Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

用途自在な和室の魅力 -用途多様な和室-

最近、住宅における和の空間が見直されてきており、家を建てる際に「和室や縁側」を取り入れたいと考える人が増えています。これは日本人が古くから住まいに求めている「外とのつながり」を、縁側や障子などによって感じられることによる、との見方があります。また、和室はリビングや寝室、お子さまの遊び場など、用途が多様なところも注目されている理由のひとつでしょう。そこで今回は、和室の特性やメンテナンス方法、現代風のアレンジ例などをご紹介します。

和室の特性を見直す

和室のよいところは、なんと言っても用途が自在な点です。馴染むほどに、使い勝手についてアイディアが広がります。和室ならではのさまざまなメリットを、伝統的な要素を踏まえて再確認してみましょう。

和室ならではの伝統的な要素

和室には、専門用語が使われていたり、マナーやルールがあるのではないか、とつい構えてしまいそうですが、現代の和室に「これがなければ和室ではない」といった決まりごとはありません。伝統的な要素を上手に取り入れることで、落ちついた和室の雰囲気を楽しむことができます。和室を構成する要素をいくつかピックアップしてご紹介いたします。

●畳

和室の代表的床材です。い草の独特の香りと、さらっとしつつ弾力のある感触が魅力です。スポンジのように空洞の構造を持つ、い草は調湿性・防音性等にも優れています。

●障子

木製の桟に和紙を張った建具。和紙は通気性と採光性に優れているので、閉めていてもゆるやかに外とつながることができます。

●押し入れ

和室においてお布団などの収納をするための空間。襖によって開閉ができ、上下2段に区切られている形が一般的です。

●襖

木製の骨組みに布や紙を張った建具。おもに部屋の間仕切りや押し入れ、戸棚などの戸に用いられます。

●敷居

部屋の間仕切り部分に敷いた横木。障子や襖などの引き戸を受けます。

●長押

鴨居の上に取り付けられた柱と柱を繋ぐ役割の横木です。和室全体を引き締めるデザイン的な役割もあります。

●床の間

座敷の床を一段高くした、掛け軸や草花、香炉を飾るための空間です。通常は一畳程度の広さ。

●床柱

床の間の脇に位置する化粧柱。その材質によって和室の雰囲気が変わることもあり、装飾的な役割が強い柱です。

●砂壁

天然砂や砂石などの色砂を上塗りした壁。床の間などで使用されます。

和室には他にもいろいろな要素があり、その一つ一つに意味を持っています。昔ながらの和室、現代風にアレンジされた和室。ご自身の好みに合わせて、どんな要素を取り入れるかを考えるのも楽しいかもしれません。

畳のメリット

●防音性
表のい草は空気を多く含んでいるため、音を吸収する効果があります。上階が和室の場合、下の階に音が伝わりにくくなります。

●断熱・調湿性
畳は断熱性にも優れ、また畳表のい草などの繊維質によって湿気を吸収・放出する調湿性もあります。四季を問わず快適に過ごせる素材といえるでしょう。

●リラックス効果
い草のハーブのようなよい香りにはリラックス効果があり、安眠をもたらします。

多種多様な用途

昔から和室は用途を限定しない空間として使われてきました。押し入れという収納があることで、簡単に畳の上が片づけられ、「居間兼寝室」が可能です。来客時には客間、普段は気軽に横になれる休息の場、あるいはお子さまの遊び場とすることもできるわけです。

●リビング・ダイニング

直接、床に座れるため、座卓さえあればすぐにリビングやダイニングとして利用できます。

●寝室

押し入れに布団をしまうことができ、断熱性の高い畳敷きの、快適な寝室となります。

●客間

お客さまを迎える応接室としてだけでなく、普段は他の用途に使えます。物が片づけやすいので、急な来客にも対応できます。

●子どもの遊び場

畳に弾力性があることから転んでも怪我をしにくく、お子さまの遊び場としても最適です。

お手入れがラクな最新設備 -バスルーム・トイレ-

お手入れの手間が省け体への負担も軽減

湿気が多く、湯アカやカビが発生しやすい浴室のお手入れは、汚れが落としにくいうえ、しゃがんだり、かがみこんだりと、体への負担も大きいものです。最近のシステムバスは、汚れにくい素材や、お手入れしやすい形状を採用するなど、工夫が多く施されています。ラクなお手入れで、清潔な空間を保ち、くつろぎのバスタイムを楽しみましょう。

排水口の汚れをもとからカット

髪の毛やゴミがからみやすい排水口のお手入れは憂鬱なものですが、ヘアキャッチャーには、髪がからみにくく、簡単につまんで捨てられるものや、取っ手をつかんで処理すれば手で触れずにすむものもあります。また、浴槽の残り湯を利用して、栓を抜いたときに渦を発生させ、排水口をキレイにするバスタブもあり、うずの力でまとまった髪の毛やゴミは簡単に捨てることができます。
排水口の汚れは、髪の毛がからみ、水の流れが悪くなったところに、皮脂を含む汚れた水が滞留することで生じます。汚れのもととなる髪の毛やゴミをこまめに処分することで、ぬめりなどの汚れも防ぐことができ、お手入れの手間を省きます。

ドア下のカビやほこりもスッキリ

従来のドアは、ドア下に換気扇口があり、ほこりが溜まりやすくお掃除が大変でした。そこで、空気の通り道を上に設けたり、ドアとドアの間に縦向きに設けることで、ドアの下はすっきりし、ほこりも溜まりません。カビの生えやすいゴムパッキンをなくした製品もあります。

すばやい乾燥で、カビの発生を防ぐ

お手入れが大変なタイル目地の汚れやカビ。タイルに代えて大型のパネルにすると、目地がほとんどないので、汚れやカビがつきにくくなり、お手入れもラクになります。
浴室の床には、乾燥が早く、汚れもつきにくい素材のものが適しています。床の表面の形状や加工を工夫することで水はけをよくし乾燥しやすくしたものもあります。
また、浴室乾燥機の併用で、入浴後の浴室をすばやく乾燥させ、カビの発生を防ぐので、効果がさらにアップします。

自動洗浄する浴槽も登場

浴槽は、湯アカなどの汚れがつきにくいアクリル製の素材や、丈夫で耐久性の高いステンレス製などを選ぶとお手入れがラクです。
最近では、浴槽を自動洗浄してくれるうれしい機能も。浴槽を洗う手間が省け、お掃除による体への負担も軽減されるうえ、浴槽はいつもキレイで清潔を保つことができます。

column
エコラクお掃除(バスルーム編)
入浴後、汚れが残りやすい、鏡、四隅、シャワーや水栓などにはビネガー水をスプレーし、布で拭きとります。

汚れをつきにくくキレイが長持ちするトイレ

便器の汚れは便器表面にある凸凹に汚れがひっかかってできるもの。なめらかに見える便器表面も実はでこぼこしているのです。お掃除しているつもりでも、いつの間にか汚れてくるのは、目に見えない汚れや菌が凸凹に残って繁殖するためです。この10年で、トイレは劇的な進化を遂げ、今や節水は当たり前の時代。少ない水を活用して流しながら洗浄をしたり、汚れが溜まりやすい便器表面の凸凹をなくすなど、お手入れしやすい工夫もいっぱいです。

特殊コーティングで汚れにくい便器に

菌や水アカがつきにくいコーティング素材を使い、表面の凸凹をなくしツルツルの状態にすることで、菌や水アカなどの汚れをつきにくくする製品が増えています。 便座にも汚れをはじく特殊樹脂が加工されたものがあり、汚れがつきにくく、汚れがついてもサッと拭き取ることができます。

使用するたびに除菌効果を発揮

特殊な除菌水を搭載したトイレも登場しました。使う前に除菌水をふきかけ汚れをつきにくくし、使用後も除菌することで、菌の増殖を防いでくれます。ノズルも便器も使用するごとに除菌されるのでキレイが長持ちします。

勢いよい水流で汚れを強力に落とす

フチから大きな渦を巻くように勢いよく流すトルネード洗浄で、少ない水を有効に使いながら便器内部をしっかり洗浄します。
10年前は一回の洗浄に約13ℓの水を必要としましたが、便器の形状や洗浄のための水流を改善することで、現在は約4ℓでの洗浄が可能となり、大幅な節水を実現しています。水道代がお得なうえ、トイレを使うたびに汚れがつきにくくしてくれるうれしい機能です。

便座のリフトアップで隙間汚れにも手が届く

お掃除ができなかった隙間の汚れにも手が届くよう、ウォッシュレットも前方が上がるタイプのものや、取り外せるタイプのものがあります。便座との間を奥までラクに拭くことができるので、汚れはもちろん、気になるニオイを元からカットします。

画期的なフチなし便座

便器のフチの内部は、汚れがみえにくく、お掃除しづらい場所のため、汚れが残ってしまいがちです。折り返しのないフチなし便座なら、汚れの溜まりがちなフチがないので、サッとひとふきで汚れを取ることが可能。フチの飛び散り汚れや、使用後の垂れ汚れを軽減するので、お手入れの手間も省けます。全周フチなしのものや、前面のフチをカットした形状のものなどさまざまなタイプがあります。

拭きやすいシンプルなデザイン

従来の洋式便座はでこぼこした形状で、拭き掃除が大変でしたが、便ふたや便器側面に凸凹がないタンクレス便器などシンプルなデザインが主流となり、拭き掃除がラクになりました。

column
エコラクお掃除(トイレ編)
使うたびに便器にビネガー水をスプレーしておけば汚れの防止になります。

お手入れがラクな最新設備 -キッチン-

キッチン、バスルーム、トイレなどの水廻りは、毎日使う場所なので、できれば汚れを残さずにキレイにしていたいものです。毎日のこまめなお手入れが大切なのはわかっているものの、気づいたら汚れにびっくりということもあるのではないでしょうか。最新の住宅設備には、構造やデザインを見直すことで、汚れがつきにくく、お手入れがしやすくなった製品が増えています。あると便利な設備をまとめてみました。

普段はサッとひとふき、汚れてもお掃除ラクラク

レンジフードやコンロの油汚れ、シンクの水アカなどは放っておくと頑固な汚れになってしまいます。特にレンジフードのお掃除は面倒で、ついつい後回しになりがちなものですが、最近のレンジフードはお手入れがとてもラクに進化し、各メーカーからさまざまなタイプのものが出ています。

フィルター掃除が不要なレンジフード

ベーシックな深型のレンジフードに加え、最近はお手入れがラクな浅型タイプも人気です。浅型タイプにはフィルターがないので、面倒なフィルター掃除が不要なうえ、油による目詰まりがないので吸引力もそのまま。煙に含まれる油汚れはオイルトレーでキャッチするので、ファンなどレンジフード内部に油汚れが入り込みません。普段のお手入れは、本体をサッと拭いて、溜まった油分を処分するだけで簡単にすみます。
フィルターがあるものも、最近は表面に特殊な塗料を施しているものが多いので、ぬるま湯にしばらくつけておくと汚れがはがれ落ち、お手入れしやすくなっています。

キッチンの変化とともにコンロも進化

リビング、ダイニングとキッチンが一体化したオープンキッチンのニーズが高まるとともに、油煙が広がりにくく、壁や天井が汚れにくいIHクッキングヒーターの採用も増えています。フラットでお手入れしやすいトッププレートも人気の理由で、最新の耐熱ガラス製のトッププレートは、吹きこぼれや油汚れもサッと拭くだけでキレイになります。
最近はプレートに五徳がのっているだけといった構造のフラットなガスコンロが主流です。さらに、五徳が小さくなり、食器洗い乾燥機で洗えるタイプもあります。

継ぎ目がなく汚れにくい一体型シンク

継ぎ目のない一体型のシンクなら、汚れの入り込む隙間がないので、拭き掃除も簡単です。シンクの素材を人工大理石にすると、さらに効果的。人工大理石は、汚れが染み込みにくいので、普段のお手入れはサッと拭くだけ。汚れやすり傷がついても、ナイロンタワシで磨けば落とせます。ただし、人工大理石は、熱に弱く、耐衝撃性に劣るなどの特性があるので、シンクに耐熱性、耐久性を求めるならステンレスがおすすめです。最近はキズと汚れの両方に強い高機能タイプも出ています。

翌日に汚れを持ち越さないエコラクお掃除

どんなにお手入れがラクな設備でも、普段のお掃除を怠ると汚れがついてしまいます。今日の汚れは今日のうちに落としてしまうのがキレイを長持ちさせるコツ。毎日のこまめなお掃除を習慣にしてみてはいかがでしょう。身近にある重曹や酢、せっけんなどのエコ素材なら気軽にパッとお掃除ができ、小さなお子様のいるご家庭でも安心です。

重曹

料理に使える素材なので安心。油汚れなどの酸性の汚れを中和します。吸湿・消臭効果も。そのまま汚れにふりかけるほか、水を加えてペースト状にしたり、水に溶かし(水1カップに重曹小さじ1程度)重曹水として使用します。

酢(クエン酸)

水アカやせっけんかすに効果あり。抗菌作用もあります。そのまま汚れに吹きかけるほか、水で2〜3倍に薄め、ビネガー水として使用します。

column
エコラクお掃除(キッチン編)
調理後、調理器具やコンロがあたたかいうちに、汚れに重曹や酢をふりかけておくのがポイントです。

コンロ・IHクッキングヒーター

コンロは、重曹または酢をふりかけて20分ほど放置します。食事が終わり、後片付けのころには汚れが浮き上がり、布で拭き取るだけの簡単お手入れですみます。

鍋・フライパン

鍋やフライパンは、あたたかいうちに水をはり、重曹をひとふりし、しばらく置いてから洗い流します。

食器

食器も、重曹水につけ置きすることで、汚れ落ちがよくなるのはもちろん、食器洗い乾燥機に入れる前の予洗いとしても効果的です。

災害に強い住まい -地震対策-

日本は地震大国、「首都直下型地震」や「南海トラフ巨大地震」の発生が危惧されるなど、地震に対する不安は尽きません。「首都直下型地震」では、火災による被害が甚大になるものと予測されるため、火災への対策も考えておきたいものです。いつ起こるかわからない自然災害を止めることはできませんが、普段からの心構えと、住環境の防災対策により災害時の被害を最小限にすることは可能です。今一度、家族みんなで再確認してみてはいかがでしょうか。

二次災害を防ぐ住まいの防災対策

まずは、住まいの防災対策に目を向けてみましょう。地震の際は、建物が倒壊しないことはもちろん、家具の転倒や落下物などによる二次災害を最小限に抑えることが大切です。また、これからの住まいは、災害時の備蓄品やエネルギーの確保も考えておきたいもの。予期できない地震の不安を抑える為にも、様々な対策を打つことが大切です。

地震対策

制震装置「MGEO(エムジオ)」

住まいが地震に耐えても、損傷が大きければ住み続けることはできません。制振装置「MGEO」は、地震エネルギーを最大約50%も軽減。構造体はもちろん内装仕上げ材の損傷ゼロを目指しているため、震災後の補修費用も軽減できます。

備蓄の「蔵」・「小屋KURA」

備えの基本は、非常食や飲料水、防災用品などを家族分、余裕をもってストックしておくこと。しかし、ふだんは置き場所に困ってしまいます。ミサワホーム独自の大収納空間「蔵」なら、床面積に算入されない※ため限られた容積率を有効活用。備蓄専用の「蔵」を設けることで、スペースを気にせず大量にストックしておくことができます。小屋裏を有効活用した「小屋KURA」も、第二の備蓄スペースとして活用できます。

※一定の条件があります。自治体により算入しているところもあります。「蔵」は居室としての使用はできません。

ローリングストック収納

定期的に非常食を食べて消費し、買い足すという行為を繰り返すことでストックを循環させ、常にご家庭に新しい非常食を備蓄しておける「ローリングストック」をサポートします。奥にしまい込んで、つい賞味期限切れにしてしまい廃棄する、といったムダもありません。1〜2ヶ月に1回"非常食を食べる日"を決めて、家族みんなで「食」を通じて災害時を類似体験して味や調理法を確認し、防災意識を高めることが大切です。

分散収納

災害発生時、必要なものをすぐ備蓄の「蔵」から取り出せない場合もあります。たとえば、「就寝時の災害に備えて寝室のクロゼットには靴を常備しておく」など、防災用品も分散収納が大切。家のどこにいても、落ち着いて行動できます。

転倒防止造作家具

地震発生時、建物自体は無事でも、家具やモノが転倒して、ご家族が負傷する危険があります。収納家具は建物と一体の造り付けにすることで、転倒による二次災害を防げて安心。避難経路の妨げにもなりません。

防災セット

防災用品をまとめてしまっておき、いざというときすぐに運べる「非常用持ち出し袋」。リュックサックタイプに加え、大量に運びやすいスーツケースタイプなどもあります。屋外はもちろん、停電時の屋内でも役立つ自家発電ランタンなど多彩な防災用品をまとめたセットがおすすめです。

ライフラインの確保

飲料水貯留システム

飲める水はどんなときも不可欠です。「飲料水貯留システム」は、住宅の床下に設置した貯留槽へ、約3日分の飲料水(約24リットル)を衛生的に貯められます。手動ポンプによる汲み上げも可能。また、大収納空間「蔵」には、大量の飲料水を蓄えることできるので、ダブルで安心できます。

雨水利用システム・雨水タンク

生活用水は多いほど安心です。通常の雨水配管にポンプ付き水栓を組み合わせた「雨水利用システム」は、200〜300リットルもの生活用水を貯めることが可能(300リットルでトイレ50回分)。配管は埋設してあるため設置場所が必要なく、美観も損ないません。さらに設置が容易な「雨水タンク」を使用しても120〜200リットル分貯められます。

エコキュート

空気から吸収した熱を利用して、ヒートポンプでお湯を沸かす「エコキュート」。実は、停電が長期化する場合や断水時には、タンク内の湯水(最大約370〜460リットル)をまるごと飲料水や生活用水として利用することができます。

エネファーム

ガスから電気とお湯を同時につくりだす家庭用燃料電池「エネファーム」。太陽光発電が利用できない夜間も、発電することができます。水道が利用できればお湯もつくって貯められ、万一の際に安心です。

太陽光発電 + 蓄電池 + 非常時回路

災害時の停電、当然、想定すべきことです。「太陽光発電システム」を搭載すれば、太陽光発電のパワーコンディションを自立運転に切り替えることで、停電時も発電電力を利用できます。さらに「蓄電池」も備えれば、夜間も電気機器が利用可能。復旧までの生活をサポートします。

収納家具を取り入れてすっきりセンスアップしたお部屋に

必要なもの、不要なものを整理し、収納計画を立てたら、部屋の雰囲気に合わせてセンスよく収納することも大切です。そこでお役に立つのが、収納家具。ひとつ取り入れることで、インテリアとしても素敵に空間を演出します。家具がアクセントになって部屋の印象が変わるので、収納家具を取り入れる際は、しまうだけでなく、楽しむ家具として選んでみてはどうでしょう。

収納雑貨・家具の選び方

●ポイント1
どこに置き、どのような目的で使うのか、室内に置いたことをイメージして考える。

●ポイント2
機能性に加え、使って楽しくなるようなデザイン性の高いものを選ぶ。

●ポイント3
部屋の広さや家族の生活動線、置く場所を考慮する。

家族が集まるリビングは実用性とデザイン性を取り入れて

家族が集まるリビングは、各自の持ちものが集まる場所でもあるので、実用性とデザイン性とのバランスをとることが大切です。例えばチェストなどは、普段よく使う日用品や雑誌などを収納するだけでなく、チェストの上に家族写真や季節の花を飾ることで室内の印象が大きく変わります。また、低めのリビングボードをソファと背中合わせに配置することで、リビングダイニングを仕切るパーテーションの役目を果たします。

玄関はお客さまに好印象を与える演出を

玄関にも、個性的なチェストやサイドボードを置くだけで印象が変わります。また、オブジェのようなコートハンガーは、コートを掛ける機能を果たすとともに玄関のインテリアにもなります。

寝室は大きめの家具でホテルのような空間に

寝室には少し大きめの家具を取り入れて、衣類の収納として、また、鏡を置いて化粧台として、テレビを備えるなどの使い方で、ホテルのような空間を演出します。

キッチンは機能美にこだわって

機能性が優先されるキッチンでも、デザイン性の高い収納家具や雑貨があることで、調理や後片付けがより楽しいものになります。

子ども部屋はデッドスペースを利用して遊び心満載に

天井近くの空いたスペースを有効活用し、ハンモックを吊るしてぬいぐるみなどの収納にしてみては。ボックスを利用しておもちゃ箱にすると、空いた空間に収納できて便利。種類ごとにわけて放り込むだけなので、子どもも簡単にお片づけができます。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP