Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

暮らしのなかに幸せがある ジオラマを通して描く生きる力ジオラマ作家山本高樹

ミニチュア模型で情景を表現する「ジオラマ」。
数々の作品をつくりだしている作家・山本高樹さんにジオラマ制作の舞台裏や徹底したこだわり、作品に込めた想いなどをお聞きした。

人間ドラマを凝縮した世界

昭和初期の賑わう銀座をジオラマに仕立てた「モダン都市銀座」。道行く人の服装や郵便ポストなど、小物の細部も忠実に再現。

2012年に放送されたNHKの連続テレビドラマ「梅ちゃん先生」。そのタイトルバックに使われたジオラマをご記憶の方は多いのではないだろうか。かつての建物を再現しただけでなく、当時の人々の生活感まで表現されたジオラマは、その時代を体験したことのない人までノスタルジックな気分にさせ、作品に入り込ませる不思議な魅力に満ちている。
「まさにそれが自分の描きたいものです。住まう、商う、暮らす、ときにはお酒を飲んで酔っ払ったり。そんな人間のドラマを凝縮させて注ぎ込むことで、ぼくのジオラマは完成するのです」と語る山本高樹さん。昭和の懐かしい風景と、そこでの人々の暮らしを、ミニチュアで表現し続けているジオラマ作家だ。

SF映画の特撮美術なども担当

昭和40年代の景色を描いた「あの日の駄菓子屋」。ショーケースに詰まった色とりどりのお菓子など、ノスタルジックな味わいが作品の隅々に。

「私がつくるジオラマは25分の1スケールですが、その理由も建物と人間の両方がつくり込めるちょうどよい大きさだからです。当時のディテールをしっかり再現できて、なおかつ人の豊かな表情を表現できるこの大きさは、自分の作品にはぴったりです」
ジオラマに配置する自動車や人形なども既製品は一切使わない。作品のすべてをカッターや定規などを使って手づくりする。唯一無二の世界観は、そんな徹底したこだわりがあるからこそだ。ちなみに25分の1というサイズは、実は「ウルトラマン」といった昔の特撮ドラマのミニチュアで採用されていた寸法だ。ジオラマ作家として活動する以前に、SF映画の特撮美術なども手がけていた山本さんにとって、そのサイズはとても親しみのあるものなのだろう。

工房でジオラマ製作中の山本さん。

「子どもの頃は特撮ドラマに夢中でした。おもちゃもたくさん売られていましたよね。仮面ライダーの変身ベルトや超合金のロボットとか。当時は今のようにモノがあふれた時代ではなかったし、身近な材料で工夫しながら自作して遊 んでいました。今にして思えば、簡単にモノを買ってもらえなかったことが、現在の仕事につながっているのかもしれません」
ジオラマ作家として独立する以前、映像美術制作会社で働いていた20代半ばの頃には、すでに失われ始めていた昭和の風景に強く惹かれていたという山本さん。
「城下町や街道沿いの宿場町など、日本全国の古い建物を見て回っていました。その頃から、いずれはこういう世界をミニチュアでつくりたいなと思っていました」

「気持ち」まで伝わる作品

作品用の建具のストック。わずか1㎜のホゾを切って部材を組み合わせるなど、驚くほどの精緻なつくりだ。

藁ぶき屋根の家や、蔵の残るまちなみといった日本各地の景色だけでなく、少年時代の身近な風景も作品を生む原動力になっている。「都内でもたくさん空き地が残っていましたよね。当時の子どもは、整えられた公園よりも、建築資材が無造作に積み上げられたような、そんな空き地が大好きでした。日が暮れるまで泥だらけになって遊んでいましたよね」
その「場所」だけを描くのではなく、その場所にいる人たちの「気持ち」まで伝わってくるジオラマ作品。山本さんならではの作品の個性は、そんな思い出の一つひとつを大切にしているからこそ生まれたものなのだろう。

屋根装飾や瓦などの小さな部品もすべて手づくり。自作のシリコン型に樹脂を流し込んで制作する。

「私の作品をすごく精密だとおっしゃってくださる方が多いのですが、実は設計図面のようなものは一切書きません。簡単なイメージスケッチを描いたら、後はどんな風にでき上がるか自分でもわからないうちにつくり始めます。つく っている間は悩みっぱなし。階段や部屋を加えるたびに、この空間はこんな風に使えたら面白いぞとか、こんなつくりなら自分もここに行ってみたくなるなとか、イメージを増殖させながら完成させていくのです」
そこでの暮らしや営み、楽しさや幸せを想像しながら建物をつくり上げていく。それは私たちの住まいづくりにも通じる大切なことかもしれない。

山本高樹(やまもと・たかき)

1964年千葉県生まれ。映像美術制作会社の社員として、映画、TV番組、CMの特撮美術や博物館の展示美術などの制作を手がけた後、2001年にジオラマ作家として独立、「昭和の心象風景シリーズ」の制作を開始。2012年にはNHKの朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」のオープニングタイトルに使用されたジオラマで注目を集める。著書に『昭和幻風景―山本高樹ジオラマ作品集』(大日本絵画・刊)ほか。公式ホームページ『模型日和下駄』 (http://www.hiyori-geta.com/

家族の事情で決まる「建て時」 ゆとりある資金計画を冷静に判断ファイナンシャルプランナー深田晶恵

はじめて資金計画を立てようとする場合、意外と見落としがちなポイントが少なくない。
資金計画相談業務の豊富な経験を持つファイナンシャルプランナー深田晶恵さんにうかがった。

我が家の建て時とは?

── 住宅ローンの金利が史上最低水準と呼ばれるレベルを推移しています。絶好の「建て時」「買い時」という声も聞きますが、どうお考えになりますか?

深田  金利が低い今のうちにローンを組んで住まいを手に入れておこうというのは、一般的にはその通りだと思います。ですが、金利などの外部要因以上に、家族それぞれの「我が家の建て時」を重視することが大切です。たとえば、住まいを購入してもお子さんが転校せずに済むタイミング。あるいは、お子さんの人数が確定したとき。そうした家族ごとの事情が建て時を左右すると思います。

── お子さんの数によって必要な養育費も大きく変わりますから、将来にわたる資金計画を立てるうえでも大切な要素ですね。

深田  お子さんの話でいえば、最近は「保育園縛り」という問題もあります。これは私の造語ですが、都心に近い利便性のいいエリアで賃貸住まいをしている共働き夫婦が、マイホーム購入を検討するとき、ようやくお子さんが入れた保育園の権利を失いたくないため、そのエリアから離れられなくなってしまうことを意味します。

── 待機児童の問題が盛んに報道される昨今では、改めて探そうとしても入れる保育園がないという事態もありそうです。

深田  今の便利な住まいから数十分電車に乗った郊外にエリアを拡げると、物件価格が1千万円以上安い戸建てが見つかる可能性もあります。思い切って子育てに向いたエリアに移って住まいを探すという方法もありますよね。ですが、「保育園縛り」が理由で、その選択肢を選べないという方もいらっしゃいます。

── 他にも意外と気づかない注意点があれば教えていただけますか。

深田  たとえば、初めて住まいを手に入れようと考えた場合、同じ勤務先の同期社員がマイホームを購入したのを見て、自分も同じ金額の住まいを買っても大丈夫と考える方がいらっしゃいますが、その判断は危険です。同じ収入でも、年間に貯蓄できる金額は人によって違いますからね。

我が家の「お金の実力」を知る

深田  結婚と同時に住まいを購入する計画を立てる若い方もいらっしゃいますが、それもおすすめしません。結婚してから二人でいくら貯蓄ができたか。それが何年続いたか。そうした実績、いわば「我が家のお金の実力」を見極めて資 金計画を立てていただきたいですね。貯蓄をすることは、住宅ローンを返す練習にもなります。

── 「お金の実力」を理解して返済計画を立てる。その重要性は若い夫婦以外にも言えますね。

深田  返済額を決める目安の一つに「今の家賃並みの額」という考え方がよくいわれますが、実際に家賃並みに設定すると苦しくなります。住まいを所有すると固定資産税がかかり、その分だけ住宅費がオーバーしてしまうからです。年間の家賃額から固定資産税額を引いて、残った金額を12で割ったものが、今と同じ暮らしができる返済額です。とはいえ、持ち家になるのだから、もっとがんばるつもりだという方もいらっしゃいます。そのための貯蓄に励んでいた方なら、家賃並みプラス1万円〜2万円多くても返していけるというケースもあります。

── 判断するうえでも我が家の「お金の実力」を知っておきたいですね。

深田  予期せぬことが起こるのが人生です。たとえば勤務先の業績が急に悪化したり、思いがけずもう一人子どもを授かったりといった理由で、世帯収入が一時的にダウンする可能性もないとはいえません。不測の事態に備えるためにも、住宅ローンでリスクを取るべきではありません。住まいづくりは決断する場面がたくさんあります。どれだけ冷静になれるか、それが大切です。

深田晶恵(ふかた・あきえ)

ファイナンシャルプランナー。(株)生活設計塾クルー 取締役。個人向けコンサルティングなどを行う一方、国土交通省の「住宅ローン商品改善ワーキングチーム」をはじめとした数々の委員を歴任。著書に『住宅ロー ンはこうして借りなさい』ほか。

賢い住まいづくりには低金利時代の今こそ「建てどき」住宅ローンアドバイザー高橋秀治

住宅ローン金利がきわめて低水準にある今は、賢くマイホームを手に入れる絶好のチャンス。
住宅ローンの金利タイプの選び方によっては、さらに差がつく住まいづくりが可能だ。
低金利時代だからこその住宅ローンの選び方を、住宅ローンアドバイザーにうかがった。

── まずは住宅ローンの金利のタイプについて教えていただけますか。

高橋 大きく分けると3種類あります。ひとつは「変動金利型」。一般的には固定型よりも金利が低く設定されていますが、金利の見直しが年2回行われ、金利が上昇して返済額が増えたりすることもあります。
次に「全期間固定金利型」。返済終了まで金利が変わりませんから、将来にわたって確実な資金計画が立てられます。
最後は一定の期間だけ金利を固定する「固定金利期間選択型」です。期間終了時に金利の見直しが行われ、その際に金利タイプを改めて選ぶことになります。

▲クリックして拡大表示

── 低金利時代では、金利が低い変動タイプが有利なのでしょうか。

高橋 少しでも当初の返済額を少なくしたい方には有利かもしれません。ただし、今後もこの低金利が続く保証はありません。
よく「金利が上がったら固定型に切り換えればいい」とお考えの方もいらっしゃいますが、固定型の方が変動型よりも金利の上昇が早く、切り換えようと思ったときには、かなり上昇していて、メリットが享受できない場合があるのです。

── 世界的な金利上昇の兆しが表れている今、変動型には確かにリスクを感じますね。

高橋 一方の固定型では、借り入れ時の金利が返済終了まで変わりませんから、金利が上昇しても、返済額が増えたりすることがありません。
ですから、子どもが成長して教育費の支払い額がピークに達したころ、金利も上がって返済額が増えるなどのリスクも防ぐことができます。

── 固定型はメリットが多いですね。

高橋 実は世の中の金利が高かったころは、変動と固定の金利差も大きかったため、固定をおすすめしづらかったのですが、今は金利差が非常に小さくなっています。
35年返済で3千万円借りたとして、月々の差額は、固定型が数千円多い程度です。逆に言うと、数千円多く払う余裕があれば、1%台という低い金利で全期間固定の住宅ローンが使えますから、返済途中で金利が上がれば、その差額はもっと小さくなります。
金利上昇リスクの保険料と考えても十分納得できる額ではないでしょうか。

▲クリックして拡大表示

── 金利上昇リスクの保険とはどういうことでしょう。

高橋 家が火災になれば火災保険、借りた方がお亡くなりになった場合は団体信用生命保険。どちらのリスクにも万が一の保険が用意されていますが、金利上昇のリスクにだけは保険がありません。

── いわば保険代わりなのですね。

高橋 ホームファーストファイナンスが提供する住宅ローン「ファーストFlat」なら、団体信用生命保険に、これまでの死亡保障に身体障害保障が加わった「新機構団信付きFlat」や、3大疾病保障に介護保障がついたものも用意しており、これまでのような団信特約料の別払いも不要です。

── 住宅メーカーがローンに関してそこまで取り組んでいることに驚きます。

高橋 かつての日本の住まい方は、アパートから庭付一戸建てへバージョンアップさせていく「ライフサイクル」の考え方が一般的でした。ですが、価値観の多様化が進んだ現代では、一人ひとりの生き方を尊重する「ライフコース」という考え方が主流です。これからの住宅メーカーは、住まいをつくるだけでなく、すべての生活をデザインする企業でなければならない。ミサワホームはそう考え、資金計画はもちろん、将来においてもさまざまなニーズにお応えしていきたいと思っています。

▲クリックして拡大表示

※ファーストFlatは独立行政法人住宅金融支援機構から【フラット35】事業の承認を得て、ホームファーストファイナンス(株)が提供する住宅ローンです。

高橋秀治(たかはし・ひではる)

ホームファーストファイナンス(株)融資部 開発業務課 兼 推進課 貸金業務取扱主任者・2級FP技能士・住宅ローンアドバイザー

高度工業化住宅が進化を続ける高精度による高耐久な品質元ミサワホーム総合研究所・南極 研究プロジェクト・主幹研究員手塚 啓

「高断熱」や「強固な構造体」だけでなく、「高精度」や「高耐久」など、さまざまな性能が高い次元で求められるのが南極の建物である。
その進化の歴史は、高度工業化住宅の歴史そのものといっても過言ではない。

昭和基地の物資を運搬する南極観測船「しらせ」

一度建設すると、簡単に建て替えることができないのが南極の建物だ。高い耐久性は絶対条件であり、そのために必要なのは精度の高い部材生産となる。徹底した品質管理のもと、工場で生産される木質パネルは、高い品質を安定して供給するという意味でも、南極の建物にうってつけといえる。実際、昭和基地で30年間使用した居住棟の部材を日本に持ち帰り、パネルの強度、接着、防火、断熱などの性能をチェックしたところ、まったく問題がなかったという結果が得られている。

また、南極の建物は容易に施工ができることも必要だ。基地の建物は隊員たちの手で組み立てられるが、そのほとんどは建築の素人。しかも極寒の地である南極では、建築作業が行える期間は天候が比較的穏やかな夏季の2カ月ほど。同時に、約1万4000㎞も離れた日本から部材を輸送するため、軽量かつコンパクトに梱包できることも求められる。

日本で精密に行われる仮組立

非常に厳しい条件が課されている南極の建物建設。実はこれらはすべて、ミサワホームが創立時からめざしていたものに他ならない。工場生産された高精度の部材を建築現場まで効率よく運搬し、作業者の技量に左右されることなく、安定した品質が確保できる施工を実現すること。さらにはユーザーの負担を減らすための短い工期など、南極の建物とミサワホームの高度工業化住宅には、共通点が多い。基本観測棟の観測体制に合わせてそれぞれの部屋を設計するという建物づくりも、ユーザーの要望にきめ細かく対応して設計を行い、木質パネルなどすべてを一邸ごとに工場で生産する「完全邸別生産方式」に通じるものがある。

昭和基地の建物に関わる業務を20年以上担当した手塚啓・元主幹研究員は、南極の建物をF1のレースマシンにたとえて説明する。「地球上でもっとも過酷な自然環境の南極で、技術革新に挑戦し続け、その蓄積によってお客さまに届ける製品をさらによくしていくということ。ミサワホームのこの姿勢は、極限の性能を競い合うF1で開発された技術が、一般の市販車にフィードバックされることと同じです」
業界最長クラスの保証制度も、ミサワホームの特長だが、これは南極で鍛えられた高精度・高耐久に絶対的な自信を持っているからこそだろう。長年にわたって築かれた技術は、未来の住まいづくりに向けて、さらなる貢献を果たしていくに違いない。

南極の木質パネルその耐久性

1968年度に建設された第10居住棟。現在は南極に建ってはいないが、解体された部材は日本に運ばれ、3年間使用された木質パネルの経年変化が調査された。その結果、耐久性や強度にも問題がないことを確認。性能の高さが改めて実証された。

第10居住棟の木質パネル(右)と、日本で使用されているミサワホームの木質パネル(左)。基本構造は同じだ。

宇宙へのチャレンジが始まった!

「月や火星に住まいをつくる」。そんな夢の第一歩となる挑戦が始まった。これはJAXA(宇宙航空研究開発機構)のプロジェクトの一環として行われるもの。天体に建設するための建造物には、建設やメンテナンスが容易で、エネルギーの自立循環が可能なことが求められるが、その実現をめざす研究開発をミサワホームがサポート。南極での実績や独自の研究開発力が活かされる予定だ。

M I S A W A a d v a n t a g e

今も残る50年前の「ホームコア」

1969年に発売された大型パネルによる「ホームコア」。7万人もの入居者の意向調査や海外での建設実績調査、延べ7,000人を超える人員の動員など、工業化住宅史上類を見ない大規模な研究開発が行われた。現在もその原型が残されている。

「完全邸別生産方式」による高度工業化住宅

徹底した品質管理体制のもとで工場生産された高品質な部品や部材を現場で効率よく組み立てる高度工業化住宅。ミサワホームは、さらに一邸ごとに住まいを丁寧に設計・生産する「完全邸別生産方式」を実現している。

長期保証と価値を維持する住まいづくり

耐久性の高い木質パネルと変形しにくい強固なモノコック構造が、経年劣化に強い住まいを実現。住宅業界最長クラスの構造体35年保証や、きめの細かいメンテナンスプログラムも用意されるなど、住まいの価値を長く維持するためのバックアップ体制も充実。

手塚 啓(てづか・けい)

元ミサワホーム総合研究所・南極研究プロジェクト・主幹研究員。20年以上にわたり昭和基地の建物に関わる業務を担当した。

極地の技術が日本で進化「蔵」のある基本観測棟ミサワホーム技術部福田 真人

創立から50年以上、数々の「今までにないもの」を送り出してきたミサワホーム。「基本観測棟」の12角形という斬新なフォルムもそんな挑戦から生まれた。2016年にスタートした現地での建設は、完成まであとわずかとなっている。

建設中の基本観測棟とオーロラ。オーロラ観測は、基地開設以来、継続して行われている。

南極での基本観測棟の建設にも携わった福田真人元隊員は、高床式12角形というフォルムには機能的な裏付けがあると語る。「風の流れをきれいに整え、効率よく雪を吹き飛ばすための形状です。本来の理想は球形ですが、施工のしやすさ、設備や家具の配置なども考慮し、風洞実験の結果と合わせ、12角形が最適であると判断したのです」基本観測棟は、建物の内部にも斬新な発想が活かされている。「観測体制が将来的に変化することを見据え、それに伴う間取りの変更が自由にできる構造です。そのため、外壁と床、真ん中の4本の柱以外は、どの壁を取り払っても構造体の強度が維持できるようになっています」現状では、各研究分野の観測方法の違いに合わせ、広さや天井の高さが異なるいくつもの部屋が用意されている。

南極では雪かきも大事なメンテナンス作業のひとつ。

「気象隊員がバルーンを膨らませる放球室は、4mの天井高が必要です。一方、オゾンの観測をする部屋は、天井高が1.7m以下でなければなりません。天井高の違う部屋をつくるとデッドスペースが生まれますが、そこを大収納空間『蔵』にして観測資材の保管などに活用します。さまざまな天井高の部屋がありながら、風速60m/秒の強風に耐えられる強固な建物を実現できるのは、木質パネルならではですね」実はミサワホームでは、30年以上も前に、間取り変更が容易な8角形の住まいを発売している。新しい技術は一朝一夕で生まれるものではなく、積み上げられてきた挑戦の歴史の上に成し遂げられるもの。基本観測棟は、そんなミサワホームの姿勢があるからこそ誕生したといえるだろう。

基本観測棟

これまで別々になっていた「気象棟」「地学棟」「電離層棟」「環境科学棟」の4つの研究棟をひとつに統合する「基本観測棟」。高床式で12角形という斬新な建物フォルムは、ブリザードの雪でも埋もれないことを狙ったものだ。将来の研究スタイルの変化を見据え、間取りが自由に変更できるようになっている。

8角形の住まいセンチュリーA8

ミサワホームが1985年に発表した、従来の常識を覆す8角形フォルムの住まい。RC構造の架台を利用した高床設計とし、ライフスタイルの変化に応じて間取りを自由に変えられるワンフロア40畳以上の可変空間となっている。画期的かつ斬新な発想は30年後の基本観測棟の源流といえる。

M I S A W A a d v a n t a g e

ミサワホームの「蔵」

基本観測棟でも採用された大収納空間「蔵」には、抜群の収納力の他に、変化に富んだ空間づくりができるメリットがある。進化を続ける「蔵」はスキップフロアで家族のほどよい距離感を生み出すなど、新しいライフスタイルを提案。さらには非常時に備える備蓄スペースにも役立つなど、日本の住まいに貢献し続けている。
※「蔵」は居室としての使用はできません。

福田 真人(ふくだ・まさと)

1979年、神奈川県横浜市生まれ。現在、ミサワホーム技術部。2015年12月から2017年3月まで、「第57次日本南極地域観測隊・越冬隊隊員(建築土木部門)」として、昭和基地に1年4カ月滞在。自然エネルギー棟のメンテナンス、基本観測棟の新築工事、情報処理棟・光学観測棟のリフォーム工事などを担当した。「南極クラス」の講師も兼任。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP