Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

大自然の紅葉を楽しむなら早めの計画を早いところは9月からシーズンスタート!

紅葉前線は、北から&上から

9月はまだ暑さが残るとはいえ、確実に秋へと向かっていく季節。早いところでは紅葉の便りも聞こえてきます。紅葉前線は北から南へ進むだけでなく、標高の高い場所から平地へ下ってもきます。また、周辺環境や気候にも影響されるので、油断していると見頃を逃してしまうこともあり得ます。そうならないよう、あらためて紅葉の条件や、各地の見頃の目安などをご紹介します。

紅葉のメカニズム

紅葉する前の葉には、緑色のクロロフィルと、黄色のカロチノイドという色素が含まれています。光合成が盛んな春から夏にかけては、クロロフィルが表面に出ていて、葉は緑色をしています。ところが秋になって気温が下がってくると、クロロフィルが分解されてカロチノイドが表面に出てきて、葉が黄色になります。そしてさらに気温が下がると、クロロフィルが分解されて出来たタンパク質と、葉に残っていた糖分が反応し、アントシアニンという赤い色素が作られます。アントシアニンが増えることで、葉が赤く紅葉します。

紅葉の条件

紅葉が始まる目安は、1日の最低気温が8℃以下になること。最低気温が5~6℃になると、紅葉がぐっと進みます。
鮮やかに紅葉する条件としては、夏から秋にかけての日照時間が長いこと、昼夜の寒暖差が大きいこと、葉が枯れない程度に適度な湿度があることです。紅葉の名所に渓谷が多いのは、この条件が揃っているからです。

各地の見頃の目安

紅葉の見頃は、地域別で見ると、例年おおよそ下記の通りです。

■北海道 10月中旬~下旬
■東北地方 11月中旬
■関東地方 11月中旬
■中部・北陸地方 11月中旬
■関西地方 12月上旬
■中国・四国地方 11月中旬
■九州地方 11月中旬

しかし、標高の高い場所であれば、下記のように、9月に見頃を迎えるスポットも多々あります。 ※2018年以前のデータより

■大雪山国立公園(北海道) 9月上旬~10月上旬
■八幡平(岩手) 9月下旬~10月中旬
■那須高原(栃木) 9月下旬~10月上旬
■麦草峠と白駒池(長野県) 9月下旬~10月中旬
■立山室堂平(富山県) 9月下旬~10月上旬

街中で紅葉を楽しむか、それとも一足先に雄大な自然の中で楽しむか、計画は早めに進めるとよいかもしれませんね。

「精進料理」「本膳料理」「懐石料理」... 様々な流れを汲んで成立した「会席料理」

お葬式や法事だけじゃないお盆にも「精進料理」

ご先祖様の霊をお迎えし、供養する「盂蘭盆会」。7月に行う地域もありますが、全国的には8月13~16日に行う地域が多数です。お盆の伝統は地域や時代によって様々ですが、昔は親戚が集まって精進料理を食べ、ご先祖様にお供えするという風景がよく見られました。あらためて、精進料理とはどんな料理なのでしょうか? 他の日本料理との違いなども見てみましょう。

精進料理のキーナンバー「五」

精進料理とは、仏教の戒律に基づき、殺生を避け、煩悩を刺激しないように作られた料理のことです。具体的には、肉や魚を使わずに、豆・野菜・海藻・果物などを素材とした料理です。ただし、臭味のある野菜はタブーで、にら・ねぎ・玉ねぎ・にんにく・らっきょうの5つは、五葷(ごくん)といって避けられます。
避けられる「五」もあれば、重視される「五」もあります。精進料理では、五味・五色・五法を用いることが大切だとされています。五味は「甘・酸・鹹(かん)・辛・苦」で、5つの味のこと(鹹は塩辛さ)。五色は「赤・青・黄・黒・白」で、料理の見た目や食材の色のこと。五法は「生・煮る・焼く・揚げる・蒸す」で、調理法のことです。

こんなにある!日本の「○○」料理

精進料理のほかにも、「○○料理」と呼ばれる日本料理はいろいろあります。それぞれどんな違いがあるのでしょうか?
まず、日本料理の原点であり、最も格式高いのが「本膳料理」です。室町時代に成立した武家によるもてなし料理で、式三献(しきさんこん)という酒宴の作法と結びついた儀礼的な料理です。脚付き膳に決められた数の料理が配され、そのお膳が最大で本膳(一の膳)から五の膳まであります。お膳は一度に並べられます。
懐石料理は、お茶を立てる前に出す簡単な料理を指し、安土桃山時代に茶の湯が確立するとともに生まれました。最初に飯・汁・向付が出され、その後はできたてが一品ずつ出されます。
会席料理は、江戸時代に句会の後の食事会から生まれたと言われ、酒を中心とした宴席料理です。よって、酒の肴となる料理が先に出て、飯と汁が最後になります。本膳料理と懐石料理は作法に厳しいですが、会席料理は酒を楽しむことを主眼としており、厳しい決まりごとはありません。現在、改まった席の和食のコースといえば、会席料理が主流です。
懐石料理と会席料理は音が同じため、混同されることが多いですね。懐石料理と表記しつつ、実質的には会席料理という店も多いようです。本格的な懐石料理は「茶懐石」と呼んで、区別することもあります。もし、和食のコースを食べる機会があったら、どの日本料理なのか、考えてみるのもいいですね。

あなたはシャリシャリ派?フワフワ派? かき氷で夏の暑さを吹き飛ばそう!

侮れない冷んやりスイーツかき氷の魅力に迫る!

 7月25日は"かき氷の日"。かき氷の別名である「夏氷(なつごおり)」と「725(なつごおり)」を掛けた語呂合わせと、7月25日が「最高気温記念日」だったことが由来です(現在では別の日に最高気温を更新しています)。かき氷は昔ながらの夏の風物詩であるとともに、最近は海外のかき氷がブームになるなど、最新のスイーツとしての側面もありますね。そんなかき氷の今昔をご紹介します。

かき氷が貴族の贅沢から庶民の楽しみになるまで

 かき氷の歴史は古く、最初に登場する文献は、清少納言の『枕草子』。「あてなるもの(上品なもの、良いもの)」として、「削り氷(けつりひ)に甘葛(あまずら)入れて、新しき金鋺(かなまり)に入れたる」という記述があります。甘葛はツタの樹液を煮詰めてシロップ状にした甘味料のこと。それを削った氷にかけて金属製の器に盛るというのですから、まさにかき氷です。とはいえ、清少納言が生きた平安時代は氷も甘味料も貴重なもの。楽しめるのは貴族など一部の階層に限られていました。
 かき氷に庶民の手が届くようになったのは、明治時代以降のこと。明治初期に天然氷の製造販売が広まると、氷が比較的手に入りやすくなりました。明治2年には横浜の馬車道で「氷水店」(※「氷水」は「かき氷」の別名)が開店し、人気を博しますが、まだまだ高級品だったようです。やがて明治後半になり、人造氷の生産が拡大すると、やっと庶民にも楽しめるようになりました。しかし、本格的なブームがやってきたのは昭和時代の初期。かき氷機が普及してからだそうです。

かき氷の美味しさは進化し続けている!

 戦前のかき氷の定番メニューは、砂糖をかけた「雪」、砂糖蜜をかけた「みぞれ」、小豆餡を載せた「金時」のおもに3つ。夏祭りなどでおなじみの、色とりどりのシロップは、戦後に発売されたものだそうです。市販のシロップは今も増え続け、無添加のものや、新しい味、料理にも使えるタイプなど、日々進化しています。
 戦前・戦後は"かき氷の定番メニュー"が定着した一方で、さまざまな"ご当地かき氷"も生まれました。鹿児島の白くま、熊本のコバルトアイス、沖縄のぜんざい等々...。ご当地かき氷は今も各地で生まれており、イベントなどで一堂に会する機会もあるので要チェックです。
伝統的なかき氷はシャリシャリとした食感でしたが、今は天然氷を削ったフワフワのかき氷が人気を集めています。天然氷は頭がキーンとしにくいのも特徴です。また天然氷を使う店はシロップをオリジナルで作っているところが多いようで、そこも人気の秘密のようです。
 ここ数年は、台湾のマンゴーかき氷や、韓国のミルクかき氷など、海外のかき氷がブームになりました。次はどんなかき氷が登場するか、楽しみですね。

季節の変化を告げる雨 豊かな"梅雨言葉"に心もしっとり

6月前後だけじゃない?年に4回ある「梅雨」

 日本では、6月を中心とした5月から7月にかけて、雨や曇りの日が多い期間を「梅雨」と呼びますね。ところが、この6月を中心とした時季以外にも、「〇〇梅雨」と呼ばれる期間があるのをご存知でしょうか?また、6月前後のいわゆる「梅雨」に関しても、その性質や移り変わりを表す言葉がたくさんあります。「梅雨」をめぐる言葉から、日本の天気の特徴をみてみましょう。

季節の変わり目には雨が多くなる!

 季節の変わり目は天気が不安定になり、雨が降りやすいもの。特に期間が長いのが、春と夏の変わり目である 「梅雨」 で、沖縄は大体5月に梅雨入り•6月に梅雨明けするのに対し、東北北部は6月に梅雨入り•7月に梅雨明けすることが多いです。北海道は梅雨がないといわれますが、5月下旬から6月上旬の2週間ほど、梅雨に似た天候が続くことがあり、そえぞつゆれを「蝦夷梅雨(えぞつゆ)」と呼んでいます。
 「梅雨」以外に雨が多い時季といえば、「秋の長雨」 という言葉もよく聞きます。これは夏と秋の変わり目である8月下旬から10月上旬にかけて、しっとりした雨が続く期間のことで、別名 「すすき梅雨」 といいます。本来の「梅雨」ほど勢力は強くありませんが、台風と重なると大きな被害を出します。
 冬と春の変わり目である3月下旬から4月上旬にかけての数日間、主に関東から九州の太平洋側で見られるのが 「菜種梅雨(なたねづゆ)」。菜の花が咲く時季の長雨で、豪雨は少なく、雨や曇りのどんよりとした天気が続くのが特徴です。
そして秋と冬の変わり日が 「 山茶花梅雨(さざんかつゆ)」。山茶花が咲く11月下旬から12月上 旬ごろの連続した降雨を指します。菜種梅雨と山茶花梅雨は、期間が短く地域も限定されているので、そこまで知名度はないようです。

本家本元の「梅雨」は表す言葉も豊富

 本家本元の 「梅雨」に関する言葉は、やはりバラエティ豊富です。
 本格的な梅雨に先立ち、天気がぐずつくことを「走り梅雨(づゆ)」、梅雨入りを別名「入梅(にゅうばい)」、梅雨の間の一時的な睛天を「五月睛れ」、梅雨に訪れる季節はずれの寒さを「梅雨寒(つゆざむ)」、梅雨明けごろの雷を伴う激しい雨を 「送り梅雨(づゆ)」、梅雨明けを別名「出梅(しゅつばい)」、梅雨が明けたにも関わらず雨が続くことを「戻り梅雨(づゆ)」などといいます。
 また、弱い雨がしとしと続く梅雨を 「 陰性梅雨(いんせいばいう)」、降るときは短期間に激しく、降らないときはすっきり睛れる梅雨を「 陽性梅雨(ようせいばいう)」、雨量が少ない梅雨を「空梅雨(からつゆ)」や「旱梅雨(ひでりづゆ)」などといいます。

 立葵(たちあおい)は別名「梅雨葵(つゆあおい)」といいます。立葵の花は下から上へ咲き進むのですが、下の花が咲くころ梅雨入りし、一番上の花が咲くと梅雨明けするといわれています。さて、今年の立葵の咲き進み具合は、一体どうなるのでしょうか?

初夏の湿気の多い曇天も 夜はホタル狩りのお出かけ日和に

ホタル狩りシーズンは"初夏"

 ホタルというと夏のイメージがありますが、実は夏といっても初夏、5月下旬頃からがホタル狩りのシーズンです。「狩る」といっても、もちろん実際に捕まえるわけでありません。「紅葉狩り」などと同じく、季節の風物を楽しむ・鑑賞するという意味です。
 一時、ホタルの数は激減しましたが、各地でホタルの飛ぶ自然環境を取り戻そうという動きがあり、今では都心でも観賞できる場所があります。そんなホタルについてご紹介します。

日本で代表的な3種のホタルといえば?

 日本には40種類以上のホタルがおり、ほとんどの幼虫や卵が光りますが、成虫になっても光るのは一部だけです。成虫になっても光る代表的なホタルは、ゲンジボタル(源氏蛍)、ヘイケボタル(平家蛍)、ヒメボタル(姫蛍)などです。
 日本でホタルといえばゲンジボタル。日本固有の種で、5月下旬~6月下旬頃成虫になり、体長は15mm前後と、日本のホタルとしては大型の種です。本州・四国・九州に分布し、水のきれいな川に生息します。発光時間は約2~4秒間で他のホタルよりも長く、また強い光なのが特徴です。
 ヘイケボタルは6月下旬~8月頃成虫になり、体長は10mm前後。日本では北海道から九州にかけて分布し、水田などの止水域に生息します。発光はあまり強くなく、発光時間は1秒程度で揺れるような光を発します。
 ヒメボタルは5月下旬~6月下旬頃成虫になり、体長は7mm前後。本州・四国・九州に分布し、別名「森のホタル」と呼ばれ、高山から市街地の草地まで適応する陸生のホタルです。フラッシュをたいたように強く短い間隔で発光します。

ホタルはなぜ光る?

 幼虫の光は警戒色という説がありますが、成虫の光はプロポーズの合図といわれています。オスは光を発して飛びながらメスを探し、メスは弱い光を発しながら草や木の葉の上でオスを待ちます。お互いを見つけて、両方が強く光ればカップル成立です。
 ホタルの成虫期間は約1~2週間。エサを食べずに夜露だけで過ごし、繁殖が終わると死んでしまいます。

初心者はマナーに従ってイベントに参加が吉

 ホタルの活動期間は地域や種類によって違います。初心者は「ホタル前線」で大体の見頃をチェックしつつ、近くのホタル狩りイベントに参加するのがよいでしょう。デリケートなホタルに対する注意点も、そこで教えてくれます。
 ホタルが好む気象条件は、曇っていて風のない、生暖かい夜だとか。まさに、梅雨時のレジャーにぴったりですね!

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP