Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

大空を泳ぐ鯉のぼりのように子どもの成長を願う

ゴールデンウィークの風物詩

5月5日の「こどもの日」が近づくと、様々な場所で鯉のぼりを見かけるようになります。住宅事情から「尾根より高い鯉のぼり」とはなかなかいきませんが、ベランダ設置用や室内飾りなど、各家庭の事情を考慮した様々な商品が生まれています。イベントも各地で行われ、大空を豪快に泳ぐ鯉のぼりを楽しめる機会も多いようです。そんな鯉のぼりについてご紹介します。

庶民の願いが生んだ鯉のぼり

5月5日は元来「端午の節句」といいました。奈良時代に中国から入ってきた風習で、平安時代には厄払いの宮延行事として定着しました。そこで重要な役割を果たしたのが、香りで邪気を払う「菖蒲」。時代が流れて武士の時代になると、「菖蒲」は「尚武(武道を重んじること)」につながるとして、端午の節句は「男子の成長と健康を願うお祝い行事」に変化していきました。やがて江戸時代中期、商人が力を持つ時代になると、端午の節句を祝う風習は町人層にも広まっていったのです。
そこで登場するのが"鯉のぼり"です。武士は端午の節句に「旗指物(はたさしもの:家紋を染め抜いた旗)」を飾りました。それを町人が真似て、武者絵や縁起の良い図柄を描いた「絶句幟(ぜっくのぼり)」が生まれます。中でも人気だったのが、「鯉の滝登り」の図柄。これは「黄河上流にある"竜門の滝"を登りきった鯉は、龍となって天を駈ける」という故事に由来し、そこから鯉の滝登りは「めざましく立身出世すること」を意味しました。この鯉の滝登りの節句幟をよりリアルに、鯉が空を泳ぐように改良したのが鯉のぼりなのです。

鯉のぼり家族は時代とともに

鯉のぼりの歌に「♪大きな真鯉はお父さん〜小さな緋鯉は子どもたち〜」という歌詞があります。鯉のぼりは色や大きさによって、家族を構成している印象がありますね。ところが、江戸時代の鯉のぼりには黒の真鯉しかいません。そもそもこの時代は、鯉といえば黒の真鯉。鯉がカラフルだというイメージは、錦鯉の養殖が広まった明治時代以降のものなのです。では明治時代の鯉のぼりはというと、黒の真鯉と赤の緋鯉を対で揚げていたようです。ただしここでの緋鯉は、歌詞にもあるように子ども(男児)のこと。男子の行事ということから、父親と男児しかいなかったのかもしれません。
黒の真鯉が父、赤の緋鯉が母、青の鯉が子ども、というイメージが定着したのは、家族観が変化していった昭和30年代。さらに現在では、緑や橙などよりカラフルな子鯉が登場し、女児も含めた家族全員分の鯉を揚げるところもあるとか。伝統の鯉のぼりも、いろいろな時代背景を反映しているんですね。

心踊らす桜色、ほんのり香る桜味。春の訪れを目で、舌で楽しもう

花より団子で何食べる?

4月は桜の季節。日々桜前線が南から北へ北上しつつ、日本のどこかで桜が見頃を迎えています。「花より団子」という言葉がありますが、花見に飲食はつきもの。お花見団子や桜餅など、特に桜や花見に縁の深い食べ物もありますね。今回は、そんな昔ながらの、桜の季節に食べたくなる和菓子について、その由来やトリビアをご紹介します。

お花見団子に込められた意味とは

「お花見に欠かせない食べ物は?」という問いへの答えはさまざまでしょう。桜を見ながらお弁当、という方ならおにぎりやお寿司が、桜の下で宴会!という方なら唐揚げやフライドポテトなど、おつまみ的なメニューが思い浮かぶかもしれません。しかし元祖といえるのは、やはり「花より団子」の団子でしょう。
花見の団子といえば、ピンク・白・緑三色の串団子。この三色に込められた意味は諸説あります。一つは、ピンクは桜の蕾を、白は桜の花を、緑は葉桜を表し、三色団子が移りゆく桜の姿を象徴しているというもの。もう一つは、ピンクは穏やかな太陽、白は残雪、緑は新緑の芽吹きを表し、三色団子が早春の情景を象徴しているというものです。さらには、白が雪の冬を、ピンクが桜の春を、緑が葉の茂る夏を象徴し、秋がないので「飽きない」団子だという説もあります。他にもいろいろな解釈があり、どれが正解とはいえませんが、どれも正解なのかもしれませんね。いずれの説も、本格的な春の訪れを喜ぶ気持ちが伝わってきます。

東西で微妙に違う「桜餅」

桜の季節を感じさせる食べ物といえば、塩漬けした桜の葉を巻いた、桜色の和菓子「桜餅」でしょう。しかし、「桜餅」と言われて思い浮かぶ姿は、人によって違うのではないでしょうか?実は桜餅にも、関東風と関西風があるのです。
関東風桜餅は、小麦粉などの生地を焼いた皮で餡を巻いた、クレープ状のお餅。隅田川沿いにある長命寺の門番が、桜の落葉の処理を兼ねて考案し、売り出されたことから、「長命寺」「長命寺餅」などと呼ばれています。

一方の関西風桜餅は、もち米を蒸して乾燥させ粗挽きした道明寺粉(大阪の道明寺で作られたためこう呼ばれる)で皮を作り、餡を包んだまんじゅう状のお餅。道明寺粉のつぶつぶした食感が特徴で、「道明寺」「道明寺餅」などと呼ばれます。
桜を使った和菓子は桜餅が代表的ですが、今は期間限定で桜味のスイーツやドリンクがたくさん出ています。ぜひ、美しい桜の花とともに、いろいろな桜の味を楽しんでください。

関東風?関西風?それとも現代風?あなた好みのひなあられをチョイス

あなたの「ひなあられ」はどっち?

3月3日はひなまつり。ひな人形に桃の花を飾り、ひなあられや菱餅を供えます。 みなさんは、「ひなあられ」と聞いてどんなものを思い出しますか?甘いですか、しょっぱいですか?米粒のような形ですか、丸くてコロコロしていますか?実は、関東と関西で「ひなあられ」はまったく違うものだとか。東西ひなあられのルーツや違いを紹介します。

ひなあられの始まりは携帯食料

そもそもの「ひなあられ」のルーツは、野外でひな遊びをする際に持って行った携帯食料だとか。「外でひな遊び?」と思われそうですが、ひな人形が現在のような室内で飾る形になるまでには、様々な変遷をたどっています。その過程の中で、ひな人形を持って野山や水辺に出かけ、ひな人形に春の景色を見せる「ひなの国見せ」という風習がありました。この時に、ごちそうと一緒に「ひなあられ」を持って行ったといわれており、菱餅を外で食べるために砕いて作ったという説があります。
そういう意味では、関西のひなあられが原型に近いかもしれません。関西のひなあられは、直径1cmほどの丸い形で、しょう油・塩・えび・青のりなど、いろいろな味のものが混ざっています。もち米から作られたいわゆる「あられ」で、菱餅を砕いて炒ったのが始まりとされています。

江戸が関東風ひなあられを生んだ

一方、関東のひなあられは、米粒が膨らんだような外見で、ほんのりと甘い味がします。これは、うるち米を爆(は)ぜさせて作ったポン菓子に、砂糖などで味付けしたものです。関東のひなあられのルーツは、お釜に残ったご飯粒を干して保存し、その干し飯をあぶって作ったもの、あるいは江戸の町で流行した米をじかに炒って作る「爆米(はぜ)」という菓子など諸説あり、後にそれを「ひなあられ」と命名したと考えられています。
いずれにせよ、「ひなあられ」という言葉に既存の菓子などを当てはめたようで、後発という印象がぬぐえませんが、江戸幕府が桃の節句(=ひなまつり)を五節句に定めて重要視した経緯もあり、辞書では関東のひなあられを説明しているケースが多く見られます。
以上、東西のひなあられの違いを見てきましたが、あなたの知るひなあられはどちらでしたか?また、どちらがお好みですか?最近はチョコ味やいちご味など、様々な味の商品が出ています。伝統を大切にしつつも、今のあなたに合ったひなあられを探してみるのも面白いのではないでしょうか。

浮世絵にも描かれていた冬の風物詩、日本の雪だるまの意外な素顔

雪だるまは2段?3段?

2月は寒さと積雪がピークを迎え、各地で雪まつりが開催される月です。雪まつりでは芸術的な雪像が作られますが、一般的に雪で人型の像を作ろうとすれば、雪玉を2つ重ねる「雪だるま」になるのではないでしょうか。ところが、西洋の「雪だるま」は雪玉を3つ重ねて作るのだとか。この差はどこからくるのでしょう?雪だるまを通して、日本の雪文化の特徴を探ります。

西洋の「雪だるま」は「snowman」

「雪だるま」は英語で「snowman」。文字通り「雪の人」です。雪玉を3つ重ね、一番上の雪玉にニンジンを挿して高い鼻を作り、帽子をかぶせたりマフラーを巻いたりします。真ん中の雪玉に木の枝を挿して、腕を表すこともあります。真ん中の雪玉に木の枝を挿して、腕を表すこともあります。
真ん中の雪玉に腕をつけることから推察されるように、真ん中は"胴体"を現しています。一番上は当然"頭"、すると一番下の雪玉は......そう、"足"を表しているんです。頭・胴体・足をそれぞれ1つの雪玉で表現していると考えれば、3段雪だるまは理にかなっていますね。

日本の「雪だるま」は座禅中?

では日本の「雪だるま」は何故2段なのでしょう?実は、いつから雪玉2段の雪だるまが作られるようになったのか、はっきりとしません。ただ、「雪だるま」というものは江戸時代からありました。浮世絵師・歌川広景の『江戸名所道戯尽(えどめいしょどうけづくし) 廿二御蔵前(にじゅうにおくらまえ)の雪(ゆき)』を見ると、縁起物の置物でおなじみのいわゆる「達磨さん」が雪で作られている様子が描かれています。そう、西洋の「雪の人」に対して、日本は正に「雪の達磨さん」だったんですね。
そもそも「達磨」とは、禅宗の開祖とされている「達磨大師」のこと。達磨大師の座禅姿を模した置物が、私たちがよく知る達磨さんです。達磨さんの雪像が、どうして雪玉2段の雪だるまになったのかはわかりません。しかし、座禅を組んでいるゆえに足を表す3つ目の雪玉が必要なく、2段になったのだと言われればなんとなく納得ですね。
歌川広景の絵をよく見ると、雪だるまの顔の下に魚らしきお供え物がしてあります。雪だるまも、縁起物であったことがわかります。思えばかまくらも、雪遊びで作るただの雪洞ではなく、元々は中に祭壇を設け、水神を祀るものでした。もちろん、雪で何かを作るのは単純に楽しい・美しいことではありますが、どこか信仰と結びついているところが、日本の雪文化の特徴かもしれません。

"楽しい"だけじゃない!遊びに込められた深〜い意味

昔懐かしいお正月遊び

「もういくつ寝るとお正月♪ お正月には凧揚げて・・・」ー滝廉太郎作曲の『お正月』には、さまざまな伝統遊びが出てきます。凧揚げ、独楽回し、羽根つき、毬つき・・・。最近はあまり見かけなくなった光景ですが、一方で再評価する動きも見られます。こうした遊びは遊戯性だけでなく、願掛けの意味合いも持っています。正月の伝統遊びに込められた願いを紐解きます。

新春の空を見上げて元気になる遊び!?

『お正月』の歌詞に真っ先に出てくる凧揚げは、男の子の正月遊びの定番というイメージがありますね。凧は遊びの道具であるだけでなく、占いの道具でもあり、また戦いの道具でもありました。戦国時代には、凧を狼煙(のろし)代わりに使ったり、凧を使って敵陣までの距離を測ったり、遠方へ火を放つ道具として使ったりしたそうです。そんな勇ましいイメージからでしょうか、端午の節句に長男の誕生を祝って大凧を掲げる風習が各地にあり、どちらかといえばこの風習の方が、正月の風物詩としての歴史より古いようです。
そんな凧揚げが正月の遊びになったのは、江戸時代後期頃といわれています。「立春の季に空に向くは養生のひとつ」という考え方があり、昔は立春に近い新月の日が元旦でしたから、新春に凧を揚げて空を見上げ、一年の健康を願おうと、正月の凧揚げがひろまったのではないかと考えられます。

病気や災厄を"はね"返す!!

『お正月』の歌2番は女の子向け。「お正月には毬ついて 追い羽根ついて 遊びましょう♪」"毬つき"はわかりますが、"追い羽根"とは何でしょう?これは羽根つきの中でも2人で打ち合って勝負する遊び方を指し、1人で何回つけるか競う遊び方は"揚げ羽根"といいました。
羽根つきは、ムクロジの種子に島の羽根を付けたものを、木の板で打ち合う遊び。ムクロジは「無患子」と書き、「子が患わ無い」という意味があります。また、羽根の飛ぶ様がトンボに似ており、トンボは疫病を運ぶ蚊を食べることから、羽根つきは蚊除けになるとも考えられていました。
このように、無病息災の願いが込められた羽根つきですが、やがて羽子板の方により願いや厄除けの意味が込められるようになり、そうして誕生したのが、豪華な装飾が施された羽子板です。江戸時代には女の子の誕生祝いや女の子のいる家へのお歳暮として贈答されるようになったそうです。
なかなか奥が深いお正月の伝統遊び。新年は久しぶりにトライしてみてはいかがでしょうか?

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP