Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

古い時代の面影を残す「小正月」の行事 せわしない現代こそ見直したいもの

「お正月」には"大"と"小"がある?

現在「お正月」といえば、いつからいつまでを指すでしょうか。官公庁や多くの企業が4日を仕事始めとしているので、体感的には三が日のみという方が多いかもしれませんね。元旦をメインとした「大正月」に対し、1月15日を「小正月」とし、様々な伝統行事が行われるのをご存知でしょうか? 忙しい現代ではだんだんとなくなってきた「小正月」の風習についてご紹介します。

遥か昔は元旦といえば満月だった!?

小正月とは、1月15日を中心とする正月行事を指します。1月15日だけという地域もあれば、1月15日をはさんだ3日間という地域もあるようです。元々は旧暦の1月15日に行われていましたが、新暦が採用されて以降は、新暦の1月15日に行われるようになりました。
旧暦では月の始まりが新月になるので、元旦は新月、小正月は満月となります。旧暦の元旦は立春に近い新月の日ですが、もっと時代を遡ると、立春を過ぎた満月の日を年の変わり目としていたといわれています。

小正月にもある定番の食べ物・飾り付け

小正月とは、古い時代の「正月」の名残だと考えられています。大正月の行事は年神様を迎えることを主眼としていますが、小正月の行事は大きく分けると、①豊作祈願、②吉凶占い、③厄払いの3つに分類できるといわれています。
①の豊作祈願で代表的なものは、紅白の餅や団子を小さく丸め、柳などの木の枝につける「餅花(もちばな)」です。実った稲穂や、田の神が宿る桜の花に見立てました。小正月の代表的な飾り付けでもあります。
②の吉凶占いで代表的なものは、日本各地の神社で行われる「粥占(かゆうら)」です。多くは小豆粥を用いて、その年の天候や作物の豊凶を占います。豆は「魔(ま)を滅(めっ)する」に通じ、赤い色は邪気を払うとされ、小豆粥は小正月の食べ物でもあります。
③の悪霊払いの側面を持つのが、「どんど焼き」「左義長(さぎちょう)」などと呼ばれる火祭りです。正月飾りや古いお札などを燃やす行事で、煙とともに年神様が帰るとされ、その火で焼いた餅を食べると、一年間無病息災であるといわれています。

「松の内」はいつまで?関東と関西で違う理由

昔は、小正月に年神様を見送ることで正月行事の終了とし、15日までを「松の内」としていました。ところが1662年、江戸幕府より7日を飾り納めとする通達が出され、関東では7日までを松の内とする風習が広まりました。一方関西では、従来通り15日までを松の内とし、現在に至るといわれています。
小正月は豊作祈願など生産にかかわる行事が多いためか、主に農漁村で行われ、都市部では大正月が盛んだったそうです。よって、都市化が進むとともに、小正月の存在感も薄れていったと考えられます。今では、大正月の行事も簡略化されていっていますね。忙しい現代、昔の風習をそのまま踏襲することは難しいですが、一部でも取り入れて、時間の流れを大切したいものですね。

自宅でのんびり派も、カウントダウン派も年越しは歴史いろいろ人それぞれ

神様に会いに行く?それとも神様をお迎えする?

大晦日から元旦にかけての"年越し"をどう過ごしていますか?自宅でテレビを見ながら過ごす方もいれば、有名な社寺へ初詣に出かけたり、初日の出を名所まで拝みに行く方もいるかもしれませんね。昔は年越しといえば、年神様を迎えるために自宅やその周辺で過ごすことが一般的だったそうです。初詣のために遠出するようになったのは、鉄道が出来てからなのだとか。年越しの風習のいろいろを紹介します。

大掃除も、門松も、鏡餅も年神(としがみ)様をお迎えするため

年末年始には、さまざまな伝統的な風習が見られます。そのうちの大部分が、実は「年神様」をお迎えするためのものだというのをご存知でしょうか?
年神様は「正月様」「若年(わかどし)様」「歳徳神(としとくじん)」などとも呼ばれ、祖霊神であり、田の神・山の神でもあり、子孫繁栄や五穀豊穣に深く関わる神様とされています。新年とともに家々を訪れ、健康や幸福といった恩恵を与えてくれる存在です。
年神様を迎えるために家を清めるのが「すす払い」で、大掃除のルーツです。門松は、年神様が迷わないための目印です。しめ飾りはしめ縄と同じで、邪気が入り込むのを防ぎ、年神様にふさわしい神聖な場所であることを示しています。鏡餅は年神様へのお供え物で、同時に依代でもあります。いずれも、大晦日に慌てて行うのは、年神様に失礼なのでタブーとされていますね。

年越しは年神様の来訪を待ちお祝いする時間

昔は一日の境を日没にしていたという説があります。そのためか、大晦日の夜には寝ないで年神様を待つ「年ごもり」という風習がありました。寝てしまうとシワや白髪が増えるのだとか。今ではあまり聞かれませんね。
また、年越しといえば蕎麦という印象が強いですが、大晦日からおせちを食べる地方も多いようです。おせちは皆で食べるご馳走であるとともに、年神様へのおもてなし料理でもあります。大晦日の夜から、年神様とともに新年をお祝いしているわけですね。

このように、昔のお正月は「神様を迎える」のがメインで、基本は家で過ごし、出かけるとしても、氏神様や恵方にあたる近所の社寺までが一般的だったようです。
しかし明治時代以降、鉄道の発達によって遠方への参詣が可能になり、また鉄道会社の宣伝もあって、氏神様や恵方でもない、遠方の有名社寺に初詣に行くことが広まったそうです。
自宅で新年を祝うか、お出かけして新しい年の訪れを楽しむか、自分にあった過ごし方をしたいですね。

1/fゆらぎ効果と非日常体験が味わえる「焚き火」で心身をリフレッシュ!

11月は焚き火シーズン?最近の意外なブームとは

11月の季語に「御火焚(おほたき・おひたき・おしたき)」があります。京都を中心に各地の社寺で行われる祭事で、文字通り火を焚く祭りです。この「火を焚く」という行為には特別な効果があるらしく、ここ数年は「焚き火」が静かなブームとなっているようです。人間の心理や文化に深く関わる焚き火について、現在では禁止されている「野焼き」との違いなどとともにご紹介します。

宗教的に重要な意味を持つ焚き火

御火焚の祭事は境内で火を焚き、一年の収穫を感謝したり、厄除けや願い事の成就を祈願するもの。燃やすものは稲わら・お火焚串・護摩木など各社寺によって違い、またお供え物や付随する祭事もそれぞれ異なりますが、メインが「火を焚く」ことに変わりはありません。御火焚の祭事は多くの社寺、また一般家庭でも行われるため、京都の11月は「火のお祭り月」とも呼ばれているそうです。
御火焚の由来は、天皇がその年の収穫に感謝する「新嘗祭(にいなめさい・にいなめのまつり・しんじょうさい)」が民間に広まったものという説、旧暦の11月は冬至に近かったので、一年で最も弱まる太陽の力の復活を願ったものという説など、諸説あります。

焚き火は現代人の心をいやしてくれる

このように、信仰の場では相変わらず重要な「火を焚く」という行為ですが、ガスや電気が普及し、生活の場ではめっきり少なくなりました。屋外で落ち葉やごみを燃やす「焚き火」は残りましたが、それも平成13年の廃棄物処理法改正でほとんどみられなくなりました。
しかし、火を焚く行為には実利以上の特別な魅力があるようで、数年前から焚き火が静かなブームとなっています。
真っ暗な中でひとつの炎を囲むと、連帯感が高まるそうです。また、火を起こして消えないように維持するのは、意外と技術と集中力を要します。黙々と炎と対峙することが、一種の癒しとなるようです。さらに、炎の不規則なゆらめきは「1/fゆらぎ」のリズムを含み、リラックス効果があるのだそうです。仲間とだけでなく、ひとりでも楽しめるとして、「ソロキャンプ」「ソロ焚き火」なる言葉も聞かれるようになりました。

マナーを守って焚き火を楽しもう!

実は、廃棄物処理法で「野焼き」と「焚き火」は区別されており、暖をとるための焚き火やキャンプファイヤーは、例外として認められています。ただし、自治体の条例や、施設等の管理規則によって、規制・制限されていることがほとんどです。また、キャンプ場などでも直火は禁止で、「焚き火台」が必須というところが多いようです。
もし「焚き火」に興味を持たれたら、事前にルールや方法をよく調べてチャレンジしてくださいね。

品種、環境、時の運...? 柿の甘さを左右するもの

甘い?渋い?気になる柿の味

秋は実りの季節。首(こうべ)を垂(た)れる稲穂、イガから顔をのぞかせる栗の実、そしてたわわに生(な)る赤く熟れた柿の実などは、秋の風物詩といえるのではないでしょうか。ところで、甘い柿だと思って食べたら渋柿だった...という話をよく聞きますが、甘柿か渋柿かは、どこで見分けるのでしょう?品種が違うのでしょうか?そんな柿の甘さについて探ります。

柿の渋さの原因とは?

そもそも柿の実の渋みは、果肉に含まれるタンニンによるもの。柿の実は生長すると、糖とタンニンが増えていきます。 せっかく実が大きくなって糖が十分に蓄えられても、タンニンが含まれているため渋く感じてしまうのです。 では、甘柿にはタンニンが含まれていないのかというと、そうではありません。タンニンには、水溶性(水に溶ける)と不溶性(水に溶けない)があり、水溶性タンニンは睡液によっても溶け出すため、ロに人れると渋みを感じてしまいます。ところが甘柿と呼ばれるものは、実が生長するにつれて果肉からアルコールなどの揮発性物質が発生し、水溶性タンニンが不溶性タンニンに変化します。このため、口に入れても渋みを感じなくなり、甘味だけを感じるようになるのです。

鍵を握る種''の存在

「甘柿か渋柿かは、品種によるのか?」ですが、答えはイエスでもありノーでもあります。柿の品種は大きく次の4つに分類できます。

●完全甘柿: 種があってもなくても渋くない(甘い)。
●不完全甘柿: 種が多いと果実全体の渋みが抜ける。種がない場合は渋い。
●不完全渋柿: 種があると、種のごく周辺だけ渋みが抜けるが、全体的には渋い。
●完全渋柿: 種があろうとなかろうとすべて渋い。
不完全渋柿や完全渋柿の品種なら渋柿、完全甘柿の品種なら甘柿といえますが、不完全廿柿は、種の出来具合に左右されるので一概にはいえません。そもそも、1000 以上あるといわれる柿の品種を見分けることは困難でしょう。
では、他に見分ける方法がないかといえば、ないこともありません。まず、先が尖って縦長の形をした柿は渋柿であ ることが多いです。ただし、平べったくて横に長い渋柿もあるので要注意です。

また、柿を切って断面を見ると、黒い斑点が見られることがあります。これはタンニンが水溶性から不溶性に変化したもの。つまり、この斑点が多ければ、渋みは抜けていると考えられます。しかし、どれくらい斑点があれば全体が甘いかはなんともいえません。
いずれも完璧な見分け方とはいえず、目安程度ではありますが、参考にしていただければと思います。

大自然の紅葉を楽しむなら早めの計画を早いところは9月からシーズンスタート!

紅葉前線は、北から&上から

9月はまだ暑さが残るとはいえ、確実に秋へと向かっていく季節。早いところでは紅葉の便りも聞こえてきます。紅葉前線は北から南へ進むだけでなく、標高の高い場所から平地へ下ってもきます。また、周辺環境や気候にも影響されるので、油断していると見頃を逃してしまうこともあり得ます。そうならないよう、あらためて紅葉の条件や、各地の見頃の目安などをご紹介します。

紅葉のメカニズム

紅葉する前の葉には、緑色のクロロフィルと、黄色のカロチノイドという色素が含まれています。光合成が盛んな春から夏にかけては、クロロフィルが表面に出ていて、葉は緑色をしています。ところが秋になって気温が下がってくると、クロロフィルが分解されてカロチノイドが表面に出てきて、葉が黄色になります。そしてさらに気温が下がると、クロロフィルが分解されて出来たタンパク質と、葉に残っていた糖分が反応し、アントシアニンという赤い色素が作られます。アントシアニンが増えることで、葉が赤く紅葉します。

紅葉の条件

紅葉が始まる目安は、1日の最低気温が8℃以下になること。最低気温が5~6℃になると、紅葉がぐっと進みます。
鮮やかに紅葉する条件としては、夏から秋にかけての日照時間が長いこと、昼夜の寒暖差が大きいこと、葉が枯れない程度に適度な湿度があることです。紅葉の名所に渓谷が多いのは、この条件が揃っているからです。

各地の見頃の目安

紅葉の見頃は、地域別で見ると、例年おおよそ下記の通りです。

■北海道 10月中旬~下旬
■東北地方 11月中旬
■関東地方 11月中旬
■中部・北陸地方 11月中旬
■関西地方 12月上旬
■中国・四国地方 11月中旬
■九州地方 11月中旬

しかし、標高の高い場所であれば、下記のように、9月に見頃を迎えるスポットも多々あります。 ※2018年以前のデータより

■大雪山国立公園(北海道) 9月上旬~10月上旬
■八幡平(岩手) 9月下旬~10月中旬
■那須高原(栃木) 9月下旬~10月上旬
■麦草峠と白駒池(長野県) 9月下旬~10月中旬
■立山室堂平(富山県) 9月下旬~10月上旬

街中で紅葉を楽しむか、それとも一足先に雄大な自然の中で楽しむか、計画は早めに進めるとよいかもしれませんね。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP