Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

日常を疎かにしない防災のすすめ朝日新聞一色清

報道を通してさまざまな分野を取材し、提言を続けてきた一色清さん。
自然災害については高を括らず、「日常と備えのバランス」が大切だと語る。
ここではご自身の身近な状況も含め、防災についてのご意見を伺った。

身近で進む耐震化制度が後押し

── 東日本大震災から8年。防災や減災について、身近に感じられていることは何でしょう。
一色 2013年に、国土交通省が「建築物の耐震改修の促進に関する法律」の改正法を施行しました。主なポイントは、不特定多数が利用する病院や店舗、旅館などの旧耐震基準建築物に対し、15年末を期限に耐震診断と結果報告を義務づけるというものです。また、それまで規定のなかったマンションや戸建て住宅などにも、旧耐震基準建築物については耐震診断と耐震改修の努力義務を求めています。
こうした制度により、私の身近でも耐震改修工事を施す建物が増えてきました。最も身近なところでは、妻の実家が耐震補強を目的にリフォームしました。最初は躊躇していましたが、自治体からの助成もあり、少ない負担でより暮らしやすい環境を手に入れたと、今ではとても喜んでいます。また近所のボウリング場も耐震基準に満たないとして、建て替えられることになりました。さらに言えば、実家のある松山では、明治期に建てられた「道後温泉」をどう上手く耐震改修工事するのか、これが話題を集めています。今、日本中でそうした耐震改修工事が進んでいるのではないでしょうか。

日常を疎かにしない防災が必要

── 一方で、東日本大震災直後には高まった防災意識も、今はかなり薄れているように思います。
一色 実は先日、妻と我が家の防災について話す機会がありました。東日本大震災時に水を確保するのが大変だったこともあり、その後、かなりの量の飲料水や食料を買い込んだとのこと。ところが、それらがそっくりそのまま保管されていることがわかりました。災害用につくられた水でも賞味期限は5年だそうですから、我が家の備蓄品はかなり怪しい(笑)。唯一、上手く使用と備蓄が循環できているのが、カセットコンロ用のガスボンベでした。これは、ふだん鍋料理にある程度の頻度で使用するからなんですね。
逆に関心したのは、各部屋に懐中電灯を吊るし、閉じ込められたときのために浴室とトイレに笛を置いていること。また、寝室に履き物を備えていることでした。
── 防災について家族と話し合うことは大事ですね。
一色 そうなんです。備蓄品の確認だけでなく、こういう場合は何をして、どう避難するのか。あるいは家族が離れているときに、どう連絡を取り合うのか。災害時のシミュレーションをして、それを家族が共有することが大切だと思います。

── 住まいは家族の防災拠点でもあります。今後は何が求められるのでしょうか。
一色 東日本大震災後の調査で、メディアで最も役立ったものは何かという問いに、被災地以外の人は「テレビ」と答えたのに対し、被災地の人は「ラジオ・新聞」でした。「ラジオ・新聞」は、電気がなくても情報の受発信が可能です。その例からも、大規模災害時は「電気が使えない」ことを前提に考える必要があります。
長期に自宅で避難する場合を考えると、太陽光発電と蓄電池などを備えて、電気の「自産自消」を図ることも考えなくてはならないと思います。そうした創エネ、蓄エネはふだんの暮らしにとってもメリットがありますね。また、電化製品も、停電時に稼働できるバックアップシステムがあるとうれしい。家電が使用できるだけで、本格的な支援を待つ間も日常に近い形で生活できて、ストレスも軽減されるはずです。
これからの防災の要は、日々の暮らしを快適にしたうえで、何ができるのか。日常を疎かにしない防災。そんな視点が大切なのではないでしょうか。

一色清(いっしき・きよし)

1956年、愛媛県松山市生まれ。東京大学法学部卒。78年朝日新聞社に入社し、福島、成田支局を経て、東京本社経済部。証券、農林水産、エネルギー、自動車、貿易、大蔵などを担当後、94年に『アエラ』編集部へ。2000年より『アエラ』編集長。『be』エディター、出版本部長補佐などを経て、08年10月からテレビ朝日『報道ステーション』コメンテーターを務めた。12年1月まで『WEBRONZA』編集長。現在、教育総合本部 教育コーディネーター。

巣にはいのちを守り育む工夫がいっぱい鳥の巣研究家鈴木まもる

ミサワホームの創立50周年記念の一つとしてホームページで公開されている「いきものたちの巣まい図鑑」。 子どもを守り育てる知恵と工夫に満ちた、いきものたちの巣を紹介するサイトだ。 監修を務め、鳥や巣を描いた鈴木まもるさんに、いきものたちの「巣まい」の世界についてうかがった。

鳥の巣、と聞いて、あなたはどんな形を思い浮かべるだろう。おそらく、木の枝や草でつくられたカゴのようなものではないだろうか。実は鳥全体からみると、それはごく一部の姿。世界で9千種類以上といわれる鳥たちがつくる巣は、種類によって千差万別。たとえば東南アジアなどに生息する「キムネコウヨウジャク」は、裂いたヤシの葉などを使って、細い枝からぶらさがった袋状の巣をつくる。
「この巣の形、何かに似ていると思いませんか? 実は妊婦さんのおなかの形とそっくりなんです」
そう語るのは、絵本作家として150冊以上の著作を発表しながら、30年以上も鳥の巣の研究を続けている鈴木まもるさんだ。
「丸く膨らんでいるところが産室で、筒状の部分が出入り口です。人間の赤ちゃんが育つ場所に卵があり、そこで育ったヒナが下向きの出入り口から出てくるのも、妊婦さんのおなかと同じ構造なんですね。キムネコウヨウジャクの巣は、細い枝先につくられるため、卵やヒナを狙う猿などの外敵がたどり着けず、下向きの出入り口は外敵の侵入を防ぎます。子どもを安全に育てるためのさまざまな工夫が形になっているんです」

卵やヒナにとっては、自然環境の厳しさも命を脅かす脅威だ。アフリカにすむ「シャカイハタオリ」の巣は、過酷な自然の中で快適に暮らせる構造になっている。
「巣があるのは砂漠地帯で、日中気温が40度以上、夜間はマイナス10度以下という、寒暖差が非常に大きな気候です。ところが、巣の中の温度は常に26度ぐらいに保たれています。枯草でつくった厚い壁が断熱材の役目を果たしているんです。人間がつくるかやぶき屋根と同じ構造なんですね」
30年以上続けている鳥の巣の研究は、常に驚きの連続だったと語る鈴木さん。

「このほかにも、土と枯草で山をつくって、地熱や発酵熱で卵を温める巣があったり、外敵をあざむくダミーの入口を備えた巣があったりと、鳥の巣の工夫とバリエーションの多さには本当に驚かされます。大昔の人間たちも同じように驚かされていたんじゃないでしょうか。南米のセアカカマドドリという鳥は、土に藁をまぜてカマドのような巣をつくるんですが、現地では、人間がしっかりとした家をつくるための見本として神様が授けた巣だといわれています。土だけでつくった家はすぐに崩れてしまいますが、藁をまぜることで現地の人間も丈夫な家をつくれるようになったんですね」
鈴木さんの仕事場には、世界中で収集した膨大な数の鳥の巣が並べられている。鳥の種類の多くは、卵を産むたびに新しい巣をつくる習性を持っており、ヒナが育った後の巣は、使われなくなって風や雨で朽ちてしまう。鈴木さんが収集した巣は、朽ちた巣を持ち帰ってご自身で修復したものだ。

「鳥の巣は環境によって素材も違いますし、工夫の形もさまざまです。けれど、すべてに共通しているのは、子どもを安全に、ストレスなく育てることです。鳥たちは、これを教わって学ぶわけではありません。たとえばハタオリドリは、6世代まったく『巣』を見せずに飼育しても、ちゃんと同形の巣をつくれるんです。本能なんですね。こうした子育ての本能的な行動は、人間にも共通していると思います。ですが最近では、知識や情報の多さに翻弄されて、大切なことを少し忘れてしまっている気がします。なかには子育てに悩んで育児放棄してしまったり、自分が安心できる場所を持てないストレスから他人を傷つけるようになってしまったり。鳥たちの巣を知ることは、今の世の中を改めて見直し、人は何のために生きるのかを知るきっかけにもなる大切なことだと思っています」
いのちを守り育む工夫に満ちた鳥の巣は、私たちの住まいを考える上でも大切な気付きを与えてくれるに違いない。

鈴木まもる(すずき・まもる)

1952年東京生まれ。画家・絵本作家・鳥の巣研究家。絵本・童話のイラストはこれまでに150冊以上。「講談社出版文化賞絵本賞」など、受賞歴多数。1986年に伊豆半島に転居後、野山でみつけた鳥の巣の造形的魅力のとりこになり、独学で巣の研究と収集を開始。鳥の巣に関する著作も数多く、全国で鳥の巣展覧会も開催。

資産価値を落とさない住まいづくり不動産コンサルタント長嶋 修

住宅は20年で資産価値がゼロになる時代が終わろうとしている。資産として、住宅の価値が活きる住まいづくりには、何を考えたらいいのだろうか。第三者性を堅持した個人向け不動産コンサルタントの第一人者、長嶋修さんに伺った。

●住まいの資産価値を考えるとき、日本は欧米の先進国とは異なる事情があるようですね。

これまで、日本の住宅は20年で資産価値がゼロになるといわれてきました。その背景には、建物の価値はなくなっても地価が高いとそれなりの資産形成ができたことから、住宅の資産価値が注目されなかったという日本の特殊性があります。
上のグラフにもあるように、アメリカでは住宅投資に対して住宅ストックの資産額が確実に積み上がっています。ところが、日本の場合は住宅ストックの資産額は大きく下回っています。住宅が資産にならないばかりか、長期的には地価も下がる傾向にあるといわれていますから、これでは新築することの経済的合理性がありません。そこで、国も中古住宅について一律に築後20~25年で建物の市場価値がゼロとなる慣行を見直し、築年数ではなく住宅の質を評価しようと動き出しました。新たな評価手法が確立されると、3000万円で購入した住宅の状態が良好なら、30年後もまだ3000万円の資産として認められる、という可能性もあります。ですから、将来、資産価値が落ちにくい住宅を建てることをおすすめしたいですね。

●資産価値が落ちにくい住まいのポイントを教えてください。

まずはロケーションです。どんなにお金をかけた豪邸でも、周辺に誰も住んでいなければ、資産価値は低い。人の集まる地域、利便性の高い地域など、売買や賃貸といった市場の流動性のある立地であるかどうかがポイントです。また、昨今は大規模な自然災害が増えています。自治体ごとに災害に対するハザードマップが公開されていますが、国も土地についてのそうした情報を一元化し、不動産価格の透明性を確保しようと取り組み始めました。ですから、これらをチェックすることも肝要です。

●住まいの性能面でポイントになることは何でしょう。

やはり、耐震性ですね。耐震等級は倒壊防止の場合、「1」が建築基準法の耐震性、「2」がその1.25倍、「3」が1.5倍を表します。熊本地震のように、震度7や震度6が短期間に複数回発生するという想定外の地震が、日本中どこでも起こる可能性があります。新築の場合は、最低でも「耐震等級3」はほしい。耐震性は地盤とも密接に関係していますから、地盤の状況を把握し、必要に応じてしっかりと改良することも考えたいものです。
そして特に注目してほしいのが、省エネ性です。2020年には現在の省エネ基準を満たすことが義務化されます。この基準をぎりぎりクリアするのではなく、できるだけ高い水準を満たした住宅をつくることが大切です。省エネ性の高い住宅は光熱費を大幅に削減し、断熱性が高いため結露しにくく長持ちします。また、家族の健康面にも好影響を及ぼします。
ドイツやイギリスでは、各物件に「エネルギーパス」という省エネ性能を表示することが義務付けられています。立地や価格だけでなく、どれだけ省エネができるのか、それが不動産を選ぶ際の重要な条件になっているのです。日本も、これからは省エネ性の高さが資産価値を大きく左右するはずです。

●性能の高い住まいは、価格も高めになりがちですが。

確かに、省エネ性が高いなど良質な住宅は、建築費というイニシャルコストは高めです。しかし、住み始めてからの光熱費やメンテナンス費などを含めた住宅のトータルコストを考えたときには、むしろ低くなります。つまり、できるだけ良質な住宅を建てることが、将来も資産価値が落ちにくく、家計的にもリーズナブルなのです。これからは、ぜひそうした視点で住まいづくりを考えてみてください。

長嶋 修(ながしま・おさむ)

第三者性を堅持した個人向け不動産コンサルタントの第一人者。1999年、業界初の個人向け不動産コンサルティング会社、株式会社さくら事務所を設立。現会長。国土交通省、経済産業省などの委員歴任、メディア出演、講演、執筆と活動は幅広い。『「空き家」が蝕む日本』(ポプラ新書)、『これから3年 不動産とどう向き合うか』(日本経済新聞出版社)他、著書多数。

住空間は人の心にどう影響する?環境心理学者小俣謙二

なぜ人は住まいを自分らしく個性化するのだろう。家はそこに住む人の心にどんな影響を及ぼすのだろう。人と家のつながりを環境心理学者の小俣謙二さんにお伺いした。

住まいはヒトの「なわばり」である

住まいはそこに暮らす人の性格や嗜好を反映する器だ。なぜ私たちは自分らしいデザインや間取りの家を建てて、お気に入りのインテリアで心地よく演出したいと思うのだろうか。小俣さんによると、こうした行為は動物のなわばり行動の一形態だという。

「動物にとって巣やなわばりは、外敵から身を守り、安全に休息し、そこで餌を食べたり、子どもを育てることができる大切な場所です。こうした役割は私たちが住まいに求める役割とも多々共通しています。ですから家はヒトのなわばりのようなものだと考えられるのではないでしょうか」
動物の場合は「ここは私の場所である」ということを表すために、匂いのような自分特有のものを付着させて自己主張をするが、それと同様に私たちは自分の嗜好と深く関わったモノを使って住まいを個性化することでなわばりを示しているのかもしれない。

自分らしい家づくりが心理的安定をもたらす

では環境心理学的に見て、こうした自己表現は住む人の心理にどんな影響を及ぼすのだろう。
「私が大学・短大生を対象に調査したところ、個室を自分らしくアレンジしている人ほど自分自身の価値観を身に付けており、何事も自己判断で行う傾向が強いことがわかりました。また、海外の大学の寮で、入学して半年の間に退学してしまった学生と、学業を続けている学生の部屋を見比べた調査では、好きなスポーツ選手やスターのポスターを貼ったり、家族や恋人の写真を飾ったりしている学生の方が退学をせず、学校生活にうまく適応できていました。このことからも住空間の個性化=自己表現は、住む人の自我の確立を助け、精神衛生に良い影響を及ぼすことがわかります」

 実際、一人でゆっくりと自分を振り返りたいようなとき、他人に邪魔されずに落ち着ける空間が家の中にあれば私たちは心がやすらぐ。また、絵画や調度品など自分の趣味や価値観を表すものを眺めながら暮らせば充足するし、自分の生き方や考え方を振り返るきっかけも与えてくれる。
小俣さんが主婦を対象に行った調査でも、結果は明快だった。
「家の中に自分らしさを表す場所があるか、自分の思い通りにできる場所があるか、他人に入られたくない場所があるかなど、なわばり空間の有無と情緒的安定性、心身症傾向、災害や犯罪への不安などの関係を調べてみました。すると、そうした場所を一つでも持っている主婦は、持っていない主婦に比べて情緒的に安定し、不安も少ないことがわかったのです」
家族のための存在から一個人に戻ってリラックスできることが精神的なゆとりを生み、心理的な健康をもたらすのだろう。

子ども部屋を持つことで自我の確立が促される

家族が集まる団らんの場と子ども部屋の関係にも目を向けてみたい。個室を与えるのは果たしていいことか、与えるのなら何歳頃がよいのか、どんな位置関係にすればコミュニケーションが保てるかなど、親の頭を悩ませるところである。子どもはいつ頃から自分の場所をほしがるようになるのだろうか。
 実は部屋とまではいかなくても、自分の空間をもちたい欲求は3歳頃からすでに見られる。玩具など自分の物を入れる場所を持ちたがるのだ。そして小学校5・6年生になると、約8割の子どもが自分専用の個室を欲しがり、さらに思春期を迎えた頃から、子どもは家族を含む他人が自分の部屋に侵入することを嫌がるようになる。

「こうなると子どもが自室で何を考え、どんなことをしているのかと不安を覚える方もいるでしょうが、過剰に心配する必要はありません。青年期に多少閉じこもり的な行為があったとしても、それは発達の一時期の現象であり、自已の確立に必要なことかもしれませんから。思春期は子どもから大人への転換期で、この時期にさまざまな課題を解決して成長していかなければなりません。そうしたとき一人になって思考・空想ができる場を持つことは、むしろ子どもの精神面での自立を助けると思います」

最近は家族のいるリビングを通って子ども部屋に行く間取りを重視する方もいるが、大切なのは「子どもが帰ってきた姿を見ることができる」という点で、通過は不可欠ではないと小俣さんは言う。親が子ども部屋を与える最大の理由は「落ち着いて勉強させたい」だろうが、子ども部屋の役割はそれだけではない。どんな位置にするかよりも、むしろ子ども部屋=勉強部屋という考え方から脱却して、思春期以降は親が子どものプライベートな空間をどれだけ尊重できるかの方が子育てにとって大切な視点なのかもしれない。
 家はそこでの暮らしの体験や抱いた感情が自我に結びつき、巣立ったあとも生涯、心の拠り所となる。我が家らしい自己表現に満ちた住まいで精神の安らぎを得て、子どもの自立心を育み、家族の歴史を健やかに紡ぎたいものだ。

小俣謙二(おまた・けんじ)

1953年神奈川県生まれ。1981年、名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。住環境心理学、犯罪心理学専攻。現在、駿河台大学心理学部教授・心理学部長。著書に『住まいとこころの健康-環境心理学からみた住み方の工夫-』(ブレーン出版、1997)、『犯罪と市民の心理学-犯罪リスクに社会はどうかかわるか』(編著:北大路書房)など。

家づくりを成功に導く情報収集の秘訣住生活ジャーナリスト田中直輝

家づくりを考え始めたら、インターネットや住宅雑誌で情報を得るとともに、まず出かけたいのが住宅展示場だ。住生活ジャーナリストの田中直輝さんに、情報収集のポイントやモデルハウスを賢く見学する方法を伺った。

テーマを決めて住宅展示場を見学しよう

家を建てることは、ほとんどの人にとって初めての経験となる。どうすれば予算内で満足のいく住まいができるのか、最初は戸惑うばかりだろう。自分が納得できる家づくりをするためには、工法の特長、気密性、断熱性、耐震性、間取り、設備、住宅ローンの組み方など、さまざまな知識が大切になる。「まずはインターネットでいろいろと検索してみようか」という人は多いのではないだろうか。

「今やインターネットは情報の収集には欠かせないツールになりました。効率よく情報が得られ、比較検討もしやすいので便利です。住宅会社のサイトで商品情報や企業姿勢を知って、どんな工法でどのようなコンセプトの家をつくっているのかなど、基礎的な情報をつかんでおくといいでしょう。ただし、いろいろな情報に振りまわされないように気をつけてほしいですね」と田中さんは語る。インターネット上には、本当に正しいかどうかわからない情報も氾濫しているからだ。
「口コミ掲示板などに書かれたコメントには、単なる誤解や担当者とのコミュニケーション不足が招いた的外れな批判も見受けられます。過剰に気にせず、確認すべきポイントを教えてもらったぐらいの気持ちでいるといいでしょう」

家づくりのポイントを知るには、やはり実物を見るのがいちばんだ。住宅展示場を訪れて気になるモデルハウスをいくつか見学し、あれこれ質問するうちに、幅広い知識が身につき、自分の判断基準ができてくる。できれば日を改めて違ったエリアの展示場も見てまわりたい。ただし漫然と出かけると、ただ歩き回って疲れただけに終わってしまう。田中さんは、テーマを決めて出かけるのが賢く見学するためのコツだと言う。

「ひとつの建物の中に間取り、素材、デザインなど、家づくりの参考になるさまざまな要素の提案が込められています。たとえば今日は『家事をラクにする動線を確かめる』、『収納の工夫を見る』といったように、見学のテーマを決めて出かければ、複数のモデルハウスも効率よく見学できます」
また、モデルハウスで好みの雰囲気や気に入った箇所があれば、写真に撮っておくといい。帰宅後、家族で話し合うときに写真があると便利だし、プランニングの段階で担当者に見せれば希望のイメージが伝わりやすい。

信頼できて相性の合う担当者との出会いの場に

住宅展示場は建物を見るだけの場ではない。営業担当者の知識や提案力、接客の対応、人柄を確かめる場でもある。ここで信頼できて相性ぴったりの担当者と出会えれば、家づくりは半ば成功と言っても過言ではない。
「特に注文住宅は白紙の状態から打ち合わせを重ね、我が家にとってのベストプランを数ヶ月かけて担当者とつくり上げていく作業ですから、心を開いて何でも相談できる相手でなければ疲れますし、不満も残ります。そういう人と巡り会うためにも、展示場を積極的に活用するといいと思います」
ただ、モデルハウスは一般住宅よりも広く豪華につくられているので、実際に建てる住まいとは違ってくる。モデルハウスで最新の空間提案を見たら、次に身近なサイズやグレードで建てられた分譲展示場にも出かけたい。暮らしがリアルにイメージでき、敷地の有効活用の仕方や立地条件を生かした採光・通風の工夫なども参考になる。また、技術や施工力が確かめられる構造体見学会も一度は行っておこう。完成してからでは見ることができない建物の構造躯体がつぶさにチェックできる。
こうした体験を重ねることで、家を見る目が自ずと養われて、理想の我が家のイメージが明確になっていく。納得のいく家づくりをするためには、早めに行動することをおすすめしたい。

田中直輝(たなか・なおき)

1970年生まれ。福岡県出身。早稲田大学教育学部を卒業後、海外17カ国を一人旅。その後、約10年間にわたって住宅業界専門紙・住宅産業新聞社で主に大手ハウスメーカーを担当し、取材活動を行う。現在は、「住生活ジャーナリスト」として戸建てはもちろん、不動産業界も含め広く住宅の世界を探求。オールアバウトの「ハウスメーカー選び」ガイドとして、一般消費者を対象に広く住まいづくりの情報提供も行っている。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP