Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

住空間は人の心にどう影響する?環境心理学者小俣謙二

なぜ人は住まいを自分らしく個性化するのだろう。家はそこに住む人の心にどんな影響を及ぼすのだろう。人と家のつながりを環境心理学者の小俣謙二さんにお伺いした。

住まいはヒトの「なわばり」である

住まいはそこに暮らす人の性格や嗜好を反映する器だ。なぜ私たちは自分らしいデザインや間取りの家を建てて、お気に入りのインテリアで心地よく演出したいと思うのだろうか。小俣さんによると、こうした行為は動物のなわばり行動の一形態だという。

「動物にとって巣やなわばりは、外敵から身を守り、安全に休息し、そこで餌を食べたり、子どもを育てることができる大切な場所です。こうした役割は私たちが住まいに求める役割とも多々共通しています。ですから家はヒトのなわばりのようなものだと考えられるのではないでしょうか」
動物の場合は「ここは私の場所である」ということを表すために、匂いのような自分特有のものを付着させて自己主張をするが、それと同様に私たちは自分の嗜好と深く関わったモノを使って住まいを個性化することでなわばりを示しているのかもしれない。

自分らしい家づくりが心理的安定をもたらす

では環境心理学的に見て、こうした自己表現は住む人の心理にどんな影響を及ぼすのだろう。
「私が大学・短大生を対象に調査したところ、個室を自分らしくアレンジしている人ほど自分自身の価値観を身に付けており、何事も自己判断で行う傾向が強いことがわかりました。また、海外の大学の寮で、入学して半年の間に退学してしまった学生と、学業を続けている学生の部屋を見比べた調査では、好きなスポーツ選手やスターのポスターを貼ったり、家族や恋人の写真を飾ったりしている学生の方が退学をせず、学校生活にうまく適応できていました。このことからも住空間の個性化=自己表現は、住む人の自我の確立を助け、精神衛生に良い影響を及ぼすことがわかります」

 実際、一人でゆっくりと自分を振り返りたいようなとき、他人に邪魔されずに落ち着ける空間が家の中にあれば私たちは心がやすらぐ。また、絵画や調度品など自分の趣味や価値観を表すものを眺めながら暮らせば充足するし、自分の生き方や考え方を振り返るきっかけも与えてくれる。
小俣さんが主婦を対象に行った調査でも、結果は明快だった。
「家の中に自分らしさを表す場所があるか、自分の思い通りにできる場所があるか、他人に入られたくない場所があるかなど、なわばり空間の有無と情緒的安定性、心身症傾向、災害や犯罪への不安などの関係を調べてみました。すると、そうした場所を一つでも持っている主婦は、持っていない主婦に比べて情緒的に安定し、不安も少ないことがわかったのです」
家族のための存在から一個人に戻ってリラックスできることが精神的なゆとりを生み、心理的な健康をもたらすのだろう。

子ども部屋を持つことで自我の確立が促される

家族が集まる団らんの場と子ども部屋の関係にも目を向けてみたい。個室を与えるのは果たしていいことか、与えるのなら何歳頃がよいのか、どんな位置関係にすればコミュニケーションが保てるかなど、親の頭を悩ませるところである。子どもはいつ頃から自分の場所をほしがるようになるのだろうか。
 実は部屋とまではいかなくても、自分の空間をもちたい欲求は3歳頃からすでに見られる。玩具など自分の物を入れる場所を持ちたがるのだ。そして小学校5・6年生になると、約8割の子どもが自分専用の個室を欲しがり、さらに思春期を迎えた頃から、子どもは家族を含む他人が自分の部屋に侵入することを嫌がるようになる。

「こうなると子どもが自室で何を考え、どんなことをしているのかと不安を覚える方もいるでしょうが、過剰に心配する必要はありません。青年期に多少閉じこもり的な行為があったとしても、それは発達の一時期の現象であり、自已の確立に必要なことかもしれませんから。思春期は子どもから大人への転換期で、この時期にさまざまな課題を解決して成長していかなければなりません。そうしたとき一人になって思考・空想ができる場を持つことは、むしろ子どもの精神面での自立を助けると思います」

最近は家族のいるリビングを通って子ども部屋に行く間取りを重視する方もいるが、大切なのは「子どもが帰ってきた姿を見ることができる」という点で、通過は不可欠ではないと小俣さんは言う。親が子ども部屋を与える最大の理由は「落ち着いて勉強させたい」だろうが、子ども部屋の役割はそれだけではない。どんな位置にするかよりも、むしろ子ども部屋=勉強部屋という考え方から脱却して、思春期以降は親が子どものプライベートな空間をどれだけ尊重できるかの方が子育てにとって大切な視点なのかもしれない。
 家はそこでの暮らしの体験や抱いた感情が自我に結びつき、巣立ったあとも生涯、心の拠り所となる。我が家らしい自己表現に満ちた住まいで精神の安らぎを得て、子どもの自立心を育み、家族の歴史を健やかに紡ぎたいものだ。

小俣謙二(おまた・けんじ)

1953年神奈川県生まれ。1981年、名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。住環境心理学、犯罪心理学専攻。現在、駿河台大学心理学部教授・心理学部長。著書に『住まいとこころの健康-環境心理学からみた住み方の工夫-』(ブレーン出版、1997)、『犯罪と市民の心理学-犯罪リスクに社会はどうかかわるか』(編著:北大路書房)など。

家づくりを成功に導く情報収集の秘訣住生活ジャーナリスト田中直輝

家づくりを考え始めたら、インターネットや住宅雑誌で情報を得るとともに、まず出かけたいのが住宅展示場だ。住生活ジャーナリストの田中直輝さんに、情報収集のポイントやモデルハウスを賢く見学する方法を伺った。

テーマを決めて住宅展示場を見学しよう

家を建てることは、ほとんどの人にとって初めての経験となる。どうすれば予算内で満足のいく住まいができるのか、最初は戸惑うばかりだろう。自分が納得できる家づくりをするためには、工法の特長、気密性、断熱性、耐震性、間取り、設備、住宅ローンの組み方など、さまざまな知識が大切になる。「まずはインターネットでいろいろと検索してみようか」という人は多いのではないだろうか。

「今やインターネットは情報の収集には欠かせないツールになりました。効率よく情報が得られ、比較検討もしやすいので便利です。住宅会社のサイトで商品情報や企業姿勢を知って、どんな工法でどのようなコンセプトの家をつくっているのかなど、基礎的な情報をつかんでおくといいでしょう。ただし、いろいろな情報に振りまわされないように気をつけてほしいですね」と田中さんは語る。インターネット上には、本当に正しいかどうかわからない情報も氾濫しているからだ。
「口コミ掲示板などに書かれたコメントには、単なる誤解や担当者とのコミュニケーション不足が招いた的外れな批判も見受けられます。過剰に気にせず、確認すべきポイントを教えてもらったぐらいの気持ちでいるといいでしょう」

家づくりのポイントを知るには、やはり実物を見るのがいちばんだ。住宅展示場を訪れて気になるモデルハウスをいくつか見学し、あれこれ質問するうちに、幅広い知識が身につき、自分の判断基準ができてくる。できれば日を改めて違ったエリアの展示場も見てまわりたい。ただし漫然と出かけると、ただ歩き回って疲れただけに終わってしまう。田中さんは、テーマを決めて出かけるのが賢く見学するためのコツだと言う。

「ひとつの建物の中に間取り、素材、デザインなど、家づくりの参考になるさまざまな要素の提案が込められています。たとえば今日は『家事をラクにする動線を確かめる』、『収納の工夫を見る』といったように、見学のテーマを決めて出かければ、複数のモデルハウスも効率よく見学できます」
また、モデルハウスで好みの雰囲気や気に入った箇所があれば、写真に撮っておくといい。帰宅後、家族で話し合うときに写真があると便利だし、プランニングの段階で担当者に見せれば希望のイメージが伝わりやすい。

信頼できて相性の合う担当者との出会いの場に

住宅展示場は建物を見るだけの場ではない。営業担当者の知識や提案力、接客の対応、人柄を確かめる場でもある。ここで信頼できて相性ぴったりの担当者と出会えれば、家づくりは半ば成功と言っても過言ではない。
「特に注文住宅は白紙の状態から打ち合わせを重ね、我が家にとってのベストプランを数ヶ月かけて担当者とつくり上げていく作業ですから、心を開いて何でも相談できる相手でなければ疲れますし、不満も残ります。そういう人と巡り会うためにも、展示場を積極的に活用するといいと思います」
ただ、モデルハウスは一般住宅よりも広く豪華につくられているので、実際に建てる住まいとは違ってくる。モデルハウスで最新の空間提案を見たら、次に身近なサイズやグレードで建てられた分譲展示場にも出かけたい。暮らしがリアルにイメージでき、敷地の有効活用の仕方や立地条件を生かした採光・通風の工夫なども参考になる。また、技術や施工力が確かめられる構造体見学会も一度は行っておこう。完成してからでは見ることができない建物の構造躯体がつぶさにチェックできる。
こうした体験を重ねることで、家を見る目が自ずと養われて、理想の我が家のイメージが明確になっていく。納得のいく家づくりをするためには、早めに行動することをおすすめしたい。

田中直輝(たなか・なおき)

1970年生まれ。福岡県出身。早稲田大学教育学部を卒業後、海外17カ国を一人旅。その後、約10年間にわたって住宅業界専門紙・住宅産業新聞社で主に大手ハウスメーカーを担当し、取材活動を行う。現在は、「住生活ジャーナリスト」として戸建てはもちろん、不動産業界も含め広く住宅の世界を探求。オールアバウトの「ハウスメーカー選び」ガイドとして、一般消費者を対象に広く住まいづくりの情報提供も行っている。

おしゃべり上手は子育て上手AERA with Kids 取締役デジタル本部長中村正史

教育から人間関係まで、幅広い切り口で親と子どもの本音に迫る『AERA with Kids』。綿密な取材によって描き出される現代のリアルな家族像は、読者の強い共感を呼んでいる。中村正史取締役デジタル本部長に子育てのこと、そして家のことについて伺った。

子育てで一番大切なのはコミュニケーション

『アエラ ウィズ キッズ』のコンセプトは、「おしゃべり上手は子育て上手」。親子の活発なコミュニケーションが、子育ての基本だと考えています。
学校から帰ってきたら、その日にあったことをお母さんに話す。休日にはお父さんと話をする。こうした日常の何気ない親子の会話が、なによりも大切です。
親子で話すときの、子どもの様子を思い浮かべてください。まず、親の話を聞こうとするでしょう。実はこれ、聞く力が育つと同時に、大人の話し方や難しい語彙を覚えていく上でとても有用です。
そして、子どもは話を聞いたら自分の考えをまとめ、それを言葉にして伝えようとします。つまり、表現力が身につきます。さらに、子どもは親に話を聞いてもらえると、安心感が生まれる、自信もつくのです。

ある調査では、親子の会話量が多いほど勉強に費やす時間が長く、学力向上につながる傾向にある、という結果が出ています。もちろん、勉強がすべてではありません。しかし、相手の話をよく聞いて理解し、それに対して自分の考えを発信するというコミュニケーション能力は、今、社会や企業でもっとも求められているものです。これは経団連などの調査を見ても明らかでしょう。
ある大学の先生とお話しをする機会があったのですが、「話しているときに、相手の目を見ない学生が増えている」という言葉を洩らしていました。また、ある企業の経営者に求める人材像を尋ねたら、「挨拶ができる人」とシンプルに言い切りました。
人の目を見て話す、挨拶をする。これはコミュニケーションの基本ですが、一朝一夕では身につきません。小さい頃からの積み重ねによって培われるものだからこそ、子どもとの会話を大切にしてほしいですね。

子どもはとてもやさしい、親も努力して会話しよう

かつて、日本の家は大家族で暮らすのが当たり前で、地域には親戚も多く、隣近所との付き合いも活発でした。子どもにとっては、親だけではない"斜め"の人間関係が普通に存在しており、大人という他者に触れ合う機会が豊富にありました。
しかし、都市部を中心に核家族化が進むことで、親と子という"縦"の関係しかない家庭が一般的になりました。さらに、母親も外で仕事をする共働き世帯が増えている昨今、親と接する時間も減っているのが、子どもの置かれている現状です。
仕事でへとへとになって帰ってきて、子どもに話しかけられると、つい「後でね」「ちょっと静かにしていて」と言いたくなる気持ちもわかります。
でも、都内の小学校で、子どもたちに聞き取り取材をしていると、みんな親のことをよく見ていることに気づかされます。同時に、ものすごく気を遣っているんです。
「お母さん、疲れているみたいだから、あまり話しかけないようにしよう」
「気分を害してしまったかな」
子どもは親にすごくやさしいんです。だから、親もそのやさしさにがんばって応えてあげないと。話を聞かない状態が続くと「言っても無駄なんだ」と思って、なにも話さなくなってしまいます。
父親も、社員が減って仕事量が増えるという、昨今の労働環境を考えると、子どもと生活の時間帯を合わせられないのが現実だと思います。ならば、せめて休日は子どもと意識的に会話をしましょう。平日でも、朝食だけは子どもと一緒に食べる。そんな努力をしているお父さんもいますよ。

コミュニケーションを豊かにするための家づくり

会話をしよう、と繰り返し言っていますが、なにも特別な話をする必要はありません。その日の出来事、友だちの話、先生の話。日常的なことをたくさん聞いてあげることが、まずは大切です。
ただ、会話は場の影響を受けるものですから、家のつくりはよく考えたほうがいいでしょう。先ほど、昔の日本の家の話をしましたが、かつて、部屋を仕切るものはドアではなく、障子や襖という空間の境が曖昧なものが使われていました。 つまり、家族構成に加え、家のつくりも変わったことで、家族同士の気配が感じにくくなっていることもあるのです。
しかし、ある程度成長したら、子どものプライバシーも尊重してあげたい。となると、家族が自然と集まり会話できるような共有スペース、つまりリビングの場づくりがとても大事になってきます。

最近は、自室ではなくリビングで勉強をさせる習慣も浸透してきています。対面式のキッチンなら、親が料理しながら子どもに勉強を教えたり、手伝ってもらったりしやすい。そこから会話も生まれます。ちなみにお手伝いをする子は、要領や段取りを覚えるので賢くなりますよ。とくに料理はとてもいい。食育になるし、包丁を使わせると手先が器用になるからです。
また、リビングには地球儀や地図、百科事典、書籍などを置くようにしましょう。たとえば、テレビでトランプ大統領が出てきたら、アメリカはここ、ワシントンはここ、とすぐに地球儀で教えてあげられるからです。

漢字や算数などの学力だけではなく、子どもの知力や教養、知的好奇心を育む上で、こうした環境はとても大事です。「知る」ということは面白い。そういう空気を作りましょう。
これから、夫婦共働きの家庭はさらに増えていくはずです。学校から帰ってきたときに、お母さんがいないのは寂しいかもしれない。でも、会話で大切なのは時間ではなく、中身の深さと質です。子どもの毎日の出来事を、ちゃんと聞いてあげれば大丈夫。たくさんおしゃべりして、楽しく、自信をもって子育てしてほしいですね。

中村正史 (なかむら まさし)

長年にわたって教育・大学問題に携わり、『週刊朝日』記者時代に『大学ランキング』を企画し創刊。『週刊朝日』副編集長、『AERA』誌面委員などを経て教育・ジュニア編集部長に。『AERA with Kids』の編集長も務め、朝日新聞グループの教育関連媒体を統括。現在は、取締役デジタル本部長。

大増税時代だからこそ住まいづくりSUUMO編集長池本洋一

消費税増税が見込まれ、相続税も改正によって増税となったいま、それでも住宅を購入するとしたら、どんなことを意識したらいいのだろう。市場動向に精通しているSUUMO編集長 池本洋一さんに伺った。

●大増税時代に突入しつつある今、住宅へのニーズはどのように変化しているのでしょう。

現在の住宅市場のなかで堅調なのが、共働き世代と50歳以上のシニア世代のニーズです。共働き世代には、子どもが生まれると、子育てと仕事を両立させなくてはならず、それにふさわしい住宅を求める必然性があります。夫婦でペアローンを利用できることも大きいでしょう。一方でシニア世代の住み替えは、子どもが独立した後は自分たちの望む暮らしがしたい、あるいは老後の資金としての資産価値を期待するという思いがあるのでしょう。
この傾向はマンション市場でより顕著ですが、戸建て住宅でも同様の動きが見受けられますね。

●戸建て住宅も資産価値を意識するようになっているのですね。

資産活用というとマンションを連想するのに対し、戸建て住宅は一生住み続けるという感覚ですね。ところが、今は事情が少し変わりつつあります。というのも、人も住宅も寿命がとても長くなりました。以前なら子どもの誕生、進学や就職など、その成長を追いかけていればよかったのですが、今はその先まで考えなくてはなりません。両親の面倒を見るため実家に住む、仕事で海外赴任をするなど、不測の事態が起こることもあるでしょう。年金が減った後の老後の資金として、あるいは売却や賃貸せざるを得ないときの担保として、戸建て住宅にも資産価値が求められているのです。

●では、どんな住まいづくりを心がけたらいいのでしょうか。

箱と中身を分けて考えることが大切です。箱とは構造体などの建物部分で、耐震性や耐久性といった基本性能をしっかり確認する。その際、必要な性能は担保したうえでコストに合理性があるかどうかも、きちんと説明してもらうようにしたいですね。
中身は、やはりデザイン性でしょう。動線がコンパクトで家事の時短ができるなどの機能面はもちろん、内装や家具などに自分らしさを表現できるのか、この辺りも重要になってきます。
同時に、可変性も考えておくべきでしょう。たとえば、子どもが巣立った後の部屋を賃貸する、老いた親御さんや単身の兄弟姉妹と同居するなど、事情によっては異なる世代や世帯と暮らす可能性もあります。そうした将来を見すえながら、最小限のリフォームで対応できる間取りにすることも考えておきたいですね。

●建てて終わり、ではなく、その後のことも重要ですね。

今、中古住宅の流通において問題になっているのは、性能の証明、つまりエビデンスです。それがなければ取引ができず、中古流通のネックの一つになっています。ですから、今後は性能を数値的に証明するエビデンスがとても重要になるはずです。せっかく長期優良住宅の認定を受けたとしても、その後の維持管理やその履歴がなければ、資産価値が正しく評価されない可能性もあります。メンテナンスや保証について十分なサポート体制があるかどうかは、ぜひ確認してほしいと思います。
大事なことは、お金のことも含めて、いかに納得できる説明をしてもらえるかどうかですね。

●将来を見すえた住まいづくりが大切なのですね。

先ほど申し上げたように、人も住宅も寿命が伸びています。直近の事情だけを考慮するのではなく、20年、30年先を意識してほしい。その際に重要なのが、お金の問題です。日本人は奥ゆかしいせいか、親子で互いの資産について話し合うことが少ないのですが、気持ちよく次の世代へ引き継ぐためにも、互いの状況を把握することは大事です。家を建てるというのは、まさにそのグッドタイミング。親子みんなでお金と暮らしについて話し合っていただきたいと思います。

池本洋一(いけもと・よういち)

1995年上智大学卒業、同年株式会社リクルート入社。「都心に住む」編集長、「住宅情報タウンズ」編集長、「SUUMOマガジン」編集長を経て、2011年より「SUUMO」編集長に就任。消費者、不動産会社、賃貸オーナー向けの講演、業界新聞での連載、マスメディアを通じて住まいのトレンド発信を行う。2013年より国土交通省「中古住宅市場流通活性化ラウンドテーブル」委員。

長寿社会の二世帯住宅住宅資産研究所倉田剛

税制改正による相続税の優遇措置もあって、「二世帯住宅」に関心が高まっている。具体的にはどんなメリットがあるのだろう。そして高齢化社会の「共住」はどう変わっていくのだろう。住宅資産研究所主宰の倉田剛さんにお伺いした。

強まる同居志向、資金面でもメリット大

人々が「絆」の大切さを見直すようになった今、家づくりにおいても親子二世帯の同居志向が強まっている。ひとつ屋根の下で子ども家族と暮らしていれば、老いていく親は何かと心強いし、子どもにとっても日頃から親の健康状態がわかるので、介護が必要になったときも早めに対応できる。子育ての面でも安心だ。昨今は夫婦共働きの家庭が多いが、親に子どもの面倒を見てもらえれば心置きなく働けて、保育所の待機児童問題などで悩むこともない。一方、親は孫の成長と向き合える喜びがあり、暮らしにメリハリも生まれる。孫にとっても、祖父母とのふれあいから得るものは貴重だろう。
「資金面で考えても二世帯住宅にするメリットは大きいですね。実家を建て替えれば土地代がかからず、土地から購入する場合も1軒分でいいから安くすみます。建築費用も別々に建てるより軽減できますから」と倉田剛さんは語る。

小規模宅地の特例が緩和、二世帯住宅が相続税対策に

さて、2013年度の税制改正で、2015年1月より相続税の基礎控除額が大幅に引き下げられ、路線価の高い都市部では相続税の負担が大きく増えると予想されている。一方で二世帯住宅の宅地相続については優遇特例の要件が緩和されたことから、今、有利な相続税対策としても二世帯住宅が関心を集めている。
優遇特例とは「小規模宅地等の特例」と呼ばれるもので、子が親と同居していた住宅の宅地を相続する場合、適用条件を満たせば一定の面積まで相続税の評価額が80%減額されるというもの。この適用面積が330㎡に引き上げられたのだ。
それだけではない。二世帯住宅といっても、玄関やキッチンや浴室を共有する「完全同居型」、玄関は1つで他は別々の「玄関共用型」、玄関からキッチン、浴室まですべて独立した「完全分離型」といったさまざまなタイプがある。これまで内部で行き来できない「完全分離型」の場合、同居とはみなされず、優遇特例が受けられなかった。「完全分離型」でも優遇特例の対象となり、二世帯住宅の設計を考える上で選択肢が広がったのだ。将来、親が亡くなって相続した場合、完全分離型で建築した二世帯住宅なら、親が使っていた居住部分を賃貸に転用して資産の有効活用を図ることもできるからうれしい。

民間リバースモーゲージで老後の経済的自立を実現

長寿命社会では高齢者の経済的自立が求められる。それを支援する仕組みとして、倉田さんが推奨するのが、持家を年金化する「リバースモーゲージ」だ。
「自分の家に住み続けながら、その家を担保に老後の生活資金を年金の形で借り入れ、死後に一括返済する仕組みで、欧米では古くから普及しています」
ただし、日本では認知度が低く、利用件数も少ないのが現実。厚生労働省の公的制度リバースモーゲージもあるが、生活困窮者を対象にした適用要件になっているため、この先も利用は限定的だろう。そこで倉田さんが新たに提唱するのが「個人型リバースモーゲージ」ともいうべき持ち家活用である。
「持ち家を相続財産とみなすのではなく、老後の家計を助ける経営財と考えるのです。具体的には、二世帯住宅を親子の共有名義で建てたら、きちんと契約を交わして親の持ち分を毎月割賦払いで子どもに買ってもらい、毎月収入を得ます。子どもは親からちゃんと購入したわけですから、兄弟間の不毛な相続争いも避けられます」

倉田さんは他人世帯との共住型リバースモーゲージも提案する。たとえば、今は離れて暮らす子ども家族と親が将来同居したい場合など、完全分離型の二世帯住宅を建てておいて、10年間の定期借家権で当面は他人家族に貸すといったプランだ。
「あるいは高齢者が境界壁を共有するテラスハウス型の二世帯住宅を他人と区分所有で建てる。生前に持ち分をその人に割賦払いで購入してもらい、死後に引き渡すといった契約も個人的なリバースモーゲージとして検討できます。フランスでは18世紀頃からこうした契約が老後の生活資金調達の自助的な手法として定着しています」
本格的な少子高齢化社会を迎えた日本。老後の居住福祉を考えるとき、今後は他人世帯との共住も積極的に視野に入れた方がいいと倉田さんは説く。血縁関係を超えて人と人が心豊かにつながり、支え合って暮らしていく。「二世帯住宅」という建て方には、そんな未来型の居住福祉を叶える可能性も秘められているといえるだろう。

倉田剛(くらた・つよし)

1944年生まれ。住宅資産研究所主宰。一級建築士・土地家屋調査士。法政大学経営学博士、愛知工業大学経営情報科学博士、日本大学法学修士。法政大学現代福祉学部・同校大学院非常勤講師。NPO法人リバースモーゲージ推進機構理事長。国際ジャーナリスト連盟会員。日本フリーランス・ジャーナリスト連盟会員。著書に『リバースモーゲージと住宅』(日本評論社)、『居住福祉をデザインする』(ミネルヴァ書房)、他

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP