Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

自然素材を活かした、すこやかな住まいに


「シックハウス症候群」などの健康被害は、建材や家具等に含まれる有害物質が原因とされています。より安全性の高い素材への切り替えが求められるなか、注目されているのが自然素材です。たとえば、木や土壁などには、湿度の高いときは湿気を吸収し、乾燥するときは水分を放出するという、室内の湿度をコントロールする働きがあります。吸湿性に優れた素材を利用した"呼吸する家"には、家族の健康を守るのはもちろん、住宅を長持ちさせるというメリットもあります。

自然素材の魅力

自然素材は、触れた感触がよいだけでなく、座る、寝転がるといった日本人の生活習慣によく馴染むものです。木や畳の香りや感触に、落ち着いたりほっとしたりするのは、そのためなのでしょう。自然素材は健康面で安心なだけでなく、役割が終わると土に戻せたり、焼却時にも有害ガスを発生させないなど、環境負荷の低減にもつながります。また、時を経るごとに深まる味わいを楽しめるのも自然素材ならではの魅力です。

素材の話

壁を、湿気を吸収しないビニルクロスから、調湿性の高い漆喰や珪藻土の塗り壁に、また、床材を、合板フローリングから無垢材フローリングに変更するだけでも、室内の湿度をコントロールすることが可能になります。適材適所に自然素材を活かせるよう、それぞれの特徴を知っておきましょう。

・木健康な住まいに欠かせない無垢材

合板に使われる接着剤には化学物質による有毒性が、少なからず心配されます。一枚板の無垢材は、純粋な天然木材なので、ホルムアルデヒドを放散する心配がありません。強度も高く、長持ちもします。香りに含まれるフィトンチッド(※)は、ダニの繁殖などを抑えます。また、高い断熱性や吸湿性も健康な住まいには欠かせません。

【使用例】サワラ、檜、杉、松がよく使われます。壁やフローリングのほか、強度のある檜は柱や土台に、強くて軽い松は梁などに用いられます。水に強いサワラは浴室にも使えます。

(※)フィトンチッド 植物が虫を寄せつけないために出す揮発性の物質ですが、人にとっては心地よくリラックスさせてくれる香りです。

・紙紙特有のやわらかな雰囲気を演出

合板に使われる接着剤には化学物質による有毒性が、使用済みの紙や古新聞・古雑誌などをすき直して作った再生紙をはじめ、紙を素材とするクロスは、有害物質をほとんど含みません。また、焼却時にも有害ガスを発生させないため、地球環境への配慮という点でも優れています。

【使用例】調湿効果と吸音性がある紙は、天井や壁への使用が向いています。紙を天井に用いることで、照明の光をやわらかい雰囲気にする効果も。


・珪藻土呼吸する珪藻土の壁

植物のプランクトンが堆積してできた珪藻土は、無数の穴があいている超多孔質のため、通気性に優れ、脱臭効果も発揮します。さらに、調湿機能によりダニやカビ、結露を防ぐ効果もあります。天然素材100%なので、土に戻すことができ、環境負荷の低減につながります。

【使用例】主に塗り壁に用いられます。


・石膏防火・耐熱・耐久性に優れたリサイクル可能な素材

石膏は、海底の沈殿物が化学反応を起こして生まれます。リサイクル可能な素材で、原料生成の過程でも地球環境への害を最小限に抑えます。防火・耐熱・耐久性がある石膏ボードは、焼き石膏にノコギリくずなどを混ぜて水で練り厚紙にはさんで板にしているため、接着剤を使用しておらず、有害物質を発生させません。

【使用例】石膏ボードとして壁材、天井材、床材などに活用されています。


・火山灰火山国ならではの資源の有効活用

火山国・日本で無限大にある火山灰は、資源の有効利用の典型とも言えます。また多孔質の火山灰が持つ調湿機能は、結露の防止やカビ・ダニ対策に効果的です。

【使用例】可視光型光触媒効果により、ホルムアルデヒドやアンモニア臭などを吸着分解する性能を付加し、壁や天井の仕上げ材として活用されています。


・炭空気を快適に整える優れた素材

炭には、室内を快適にする作用があります。化学物質から出る有毒なガスや悪臭、あるいは電磁波を吸着・吸収したり、有害な酸化粒子を中和します。このほか、遠赤外線が室温度・湿度を調整するなど、空気を快適に整えます。


木材資源を有効活用 リサイクル素材「M-Wood」

針葉樹の端材やノコギリ屑など、捨てられていた部分をパウダー状にし、樹脂と配合することで生まれたリサイクル素材が「M-Wood」です。見た目も感触も、本物の「木」のようで、ひとつとして同じ柄がない自然な風合いが特徴。変形がないため狂いがでず、腐食の心配もないので屋外に使えます。さらには、加工がしやすく、キズが目立ちにくいなど、お手入れやメンテナンス面にも優れています。エクステリアアイテムとして、様々なラインナップをご用意しています。

うまくいく二世帯同居 - 干渉しすぎずプライベートを重視した「別々同居」-


必要最低限の要所だけを共有し、一軒の中を完全に区切って暮らすスタイル。「プライバシーを守ることが、お互いリラックスして暮らせる」という考え方の家族におすすめです。区切り方には、「上下分離」と「左右分離」の2つの方法があります。

上下分離

外階段で2階にも玄関を設ける方法と、玄関は一つで、内階段で2階へ出入りする方法。

左右分離

1階に二世帯分の玄関を設ける方法。「左右分離」では、日照の違いや、上階の生活音が下の階に響くなどの不満がなく、平等な住まいづくりができます。


「別々同居」のメリット
  • 二世帯が完全に分かれた作りなので、どちらかの世帯が空いたら、賃貸への転用が可能。
  • 両世帯別々の玄関であれば、来客があっても気遣いなくダイレクトに通すことができる。
注意点
  • 居室や生活設備が2軒分必要のため、床面積の広さが必要で、資金の負担増に。
アドバイス
  • 住まいが区切られているからといって何日も顔を合わせないのでは、せっかく二世帯で暮らしているメリットがなくなります。別々同居といえども、扉一つの開閉で行き来できるドアを設けたり、親世帯のリビングを広めに設けるなど、二世帯が交流できる工夫があるとよいでしょう。

庭を共有し、二世帯の交流の場に

共有できる庭またはウッドデッキがあると、二世帯間でティータイムやガーデニングを楽しめます。天気のよい休日は、デッキにテーブルと椅子を配置して、みんなでパーティーやバーべキューを楽しむのもよいでしょう。敷地に余裕がない場合は、屋上を活用するのも一案です。

お薦めプラン

うまくいく二世帯同居
- お互いの気配を感じながらプライバシーも保てる「ほどほど同居」-


親世帯、子世帯が生活時間帯を考慮し、必要に応じて玄関、キッチン、浴室などを共有しつつ、世帯別に生活空間を分けるスタイル。食事の時間や就寝時間が違うなど、親世帯、子世帯で生活スタイルが異なるご家庭に向いています。


「ほどほど同居」のメリット
  • 世帯別に生活空間を分けるスタイルなので、つかず離れずの適度な距離で暮らすことができます。

料理を一緒に楽しめる広いキッチン

共有することが多いキッチンは、ある程度の広さがあると便利です。広さがあると、休日に両世帯が一緒にキッチンに立って料理を楽しむこともできます。オープンタイプのキッチンなら、リビングダイニングで遊ぶ孫たちと楽しく話をしながら料理をすることができるのでおすすめです。


孫たちとゆったりくつろげる広い浴室

子世帯が忙しい平日は、親世帯が孫たちの夕食、入浴のお世話をすることもあるでしょう。親世帯の浴室を広めにすることで、ゆったり足を伸ばして湯船に浸かりながら孫と語り合う、くつろぎの空間に。1坪のお風呂も出窓を利用したユニットバスで、増築することなく1.25坪にすることができます。


アドバイス
  • 生活スタイルが異なる場合、どの場所が共有しても大丈夫であるかをよく考慮してプランを考えましょう。

お薦めプラン

うまくいく二世帯同居 - 親世帯・子世帯が一緒に暮らす「完全同居」-


寝室を除くすべての空間を共有する二世帯同居のスタイルです。親世帯・子世帯の交流が図りやすいので、食事の時間や就寝時間など生活スタイルに大きな差がないご家庭、育児や家事において両親のサポートを受けたい子育て世代などに向いています。


「完全同居」のメリット

  • 現在の住まいに少し手を加えるだけで二世帯住宅にすることができるため、リフォーム費用を抑えやすい。
  • 玄関、キッチン、浴室などを共有するため、その分、リビングやダイニングスペースをゆったり設けることができる。
  • 子世帯、親世帯を分けた同居スタイルではないため、家族が増えたときもフレキシブルに部屋を利用できる。
  • おじいちゃん、おばあちゃんと暮らすことで、子どもが思いやりの心を育むことができるほか、若い世代だけでは省略しがちな伝統行事も継承される。

家族みんなが集う広いLDK

家族が集うリビングダイニングは、開放感あふれる広さを最優先するとよいでしょう。ゆとりあるスペースの中では親と子、祖父母と孫の自然なコミュニケーションが生まれます。また、大型のテーブルを置くことで、家族みんなで食事をしたりお茶を飲んだりできるほか、孫たちがお絵かきをしたり、宿題をするスペースとしても有効です。

家族みんなに優しいバリアフリーの採用

幅広い年代が長期間にわたり一緒に暮らす二世帯同居では、子どもの誕生、孫の成長、祖父母の高齢化など、単世帯に比べ様々な変化を経験することになります。そのため、将来のことを考慮した、柔軟性のあるプランを考えておくとよいでしょう。赤ちゃんから高齢者まで誰もが使いやすい住まいにするには、床の段差の解消や、手すりの設置など、バリアフリー対策を考慮したユニバーサルデザインを採用することで、暮らしやすさが一段と高まります。

アドバイス
  • 共用部分が多いので、個人専用スペースを設けるなど、プライバシー確保の工夫が必要です。
  • ライフスタイルの異なる世代が一緒に暮らすゆえの問題が生じることもあります。同居前から想定される問題は、プランづくりの前によく話し合い、解決しておくことが大切です。

お薦めプラン


将来の同居を見据えた住まい作り

今すぐの同居は難しくても、将来的に二世帯同居を考えているならば、平日の夕食を共にしたり、週末に親世帯を訪ねて週末同居をしたり、時間をかけてお互いの暮らし方を理解しあうのもよいかも知れません。まずは、みんなの集うリビングを広いLDKにするなど、必要に応じて部分ごとリフォームをしていくのもよいでしょう。

普段の生活を楽しみながら、将来も元気に安心して過ごせる家


子育てが終わり、仕事も定年退職の時期を迎える50〜60歳代は、「第2の人生」を謳歌する楽しみがあると同時に、将来訪れるであろう「老い」への不安にも向き合わねばならない年代でもあります。高齢を迎えてから、身体状況の変化のたびに住まいを改修するのは大きな負担となるもの。
元気なうちに、今からできることとして、将来を考慮した準備(先行配慮)も検討してみてはいかがでしょうか。


今と将来の生活を考えた2段階配慮設計

今を楽しみながら、家族の健康に変化が生じた際も対応できる住まいのために、「基本」と「将来」の「2段階配慮設計」という考え方があります。手すりの設置や段差解消など「基本」となるユニバーサルデザインに加え、家族の健康に変化が生じた「将来」も、少しの変更で個別の状況に対応できるように配慮します。

第1段階 基本設計のバリアフリー
  • 引き戸への変更
  • 手すり
  • 浴室・洗面暖房
  • 滑りにくい床仕上げ
  • 高断熱・高気密 ほか

先々に備えるために

住み慣れたわが家に長く住み続けるためには、将来、リフォームしやすくしておくことが重要です。そこで、元気なうちに考えておきたいのが、将来の変化を見据えた工夫です。基本設計のバリアフリーに加えて、「将来手すりを設置できるように下地を入れておく」、「将来スロープを作れるようにスペースをとっておく」などの「先行配慮」をしておくことで、いざ必要となったときに、手すりの設置やトイレの増設といった個別対応がしやすくなります。

将来の個別対応をしやすい先行配慮
  • 手すり下地設置
  • トイレの配管設置
  • キッチンの電化回路確保
  • 玄関段差解消機用電源の設置 ほか
手すり下地設置

動作を補助する手すりは、浴室への出入り口や腰掛椅子の近くに設置を。移動や増設を考え、あらかじめ下地補強だけでもしておくとよいでしょう。

トイレの配管設置

将来の介護対応も含めて考えると、1階和室など利便性のよい部屋を寝室に設定。押入など直接アクセスできる場所をトイレに変更したり、そのための配管工事だけでも事前に行っておくと安心です。


身体の変化に合わせた個別対応のバリアフリー

加齢により身体機能が低下したり、介護が必要になった場合、健康状態に合わせて、個別に「高齢・虚弱対応」または、「介護・障害対応」のバリアフリーにします。実際に必要になった段階でリフォームすることで、無駄なコストを抑制。個別のバリアフリー設計のため、必要な設備のみで対応できます。

第2段階 高齢・虚弱対応のバリアフリー
  • 手すり増設
  • キッチンの電化
  • 床暖房等空調見直し
  • 照度の引き上げ・明暗差の解消 ほか
第2段階 高齢・虚弱対応のバリアフリー
  • 専用の寝室・トイレの設置
  • 広い水廻りスペースの確保
  • 車椅子の通れる廊下
  • 玄関段差解消機の設置
  • アプローチのスロープ設置 ほか

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP