Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

秋色に色づく街並みをぶらり散歩 身近で楽しむ紅葉狩り

秋深まる紅葉シーズン時間が取れない人におススメ


モミジ

11月は紅葉狩りシーズン! 山などの名所へ出かけ、紅葉を楽しむ人も多いでしょう。たとえ遠出が出来なくても大丈夫。周りを見てみれば、赤く・あるいは黄色く色づく木々は意外と多く、なかなか風情のある様を見せてくれます。身近でどんな紅葉を楽しめるかご紹介します。

紅葉(こうよう)と紅葉(モミジ)、モミジとカエデのちょっと複雑な関係


サクラ

「紅葉」は「モミジ」とも「こうよう」とも読みますね。「紅葉(こうよう)」は、広義には葉が赤や黄色等に色づくことをいい、狭義には赤く色づくことを「紅葉」、黄色く色づくことを「黄葉」と書いて区別します。また「紅葉(モミジ)」は、広義には目立って赤くなるカエデの仲間を総称する呼び方で、狭義にはカエデの中でも葉の切れ込みが深く、赤がひときわ美しい数種類を指すそうです。


ツタ

美しい紅葉(こうよう)の条件は、①日当たりが十分であること、②夜の冷え込みが厳しく、昼と夜の温度差が大きいこと、③適度に湿気があること。よって、この条件に合う山などが名所になることが多いのです。
とはいえ、山まで行かなくともカエデの仲間は庭木や公園樹、街路樹としてよく植えられていますし、それ以外にも紅葉・黄葉する木はいろいろあります。

街路樹や植え込みで楽しむ紅葉


ドウダンツツジ

黄葉する街路樹といえばイチョウ。
2007年の国土交通省の調査によれば、日本で最も多く植えられている街路樹なのだとか。ちなみに2位がサクラ、3位がケヤキで、実はこれらの木も紅葉します。イチョウやモミジほど鮮やかではありませんが、落ち着いた色調の紅葉も、それはそれで風情があるものです。


ハナミズキ

同じく街路樹としてよく見かけるハナミズキ。春は白やピンクの花が咲き、秋は紅葉と共に赤い実がなるのが印象的です。街路樹というよりは、植え込みとしてよく見かけるのがドウダンツツジです。春は釣鐘型の小さな花をつけますが、秋には真っ赤に紅葉します。最後に、童謡『真っ赤な秋』に歌われているツタ。建物の外壁などに絡みつき、印象的な景観を生みます。それが紅葉すれば、さらに趣が出ますね。


ケヤキ

このように、実は身の回りでたくさん見られる"紅葉"。是非とも見落とさず、身近な秋の色彩を楽しんでください。

ハロウィンの定番!ジャック・オ・ランタンの意外な由来とは?

10月31日はハロウィン。日本でもだいぶ定着しつつあるのか、10月に入ると、あちらこちらにジャック・オ・ランタン(カボチャ提灯)の飾りが見られるようになりました。しかし考えてみると、提灯なのか妖怪なのか、よくわからない存在ですね。あらためてその由来を調べてみました。

鬼火現象にまつわるアイルランド民話が原型

そもそもハロウィンは、サウィン祭という古代ケルトの収穫祭が、万聖節(聖人の祝日)の前夜祭として、キリスト教に取り入れられたもの。ケルト暦で10月31日は大晦日にあたり、夜には死者が蘇ると考えられていたため、火を焚いたり仮面をかぶったりして、悪霊を脅かし追い払おうとしました。

ジャック・オ・ランタンは、アイルランドにおける鬼火。昔ジャックというずる賢い男が、悪魔を騙して「魂を取らない」と約束させました。その後ジャックは天寿を全うしますが、生前の行いが悪く天国に入れません。しかし、悪魔との約束があるため地獄にも入れず、結局あの世とこの世の境をさ迷うことに。憐れに思った悪魔が石炭の種火をくれたので、ジャックはカブをくりぬいて提灯を作りました。これがこの世では鬼火として目撃されるのだそうです。このカブの提灯が、アイルランド人がアメリカへ移民するとカボチャに変わり、やがてハロウィンの代名詞として定着したようです。

意外と簡単?ジャック・オ・ランタンの作り方

  • ①黄色やオレンジのかぼちゃを用意する。
  • ②ナイフで上部または底を大きく切り取る。
  • ③スプーンで中身をくり抜く。
  • ④クレヨンで側面に目・鼻・口などの下絵を描く。
  • ⑤下絵にそって切り抜く。
  • ⑥キャンドルをセットする
  • ......以上で完成です!

ジャック・オ・ランタンは、"Trick or Treat 歓迎 !! "の印なのだとか。しかし元々は、サウィン祭の "火と仮面で悪霊を追い払う"という意味を引き継いでいると考えられます。玄関ポーチなど外から見える場所に飾ると、魔除けとしても、目印としてもいいかもしれませんね。

リネンのある暮らし

リネンは、古くから親しまれてきた素材ですが、そのナチュラルな風合いと上品な質感が見直され、最近では住まいに取り入れる方も増えています。

健康志向の高まりから、注目を集めるリネン。

リネンとは、亜麻(フラックス)という植物を原料とした繊維や糸のことで、歴史上もっとも古い繊維といわれています。古代エジプトでは神事などにも利用され、ギリシャ・ローマ時代の貴婦人にも愛されていました。時を経ても、リネンはその品質の高さから、ヨーロッパの人々の間で代々受け継がれ愛用されています。日本でも明治時代には北海道で亜麻の栽培が行われていたことがありますが、現在は、国内で販売されているリネンのほぼ100%が、海外から輸入されています。健康志向の高まりから、最近再び注目を集め、暮らしの中に取り入れる方も増えています。

ベッドルーム

なめらかで清潔感のある肌ざわりが日本の夏にぴったりです。汗をかいてもすぐに乾き、心地よい眠りを提供してくれるでしょう。

バスルーム

素早く水を吸収するリネンの性質は、バスタオルやバスローブにも適しています。涼やかな肌ざわりが心地よく、とくに夏場はおすすめです。

キッチン

優れた吸水性や速乾性など、リネンの魅力を実感したいなら、手頃なキッチンタオルがおすすめです。デザインのバリエーションも豊富です。

ダイニング

アイロンを効かせたテーブルクロスとナプキンを用意すれば、いつもの食卓のイメージが一変します。シミがついてもすぐに洗えば大丈夫です。

やすらぎのシェイドランプ

上からだけではなく、横からの「明かり」をプラス

暮らしを快適にする大きな要素として、「明かり」があります。「明かり」の計画は部屋の使い勝手や居心地のよさをも左右します。天井に取り付けるシーリングライトやダウンライトだけではなく、壁に取り付けるブランケットなどの間接証明、そして、卓上や棚の上に置くシェイドランプを上手に組み合わせて上からの光だけではなく、横からの「明かり」も考えることで、居心地のよい、部屋を創造することができます。

生活シーンに合わせて使える、シェイドランプの魅力

横からの「明かり」でもっとも身近な照明器具がシェイドランプです。欧米の住宅やホテルなどでは、上手にシェイドランプを使って、横からのやわらかい光を演出し、空間に落ち着きを与えています。日本では、インテリアの一つとして、装飾的な使い方をされることが多いのですが、シンプルなデザインを選ぶことで、日常の「明かり」として活用することができます。
では、その魅力は、どこにあるのでしょうか。

例えば、お気に入りのソファーでの読書をイメージしてください。そのソファー脇から手元に照らすやさしい光は、くつろぎの一時にいっそうの深みを加えてくれます。部屋に設置された「明かり」に生活を合わせるのではなく、生活シーンごとの人の動きに合わせ、自由にレイアウトできるのがシェイドランプです。

いろいろなタイプが楽しめるシェイドランプのカタチ

シェイドランプには、基本的に6つのタイプがあり、インテリアとして楽しむことができます。シェイドと本体を別々に購入し、自分が好きなものをつくることもできます。

  • エンパイア型
    上下の幅が深い三角形。オーソドックスな形。
  • フレア型
    裾広がりで下部がスカートのひだのような形。クラシックテイストの部屋に合う。
  • スクエア型
    四角柱を上下に長方形に切ったような形。モダンな部屋に合う、流行の形。
  • ヘクサゴン型
    横からみると三角形で、切り口は六角形。ヨーロッパの田舎風な雰囲気。
  • ドラム型
    筒を上下で切ったような円筒形。モダンな部屋に合う。
  • クーリィ型
    上下の幅が浅い三角形。光が最も下方へ広がる。

エアコンに頼り過ぎない、暑さの賢い乗り切り方

体にも家計にも環境にも優しい?天然素材の"すだれ"と"よしず"

ここ数年、エアコンに頼らずに涼をとる方法がいろいろと紹介され、実践されています。ツル性植物を利用したグリーンカーテンなどもその一つですが、もっと手軽に取り入れられるのが"すだれ"や"よしず"です。見た目にも風情ある"すだれ・よしず"で、暑い夏を乗り切りましょう。

"すだれ"と"よしず"、その特徴

"すだれ"と"よしず"、具体的にどう違うのでしょう? 簾(すだれ)は、主に細く割った竹を原料とし、一本ずつ糸で編んでシート状にし、室外の軒下などに吊るします。もう一方の葦簀(よしず)は、2~3メートルの葦(あし)を棕櫚糸(しゅろいと)で結びつなげ、軒下やベランダの掃き出し窓に立てかけて使います。
いずれも、直射日光や人目を遮る、カーテンやブラインドと同じ役割を果たします。カーテンやブラインドより優れているのは、風をよく通すこと。エアコンが苦手な人には、強い味方でしょう。

また、ブラインドやカーテンと違って室外に設置するため、室内に熱がこもらないないというメリットがあります。日除けとして利用される物は、直射日光が当たるため熱を帯び、室内にあれば室内に熱を放射します。室外に設置したすだれやよしずなら、その心配がありません。窓を閉めてエアコンをつける場合も、冷房効率が良いというわけです。

設置時・設置後の涼感UPポイント

"よしず"は大きいので、買った店から運ぶのは大変かもしれませんが、設置は立てかけるだけなので簡単です。窓に近づけすぎず、斜めに立てかけて開口部を大きくすると、風通しがさらに良くなります。設置後は、水をまくと室内に入る風の温度が2度ほど下がります。近くに植物を置いても、葉から水分が蒸散することで周囲の温度が下がるそうです。 
なお、外の気温が室内よりも低くなる夕方以降は、よしずを畳んだ方が涼しいとのことです。

"すだれ"も、窓から数十センチ離して取り付ければ風通しは抜群です。室外に掛ける場所がなく、カーテンレールを利用して室内に掛けた場合でも、素材が金属ではないため、ブラインドより部屋の中が暑くなりにくいそうです。
実際に室温が下がるだけでなく、見た目にも風情があって涼しげな"すだれ"や"よしず"。さらに風鈴を吊るし、かき氷を食べ、五感で涼しさを感じるのも乙ではないでしょうか?

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP