Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

旬の味覚を味わう、おかずスープ

旬の食材を丸ごと活かせるごちそうスープ。栄養バランスが良く、からだにも優しい、おいしさいっぱいのスープです。秋の食卓に、ご家族と楽しんでみませんか。

旬の食材を活かせるのがスープ

スープというと、西洋料理の食材を煮込んだエキスの出汁をイメージしますが、世界中には、肉や魚介類、野菜などを使った、さまざまな種類のスープがあります。これからの季節は、旬の、味がよく、栄養をたっぷり含んだ野菜やきのこ、魚介類などの食材が多く出回るようになります。
野菜や魚介類などを入れて煮込んだスープは、食材から出る栄養のほとんどが溶け込んでいるため、栄養バランスにも大変優れて、効率的に栄養を取り込むことができます。さまざまな自然の恵みが凝縮された「おかずスープ」は、体にやさしい料理だといえるでしょう。

旬の素材は魅力がいっぱい

栄養がいっぱいつまったスープ作りは簡単です。野菜や魚介類など旬の食材を合わせるだけでおいしいスープになります。旬のものは手に入りやすく安いうえに、体の営みにも合っています。旬の食材を食べることは、体へのやさしい思いやりでもあるのです。
具材をたくさん使えばボリュームが出て、それだけでメインのおかずになります。よく「スープは時間が作る」と言われますが、じっくり煮込むと野菜から甘みが出ておいしくなります。アクを丁寧にすくいながら、スープができるまでの間、キッチンから広がるスープの香りを楽しみましょう。

スープをおいしく味わうために

出来上がったスープを、家族みんなでおいしくいただくためには、食卓に工夫をすることが大切です。例えば、スープ皿を少し大きめにしてはいかがでしょうか。大きな器に入れるとボリューム感もあって贅沢に見えます。また、食材や味に合わせたカトラリーで食卓の演出をすれば、家族に喜んでもらえることでしょう。さらに、スープの色に合ったランチョンマットやクロスなどを合わせると食卓が華やかになり、料理もいっそうおいしそうに見えてきます。

食卓に鍋ごと出し、家族の前で取り分けるのも楽しいものです。取り分けながら、使われている食材についてお子様に話してあげることは食育にもなり、そこからまた新たな話題が広がって、家族のコミュニケーションも生まれることでしょう。そして取り分けた後、食べる直前にさらに一味加えてみましょう。例えば、大人向けには、ラー油をちょっと落とすと、香りが広がり食欲をそそります。また、ハーブやチーズなどで香りや彩りを添えるのもおすすめです。

お子様向けには、卵などタンパク質系のものを足してあげると栄養バランスもさらによくなります。このように、スープはだれにでもおいしく召し上がっていただける料理です。旬の食材をたっぷり使って、おいしい「おかずスープ」を作ってみませんか。

マイチェアのある暮らし

ゆったりと体が包み込まれ、座るだけで心安らぐ時間を過ごせるような椅子。ちょっとしたスペースに腰かけられるユーティリティの高い椅子。その存在自体が空間を美しく彩るアートな椅子。そんな椅子は私たちの暮らしになくてはならないもの。自分のお気に入りの「マイチェア」を選ぶことは、毎日の暮らしの中で大切なことではないでしょうか。

暮らしの中の椅子

ただ座るだけでなく、心身をリラックスさせる機能や、個性を主張するデザインなど、椅子が人の心や暮らしにもたらす影響はさまざま。
市場での入手が難しかった有名デザイナーの椅子がリメイクされ、デザイン性の高い椅子への関心も広がりつつあります。あたりまえのように、毎日使う椅子だからこそ、上手に暮らしに取り入れることで、いままでとは違った時間や空間を演出してくれるはずです。

お気に入りの椅子でくつろぐ

少しぜいたくな一人掛けの椅子を購入する方が増えているそうです。休日の昼下がりや就寝前のひと時を自由に、ゆっくりと過ごしたいということなのでしょう。家の中で、プライベートな時間と空間を楽しみ、少しぜいたくな時間をもたらしてくれる自分だけの椅子、お気に入りの「マイチェア」の楽しみ方をご紹介します。

素敵な時間と空間を創るマイチェア

例えば、ホテルのラウンジにいることイメージしてみてください。心落ち着くぜいたくな空間の中で思わずソファに身をゆだねたくなります。お気に入りの椅子がもたらしてくれる魅力とは、そのような心地よさやゆとりかもしれません。

また、お部屋ごとに椅子のある生活を考えてみましょう。
リビングで映画や音楽を楽しむ場合におすすめしたいのは、リクライニング機能を備えた椅子です。足乗せやヘッドレストがあれば、まるで飛行機のファーストクラスのシート感覚でリラックスしたひと時を楽しめます。

キッチンにはスツール。キャスター付きなら移動も楽々で、立ちっぱなしの家事から解放され、お料理の本を読むのにもちょっと腰かけられて便利です。

晴れた日にはアウトリビングにマイチェアを出してみましょう。風や光を感じるティータイムは格別なひと時を演出してくれるでしょう。
座布団やクッションも椅子の仲間。お気に入りのクッションを持ち寄って家族でおしゃべり、というのも楽しいものです。
お気に入りの椅子があれば、いつもの空間でひと味違った暮らしが広がり、家で過ごす時間がますます楽しくなります。

ラグで魅力的な室内をつくる

ラグは手軽に室内の雰囲気を変えることができる、お洒落なインテリアのひとつです。そんなラグの魅力と選び方について、ご紹介します。

ラグ選びのポイントは

ラグの最大の魅力は、インテリアとしての装飾性です。まずは、家族が集うリビングで考えてみましょう。基本は、家具や床の色と調和させることが大切です。例えばソファと同系色のラグを合わせてはいかがでしょうか。色数が少ないシンプルな組み合わせは、部屋に落ち着きと上質感を与えてくれます。曲線や模様の入っているタイプで空間に動きをつくるのも楽しいでしょう。さらにクッション照明器具などと色調を合わせればより洗練された雰囲気が生まれます。

ソファを窓辺に置いている場合はカーテンの色と調和したものを、ガラスのテーブルをお使いの場合は大胆な柄物のラグにするのがおすすめです。部屋が狭い場合は床に近い色のラグ選びを考えるとよいでしょう。

サイズは生活のスタイルによって選んでください。リビングの床に座ってくつろぐことが多いのであれば、余裕をもって大きめのラグを選びます。素材は毛足の長いウールがおすすめです。ソファ中心の生活なら、テーブルよりもひと廻り大きなサイズのものでよいでしょう。
ダイニングにラグを敷く場合は、立ち上がった時に椅子がラグからはみ出ないサイズのものを選びましょう。椅子を引いた時の音を和らげ、床の傷防止にもなります。素材は、汚れにくく掃除しやすいナイロン製の毛足の短いものがおすすめです。

寝室のラグは、ベッドカバーやカーテンの色と合わせることで落ち着きが生まれます。素材は湿度を調節し匂いを吸収するウールが基本になります。敷くだけで、室内に調和やアクセントを生み出すラグ。毎日の暮らしに楽しい変化をつけてくれる、インテリアのひとつです。ラグで、お部屋の模様替えをしてみませんか。

質の高い睡眠で健康な毎日を...

現代社会は高度なサービスやネット環境が発達した結果、24時間仕事をしたり、ショッピングしたり、趣味に没頭できるなど、人間が活動できる環境が十分過ぎるほど整っています。

時間や地域の障壁が取り除かれて便利になった反面、私たちの心身には過度な刺激や負担がかかっているのではないでしょうか。
人間は本来、自然のリズムの中で活動するようにプログラムされています。忙しい現代を生きる私たちの心身にたまったストレスや疲労をリセットさせる効果的な睡眠とはどのようなものでしょうか。

快適な睡眠は健康の源

日本人の4、5人に一人が睡眠に悩みを持っているといわれています。寝つけない、眠りが浅い、寝起きが悪い、夜中に目を覚ましてしまうなど、症状は人によってさまざまです。睡眠不足は、循環機能や免疫機能、脳機能を低下させ、体のリズムを狂わせるなど、健康を損なう原因にもなってしまいます。人生の三分の一は睡眠時間と言われるように、快適な睡眠は、日々の生活を支える健康の源となっています。

よい眠りは、スムーズな入眠から

時代の変化とともに、年々短くなってきている睡眠時間ですが、長さだけではなく、質も大切なのです。眠りには周期があり、レム睡眠(体は眠っているのに脳は起きている浅い眠り)とノンレム睡眠(体も脳も眠っている深い眠り)が、約90分間隔で交互に繰り返されます。特に、入眠直後の深いノンレム睡眠は重要で、この時に新陳代謝を促す成長ホルモンが大量に分泌されています。また入眠がスムーズだと、よく眠れたと感じるものですが、この寝つきの良さが質の高い睡眠につながっているのです。

ぐっすり眠る効果的な方法

睡眠の取り方には個人差がありますが、大切なのは就寝前に心身をリラックスさせることです。眠る直前までテレビを見たり食事を摂るなどの刺激は避けましょう。体が眠ろうとしているのに、脳は起きようとしてしまいます。心地よい音楽を聴く、ぬるめのお風呂に入る、好きな香りを楽しむなど、自分にあった入眠方法を身につけることをおすすめします。
室内環境も快眠に大きく影響します。快適な眠りを得る寝室の温度は18~22度、湿度は50~60%くらいが目安です。また完全な暗闇よりもある程度の明るさがあった方がよく眠れることが分かっています。

そして目覚めた時に部屋の外の明るい光をとりこむことによって頭をスッキリさせ、体のリズムをリセットする効果があります。
ぐっすり眠ることは、単に疲れを取るということだけではなく、体の状態を整える重要な役割を担っています。自分に合った心地よい室内環境をつくり、質の高い睡眠で健康な毎日をお過ごしください。

夏を乗り切る、手作り生ジュース

不足しがちな野菜や果物の栄養素を簡単に補ってくれる、手作りの生ジュース。健康や美容にいいことはもちろん、暑い夏場を乗り切るパワーを補給してくれます。そんな生ジュースの魅力についてご紹介します。

野菜不足は生ジュースで解消

つい不足がちになる野菜と果物。とくに暑さで疲れやすく食欲不振に陥りやすい夏には、十分に摂ることが大切です。野菜や果物には、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれ、免疫力を高めたり、生活習慣病の予防に効果的です。成人では、一日に約350グラムの野菜と約200グラムの果物を摂る必要があるといわれています。

そのまま食べるのは大変ですが、生ジュースなら手間をかけずに作れ、疲労回復や食欲増進だけでなく、美肌づくりにも効果があります。生ジュースで、野菜や果物不足を解消しましょう。

生ジュースづくりのポイント

まずは、鮮度のいい素材を使うこと。野菜も果物も時間が経つにつれ、味や栄養価が落ちてきます。また作る前に冷やしておくと、さらに飲みやすくなります。おいしく作る基本は、酸味・甘味のバランスです。何回か作りながらお好みの味を見つけていきましょう。マイルドにしたいときは乳製品を、野菜の苦みを消したいときにはレモン汁を少し加えます。2種類以上の素材を組み合わせる場合は、同系色のものをミックスすると見た目にきれいなジュースができます。手作り生ジュースは、できたてがもっとも美味しいものです。素材同様、時間が経つと酸化が進み、栄養価も下がってしまいます。

健康にも美容にも効果的

体に必要な栄養素を効率よく摂れる生ジュース。その組み合わせと効果のいくつかをご紹介します。効果的に水分と栄養素を摂取し、夏バテを防ぐにはキュウリやスイカがおすすめ。ウリ科の素材は汗で失ったカリウムを補給し疲れを癒してくれます。特にキュウリは体内にこもった熱をとり、利尿をうながします。

またグレープフルーツなど酸味のある柑橘系果物は、食欲を増進させます。冷房などで乾燥しがちな肌のためには、アボカドやそら豆など、肌の主成分であるたんぱく質と新陳代謝を促すビタミンB群が豊富な素材がおすすめです。

トマトやスイカなど赤色素材のジュースは紫外線対策に効果的です。赤い色素リコピンが、肌の老化原因となる活性酸素を除去し、美肌づくりを助けてくれます。また、β-カロテンやビタミンC、Eが豊富なカボチャとオレンジのジュースは、張りのある肌をつくり、シミの元となるメラニン色素の生成を抑えてくれます。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP