Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

人々の幸せを創り出すデザインとは?工業デザイナー水戸岡鋭治

デザインは社会の中でどんな役割を担っているのだろうか。デザインの力で私たちの暮らしはどう変わるのだろう。
JR九州の新幹線800系や豪華寝台列車「ななつ星」をはじめ、話題性の高い数々の鉄道車両を創り出し、日本の旅文化に新たな魅力をもたらしたデザイナーの水戸岡鋭治さんにお話をお伺いした。

・鉄道デザインと出合ったきっかけについてお聞かせください。

 もともと僕はイラストレーターで、若い頃は建築の完成予想図などを描いていたんです。ただ、いつかは本格的にデザインに取り組んでみたいという熱い思いがありました。それもグラフィックだけ、プロダクトだけというふうに特化するのではなく、総合的なデザインがしたいなと。願いが叶って1987年に福岡市のホテルのデザインに参加し、そのときの縁で当時のJR九州の社長から、車両のデザインをやってみないかと声を掛けられたのです。

・デザインをする上で大切にされているポリシーはなんでしょう。

JR九州 九州新幹線800系。シートは伝統の織り布地と本革の構成。テーブルなど木の温もりを活かしたエコ・デザインも特徴。木製ロールブラインドには九州山地の山桜を使用している。

 利用者の視点に立って考えるということです。日本の公共の空間は、見るもの、使うもの、美しくもなければ楽しくもなくて心地いいとは到底言えません。僕は公共空間のデザインの質の高さが、その国で暮らす人々の幸せに直結すると考えています。たとえば公園が禁止項目の看板だらけでなく、もっと自由で楽しい場であれば、自分の家に特別な庭を持たなくても心豊かに暮らせます。身近な環境の質が高ければ、子どもたちにも自然に豊かな教養や美意識が備わるでしょう。ですから僕は依頼主と徹底的に議論をしてでも利用者の立場に立ち続けることを旨として、長年デザインの仕事を続けてきました。鉄道車両にしても企業の事情を優先するのではなく、あくまでも乗客が喜ぶものをつくるという姿勢を貫いているつもりです。

・車両の内装に無垢材を使うなど、素材にもこだわりが感じられます。

 人が心地よいと感じるのは、やはり昔から触れてきた木、紙、土、草といった素材なんですね。鉄やガラスもそうです。ですから車両にも無垢材やガラス、革などを贅沢に使い、さらに和紙や金箔、組子など日本の伝統工芸も取り入れています。もちろん最初はメンテナンスが大変だとか、コストがかかるからと抵抗にあいましたが、そこは譲りませんでした。大切なのは企業にとっての経済性や利便性ではなく、利用者に喜んでもらえるかどうか。そのために赤字になるとしたら、それはある程度必要な赤字であると説得しました。今の時代、小綺麗なだけのデザインはもう底が割れています。これからは企業も経済のソロバンではなく、心のソロバンをはじかないと生き残れないと思います。

・住まいの中でデザインが果たす役割とは何でしょう。

 デザインとは色、形、素材の組合せではなく、いわば思想なんです。どういう生活をしたいのか、どんな人生を送りたいのか、子どもをどんなふうに育てたいのか。家を見れば、そこに暮らす人の生き方や考え方がわかってしまいます。だからこそ家族の生活スタイルや価値観をきちんと反映させた家づくりをする必要があると思います。それと住まいのデザインには、機能的であるとともに心を満たす「用の美」が大切です。これらを重んじた住環境で生活すれば、自ずといい家庭が育まれるのではないでしょうか。うまくいけば資産価値も高まるでしょう。さらに美しい住宅が建てば、街並みも美しく進化していくという良いスパイラル効果が生まれます。

クルーズトレイン「ななつ星in九州」のデラックススイート。天然木が贅沢に使われ、建具は組子、天井はドーム型に格子のモールで装飾した仕上げ。窓にはカーテン、板戸、障子、木製ロールブラインドが備わっている。

・永く愛されるデザインとはどんなものだとお考えでしょうか。

「懐かしくて新しい」が僕のデザインのコンセプトです。世の中で永く愛されているものは、過去と未来の両方を見つめてつくられていると思うからです。また、美しいだけじゃなく、気持ちが明るくなる、豊かな会話が生まれるといった要素も不可欠でしょう。何十年経っても愛されるデザインは流行を追ったものではありません。常に本質、つまりあるべき姿を追求してこそ、時代を超えた普遍性が生まれるのだと思います。

水戸岡鋭治(みとおか・えいじ)

株式会社ドーンデザイン研究所・代表取締役。建築・鉄道車両など幅広いジャンルのデザインを手がける。特にJR九州の鉄道車両や駅舎デザインでは広く注目を集め、菊池寛賞・毎日デザイン賞・ブルネル賞・ブルーリボン賞など多くの賞を受賞。主なデザイン作品に、クルーズトレイン「ななつ星in九州」、JR九州の新幹線800系、特急車両の787系、883系、885系、和歌山電鐵「たま電車」、「たま駅舎」などがある。

伝統建築に学ぶ、日本の間取りの知恵建築家前田伸治

日本家屋の伝統的な間取りには、先人たちの知恵と工夫か宿っている。京都市で数寄屋造りに取り組み、伊勢市で伝統民家を手がけてきた建築家の前田伸治さんは、どこに魅力を感じているのだろうか。

広さを自在に変えられる「田の字」の間取り

盛岡市・K氏邸。吹き抜けの開放感あふれるリビング。無垢材を縦横に組んだ架溝が空間を引き締めている。南側には大きな窓から自然体が広がる。

現代日本の住まいはめまぐるしく変化してきた。特に高度成長期を迎えた頃から、リビングとダイニングキッチンが一体になったLDKスタイルが普及し、間取りが大きく様変わりした。 「でも、どういう暮らし方をしたらいいのか、根底ではまだ戸惑っている人が多いのではないでしょうか。昔のように畳だけの生活にはもう戻れないと思いつつも、ソファをリビングにでんと置き、そこに座ってくつろぐ欧米スタイルにどこかで納得していない人が多い気がするのです。だからでしょう、日本の伝統家屋の暮らし方を、今の家づくりにうまく反映させたいという方が増えています」と前田さんは語る。
では、それまでの日本の暮らしはどんなふうだったのだろう。日本家屋の代表的な間取りと言えば、「田の字」型。部屋が4つ田の字になるように並んでいることからこう呼ばれる。
部屋は襖で仕切られているだけなので、襖を開放すれば二間続きになるなど、空間の大きさを自在に変えられる利点があった。昔は冠婚葬祭や法事も自宅で行うのが普通であったが、そんなときも困らない。全て襖を取り外せば、柱と天井だけの大空間になり、大勢の人を招くことができる。住み手の意志次第で、閉じたり開いたりすることができるのだ。

「うなぎの寝床」京町家で土間や坪庭が果たす役割

盛岡市・K氏邸。土間を設けた玄関。木格子の建具から光と風が通り抜ける。

懐かしい昭和時代の間取りは、漫画の「サザエさん」に見ることができる。磯野家は庭付き一戸建ての平屋で、どの部屋も行き来が楽にできる襖で仕切られ、茶の間が家の中心にある。部屋が壁で仕切られた今の住宅と比べると、プライバシーが保ちにくいが、だからこそ大切にされてきたマナーがあり、そこから日本人の奥ゆかしさや礼儀正しさが育まれてきたと前田さんは考えている。
「サザエさんがカツオを叱るときでも、ちゃんと外から声を掛けてから襖を開けています。カツオも無断で波平さんの部屋に入ったりはしない。こういうマナーが当たり前のようにあったのですね。鍵に頼らなくても、暗黙のルールで家族の関係を大事にするなかから、日本の円満な暮らしは作られてきたのだと思います」
伝統的な日本家屋のひとつである京町家の間取りも見てみよう。ここには間取りや構造に快適に暮らすための先人の知恵がふんだんに盛り込まれている。
京町家は「うなぎの寝床」と称される間口が狭く奥行きの深いつくりが特徴で、「通り庭」と呼ばれる細長い土間が走っている。この土間は奥まで土足のまま通り抜けできるだけでなく、風の通り道としての役割も果たしている。
また、台所には天井に「火袋」という煙出しの天窓があり、ここから暗くなりがちな土間に陽光も採り入れた。坪庭を部屋と部屋の間に設けたのも、採光と通風を良くするための工夫である。
「土間があると、近所の人が気軽に訪れたり、汚れを気にせず土のついた野菜を置けたりと、いろんな場面で重宝しますし、夏場は水を打つとひんやりして気持ちがいいものです。今の住宅でも、玄関横などにつくっておくと、暮らしの幅が広がると思いますよ」

変幻自在な間取りを叶えるのは豊富な道具

東京都・S氏邸。都心の二世帯住宅。両家族が集う和室には庭の眺めが楽しめる。

日本家屋の部屋は変幻自在だ。卓袱台を持ってくれば、たちまち茶の間になり、自分の部屋の座卓を片付けて布団を敷けば、夜は寝室になる。季節に合わせて部屋を居心地良くしたり、行事にふさわしい雰囲気にがらりと変えることもできる。こうした変貌を叶えてきたのが、手軽に出し入れのできる豊富な道具類である。
日本では欧米のように動かしにくい家具を部屋にあまり置かず、持ち運び自由な道具を多用してきた。衝立や屏風、簾、御簾など、さまざまな装置を上手に使い、住空間にその都度、自分たちの目的に合う機能や環境を創り出してきたのである。

また、夏の建具や正月用の膳、婚礼屏風といったように、明確に季節や行事と対応した数々の道具があった。こうした道具類をしまっておく場所が必要だったから、昔はどの家にも蔵や大きな納戸が備わっていたのだろう。
このように見ると、日本人は間取りをフレキシブルに変えることで、狭いところを広く使い、不便を快適に変えるだけでなく、道具を使って四季の移ろいや節目の行事を慈しみ、大事にしてきたことがわかる。こうした暮らしの楽しみ方や季節の過ごし方を見習って、今のライフスタイルにうまく採り入れてはいかがだろう。

前田伸治(まえだ・しんじ)

1960年、埼玉県生まれ。1991年より(財)京都伝統建築技術協会伝統建築研究所で和風建築の研究と設計に取り組む。2004年、暮らし十職一級建築士事務所設立。2007年、第4回伊勢景観デザイン賞大賞(とうふや)、2008年、第40回中部建築賞受賞(五十鈴茶屋)、2011年、第30回三重県建築賞入選(浪曲茶屋)などの受賞歴をもつ。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP