Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

愛猫の好みを理解することが快適な空間づくりのヒント

猫の習性を知ることで、猫も家族もストレスなく快適に過ごせる暮らし方が見えてきたのではないでしょうか。猫と共に快適に暮らす家づくりは、猫の習性を理解すれば、決して難しいものではありません。家の中で過ごすことの多い猫には、外と同じように楽しい思いをさせあげたいもの。どうしたら家のなかで安全に楽しむことができるのか、猫の気持ちになって考えてみるとアイデアが浮んでくるかも知れません。

猫の遊び場をつくる

猫用ポールでキャットタワーを [上下運動][高い場所][外を眺める]

猫の爪研ぎが一緒になった猫用タワーが各種販売されているので、高さのあるところに設置すると、猫のお気に入りの場所になるでしょう。市販のものを買わなくても、家具を階段のように並べて段差のあるスペースをつくってあげるのもよいでしょう。

カーテン部分を利用して、猫の足場に [上下運動][高い場所][自由に歩きまわる]

カーテンレールを覆うようにボックスを取り付けると、猫の格好の足場になります。対面の壁に同じ高さの棚を取り付け、板を渡すとキャットウォークが完成し、猫の好きな高い場所を自由に歩きまわることができます。また、カーテンレールが隠れるので、見た目にもスタイリッシュになります。

キャットウォークへつながるネコ棚を設置 [上下運動][高い場所][外を眺める]

ネコ棚を設置し、キャットウォークへ飛び上がる際のステップにしてあげると、運動や遊びのバリエーションが増えます。ときどき棚にとどまって休憩したり、景色を眺めたりするスポットにもなります。

POINT

猫がグルーミング(毛づくろい)によって飲み込んだ毛は、便と一緒に排出されることがほとんどですが、ときどき吐き出すこともあります。キャットウォークなどの高い場所で吐く場合もあるので、キャットウォークやネコ棚などを取り付ける際は、掃除のできる高さであることも考慮しましょう。

出窓を猫専用のスペースに [専用空間][外を眺める][昼寝場所]

外を眺めるのが大好きな猫のために、出窓カウンターを活用して専用スペースをつくってあげましょう。窓辺に箱ユニットを重ねると、猫用の階段になります。日向ぼっこの場、お昼寝の場にもなります。出窓がない場合は、サッシを出窓にリフォームすることで、スペースを活用でき、猫が喜ぶ居場所をつくってあげることができます。

ペットドアで自由に行き来ができる環境に [自由に歩きまわる][狭い場所]

リビングのドアなどに小さなくぐり戸を設けることで、猫が自由に室内を行き来できる環境になります。ドア表面を抗菌仕様にすると、汚れも簡単に拭き取れます。

室内での事故・ケガを防ぐ

床材を工夫し、室内でのケガを防ぐ

高いところを好む猫には、転落や足を滑らせるなどのケガの心配もつきものです。一般家庭のフローリング材は材質が固いものが多いので、クッション性のあるコルク材にしたり、絨毯にすることで、万が一の事故の被害を軽減することができます。

キッチンの出入り口はペットゲートで安全確保

自由に歩きまわりたい猫だからこそ、危険な場所への侵入を阻止する工夫も必要です。特にキッチンまわりは、調理器具や火、熱湯などなにかと危険がいっぱい。ペットゲートを設置して通れなくするなど安全対策をしましょう。

ドア付き収納棚で整理整頓

猫が家庭内の小物でケガをしたり、猫によって壊されたりイタズラされるのを防ぐためにも、収納棚はすべてドア付きにすることをおすすめします。テーブルや棚まわりも常に整理整頓しておくことが大切です。

快適な温度を保つ

寒がりな猫も、床暖房でポカポカ快適

猫は暖かい場所が大好きですが、ストーブなどの暖房器具周辺はとても危険です。火を使わない床暖房なら、熱源も露出しないので空気も汚さず室内全体を快適に暖めてくれます。ダニやカビの発生も抑えてくれるので、猫にも家族にも安心ですね。部分的に特殊加工を施したシートを上に敷いて猫専用のスペースにすると、汚れ対策になります。

ヒンヤリ気持ちいい土間スペース

タイル床材を使った土間スペースは、ヒンヤリした感触で高温多湿な夏も快適に過ごせます。掃除も手軽にできるのもうれしいですね。

猫と暮らす住まい -猫の習性-

犬猫の飼育数は2千万頭を超えるともいわれるペット全盛期の現在、犬や猫をペットとしてではなく家族の一員として迎える人も多いのではないでしょうか。家で過ごすことの多いペットには、家の設備や環境による事故やケガの心配があります。また、ペットと暮らすうえで、ニオイ、傷、汚れなど、家族にとっても気になることもあるでしょう。今回は猫との暮らしをテーマに、猫にも家族にも快適な生活スタイルをご提案します。

愛猫の好みを理解することが快適な空間づくりのヒント

プライドが高く、マイペースで気分屋な性格を「猫」に例えられることがあるように、猫は独立心が強く、単独行動を好む習性があります。犬のようにリーダーを必要としないので、飼い主に対する忠誠心も強くありません。そんな猫と上手につきあうために、習性や好みを理解して、快適な空間づくりに役立てましょう。

上下運動が得意

猫は平地を走り回るような平行運動より、上下運動によってストレスが解消されているといわれています。運動不足の解消や、肥満などからくる病気の予防にも効果があるので、できれば飛び上がったり飛び降りたりできるスペースを用意してあげましょう。物が出しっぱなしのテーブルや棚の上などは、猫にとっては危険そのもの。家庭内での不慮の事故を防ぐためにも、日頃から家具の上は片づけておくことが大切です。

高い場所を好む

猫は、床に近い場所よりも、本棚、タンス、冷蔵庫の上と高い場所を好みます。高い場所に居場所を求めるのは、敵が来ないように安全を確認するため(危険を早く察知するため)、また、高い場所から見下ろすことで自分が相手より大きな存在だと誇示するためだといわれています。

単独行動を好み、自分だけの空間を求める

独立心が強く、単独行動を好む猫には、指図されることを嫌い、自分の好きなように行動する習性があります。猫が部屋の中を自由に行き来できる環境をつくることも大切です。

1日の大半を寝て過ごす

「猫」という呼び名は「寝子(ねこ)」からきているという説があるほど、猫はよく寝る動物で、成猫で1日15〜16時間、子猫や高齢猫では20時間も寝るといわれています。獲物を捕まえるために寝てエネルギーを温存するという野生の本能が残っているのでしょう。

外を眺めるのが好き

猫はとても好奇心の強い動物なので、窓から外の風景を眺めるのも大好きです。

狭いところに入りたがる

箱や袋の中に入っている猫を見かけたことはありませんか。隠れて落ち着ける場所が好きな猫は、狭いところに入りたがります。体をピタリと寄せてガードできることに安心感を覚えるようです。猫がストレスをためないためにも、室内の何カ所かに隠れる場所を設けてあげるとよいでしょう。猫が狭いところに入っているときは無理に出そうとせず、そっとしておくことです。

居心地のよい場所を見つける

猫は、暑い時期は冷たい床に寝転がり、寒い時期はこたつで丸くなるというように、自分で居心地のよい場所を見つけることができますが、夏は涼しく、冬は暖かくなる工夫をすることでより快適な空間となります。日の当たる暖かい所にお気に入りのクッションなどを用意してあげるのもよいでしょう。

キレイ好き

猫はキレイ好きな動物なので、こまめにトイレ掃除をすることが大切です。汚れたままにしておくとニオイがきつくなるのはもちろん、汚いトイレを嫌って、他の場所で粗相をすることもあります。 また、ネコキレイ好きな習性から、舌をブラシ代わりにして体のすみずみを念入りに舐める、グルーミングを毎日行います。

爪研ぎ

猫にとって爪は攻撃されたときの武器であり、獲物を捕まえるときの道具でもあります。猫の爪を研ぐ行為には、爪の手入れだけではなく、爪を研ぐ際に足の裏の臭腺からフェロモンを出して、自分のニオイを残すマーキングの意味もあるといわれています。

ニオイ

ペットのニオイには、大きく分けて、「体臭」と「トイレのニオイ」があります。猫は、自分で毛を舐めてグルーミングしているため比較的体臭は少ないため、猫の悩みの多くはトイレのニオイになるでしょう。トイレの清掃を怠ると、微生物が尿や便を分解し、アンモニアなどの嫌なニオイを発生させます。

抜け毛

猫には春と秋に毛が生え換わる換毛期があり、その時期は、こまめに掃除をしていても、いつの間にか部屋中毛だらけということもあります。

わが家の浴室でスパ気分 -浴室の設備-

リゾートホテルなどのライトアップされた夜のプールや、星空の下の露天風呂の眺めは、疲れた心を癒してくれるものです。自宅のバスルームで非日常のリゾート気分を味わうには、照明を工夫することが一番効果的です。バスタブの水面にゆれる照明が、素晴らしい演出効果をもたらしてくれます。その他、非日常を演出するアイテムをご紹介しましょう。

バスルームでは2種の照明を使い分ける

バスタイムはゆったりとくつろぎたいのに照明がまぶしすぎるというご家庭も多いのでは。実はバスルームの照明は、雰囲気を演出してくれるだけでなく、私たちの体にも深く関係しているのです。朝日や明るい照明の光には、体内リズムを整え、目覚めの質を高める効果があるので、朝は明るい光のもと、熱めのシャワーをあびることで目が覚めます。反対に、眠りにつこうとする夜は、少し暗めの照明のもと、ぬるめのお湯につかり、心身をリラックスさせるのが適しているのです。

調光器でお好みの明るさに

水まわりに照明を持ち込むなんて危険と思われるかもしれませんが、バスルーム専用の調光器なら安心です。浴室に設置することで、リモコン一つで好みの明るさに調整できます。普段より照度を落としてみるだけで雰囲気がずいぶん変わるものです。穏やかな明かりに包まれたバスタイムで、身も心もリラックスできるでしょう。浴槽内を幻想的な数種の明かりで灯すライトもあり、カラーセラピー効果も期待できます。

植物をあしらって南国ムード満点に

日当たりのいい南側にバスコートのある浴室を配し、大きめの植物をあしらえば、光の差し込む南国ムード満点のバスルームに。バスルームは寒暖の差が激しいので、半日陰を好む、アイビー、シンゴニウムのような温度変化に強いものが向いています。鉢はなるべく窓辺に置き、お湯がかからないよう気をつけましょう。

浴室テレビでバスルームをシアタールームに

浴室テレビに地デジ対応が揃いました。お風呂で見逃せない番組を見られれば時間の節約にも。プレイヤーをつないで映画を見たり、語学教材で勉強もできます。

POINT

お風呂では集中力が高まる?!
意外に思われるかもしれませんが、リラックスしているときは、集中力も高まるため、読書や語学の学習などに最適といわれています。勉強部屋では集中力が途切れがちなお子様も、お風呂でなら楽しく九九を覚えたり、本を読んだりできるでしょう。のぼせないよう、水分補給と換気をしっかりするよう心がけましょう。

ミストサウナでエステを楽しむ

ドライサウナに比べ熱による苦しさや乾燥がないミストサウナ。体温より少し熱めのお湯を霧状にして、浴室内や直接体に噴霧します。毛穴が開いて汗とともに老廃物を排出でき、お肌がイキイキ、ストレス解消にも役立ちます。お風呂がまるでエステルームに。

ジェットバス・泡バスでスパ気分に

マッサージ効果と温め効果で、入浴後も長くからだがほかほかに。ツボ刺激によい強い水流タイプと、全身の疲労感をやわらげる、やさしい気泡タイプがあります。わが家でスパリゾート気分が味わえます。

わが家の浴室でスパ気分 -浴室のプラン-

一日の疲れを癒すリラクゼーションとしての役割が高まっているバスルーム。便利な機能やゆとりのスペースをプラスするなどの工夫をすることで、自宅にいながら、リゾートのようなスパ気分を楽しむことができます。

ウォーターリビングの発想で明るく広々した浴室に

浴室のお悩みを伺うと、浴槽も洗い場も脱衣所も「狭くて暗い」という声が多く聞かれます。日本の住宅では、浴室に日当たりが重要視されるケースは少なく、北側に設置されることが多い傾向にありますが、近年はそうした概念をなくし、明るい南側に浴室を設置したり、眺めのよい場所や屋上に露天風呂を設置するなど、理想の浴室にこだわったプランを希望される方が増えています。浴室から洗面室・トイレ、さらに屋外の庭までをひとつの空間と考える「ウォーターリビング」の発想で、わが家でちょっとしたスパ気分、リゾート気分を満喫できます。

バススペースを広げ開放感のある空間に

敷地に余裕のある場合は、浴室を広げることが狭さの解消に最も効果的です。スペースが広がるのはもちろん、ひとまわり大きな浴槽への変更も可能。2面開口や大きな窓も実現します。

バスコートを設けお風呂上りのリビングに

おすすめなのが、浴室の外側の庭に、浴室から直接行き来できるバスコートを設けることです。チェアでのんびりくつろいだり、冷たい飲み物で喉を潤したりと、風や太陽を思う存分楽しめる開放的な空間でリゾート気分を満喫できます。また、浴室や洗い場からバスコートが見渡せるため、実際のスペース以上の広がりを感じられる効果もあります。

POINT

照明や色の効果で開放感を演出
スペースを広げなくても、照明を間接照明やスポット照明にしたり、鏡を大きくすることで、空間を広く見せることができます。また、バスタブや壁の色を、明るく薄めの色にすると、狭く見えない効果があります。

スリーインワン・スタイルでゆったりレイアウト

スリーインワンとは、浴室・洗面室・トイレをワンルームにまとめる欧米スタイル。増築をしなくても、細かく区切っていた空間を1つにまとめることで、スペースに余裕が生まれます。ただし、ふたり同時に使用したい場面が多い場合は不便もあるため、ご家族の生活パターンの確認が必要です。洗面室と浴室の仕切りにガラスドアを採用するだけでも、視覚的な広がりが生まれ、明るさも届きます。

海や木々、中庭など眺望を生かしたプランも

お住まいが海や森林を見渡せる好立地にあるならば、眺望を活かしたプランニングがおすすめです。海に向かってバスルームを設置することで、ゆったりと海を眺めながらお湯につかることができる至福の空間に。また木々に囲まれた浴室では、お風呂につかりながら森林浴も楽しめます。どちらも仕切りをガラスにすることでさらに開放感を演出します。都会にあっても、中庭に面するように浴室を設置することで、木々を身近に感じながら入浴を楽しむことができます。木々が外部からの視線を遮るので、気がねなく窓を開けられる開放的なバスルームに。

都会の空の下で露天風呂を満喫

都会の住宅密集地でも、屋上に浴槽を設けることで、露天風呂気分を満喫できます。昼は晴れ渡る空を、夜は星空を眺めながらの入浴は、心からリラックスできる贅沢な空間に。浴槽をデッキ材で囲むことでリゾート感がアップし、飲み物や本などを置く場所としても、湯上りに涼むためのベンチとしても役立ちます。

POINT

「M-Wood 2」
廃木材とリサイクルプラスティックでつくられた100%リサイクル素材「M-wood 2」は、木の風合いがありながら、耐水性に優れ、腐敗することもないので、風雨にさらされることの多いエクステリアに相応しいアイテム。汚れを落としやすく、お手入れも簡単です。

防犯意識が、わが家を守る - 狙われない住まいに -

侵入犯は、下見をして入りやすいターゲットを探すため、「この家は狙いにくい」とアピールする"見える防犯"も重要なポイントです。何より人目を嫌う侵入犯の心理をつく対策が効果的。見通しの悪さや死角の多い外構を見直すことに加え、バイク・自転車の路上駐車や、塀の落書きなども治安の悪いイメージにつながります。ふだんからご近所と声をかけ合い、地域ぐるみの防犯意識を高めることが大切です。

■あなたが侵入犯なら、A・Bどちらの街を狙いますか?

街並みのリフォーム前後のイメージを昼・夜それぞれで比較して、チェックしてみましょう。 リフォーム後の街並みが、狙われにくい理由が見えてきます。

町並みのリフォーム

●監視性の確保

A:高いブロック塀やモルタル塀は、一度乗り越えてしまうと姿が見えないため、侵入犯にとっては好都合な死角に。
B:低い植栽とスクリーンタイプの格子により、家廻りの見通しがよい。テレビドアホンを敷地の道路側に設け、敷地に近づきにくくします。留守中の来訪者も録画可能。

●街に関心のある住人が多いと思わせる

A:塀が高いためよそよそしい感じがあり、塀の汚れが暗いイメージ。住人が街に無関心な印象を受ける。
B:インターロッキング舗装と植栽で、明るくオープンな雰囲気。統一感があり、住人の連帯感を感じさせる。

●足がかり対策

A:街灯や駐車したバイクがあると、塀にのぼりやすい。塀や屋根づたいに2階の窓にのぼりやすい(下屋の上にある窓には補強を)。
B:足がかりになるものがなく、2階の窓にも侵入しにくい。

町並みのリフォーム

●夜の明るさ

A:街灯が1カ所だけで、高い塀があるため各家の1階の明るさが漏れてこない。アスファルトが光を吸収し、路面が真っ暗。通る人の顔が認識できない。
B:各家にポーチ灯があり、植栽部分にライトを埋め込み上にスポットを向けることで、家の中のプライバシーを守りながら、夜間でも明るいイメージ。薄い色のタイルに光が反射して、路面も明るい。テレビドアホンも街灯の役割を担う。

■街の地形・用途などによる注意点

あなたの街のどんなところが死角になりやすいかを知って、対策を講じましょう。

■地形に高低差があると、死角が生まれます。
■隣地が駐車場の場合、クルマのカゲが死角となります。
■高い位置の植栽が死角をつくり、曲がり角が逃げやすさを生みます。

■敷地や外構の注意点

住まいの外廻りに、侵入犯に狙われやすいスキはありませんか? 隙間はふさぐなどの対処しましょう。「短時間でも門やドアの鍵を閉める」習慣づけも大切です。

■塀が途中で途切れていたり隙間があると、格好の侵入経路、隠れ場所になってしまいます。
■隣家との間に、建物の裏に回れる隙間があると抜け道となってしまいます。
■門が開いている家には、心理的に入りたくなるもの。きちんと閉める習慣をつけましょう。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP