Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

伝統的(トラッド)でありながら最先端?学生服は時代を反映する鏡

学生時代を象徴する"制服"

4月は入学シーズン。巷には新しい制服に身を包んだ新中学一年生や新高校一年生たちの姿が見られ、その初々しさに思わず微笑ましい気持ちになってしまいますね。ところで、かつては詰襟にセーラー服が主流だった制服も、今ではブレザースタイルが多くなりました。そんな学生服の変遷をたどってみます。

近代教育とともに歩んだ学生服の歴史

制服の歴史は学制とともに始まります。1872(明治5)年に学制が公布され、近代化の象徴として洋装が奨励されました。1886(明治19)年、帝国大学では機能性と見栄えに優れる陸軍制服を手本とした制服が採用されました。男子学生服の王道・金ボタン式詰襟(学ラン)です。
一方、明治の女学生といえば女袴を穿き、髪を結い上げ革靴を履いた、いわゆるハイカラさんスタイル。一気に洋装へとは進まず、まずは「女性も袴を穿く」というところから始まりました。
では、女子学生服の王道・セーラー服の始まりは何かというと、意外なことに"体操服"。1905(明治38)年に提案された女子用の体操服が、セーラー衿のついた上着と、膝丈のブルマーでした。しかし、女子の体操に理解が得られず、普及はしませんでした。
大正に入り、洋服文化が庶民へ広がりました。また、関東大震災で洋服の機能性が評価され、女学校ではセーラー服に代表される洋装制服が広まりました。

戦後が生んだブレザースタイル

明治・大正を通じて定着した詰襟とセーラー服は、長らく王道としてあり続けました。そんな状況が変わったのが昭和50年代後半、いわゆる団塊ジュニア世代が高校に入り始めた頃です。
戦後生まれの団塊世代は、ニューファミリーと呼ばれる新しい価値観を持った家族層を生み出し、その子供である団塊ジュニアも、新感覚世代として社会に影響を与えました。
そんな団塊ジュニアに人気となったのが、ブレザータイプの制服。背景には、親の団塊世代がトラッドファッションに親しみがあったこと、時代的にDCブランドブームだったことも大きいと考えられます。「制服」が高校志望の理由として挙げられるようになり、著名デザイナーによる制服が続々と登場。ブレザータイプの制服が増えていったのです。
制服に求められるものの基本は「きっちり観」。ある意味"伝統性""保守性"です。しかし、こうしてみると時代を映し、時に最先端だったことがうかがえて面白いですね。

紅白色とりどりの梅の花、春の訪れを香りに乗せて

かつては桜より梅の方が人気だった!?

2月は別名「梅見月」。もっともこれは旧暦2月の異称で、新暦では2月下旬から4月上旬にあたるのですが、新暦2月も多くの地域で梅が見ごろを迎えることに変わりはありません。
今では花見といえば「桜」。春を象徴する花であり、日本を象徴する花であるとも認識されています。しかし、かつては梅の方が桜より愛でられた時代がありました。そんな梅と日本人の関わりを紹介します。

当時の進んだ文化を象徴した「梅」

梅はもともと中国が原産で、遣唐使によって日本へもたらされたと考えられています。遣唐使が派遣されたのは、おおむね奈良時代から平安時代初期にかけて。この時代は、中国から取り入れた文物に大きな影響を受けた時期です。梅も同様に、中国の進んだ文化を象徴するものとして、当時の貴族層に熱心に受け入れられました。
奈良時代の歌が多く収録されている『万葉集』には、植物を題材にした歌が多くあります。その中でも梅の花は、荻の花に次いで2番目に多く詠まれています。それに対し、桜の花を詠んだ歌の数は、梅の花の半分以下。当時の梅の花に対する情熱がうかがえます。なお、梅の花が1番目でないのは、貴重な舶来品で憧れの対象ではあったものの、それゆえ馴染みがなかったからのようです。

花見の原型は"観梅"

日本に自生している桜に対し、異国から輸入された梅は、人間の手で栽培されるものでした。貴族が庭を作る際は、梅を植えるのが定番となりました。また、梅の花を見ながら歌を詠んだり、宴を開いたりしました。これが、いわゆる"花見"の原型のひとつといわれています。
ただし、桜が特別な関心を持たれなかったわけではありません。桜は神の依代と考えられ、鑑賞するというよりも信仰するものだったようです。また、桜の開花状況によって田植えの時期を決めるなど、農民にとっては暦としての役割もあったようです。

日本古来の桜と、人気逆転

そんな梅と桜ですが、遣唐使の廃止をきっかけに人気が逆転しました。理由は、日本古来の文化が注目されるようになったためと考えられています。平安時代初期に編さんされた『古今和歌集』では、桜を詠む歌の方が多くなっています。
とはいえ、その後も梅の花は愛され続けています。桜は春の象徴ですが、梅は別名「春告草(はるつげぐさ)」。春を告げる花であることは譲りません。また、梅の花の"香り"は、桜にはない魅力です。是非、梅の花の馥郁(ふくいく)たる香りに、春の訪れを感じてください。

「冠婚葬祭」の「冠」。成人式は重要な人生の節目

2019年の1月14日は「成人の日」。「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」ことを趣旨とした、国民の祝日です。1999年までは1月15日でしたが、ハッピーマンデー制度により、1月の第2月曜日があてられるようになりました。そんな成人の日にまつわるエピソードをご紹介します。

意外と新しい「成人式」の歴史

成人の日には、多くの市町村で新成人を招いて「成人式」が行われます。男性はスーツや羽織袴、女性は振袖など、正装に身を包んで参加する姿は風物詩ともなっています。成人式は成人の日やその前日に行われることが多いですが、豪雪地帯や地元を離れる若者が多い地方では、気候がよい、あるいは帰省する人が多い、ゴールデンウィークやお盆に行うところも多いそうです。
成人を祝う儀礼は昔からありますが、現在のような形の「成人式」が行われるようになったのは、意外と最近のこと。戦後間もない1946年、現在の埼玉県蕨市では、敗戦により虚脱状態にあった青年達を激励しようと「青年祭」が行われました。その中の「成年式」が全国に広まり、現在の成人式になったといわれています。さらには、この青年祭に触発されて成人の日が制定されたのだとか。なお、蕨市では今でも「成人式」ではなく「成年式」という語を使っています。

昔の「成人した印」とは

成人式の起源である青年祭が行われたのは、実は11月22日でした。それなのになぜ、当初は1月15日が成人の日とされたのでしょう?
諸説あるようですが、昔の成人儀礼である「元服の儀」が、小正月の1月15日に行われていたから、という説が有力なようです。なお、昔は各人の誕生日ごとではなく、正月(元旦)を迎えるごとに、皆が一斉に一つ年をとるという年齢の数え方をしていました。
さて、元服とは、元々は公家の男子が冠をつけて成人したことを示す通過儀礼でした。武家の場合は冠が烏帽子に代わります。室町時代以降は民間にも広まり、江戸時代なると公家以外は前髪を剃って月代にすることで済ませました。
女子の成人儀礼は裳着といい、裳を着用することで成人の証としました。江戸時代以降は女子も元服といい、丸髷を結い、お歯黒を付け、眉を剃ることで大人の仲間入りをしました。
歴史的にみると、成人する年齢は現在のように特定の年齢に決まっていることは少なく、ある程度の幅があるのが普通でした。しかし、おおよそ20歳が上限のようです。現在は20歳が成年ですが、選挙権が18歳に引き下げられたこともあり、今後変わってくるかもしれませんね。

"特別な日"のクリスマス、ご馳走から伺えるお国柄

日本のクリスマスは独特?

日本でクリスマス料理といえば鶏。イブ間近になれば丸焼きや骨付きのもも焼きが店頭に並び、フライドチキンを求めて行列ができます。最近はクリスマスケーキもバラエティに富んでいますが、やはりイチゴと生クリームのショートケーキが定番ですね。しかし、こんな光景は日本特有のものだとか。海外のクリスマスのご馳走をいくつかご紹介しつつ、日本の定番スタイルが生まれた背景を探ってみましょう。

鳥肉に限らない!意外な食材がメインに

「本場ヨーロッパのクリスマス料理は七面鳥」というイメージを持つ人は多いのではないでしょうか?ところが、七面鳥はアメリカやその周辺に生息する鳥。実は、クリスマスに七面鳥を食べる習慣はアメリカが発祥で、ヨーロッパへは逆輸入されたのだとか。それまでは、同じ鳥でもガチョウが主流だったようです。
ヨーロッパといっても東欧はまた様子が違うようで、ここでよく食べられるのは、なんと鯉!フライにしたり、スープにしたり、姿煮などにするそうです。

サンタクロース村がある北欧ではどうでしょう?塩漬けの豚肉にマスタードとパン粉をまぶして焼く、「クリスマスハム」が伝統的に食べられているそうです。
日本でも、昭和30年頃は七面鳥が主流だったのですが、昭和40年頃にローストチキンがその座を奪ったそうです。ただ、そもそも鳥料理を食べること自体あまりなく、クリスマスは"みんなでケーキを食べる日"と認識されていたようです。

国によってい多様なクリスマス菓子

イチゴのショートケーキはクリスマスケーキの定番である前に、日本のケーキの定番。由来は諸説ありますが、アメリカやフランスのショートケーキを、日本人好みにアレンジしたものといわれています。クリスマスの伝統を持たない日本が、自分達の好みにあった贅沢な洋菓子を、クリスマスという(ヨーロッパ発祥の)特別な日の定番デザートにすることは、自然な流れなのかもしれません。

では、本場ヨーロッパではどんなお菓子が食べられているのでしょう?フランスでは、日本でも親しみのある「ブッシュドノエル」。イギリスでは、小麦粉・油脂・ドライフルーツ・ナッツにブランデーを加えて蒸し焼きにした「クリスマスプディング」。ドイツは、生地にドライフルーツやナッツを練り込み、表面に砂糖をまぶした菓子パン「シュトーレン」。実に多彩なお菓子があります。
外国の伝統菓子も、今は日本で売られているものがたくさんあります。興味があれば是非試してみてください。

「いい日、いい日」介護の日

皆さんは「介護の日」をご存知ですか?平成20年7月に厚生労働省が意見を募り、「いい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとう」を念頭に、"いい=11"の語呂合わせで、11月11日を「介護の日」と定めました。
介護とは日常生活に援助を必要とする人へ様々なサポートを行うことですが、特に高齢者介護は誰にとってもいずれは関わる問題だと思います。そんな高齢者介護の基本をご紹介します。

介護サービスを受けたいと思ったら

平成25年の厚生労働省調査によると、介護が必要となった原因として多いのは「脳血管疾患(脳卒中等)」18.5%、「認知症」15.8%、「高齢による衰弱」13.4%、「骨折・転倒」11.8%などで、「関節疾患(リウマチ等)」は要支援(介護の前段階)の原因として最も多くなっています。
介護が必要かもしれないと感じたら、どうすればよいでしょう?私達は40歳になると介護保険の被保険者となります。64歳以下では特定の疾病に限られますが、65歳以上なら認定されれば誰でも介護保険サービスを受けられます。
そのためには、まずは市区町村の窓口へ申請し、訪問調査を受けます。認定区分には「非該当(自立)」、予防的な対策が必要な「要支援1〜2」、介護が必要な「要介護1〜5」があり、結果が出ると自宅に認定結果通知書や保険証が届きます。

介護保険サービスのいろいろ

介護保険で受けられる在宅サービスには、ホームヘルパーが訪問し入浴や食事、洗濯などを援助する「訪問介護」、日帰りで入浴や食事、健康チェックなどを受けられる「通所介護(デイサービス)」、同じく日帰りで入浴や食事、機能訓練など受けられる「通所リハビリテーション(デイケア)」、施設に最大30日まで入所できる「短期入所サービス(ショートステイ)」などあります。
その他にも、車椅子などを安く借りられる「福祉用具貸与」や、自宅のバリアフリー工事費を助成してもらえる「住宅改修費の支給」などもあります。
自宅で介護できない場合は施設サービスもあります。日常生活の介護や機能訓練、レクリエーションなどが中心の「介護老人福祉施設サービス(特別養護老人ホーム)」や、退院後すぐ自宅へ戻るのが不安な場合に利用する、病院と自宅の中間的な役割である「介護老人保健施設サービス(老健)」などです。
介護施設は民間運営のものも含めると実に様々な種類があります。それぞれの特徴をつかみ、自分達にあった介護施設、そして介護サービスを選びたいですね。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP