Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

春の装いを快適に、衣替えでリフレッシュ!

日本では昔から、6月と10月に衣替えをする風習があります。しかし、4月に入ると、朝晩は冷えることもありますが、日中の気温も上がってきますので、衣服での調節が重要になってきます。また学校への入学などに絡め、4月に衣替えを行う家庭もあるようです。さわやかな春、衣替えでリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

冬物のお手入れのポイントは?

春の衣替えのポイントは、まずセーターやコート、ダウンジャケットなど、シーズンオフとなる冬物のお手入れです。そのコツは、汚れをしっかり落とすことと、湿気を防ぐことにあります。汗や食べ物の汚れは、シミの原因になりますし、衣類につく虫のエサにもなります。しっかりお洗濯し、乾燥させてからしまいましょう。ドライクリーニングから戻ってきた衣類は、天気の良い日にビニールをはずして風通しの良いところで陰干しをします。石油系の洗剤も、カビやシミの原因になるので、しっかり揮発させることが大切です。元のビニールをかけてしまってしまうと、再び湿気がこもることにもなりがちですので、長期保管のためには、不織布などの市販のカバーをかけるのが適切です。

衣替えを機に、整理収納の見直しを

日々、ストレスなく着たい洋服を選ぶことができるように、クローゼットの中を整理しましょう。ハンガーに掛けたままにしておくのが楽と思いがちですが、スペースに限りがある以上、コンパクトにまとめることのできる、"たたむ収納"が基本になります。特に、ハンガーに掛けると跡が残ったり、伸びてゆがんだりするものは、たたんで収納してください。ジャケットやコートをたたんで衣装ケースにしまう場合は、折り目にタオルをはさんで、たたみジワがつかないように工夫しましょう。

衣類をシーズンで大まかに分けて、ひとまとめにして収納ケースを割り当てておくと、衣替えをするときに、ケースごと入れ替えることができるので便利です。年間を通して着る衣類は、常に出し入れしやすい場所に収納すると良いでしょう。

新生活にふさわしい快適な部屋作りのコツとは?

春は新年度が始まる季節。学校が変わったり、職場が変わったり、周囲の顔ぶれが変わったりする人も多いのではないでしょうか。
新しい環境には、気持ちも新たに臨みたいもの。そのためにも、お部屋の模様替えはいかがでしょう?今回は、快適な部屋作りのコツをご紹介します。

ゆっくりくつろげる広々とした部屋を作るポイント

快適な部屋とはどんな部屋でしょう?
感じ方は人によって違うでしょうが、圧迫感のある窮屈な部屋がいいという人はあまりいないでしょう。
まずは、天井や壁など面積の広い部分を明るく淡い色にすると、部屋全体が広く見えます。その最たる色が白。
さらに、大きな家具の色も壁等に合わせると、家具が壁になじんで広く見えます。
次に、視線や動線を遮らないように家具を配置することです。歩くときに邪魔にならないよう、床が見える面積が広くなるように、家具を固めて配置します。

視線を通すには、家具の配置もポイントですが、家具自体の背を低いものにできればより効果的です。ほかには、カーテンを(窓枠の大きさにかかわらず)天井からつるすと、天井が高く見えます。また大きな鏡を、できれば窓や外の景色が写るように置くと、部屋が広く明るく見えます。

無難になり過ぎないように手軽にメリハリをきかせるには?

白っぽい色を基調に部屋作りをしたら、確かに広々したけど無難でつまらない、アジアンテイストに憧れる、ビビッドカラーを使ったメリハリのある部屋にしたい... そんな不満・希望が出てくるかもしれません。そんなときは、小物に濃い色・鮮やかな色を使うと、部屋の印象が引き締まります。面積が小さくても、使う色に統一感があれば、部屋全体の印象を変えることができます。
あるいは、比較的交換しやすいファブリックで味付けをするのもおススメです。カーテンまで変えればかなり印象が変わりますので、クッションカバーなど小さなものから少しずつ変えて、調整していくとよいでしょう。

虫も植物も、目を覚ます季節 暖かい春はもうすぐそこまで

啓蟄けいちつ 」ってどんな日?

3月6日は二十四節気の「啓蟄」。「啓」は「開く」を、「蟄」は「土中で冬ごもりする虫」を意味し、冬眠していた虫が春の訪れを感じて穴から出てくる季節であることを示しています。まだまだ寒いものの、確実に春の足音が聞こえてくる頃。啓蟄に見られる風景や行事をご紹介します。

春の訪れを感じさせる 春雷、山菜

二十四節気とは、太陽の動きを元に1年を24等分した季節の表現方法で、約15日ごとに設定されています。啓蟄なら、3月6日その日を指すこともあれば、次の二十四節気である春分(3月21日)までの期間を指すこともあります。

啓蟄は、一雨ごとに気温が上がり、日差しが暖かくなってくる頃。春雷の轟く季節でもあります。立春後初めての雷を「虫出しの雷」といい、季語にもなっていますが、ここからも啓蟄と春雷の繋がりの強さがうかがえます。

ほかには、柳の若芽が芽吹き、フキノトウの花が咲く頃ともいわれます。啓蟄なのでフキノトウをおかずにするという家庭や、山菜料理を出すという飲食店もあるようです。フキノトウ以外の山菜も、スーパーや八百屋さんに出回る季節です。いずれも、春の訪れを強く感じさせる風景ですね。

防寒具ではない、松の幹に巻かれたわら

啓蟄ならではの風物詩をいくつかご紹介しましたが、やはり代表的なものは「松のこも 外し」の行事でしょう。

庭園の松などに、藁のようなものが巻いてあるのを見たことはありませんか? あれは「こも 巻き」といって、越冬のために枝から地中へ降りようとする害虫を、菰の中に留めるためのもの。 そのまま越冬させ、春になって再び菰から出て来る前に、虫も生まれた幼虫も菰ともども焼却してしまうという、昔ながらの害虫駆除方法です。

そして、焼却するために菰を外す時期的な目安が、啓蟄なのです。
現在は、害虫よりも益虫を駆除してしまう可能性が高いため、菰巻きを行わないところも多いようです。"風物詩"といわれるものの内容も、時代により変遷していきますが、自然に目を向けて季節を感じる姿勢は大切にしたいですね。

心地よい香りで伝える思いやり 香りのおもてなし

五感に結びつき人を魅了する香り

古代インドから西へ渡った香りの文化は、心身をリラックスさせる香油(こうゆ)のような形になり、中世ヨーロッパへと広まり、アロマテラピーを確立させていきます。そしてやがてフランスで香水となります。一方、東に渡った香りの文化は、仏教伝来とともに「祈りの香り」として日本に伝わってきます。室町時代には、貴族や上級武士たちが、高次元な芸術の世界へと高め「香道」をつくりあげました。
香りを言葉で表現する時、甘い香り、スパイシーな香り、華やかな香りなどと味覚や視覚など、他の感覚の表現をとることがあります。これは香りが五感に強く結びついているという表れです。現在では、貴重な香木として珍重される伽羅(きゃら)、白檀(びゃくだん)の香りには、鎮静効果があることが検証されています。

空間や季節ごとの香り

空間ごとにどのような香りが適しているかを説明いたします。 たとえば、リビングには花を主体に調合したフローラルな香りは、いかがでしょうか。この香りには雰囲気を爽やかに変える力があります。
またバニラエッセンスを中心にした、ほのかに甘い香りは、ほっとする温もりを感じさせる力をもってます。

「香」をくゆらす空間が和室なら、文字通り「沈香(じんこう)」の落ち着いた香りがふさわしく、お客様の寝室には、緊張をほぐすラベンダーの清々しい香りが安眠を誘います。このように香りを空間に合わせて組み替えることにより、その応用範囲は広がっていきます。

また、香りには季節感があります。秋から冬にかけては、深みや重みを感じる香りを主体にしてみましょう。バニラエッセンスやシナモンを中心に調合した落ち着いた香りが空間に温もりを醸し出します。

湿度の高くなる季節には、清涼感のある香りを選んでみましょう。爽やかなミント系やフルーティーなシトラス系や、香木・白檀の香りも新鮮な印象を演出します。
それぞれの香りの特徴を活かして、ちょっとした気分転換に香りを生活の中に取り入れてみてください。

日本には、新しくはじめる「あらたまり」という事初めの歳時があります。この初春、新たな思いをこめて香を焚く"香初め"で、お客様をお迎えしてみませんか。

一年で最も日が短くなる冬至=日が伸び始めるスタートの日

現在は影の薄い「冬至」実は意外と重要な日!?

年末は、クリスマスにお正月の準備にと、イベント盛りだくさんな時期ですね。そんな中、冬至の行事はいまいち影が薄め。でも、そもそもクリスマスは、古代ヨーロッパの冬至祭がキリスト生誕に結び付けられたものなのです。そんな、意外に重要な意味を持っている冬至について紹介します。

キリストの誕生日も、伊勢神宮の鳥居の位置も、冬至にあわせた?

ご存知の通り、冬至は一年で最も日が短くなる日。日に日に弱まっていく太陽の光が、冬至を境に勢いを盛り返します。このため、洋の東西を問わず、冬至は"太陽が再生する日"と認識されてきました。そして、太陽を信仰の対象とする地域(あるいは時代)では、太陽の再生を祝う冬至祭や、様々な習俗が生まれたのです。

例えば、キリスト教が勢いを持ち始めた頃のローマでは、太陽神を崇拝するミトラ教が隆盛を極め、冬至が盛大に祝われていました。キリスト教は、キリストの誕生日を冬至(当時は12月25日)に設定することで、ライバル宗教の信者をうまく取り込んでいったのです。
日本にも有名な冬至祭がいくつかあります。昨年、遷宮で話題となった伊勢神宮では、冬至になると、宇治橋の鳥居のちょうど真ん中から朝日が昇るのだとか。伊勢神宮内宮の祭神は、太陽を神格化した天照大御神。偶然ではないでしょう。

現代日本でもお馴染みのあの風習一陽来復いちようらいふくげん担ぎ

冬至は、一陽来復(いちようらいふく)といって、太陽が再生する=凶運が去り幸運が戻る日、と考えられてきました。冬至に南瓜(なんきん)を食べるのは、冬至に「ん」のつくものを食べると、幸運を呼べると考えられたから。
「いろはにほへと」が「ん」で終わることから、「ん」には一陽来復の願いが込められているのです。

また、柚子湯に入るのは、幸運を呼び込む前の禊(みそぎ)です。柚子は香りが強くて冬が旬。強い香りは邪気を払うと考えられていました。

風邪予防の観点からも、験(げん)担ぎの意味でも、冬至はかぼちゃで栄養をとり、柚子湯で温まりたいもの。柚子湯は、
①柚子を丸ごと入れる
②輪切りや半分にカットする
③カットした柚子を袋に入れる
④皮を何ヶ所か削いで丸ごと入れる
⑤皮だけ入れる
⑥汁をしぼる... 等々、意外とバリエーションが考えられます。

お肌や風呂釜との相性を考慮しつつ、お好みの方法で楽しんでください。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP