的な雪像が作られますが、一般的に雪で人型の像を作ろうとすれば、雪玉を2つ重ねる「雪だるま」になるのではないでしょうか。ところが、西洋の「雪だるま」は雪玉を3つ重ねて作るのだとか。この差はどこからくるのでしょう?雪だるまを通して、日本の雪文化の特徴を探ります。

西洋の「雪だるま」は「snowman」

「雪だるま」は英語で「snowman」。文字通り「雪の人」です。雪玉を3つ重ね、一番上の雪玉にニンジンを挿して高い鼻を作り、帽子をかぶせたりマフラーを巻いたりします。真ん中の雪玉に木の枝を挿して、腕を表すこともあります。真ん中の雪玉に木の枝を挿して、腕を表すこともあります。
真ん中の雪玉に腕をつけることから推察されるように、真ん中は"胴体"を現しています。一番上は当然"頭"、すると一番下の雪玉は......そう、"足"を表しているんです。頭・胴体・足をそれぞれ1つの雪玉で表現していると考えれば、3段雪だるまは理にかなっていますね。

日本の「雪だるま」は座禅中?

では日本の「雪だるま」は何故2段なのでしょう?実は、いつから雪玉2段の雪だるまが作られるようになったのか、はっきりとしません。ただ、「雪だるま」というものは江戸時代からありました。浮世絵師・歌川広景の『江戸名所道戯尽(えどめいしょどうけづくし) 廿二御蔵前(にじゅうにおくらまえ)の雪(ゆき)』を見ると、縁起物の置物でおなじみのいわゆる「達磨さん」が雪で作られている様子が描かれています。そう、西洋の「雪の人」に対して、日本は正に「雪の達磨さん」だったんですね。
そもそも「達磨」とは、禅宗の開祖とされている「達磨大師」のこと。達磨大師の座禅姿を模した置物が、私たちがよく知る達磨さんです。達磨さんの雪像が、どうして雪玉2段の雪だるまになったのかはわかりません。しかし、座禅を組んでいるゆえに足を表す3つ目の雪玉が必要なく、2段になったのだと言われればなんとなく納得ですね。
歌川広景の絵をよく見ると、雪だるまの顔の下に魚らしきお供え物がしてあります。雪だるまも、縁起物であったことがわかります。思えばかまくらも、雪遊びで作るただの雪洞ではなく、元々は中に祭壇を設け、水神を祀るものでした。もちろん、雪で何かを作るのは単純に楽しい・美しいことではありますが、どこか信仰と結びついているところが、日本の雪文化の特徴かもしれません。

"楽しい"だけじゃない!遊びに込められた深〜い意味

昔懐かしいお正月遊び

「もういくつ寝るとお正月♪ お正月には凧揚げて・・・」ー滝廉太郎作曲の『お正月』には、さまざまな伝統遊びが出てきます。凧揚げ、独楽回し、羽根つき、毬つき・・・。最近はあまり見かけなくなった光景ですが、一方で再評価する動きも見られます。こうした遊びは遊戯性だけでなく、願掛けの意味合いも持っています。正月の伝統遊びに込められた願いを紐解きます。

新春の空を見上げて元気になる遊び!?

『お正月』の歌詞に真っ先に出てくる凧揚げは、男の子の正月遊びの定番というイメージがありますね。凧は遊びの道具であるだけでなく、占いの道具でもあり、また戦いの道具でもありました。戦国時代には、凧を狼煙(のろし)代わりに使ったり、凧を使って敵陣までの距離を測ったり、遠方へ火を放つ道具として使ったりしたそうです。そんな勇ましいイメージからでしょうか、端午の節句に長男の誕生を祝って大凧を掲げる風習が各地にあり、どちらかといえばこの風習の方が、正月の風物詩としての歴史より古いようです。
そんな凧揚げが正月の遊びになったのは、江戸時代後期頃といわれています。「立春の季に空に向くは養生のひとつ」という考え方があり、昔は立春に近い新月の日が元旦でしたから、新春に凧を揚げて空を見上げ、一年の健康を願おうと、正月の凧揚げがひろまったのではないかと考えられます。

病気や災厄を"はね"返す!!

『お正月』の歌2番は女の子向け。「お正月には毬ついて 追い羽根ついて 遊びましょう♪」"毬つき"はわかりますが、"追い羽根"とは何でしょう?これは羽根つきの中でも2人で打ち合って勝負する遊び方を指し、1人で何回つけるか競う遊び方は"揚げ羽根"といいました。
羽根つきは、ムクロジの種子に島の羽根を付けたものを、木の板で打ち合う遊び。ムクロジは「無患子」と書き、「子が患わ無い」という意味があります。また、羽根の飛ぶ様がトンボに似ており、トンボは疫病を運ぶ蚊を食べることから、羽根つきは蚊除けになるとも考えられていました。
このように、無病息災の願いが込められた羽根つきですが、やがて羽子板の方により願いや厄除けの意味が込められるようになり、そうして誕生したのが、豪華な装飾が施された羽子板です。江戸時代には女の子の誕生祝いや女の子のいる家へのお歳暮として贈答されるようになったそうです。
なかなか奥が深いお正月の伝統遊び。新年は久しぶりにトライしてみてはいかがでしょうか?

時代とともに変わる年始の挨拶。新年は年賀状?メール?

1月2日の年賀状配達は中止

何かと慌ただしい12月。年賀状の準備に追われる人も多いのでは?2017年からは人件費上昇やメールの普及などによる年賀状数の減少で、1月2日の配達がなくなりました。元旦に届かない分は3日になってしまうので、きちんと元旦に間に合うように出したいものですね。世相に合わせて変わりゆく年賀状の歴史をご紹介しつつ、いつまでに出せばよいかなどの基本をおさらいします。

年賀状の原型は平安時代から

私たちが「年賀状」といえば"年賀はがき"ですが、はがきのない昔は"年賀の書状"でした。平安時代に年始の挨拶回りをする風習が広まり、直接訪ねることができない遠方の人へは、文書で挨拶するようになりました。平安時代後期に作られた手紙の文例集『明衡往来(めいごうおうらい)』には、年始の挨拶の文例が納められています。この頃の貴族階級には、年賀の書状を送る風習が広まっていたことをうかがえます。
それが庶民まで広がったのが江戸時代。またこの頃は、年始回りで相手が不在の際、名前や屋号、お祝いの言葉などを書いた札を玄関脇の棒に刺し、挨拶代わりとする風習も広まりました。これは年賀状のルーツでもあり、また"名刺"のルーツでもあるようです。

初期の年賀はがきは普通の郵便と同じ扱いだった

明治時代になると、郵便制度が始まり"はがき"が登場。これは年始の挨拶のような簡易な内容を送るにはうってつけの形態でした。やがて、はがきで年賀状を送ることが定着しました。
しかしそうなると、年末年始の郵便取扱量が格段に増えることに。特に、「1月1日」の消印を狙って、12月26〜28日と元旦の郵便物がふくれあがりました(当時の消印は受付局と配達局の2つ)。
そこで誕生したのが、年賀郵便の特別取扱です。当初は、一定期間に指定された郵便局に持ち込めば、「1月1日」の消印で新年に配達するというものでした。その後、全国すべての郵便局で取り扱うようになり、やがて「年賀」と表記すればポストへの投函も可能となり・・・。そして昭和24年、私たちが知る"お年玉付年賀はがき"が発行されたのです。

年賀状を元旦に届けるためには

年賀はがき引受開始日は12月15日で、全国への元旦配達の期限日は12月25日。この期間中に投函すれば、基本的には元旦に届きます。喪中はがきは12月初旬までには送りましょう。郵便局窓口やコンビニなどでの年賀状販売は、11月1日から1月6日まで。ただし、売り切れることもあるので、購入はお早めに。なお、年賀状は松の内(元旦から1月7日まで)に届くように出し、それより遅れるなら普通はがきで寒中見舞いを出しましょう。

冬の訪れを告げる「木枯らし一号」あなたの街で吹くのはいつ?

木枯らしは「一番」?「一号」?

11月は秋が深まり冬の気配が近づく頃。「木枯らし一号が吹いた」と聞けば、本格的な冬の訪れを感じます。ところで、似たような"季節の変化を告げる風"として「春一番」がありますが、それぞれに具体的な定義はあるのでしょうか?また「一番」と「一号」、なぜ単位が違うのでしょうか?素朴な疑問に迫ります。

地域が限定されている「木枯らし一号」

気象庁では「木枯らし一号」を次のように定義しています。
●期間は「霜降」(10月23日頃)から「冬至」(12月21日頃)までの間
●冬型の西高東低の気圧配置になった時
●北よりの風
●最大風速が毎秒8m以上
紅葉していた秋の木立の葉を散らし、また「立冬」(11月7日頃)前後に吹くことが多いため、冬の訪れを感じさせる風の代名詞になっています。
なお、木枯らし一号が発表されるのは関東地方(東京)と近畿地方(大阪)についてのみで、他の地方については発表されていません。とはいえ、他の地方で観測されないというわけではなく、気象庁による正式な発表がされていないということのようです。

漁師が使う方言だった「春一番」

一方、「春一番」の気象庁による定義は以下の通りです。
●期間は「立春」(2月4日)から「春分の日」(3月20日頃)までの間
●低気圧が日本海側にあるとき
●南よりの風
●最大風速が毎秒8m以上
●最高気温が平年値または前日より高い
暖かく春の訪れを感じさせる風ではありますが、雪崩・融雪洪水・竜巻などの気象災害や海難事故をもたらすことが多いので注意が必要です。
そもそも春一番という言葉は、ある地方の漁師が使う俗語だったといいます。それが春一番による海難事故が世に紹介されると、春一番という言葉も有名になり、やがて気象用語に採用されたのです。ちなみに木枯らし一号は気象庁の職員が使い始めたため、台風にならって「○号」と呼ぶようになりました。
なお、北日本でも春一番のような風は吹きますが、その後に北西からの季節風が吹き冬に逆戻りするため、春一番とは言わないそうです。また、沖縄でも春一番の発表はされていませんが、それは日本海側の低気圧により、吹く南風がそれほど強くならないためだそうです。

ところ変われば品変わる。バラエティ豊かな月の住人たち

月に住んでいるのは...?

秋は空気が澄み、月が美しく見える季節。月の模様もきっくりと際立ち、餅をつくウサギの姿が浮かび上がってくるようです。日本では月の模様をウサギに見立てることが多いですが、そうではない国や地域もたくさんあります。その背景には、各地域の自然環境や生活習慣、信仰などが関わっているのでしょう。月の模様は世界でどのように見られているのか?ほんの一部ではありますが、ご紹介しましょう。

東の月と西の月は印象が違う

そもそも月の模様は「海」と呼ばれる部分で、水があるわけではなく、黒い玄武岩でできているため黒く見えるのです。
月は常に同じ面を地球に見せており、見える模様も変わりません。ただ、模様の角度は変化し、月はウサギの耳を上にして昇ってきますが、沈む時は耳を下にして沈んでいきます(図1)。
日本では西に沈む月の模様を二宮金次郎(図2)に見立てることがあります。薪を背負いながら本を読む例のスタイルです。"逆さまのウサギ"より、"何かを背負う人"のほうが連想しやすかったのでしょうか。

外国から見た月の住人

二宮金次郎に見立てるのはさすがに日本だけですが、「薪を背負った男」に見立てるのはドイツも同様だとか。また、東から昇る月の模様を、北ヨーロッパでは「本を読むおばあさん(図3)」に見立てるそうです。もう少し南に昇った状態は、東ヨーロッパでは女性の顔(図4)に見立てられます。角度にあまり影響されないのは、南ヨーロッパのカニ(図5)でしょうか。その他、ヨーロッパで月の動物というと、ロバ(図6)が多いようです。

ヨーロッパ以外では、アラビアがライオン(図7)、ネイティブアメリカンやインドがワニ(図8)......動物というのは、なんとなくお国柄が出る気がします。
ちょっと変わっているのが、中国のヒキガエル(図9)。これは月の黒い部分ではなく、白い部分を見立てています。黒い部分は日本と似ていて、薬を煎じるウサギです。古代中国の模様には、月に住むものとしてウサギとヒキガエルを一緒に登場させていることが多々あります。
いかがですか?いろいろな国の例を見てあらためて月を眺めると、そこには何が見えるでしょう?天気の良い日の夜は、ぜひ月を見上げてみてください。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP