Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

収納家具を取り入れてすっきりセンスアップしたお部屋に

必要なもの、不要なものを整理し、収納計画を立てたら、部屋の雰囲気に合わせてセンスよく収納することも大切です。そこでお役に立つのが、収納家具。ひとつ取り入れることで、インテリアとしても素敵に空間を演出します。家具がアクセントになって部屋の印象が変わるので、収納家具を取り入れる際は、しまうだけでなく、楽しむ家具として選んでみてはどうでしょう。

収納雑貨・家具の選び方

●ポイント1
どこに置き、どのような目的で使うのか、室内に置いたことをイメージして考える。

●ポイント2
機能性に加え、使って楽しくなるようなデザイン性の高いものを選ぶ。

●ポイント3
部屋の広さや家族の生活動線、置く場所を考慮する。

家族が集まるリビングは実用性とデザイン性を取り入れて

家族が集まるリビングは、各自の持ちものが集まる場所でもあるので、実用性とデザイン性とのバランスをとることが大切です。例えばチェストなどは、普段よく使う日用品や雑誌などを収納するだけでなく、チェストの上に家族写真や季節の花を飾ることで室内の印象が大きく変わります。また、低めのリビングボードをソファと背中合わせに配置することで、リビングダイニングを仕切るパーテーションの役目を果たします。

玄関はお客さまに好印象を与える演出を

玄関にも、個性的なチェストやサイドボードを置くだけで印象が変わります。また、オブジェのようなコートハンガーは、コートを掛ける機能を果たすとともに玄関のインテリアにもなります。

寝室は大きめの家具でホテルのような空間に

寝室には少し大きめの家具を取り入れて、衣類の収納として、また、鏡を置いて化粧台として、テレビを備えるなどの使い方で、ホテルのような空間を演出します。

キッチンは機能美にこだわって

機能性が優先されるキッチンでも、デザイン性の高い収納家具や雑貨があることで、調理や後片付けがより楽しいものになります。

子ども部屋はデッドスペースを利用して遊び心満載に

天井近くの空いたスペースを有効活用し、ハンモックを吊るしてぬいぐるみなどの収納にしてみては。ボックスを利用しておもちゃ箱にすると、空いた空間に収納できて便利。種類ごとにわけて放り込むだけなので、子どもも簡単にお片づけができます。

多彩な収納で快適な生活をデザインする

収納計画が整理できたら、「こうしたい」という具体的な収納プランが浮んでくるのではないでしょうか。家のなかでも、収納の悩みが多いリビング、キッチン、寝室を中心に、収納のアイデアをご紹介します。

「見せる」と「隠す」を組み合わせてスッキリ、広々リビングに

リビングにおすすめなのが壁面収納です。大きな壁面を活用し、まるごと収納にすることでたっぷりと収納量を確保。散らかったモノでいっぱいになりがちなリビングの収納の悩みを解決します。「見せる」「隠す」収納を組み合わせ、変化のある空間づくりを楽しみましょう。

ボディウォール・ガラスシェルフ【見せる】【隠す】

壁面を活かして、テレビやパソコンデスクも組み込める大型収納に。扉をつけて「隠す」収納にしたり、ガラスシェルフにすることもできます。

ハンガーウォール【見せる】

一定間隔に設けた溝のラインから好きな位置を選んで、アクリルやアルミの棚板を設置。水平・垂直のラインでディスプレイできるので、さまざまなモノも美しく収まります。

ベンチ収納【隠す】

引き出しタイプのベンチ収納。クッションをのせればソファとしても使用できます。リビングで使用する小物などの収納便利。

カウンター収納【隠す】

キッチン内を隠しながら、収納を確保できるカウンター収納。ティーカップやランチョンマット、調味料など、ダイニング側で使うモノをしまえるので、テーブルの上をいつもきれいに保てます。

狭いキッチンもアイデア次第で収納不足を解消

毎日使用するキッチンは、細々なツールがあふれ、収納の問題が絶えない空間。下ごしらえ・調理・盛り付け・配膳・後片付けとさまざまな動作が求められるキッチンでは、よく使うものは手の届きやすい場所に置くことが基本です。たとえ広げるスペースがなくても、デッドスペースや上部空間、床下空間、壁などを有効活用し、収納不足を解消できます。

キッチンの収納計画のポイント

●ポイント1
自分の調理の手順やくせを把握する。

●ポイント2
シンク、調理台、コンロ、使う場所の近くに必要なものを置く。

●ポイント3
よく使うものは手を伸ばせば取ることができる。

飾り棚収納【見せる】

壁面に棚を設けると、キッチン小物を飾るようにしまえます。どこに何があるかがひと目でわかり、使い勝手は抜群。お気に入りの小物をオブジェとして楽しめます。

column
食材やスパイスもディスプレイする感覚で
スパイスなどキッチンにある食材は取り出しやすいように容器に移し替えておくと便利なうえ、センスよく整頓できます。キッチンツールはキッチンに出していても邪魔にならないものを選びましょう。スタイリッシュなデザインのキッチンツールなら、キッチンの表に出ていても気になりません。

キッチン・クロゼット【隠す】

オープンキッチンには、キッチン・クロゼットがおすすめ。壁面をキッチン・クロゼットにすれば、床から天井まで収納量たっぷり。扉を閉めれば「隠す収納」となりスッキリします。

キッチンバックヤード【しまう】

勝手口からショッピングカートで入れ、ストックしておくモノや毎日使う食材など、てきぱきと整理できます。

昇降ウォール【しまう】

取り出しやすい位置まで棚を降ろせるので便利です。電動タイプもあります。

ニッチ収納【見せる】

お気に入りのキッチンツールや料理本などを飾れば、使いたいときにすぐ取り出せるので便利です。

主室に収納を充実、ゆとりあるプライベート空間に

あまり使っていない和室を主室とつなげてワンルームにし、夫婦のプライベートリビングにすることも。せっかく広い主室にしても、衣類などが散らかっていてはリラックスできません。十分に収納を確保することで、くつろぎの空間が実現します。

ウォークイン・クロゼット【しまう】

寝室に収納家具を並べてしまうとせっかくの安らぎの場で圧迫感を感じてしまいます。和室部分をウォークイン・クロゼットにすることで、広いスペースを活かして収納システムをセットし、かさばるコート類や旅行カバン、帽子、ネクタイ、アクセサリーなどの小物もきれいにしまうことができます。

クロゼット【隠す】

押入の奥行を変更しクロゼットに。扉で収納を見えないようにすることでホテルのような落ち着いた空間を演出します。

ベッドサイド収納

読みかけの本や眼鏡など、ベッドまわりで使うものをしまっておくのに便利です。

書斎コーナー

書物や趣味のアイテムなどをしまっておくことができます。自分だけの時間を楽しむプライベート空間に。

column
ビルトイン収納で突然の災害にも安心
地震による家具の転倒など、災害による睡眠中の被害を防ぐため、寝室の収納は置き家具にするよりもビルトインタイプの収納がおすすめです。扉をつけて中のものを見えなくするタイプと、開けなくても中がわかる半透明タイプもあります。

子ども部屋こそ「見せる」と「しまう」を取り入れて

細々としたものが多い子ども部屋は、「見せる」と「しまう」収納を上手に取り入れたい場所です。「見せる」と「しまう」ものをきちんと決め、大きなキャビネットで「しまう」収納を、ぬいぐるみなどのお気に入りはガラス扉の中や見える棚にディスプレイ感覚で飾って整理整頓しましょう。整理しやすい空間は、すっきりするだけでなく、子どもにとっても自分で片付けることを学びやすい環境となるでしょう。

見せる、隠す、しまう収納でオリジナル収納をデザインしましょう

収納というと、"しまう"ことをイメージしますが、お気に入りのものやコレクション、普段よく使うものをインテリアの一部のように飾ってインテリアコーディネートを楽しむ、こうした「見せる収納」も収納スタイルの一つのです。細々したものは扉の内側に収納し、頻繁に使うものは表に出してすぐに使えるようにすると実用的です。我が家の収納を見直し、見せる、隠す、しまう収納を取り入れた収納計画を立ててみましょう。

見せる収納

お気に入りのコレクションや小物は、飾って見せるスペースをつくりましょう。キッチン用品などもよく使うものは、すぐに取り出せ、すぐにしまえるように、飾る感覚の「見せる収納」が便利です。

隠す収納

掃除機やミシン、薬箱など、さっと取り出したいけれど、お客さまにはあまり見せたくないというものは、扉のある収納がベスト。壁面と一体化した「隠す収納」にすれば、空間はいつも美しいままです。

しまう収納

普段使わない実用品や季節もの、大きくてかさばるものなどは、集中収納のスペースにしまえば、いつも部屋を広々と使えます。思い出の品なども「しまう収納」で大切にとっておけます。

「見せる」と「隠す」のバランスは、5:5を目安に

「見せる収納」をいっそう引き立てるには、すっきりした空間づくりが必要です。そのためにも「見せる」もの以外は、上手にしまうことがポイントです。「見せる」と「隠す」のバランスは、5:5を目安にするとよいでしょう。

まずは、収納計画からスタート

「見せる」「隠す」「しまう」3つの収納を組み合わせて、我が家オリジナルの収納計画を立ててみましょう。どんなに収納スペースを増やしても、必要のないものを収納していては、限りのあるスペースはいっぱいになってしまいます。収納計画を立て、必要なもののリストアップをして分類、整理することが大切です。

●ストレスなくラクに片付けられる収納計画が大切

ポイント1
簡単な動作・ラクな姿勢で片付けられること。
ポイント2
使う場所や動線上に収納を設けましょう。
ポイント3
収納は使うものの大きさに合わせましょう。
ポイント4
どこに何があるか、ひと目でわかるように。

●空間をいつも美しく保てる収納を心がけましょう

ポイント1
収納の絶対量不足を解消しましょう。
ポイント2
インテリアとコーディネートしましょう。
ポイント3
好きなモノはあえて見せる収納に。
ポイント4
空間に凹凸をつくらず、線をきれいに整理すること。

理想の収納が完成しても、片付けなくしてすっきりした空間は実現しません。各部屋において、必要なもの不要なものを確認しましょう。特に家族のものが集まりやすいリビングでは、置くものを最小限に留めること。普段必要なものは定位置を決め、使ったら必ずもとに戻すことを心がけるようにすると、いつも片付いた空間が保てるようになります。きれいな空間では、片付けも楽しくなるという相乗効果も期待できます。

夏を快適に過ごす -風を流す-

風通しをよくし住まいの熱を排出する

熱は外部からの進入だけでなく、室内からも発生しています。調理するときはもちろん、冷蔵庫などの家電機器、パソコン、テレビ、照明も熱を発しているので、少しずつ熱が溜まっていきます。家の中に溜まった熱を排出するには、まず風通しをよくすることが第一です。網戸などを活用し、家の中に風の通り道をつくりましょう。間取りをできるだけ開放的にして、熱だまりをつくらないことも大切です。

風の通り道をつくる

住まいに風を通すには、窓を開け放つのが一番。ただし1つの窓を開けるだけでは効果がありません。風が入る入口と、風が吹き抜ける出口が必要です。風はまっすぐ流れるため、入口と出口は対角線上にあるのが理想的です。
夏は南側の地面や屋根が直射日光で熱せられるため、建物の南面下には40℃近い熱気が漂い、上昇気流が生まれます。反対に北側は日陰のため、地面付近には涼気が漂っています。そこで建物の北側の低い位置に地窓を設けて涼気を室内に引き込み、南の高窓やトップライトなど上部から抜けていくようにすると室内を風が通り抜け、涼しくすることができます。



風の流れを邪魔しない開放的な間取りに

風の流れをよくするには、間仕切りの少ない開放的な間取りが理想的です。窓際には家具などを置かないようにすると風が通ります。部屋を見回して、風の通り道を邪魔している家具やモノなどないか確認しましょう。
夏の間だけ、ドアやふすまを取り払って、のれんを下げるのも一案です。風が通りやすくなり、見た目にも涼しげです。

明け方の涼しい空気を取り入れる

夏でも明け方の空気は涼しいものです。朝、ちょっと早起きして涼しい風を部屋一杯に取り入れれば、日中の温度上昇を抑えることができます。涼しい空気を取り込んだら、涼しい空気を逃がさないよう窓を閉め、夕方徐々に涼しくなっていく空気を取り込むように、空気の入れ替えをするとよいでしょう。

column

打ち水で涼をとる ーー雨水タンクを活用ーー
比較的温度が低い朝・夕に地面に水をまくことで、気化熱が発生し、温度上昇を抑制することができる「打ち水」。近年、エコ意識の高まりとともに、この古くからの知恵が見直されています。打ち水に有効な時間帯は、午前中(外気温が上がる前)と、日没前後(夜間に持続的効果を持たせる)。雨水タンクがあれば、水道水を使わず、気軽に打ち水ができます。簡単取付工事で、雨樋からの雨水をタンクに貯留。集中豪雨の際の雨水流出抑制効果も。

夏を快適に過ごす -屋根・壁断熱-

暑い夏、できるだけエアコンに頼らず、涼しく快適に過ごすためには、(1)強い日差しをカットし、(2)蓄熱させない、そして(3)風通しをよくすることがポイントです。もともと日本人は四季にあわせて自然の恵みを取り入れた家づくりをしてきました。光や風、緑と上手につきあうことで、環境にもからだにも、無理のない暮らしができます。本格的な夏を迎える前に、住まいの暑さ対策を考えてみてはいかがでしょう。

太陽の熱を受けやすい屋根・壁面からの熱の進入を防ぐ

太陽の熱を直接受ける屋根表面は、気温の高い日で60℃を超える高温になることもあります。1階よりも2階のほうが暑いのは、この屋根の熱が影響しています。また、道路や隣家の屋根・壁に反射した熱も侵入してくるため、屋根や壁面の断熱性を高めて、熱が室内に届くのを防ぐことが重要です。そのために効果的なのが、塗料などで日差しをはじく「遮熱」、断熱材を使って熱を伝わりにくくする「断熱」の2つの方法です。

屋根からの熱を遮断する

屋根表面に塗る遮熱効果を発揮する屋根専用の遮熱塗料が普及しています。高い遮熱効果により、屋根に当たる日差しをはじき返すため、室内温度を低減でき、快適な環境をつくると同時に冷房費の節約にもなります。
また、天井面の断熱にも効果があります。屋根面を遮熱しない場合、屋根裏の温度は約50℃に達することも。室内は30℃近くにもなって寝苦しい夜を過ごすことになります。天井裏にマット状に断熱材を敷き込むことで屋根面から伝わる熱を極力抑えることも重要です。

壁の断熱性を高める

住まいの中で、外気と接している面積が最も広いのが壁です。外気の影響を受けやすく冷暖房の効果にも大きく関わってきます。断熱性を高める方法としての施工方法は、壁の中に断熱材を詰める充填断熱と、建物の外側から断熱材で包み込んでしまう外張り断熱の2種類。壁面の温度が上がるのを防いで、熱を建物内部に伝えにくくする効果があります。


排熱換気ファン

日差しを受けて熱くなったバルコニーなどからは、熱が反射して家の中に入り込んできます。日が沈んだあとに室内の熱気を追い出してくれるのが換気排熱ファンです。2階の居室や廊下の天井に取り付け、天井面付近に溜まった熱気を換気・排出します。夜間の蒸し暑さを低減するのに効果的です。

column

エアコンの効きをよくするチェックポイント
室外機の周辺に空気の流れを遮るようなものを置いてあったり、直射日光が当たる場所に室外機を置いていませんか?エアコンの効率の良し悪しは室外機の周辺環境も影響します。室外機に直射日光が当たっているなら、日よけを取り付けるだけでもエアコンの効率アップに効果があります。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP