Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

ソメイヨシノ以外にも目を向ければ 長く、個性を楽しめる「桜」たち

お花見といえば桜、桜といえばソメイヨシノ?

エドヒガン

3~4月はお花見シーズン。今では桜といえばソメイヨシノを思い浮かべる人が多いと思いますが、実は桜には様々な種類があります。約10種の原種とそこから生まれた変種を合わせると100種類以上の野生種があり、さらにそれらから生まれた栽培品種は200を越えます。分類によっては600種類以上といわれるバリエーション豊かな桜の種類と、その特徴や魅力についてご紹介します。

ソメイヨシノのルーツでもある代表的な桜の原種

オオシマザクラ

今の日本で最も代表的な桜はソメイヨシノでしょう。現在、桜の約8割を占めるといわれています。ソメイヨシノは江戸時代末期に、染井村(現:東京都豊島区)の植木職人が作り出した品種です。エドヒガンとオオシマザクラを交配させたものと推定されています。見た目が華やかで成長も早いので、明治時代以降、全国で植えられるようになりました。
親に当たるエドヒガンは原種の一つで、春のお彼岸頃に開花します。長寿で各地に巨木や名木があり、樹齢2000年に達するものもあります。日本三大桜は、いずれもエドヒガンの系統です。

枝垂れ桜

また、枝が柳のように垂れ下がる"枝垂れ桜"の多くは、エドヒガンの変種だそうです。
もう一方の親のオオシマザクラも、原種の一つ。ソメイヨシノやエドヒガンと違って花と葉が同時に開き、白く大きな花をつけます。桜餅を包む葉は、オオシマザクラの葉を塩漬けにしたものです。

シロヤマザクラ

ソメイヨシノは当初、「吉野桜」の名で売り出されていました。古来桜の名所である奈良県吉野山の桜をイメージした命名です。しかし、吉野山の桜の多くはヤマザクラ(別名:シロヤマザクラ)であり、誤解を生むとのことでソメイヨシノに改められました。ヤマザクラは最も代表的な原種で、古くから詩歌に詠まれている桜はこのヤマザクラです。

早咲き、八重咲き、花の色...特徴的な桜の種類

カンヒザクラ

早咲きの桜としてはカンヒザクラが有名で、1~3月が見頃です。濃いピンクの釣り鐘状の花が、下向きに咲きます。原種の一つに数えられることもあり、多くの品種の母種になっています。沖縄で桜といえば、この花を指すそうです。

八重桜

「八重桜」は特定の品種を指す言葉ではなく、通常の5枚より多くの花びらをつける桜の総称です。全体的に開花がソメイヨシノより1~2週間遅く、また開花期間が長いのが特徴です。

ウコンザクラ

桜といえば濃淡はあれど、ピンク色のイメージですが、黄~緑色の桜もあります。ウコンザクラ(鬱金桜)は淡い黄~黄緑色の花を、ギョイコウザクラ(御衣黄桜)は淡い緑色の花をつけます。いずれも、開花後時間とともに、徐々に中心から赤みを帯びていきます。

ギョイコウザクラ

このように、ちょっと目を向けてみれば、様々な桜が春の間中咲き誇っています。パッと咲いてパッと散るソメイヨシノも美しいですが、個性豊かな桜たちをじっくり愛でるのもおすすめです。

春を迎える前の"邪気払(じゃきばら)い"今の自分に合ったスタイルで

あなたは 「鬼は外」派?「鬼は内」派? それとも「無言で恵方巻」派?

2021年の節分は2月2日。「鬼は外、福は内」という掛け声とともに、豆をまくのが定番ですが、中には 「鬼は内」と言うところもあるとか。
また、大阪の恵方巻の習慣が全国に広まるなど、地域や時代によって、節分行事はなかなかバラエティ豊かです。そんな、いろいろな節分の風景をご紹介します。

邪気を払うための宮中祭祀(きゅうちゅうさいし)が源流

そもそも節分は季節の分かれ目という意味で、立春・立夏・立秋・立冬の前日を指していました。その中でも立春の前日は、新春=新しい年を迎える際の節目として重要視され、節分と言えば立春の前日を指すようになりました。
こうした季節の変わり目は、邪気(=鬼)が生じやすいと考えられていて、かつて宮中では、大晦日に追儺(ついな)という鬼払いの儀式が行われていました。また、五穀には神霊な力が宿るとされており、豆をまいて邪気を払う豆打ちという儀式がありました。これらが融合して、現在のような節分の豆まきが出来上がったと考えられています。

鬼に縁があるところでは「鬼も内」

邪気を鬼と見立てて払うわけですが、鬼は必ずしも悪者ばかりではありません。東京・入谷の鬼子母神では 「鬼は外」と言わず、「福は内、悪魔外」と言います。鬼子屈神は他人の子を食べる鬼神でしたが、仏教の教えを受けて子供の守り神になりました。奈良の天河神社では、鬼を強いパワーと厳しさの象徴として迎え人れ、「鬼は内、福は内」と言って節分会を行うそうです。寺社ばかりではありません。群馬県藤岡市鬼石地区は、鬼が投げた石でできた町という伝説があり、全国各地から追い出された鬼を歓迎する 「鬼恋節分祭」を開催しています。

ライフスタイルに合わせて変わる節分

豆まき以外の節分行事として、最近は恵方巻きが定着してきました。大阪の海苔業界が仕掛けたイベントだと言われていますが、夕飯の献立を考えるのが楽だったり、声を出さないので近所が気にならないなど、現代のライフスタイルに合っている点も広まった要因でしょう。
そういえば、北海道・東北·信越地方では、炒った大豆ではなく、殻つきの落花生をまくのだとか。これは、雪の中でも拾いやすいからだそうです。掃除しやすく、食べ物が無駄にならないとなれば、これまた便利。ひょっとすると、あと何年かしたら、落花生まきが全国区になっているかもしれません。

古い時代の面影を残す「小正月」の行事 せわしない現代こそ見直したいもの

「お正月」には"大"と"小"がある?

現在「お正月」といえば、いつからいつまでを指すでしょうか。官公庁や多くの企業が4日を仕事始めとしているので、体感的には三が日のみという方が多いかもしれませんね。元旦をメインとした「大正月」に対し、1月15日を「小正月」とし、様々な伝統行事が行われるのをご存知でしょうか? 忙しい現代ではだんだんとなくなってきた「小正月」の風習についてご紹介します。

遥か昔は元旦といえば満月だった!?

小正月とは、1月15日を中心とする正月行事を指します。1月15日だけという地域もあれば、1月15日をはさんだ3日間という地域もあるようです。元々は旧暦の1月15日に行われていましたが、新暦が採用されて以降は、新暦の1月15日に行われるようになりました。
旧暦では月の始まりが新月になるので、元旦は新月、小正月は満月となります。旧暦の元旦は立春に近い新月の日ですが、もっと時代を遡ると、立春を過ぎた満月の日を年の変わり目としていたといわれています。

小正月にもある定番の食べ物・飾り付け

小正月とは、古い時代の「正月」の名残だと考えられています。大正月の行事は年神様を迎えることを主眼としていますが、小正月の行事は大きく分けると、①豊作祈願、②吉凶占い、③厄払いの3つに分類できるといわれています。
①の豊作祈願で代表的なものは、紅白の餅や団子を小さく丸め、柳などの木の枝につける「餅花(もちばな)」です。実った稲穂や、田の神が宿る桜の花に見立てました。小正月の代表的な飾り付けでもあります。
②の吉凶占いで代表的なものは、日本各地の神社で行われる「粥占(かゆうら)」です。多くは小豆粥を用いて、その年の天候や作物の豊凶を占います。豆は「魔(ま)を滅(めっ)する」に通じ、赤い色は邪気を払うとされ、小豆粥は小正月の食べ物でもあります。
③の悪霊払いの側面を持つのが、「どんど焼き」「左義長(さぎちょう)」などと呼ばれる火祭りです。正月飾りや古いお札などを燃やす行事で、煙とともに年神様が帰るとされ、その火で焼いた餅を食べると、一年間無病息災であるといわれています。

「松の内」はいつまで?関東と関西で違う理由

昔は、小正月に年神様を見送ることで正月行事の終了とし、15日までを「松の内」としていました。ところが1662年、江戸幕府より7日を飾り納めとする通達が出され、関東では7日までを松の内とする風習が広まりました。一方関西では、従来通り15日までを松の内とし、現在に至るといわれています。
小正月は豊作祈願など生産にかかわる行事が多いためか、主に農漁村で行われ、都市部では大正月が盛んだったそうです。よって、都市化が進むとともに、小正月の存在感も薄れていったと考えられます。今では、大正月の行事も簡略化されていっていますね。忙しい現代、昔の風習をそのまま踏襲することは難しいですが、一部でも取り入れて、時間の流れを大切したいものですね。

自宅でのんびり派も、カウントダウン派も年越しは歴史いろいろ人それぞれ

神様に会いに行く?それとも神様をお迎えする?

大晦日から元旦にかけての"年越し"をどう過ごしていますか?自宅でテレビを見ながら過ごす方もいれば、有名な社寺へ初詣に出かけたり、初日の出を名所まで拝みに行く方もいるかもしれませんね。昔は年越しといえば、年神様を迎えるために自宅やその周辺で過ごすことが一般的だったそうです。初詣のために遠出するようになったのは、鉄道が出来てからなのだとか。年越しの風習のいろいろを紹介します。

大掃除も、門松も、鏡餅も年神(としがみ)様をお迎えするため

年末年始には、さまざまな伝統的な風習が見られます。そのうちの大部分が、実は「年神様」をお迎えするためのものだというのをご存知でしょうか?
年神様は「正月様」「若年(わかどし)様」「歳徳神(としとくじん)」などとも呼ばれ、祖霊神であり、田の神・山の神でもあり、子孫繁栄や五穀豊穣に深く関わる神様とされています。新年とともに家々を訪れ、健康や幸福といった恩恵を与えてくれる存在です。
年神様を迎えるために家を清めるのが「すす払い」で、大掃除のルーツです。門松は、年神様が迷わないための目印です。しめ飾りはしめ縄と同じで、邪気が入り込むのを防ぎ、年神様にふさわしい神聖な場所であることを示しています。鏡餅は年神様へのお供え物で、同時に依代でもあります。いずれも、大晦日に慌てて行うのは、年神様に失礼なのでタブーとされていますね。

年越しは年神様の来訪を待ちお祝いする時間

昔は一日の境を日没にしていたという説があります。そのためか、大晦日の夜には寝ないで年神様を待つ「年ごもり」という風習がありました。寝てしまうとシワや白髪が増えるのだとか。今ではあまり聞かれませんね。
また、年越しといえば蕎麦という印象が強いですが、大晦日からおせちを食べる地方も多いようです。おせちは皆で食べるご馳走であるとともに、年神様へのおもてなし料理でもあります。大晦日の夜から、年神様とともに新年をお祝いしているわけですね。

このように、昔のお正月は「神様を迎える」のがメインで、基本は家で過ごし、出かけるとしても、氏神様や恵方にあたる近所の社寺までが一般的だったようです。
しかし明治時代以降、鉄道の発達によって遠方への参詣が可能になり、また鉄道会社の宣伝もあって、氏神様や恵方でもない、遠方の有名社寺に初詣に行くことが広まったそうです。
自宅で新年を祝うか、お出かけして新しい年の訪れを楽しむか、自分にあった過ごし方をしたいですね。

1/fゆらぎ効果と非日常体験が味わえる「焚き火」で心身をリフレッシュ!

11月は焚き火シーズン?最近の意外なブームとは

11月の季語に「御火焚(おほたき・おひたき・おしたき)」があります。京都を中心に各地の社寺で行われる祭事で、文字通り火を焚く祭りです。この「火を焚く」という行為には特別な効果があるらしく、ここ数年は「焚き火」が静かなブームとなっているようです。人間の心理や文化に深く関わる焚き火について、現在では禁止されている「野焼き」との違いなどとともにご紹介します。

宗教的に重要な意味を持つ焚き火

御火焚の祭事は境内で火を焚き、一年の収穫を感謝したり、厄除けや願い事の成就を祈願するもの。燃やすものは稲わら・お火焚串・護摩木など各社寺によって違い、またお供え物や付随する祭事もそれぞれ異なりますが、メインが「火を焚く」ことに変わりはありません。御火焚の祭事は多くの社寺、また一般家庭でも行われるため、京都の11月は「火のお祭り月」とも呼ばれているそうです。
御火焚の由来は、天皇がその年の収穫に感謝する「新嘗祭(にいなめさい・にいなめのまつり・しんじょうさい)」が民間に広まったものという説、旧暦の11月は冬至に近かったので、一年で最も弱まる太陽の力の復活を願ったものという説など、諸説あります。

焚き火は現代人の心をいやしてくれる

このように、信仰の場では相変わらず重要な「火を焚く」という行為ですが、ガスや電気が普及し、生活の場ではめっきり少なくなりました。屋外で落ち葉やごみを燃やす「焚き火」は残りましたが、それも平成13年の廃棄物処理法改正でほとんどみられなくなりました。
しかし、火を焚く行為には実利以上の特別な魅力があるようで、数年前から焚き火が静かなブームとなっています。
真っ暗な中でひとつの炎を囲むと、連帯感が高まるそうです。また、火を起こして消えないように維持するのは、意外と技術と集中力を要します。黙々と炎と対峙することが、一種の癒しとなるようです。さらに、炎の不規則なゆらめきは「1/fゆらぎ」のリズムを含み、リラックス効果があるのだそうです。仲間とだけでなく、ひとりでも楽しめるとして、「ソロキャンプ」「ソロ焚き火」なる言葉も聞かれるようになりました。

マナーを守って焚き火を楽しもう!

実は、廃棄物処理法で「野焼き」と「焚き火」は区別されており、暖をとるための焚き火やキャンプファイヤーは、例外として認められています。ただし、自治体の条例や、施設等の管理規則によって、規制・制限されていることがほとんどです。また、キャンプ場などでも直火は禁止で、「焚き火台」が必須というところが多いようです。
もし「焚き火」に興味を持たれたら、事前にルールや方法をよく調べてチャレンジしてくださいね。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP