Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

涼しさを誘う インドアグリーン

暮らしに潤いを与えてくれるインドアグリーン。器選びや飾り方を工夫すれば、お部屋に涼しさを演出することができます。

日本のインドアグリーンの歴史

お部屋に小さなグリーンが一つあるだけで、安らぎを感じ、心を癒してくれます。日本では飛鳥時代に、草花を室内に飾る習慣が生まれ、平安期には中国から伝わった盆栽が貴族の間で広がり、やがて活け花の文化も庶民の暮らしに花や緑を飾る習慣となって定着していきました。このように日本人は室内に緑を上手に取り入れて、自然のもつ安らぎや涼感を暮らしに活かしてきたのです。

「涼」を感じさせるグリーン

では室内を涼しく感じさせるグリーンとはどのようなものでしょう。それには葉の形や色、ボリュームなどが関係しています。例えば、細い笹の葉を思わせるアレカヤシの種類は、窓辺に置くと微かな風にも葉を揺らし、涼しげな空気の流れを感じさせてくれます。また細い枝先に噴水のように葉を広げるドラセナも、室内に涼しさを伝えるグリーンのひとつです。明るい緑色の葉をもつパキラやポトスなど、見た目も爽やかで、光を優しく受けている様子は、木漏れ日の中にいるような心地よさを誘います。

グリーンと器で「涼」を演出

こうしたグリーンを、どのように飾ったらよいのでしょうか。
広めのリビングには、バッサイアやアレカヤシなど、背が高く存在感のあるグリーンを置いてみましょう。窓辺に置くと、葉が夏の日差しを和らげ、木陰にいるような涼しさを感じさせてくれます。鉢選びも、グリーンを飾る場合の大切なポイントになります。小さめのグリーンでも、高さのある鉢カバーに収めると、作品を展示しているような雰囲気が生まれます。色は白や黒などの無彩色の鉢にあわせると涼しさが引き出され、シンプルでモダンな印象になります。リビングのテーブルにはガラス鉢に清楚なアイビーをあしらってみるのも涼しい演出です。

例えばカヤツリグサやシラサギスゲなどをやや深さのある水鉢に植えて置いてみましょう。茎の先端に傘を広げたように細い葉を伸ばし、わずかな風にも揺れて心を和ませてくれます。玄関には、和の趣向をこらした盆栽風のグリーンを置いてみてはいかがでしょうか。小さなソテツを和風の陶器の鉢に合わせ、鉢土を苔でおおうと、涼やかな雰囲気が生まれます。キッチンには、ハイドロカルチャー(水耕栽培)をおすすめします。ハイドロカルチャーの魅力は管理のしやすさと器選びを自由に楽しめることです。小さな葉が可愛らしいアジアンタムをハイドロカルチャーにしてみると、ひんやりとした緑陰の空気を感じさせ、小さなオアシスをつくってくれるでしょう。ハイドロカルチャーは、水位計があれば鉢の中の水の量が分かりますので、管理が簡単です。

このようにグリーンは生活に潤いと安らぎを与えてくれるインテリアです。この夏、お部屋にグリーンを取り入れて、涼しさの演出を楽しまれてはいかがでしょうか。

料理が楽しくなる快適なキッチンへ

主婦にとって一日のうち長い時間を過ごすキッチン。料理を楽しむために、いつも心地よい空間にしておきたいものです。快適なキッチンをつくるためにどうしたらよいか考えてみましょう。

便利で美しいキッチンに

きれいで使いやすく、料理が楽しめるキッチンへ。まずは収納から考えてみましょう。収納の基本は「しまう」よりも「使う」を考えることです。つまり、調理器具は使う場所の近くに、取り出しやすい状態で収納するということです。

頻繁に使うためバラバラになりやすい調味料や小皿などは、それぞれを一つのかごにまとめて入れ、使う場所の近くに収納しましょう。また土鍋など季節によって使う頻度が変わる食器は、季節ごとに位置を変えることで出し入れがぐんと楽になります。また、ワゴンは手軽に収納力をアップできるおすすめのアイテムです。物をしまったまま必要な場所に移動できるうえ、調理台と同じ高さのワゴンを選べば、調理スペースとして活用できます。

キッチンの空間演出も、料理を楽しむことにつながります。例えば窓辺に小さな鉢植えを一つ置くだけで、気持ちが和らぐものです。ハーブの寄せ植えにすれば、料理の飾りつけとして活用できます。

また、パスタやオリーブオイル、ビネガーなどをビンに入れて飾れば、見た目も美しく、キッチンの楽しいアクセントになります。
使いやすく心地よいキッチンはレシピを広げる空間だけでなく、ゆったり料理する心のゆとりを与えてくれます。ちょっとした工夫で、キッチン環境をもっと快適なものにしませんか。

インテリアとして楽しむ多肉植物

色や形がユニークで、不思議な存在感をもつ多肉植物は育て方が簡単なこともあり、インテリアとしての人気も高まっています。そんなインドアグリーンとしての多肉植物についてご紹介します。

ユニークな多肉植物

多肉植物とは、砂漠や海岸などの乾燥した厳しい環境に対応できるよう、葉や茎、根などに水分を蓄えることのできる植物のことをいいます。サボテンやアロエなどが身近ですが、その他にも葉が球形のもの、星や珊瑚のような形をしたものなど、じつに多様な形態が存在します。

色も緑、朱、紫、黒など多彩で、春と秋の乾燥期に紅葉する種類もあります。
また多くの多肉植物が、可憐な花を咲かせるため、ユニークな姿と可愛い存在感から、インテリアグリーンとして注目を浴びています。

育てやすさも大きな魅力

ユニークな姿ばかりではなく育てやすさも、多肉植物の大きな魅力です。室内で育てる場合は、日射しの入る窓辺や棚の上などに置きますが、水やりは土が完全に乾いた時だけでよいため、通常の観葉植物より手間がかかりません。
また適応力が高く水や肥料を少なめに与えることで、小さな姿のまま育てることができます。もちろん大きく育てることも、美しい色や花を楽しむこともできます。
多肉植物は、強い日差しと多湿にさえ気をつければ、一年中室内で楽しめる育てやすい植物です。

さまざまな空間に置いて楽しむ

個性的な姿が楽しい多肉植物。インテリアとして上手に活かす方法を、部屋ごとにご紹介しましょう。
くつろぎの時を過ごすリビングは、グリーンが鮮やかで、形が楽しめる背の高い柱サボテンや、肉厚で幅広の葉を花のように何枚も重ねるエケベリアの種類がおすすめです。光が射し込む窓辺には、小さめでユニークな形のものをいくつか並べてみましょう。

マグカップやお洒落な器を鉢にすれば、雑貨感覚の愛らしい演出となります。広めのテーブルには、多彩な組み合わせの寄せ植えがおすすめです。
キッチンには、直接日光が当たらなくても育てられ、耐寒・耐暑に優れているアロエがおすすめです。アロエベラという種類ならジュースや、ヨーグルトなどに入れて楽しむこともできます。インテリアのアクセントとしてカウンターに置くには、葉の形が個性的で色も多彩なクラッスラやセダムなどがよいでしょう。

サニタリースペースには、湿気に強く緑色の葉が美しいハオルシアの種類がおすすめです。みずみずしい葉は眺めているだけで心をリラックスさせてくれます。

寝室や書斎などの個室には、ハート型の葉をしたハートカズラや、葉に触れると芳香が漂うアンボイニカスなどの小さめなものを選びましょう。ベッドサイドや棚に置いてあるだけで、部屋が愛らしい雰囲気に変わります。
あまり細かいことを気にせず、気軽に始められる多肉植物。まずは、お気に入りの種類を一つ選んで、室内のインテリアとして育ててみませんか。

ルーツを改めて知る お花見の楽しみ方

今年も待ちに待ったお花見シーズンの到来。例年以上にお花見を楽しむためにも、今一度お花見のルーツや桜の基本を知っておきたいもの。桜の様々な楽しみ方をおさらいしてみましょう。

お花見は、『豊作祈願』、『歌を詠む宴』として、いにしえから幅広く親しまれてきました。

春は様々な花が咲き誇りますが、やはり、古くから一目置かれる存在だったのが「桜」です。「さ」は早苗、早乙女、皐月などと同じく稲や田の神様を指し、「くら」は、神様の座る場所という意味を指すとして、「桜」は春になって舞い降りた田の神様が宿る木と考えられていました。そのため、農民にとって、花見は豊作祈願の行事であり、桜の咲き方で、その年の収穫を占うほど神聖なものでした。

また、平安貴族は、桜を愛でては歌を詠み、宴を開いて楽しみました。江戸時代になると、園芸技術や品種改良が進み、より多くの場所で桜が見られ、庶民の間でも花見が広がるようになりました。

そうして広がった桜は、大きく二種類に分けられます。一つは、古くから詩や歌に詠まれてきた「山桜」をはじめとする野生のもの。もう一つは、鑑賞を目的に人の手によって広げられた園芸品で、これは三百種類以上もあるといわれています。現在、日本の桜のおよそ八割を占める「染井吉野」も後者。江戸時代末期に染井村(豊島区駒込)の植木屋が二つの桜を交配したことで生まれました。十年ほどで立派な木に成長するため、次々と植えられましたが、自力で繁殖できないため、いま多くの染井吉野が寿命を迎え、植え替えが進んでいます。
今では、桜は色んな種類を楽しむことができます。さらに、満開時期か散り際か、賑やかな昼か妖艶な夜か、いつ誰とどう見るかによっても、楽しみ方は様々。今年はお花見のルーツを想いながら、いつもより少し風流に楽しんでみてはいかがでしょう。

様々な視点で桜を見て楽しもう。

平安時代から桜が歌に詠まれていたように、桜にまつわる美しい言葉があります。さりげなく会話やメールに用いれば、春を風雅に楽しめそうです。

    例文)
  • 「桜吹雪が素敵でしたね。花あかりに誘われて遠回りしましょう」
  • 「雨で桜流しや花筏が楽しめそうですね」

桜吹雪(さくらふぶき)

満開の頃は「花盛り」、散る桜は「こぼれ桜」、花びらが舞い散る様子を「桜吹雪」といいます。

花あかり

夜に見る桜は「夜桜」、花の白さで辺りがぼんやり明るく見えることを「花あかり」といいます。

桜流し

桜の季節に曇りの日は「花曇(はなぐもり)」といい、雨や水で花びらが流れる様を「桜流し」といいます。

花筏(はないかだ)

水面に散った花びらが、風や流れで吹き寄せられている様子を「花筏」といいます。

アジアンインテリアで「和み」を楽しむ

自然素材のぬくもりがどこかなつかしいアジアンインテリア。いつもの見慣れた空間に取り入れると、個性的な味わいや安らぎを演出してくれます。上手に取り入れることで、自分好みの「和み」の空間をつくってみてはいかがでしょうか。

暮らしに根づいたインテリア

日本や中国、韓国などアジアンインテリアは、私たちの心を落ち着かせてくれます。竹、紙、木、布といった自然素材の優しい手触りや素朴な温もりが、空間に安らぎを与えてくれるのかもしれません。また、シンプルな美しさは、必要性から生まれました。例えば竹籠や花器などにも、使徒に合わせた実用的で無駄のない形が多く見られます。柔らかな素材感と素朴な温もり、そして歴史や伝統を感じさせる趣が、暮らしの中に「和み」をもたらしてくれる理由なのでしょう。

洋室にもしっくりと調和

アジアンインテリアの大きな魅力は、確かな存在感により、小物ひとつで部屋の雰囲気を大きく変えてくれることです。欧米では、着物の帯をタペストリー代わりに飾ったり、染付の丸火鉢を花器として利用するなど暮らしにアジアンインテリアを上手に取り入れています。西洋の機能的な空間にとって、東洋の神秘的な美しさは効果的なスパイスとなるのです。

アジアンインテリアを楽しむ

アジアンインテリアの楽しみ方を、部屋ごとに考えてみましょう。リビングは、フローリングの床にユニット式の琉球畳やラグを敷き、座布団やクッションを置けば、ゆっくりくつろげる床座の空間ができあがります。雑貨やグリーンなどは、座ったときの視線に合わせた低い位置に置くことがポイントです。リビングボードなど家具の上に置く小物は、二つをシンメトリーに置くとバランスよくレイアウトできます。

また、壁面の広い空間には和紙やシルク、リネンなどで作られたタペストリーを飾ってみましょう。タペストリーの前に小さいチェストや花器を置くことで、洋室の中に「床の間」のような落ち着いた空間をつくることができます。また伝統的な染めや織りのタペストリーを飾れば、部屋に重厚な雰囲気を与えてくれるでしょう。

ダイニングは、テーブルがポイントです。まず、タイシルクや藍染めのテーブルランナーを敷いてみましょう。それだけでいつもと違った空間をつくり出してくれるはずです。そして、小さめのモンステラやセロームなどの観葉植物をのせるとさらに魅力的な空間になります。ランチョンマットやナフキンなども、テーブルランナーに合わせてコーディネイトしてみましょう。

玄関カウンターにおすすめのアイテムは、苔玉や小さな盆栽、香炉などです。お客様を迎える空間を凛とひきしめながらも、温かみのあるものに仕上げてくれます。お香を焚く場合は、お客様がいらっしゃる20~30分ほど前に焚き終えておきましょう。大きめの壺を傘立てとして使うと印象的です。
わたしたちの祖先が慣れ親しんだ自然の温もりと、伝統の味わいをもつアジアンインテリアを上手に取り入れて「和み」の空間を楽しんでみませんか。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP