Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

美しく快適な洗面空間 - いつでも綺麗な洗面空間に -

洗面所は、いつでも美しさと清潔さを保ちたい場所。しかし、日々家族みんなが使用するため、どうしても汚れやすく、お手入れがついおろそかになってしまいがちです。最近の洗面化粧台は、素材や形状などに工夫がこらされ、汚れがつきにくく、掃除が楽なタイプが豊富に揃っています。もちろん、素材に合わせた、適切なお手入れや掃除も大切。選ぶ際には、事前にメンテナンス方法を確認しておくことも重要でしょう。

洗面化粧台を汚れから守る工夫

洗面化粧台はデザイン性や機能性だけでなく、お手入れのしやすさにも配慮して設計されています。特に掃除がしにくい排水口、汚れがたまりやすい継ぎ目部分などにさまざまな工夫がこらされています。

●排水口

さっとゴミをまとめることができるもの、排水口のフチのすき間をなくすことで汚れにくくしたり、排水栓やヘアキャッチャーのお手入れが簡単にできるものなどがあります。

●継ぎ目がないカウンター

洗面カウンターとボウルを一体化することで汚れが気になる継ぎ目をなくしたもの、汚れにくくお手入れのしやすい表面加工を施したもの、壁側を立ち上げて水はねに対応したものなどもあります。

洗面所の掃除方法

水垢や石けんカス、カビなどの汚れがつきやすい洗面所。基本は、その日の汚れは、すぐに落とし、水分を拭き取っておくこと。また、掃除のたびに移動させる手間が要らないように、洗面化粧台のカウンター上に物を置きすぎないことも大切です。

●毎日のお手入れは水気を残さないこと

洗面ボウルやカウンター、水栓金具等は、こまめに水気を拭き取り水垢を防ぐことがポイント。石鹸や歯磨剤、化粧品などが付着した場合は洗い流し、鏡に飛び散った水滴も拭き取っておくようにしましょう。カウンターとキャビネットなどの部材のすき間に水分が残らないようにしておくことも重要です。

●念入りに掃除したい場所

洗面ボウルやカウンターなどは、汚れが目立ってきたら洗剤でお手入れを。ミラーキャビネットは、トレイを外し洗剤で拭いた後、水拭き、から拭きをしておくと清潔に保てるでしょう。また、排水口のヘアキャッチャーのゴミは取り除き、必要であれば歯ブラシなどでこすり洗いを。水栓金具の金属部分は、歯磨剤で磨くときれいになります。素材によって、使用できる洗剤は異なりますので、取扱説明書等で事前に確認をしておきましょう。

床材の選択

洗面所の床材には、清潔さを保つことができ、掃除のしやすい素材が適しています。耐水性や耐薬品性、耐傷性などを考慮して選ぶようにしましょう。脱衣室を兼ねる場合は、素足でも足触りがよく、クッション性があり滑りにくい素材がおすすめです。

居心地のよい空間とするには、洗面化粧台のデザインや隣接するバスルームなどとのコーディネートを意識します。耐水性や耐汚性などが高められたフローリングなどもありますし、塩化ビニール製の床材であるクッションフロアは、耐水性に優れ、汚れも付きにくく、適度な弾力性もある素材です。

美しく快適な洗面空間 -基礎知識-

毎日の洗顔や歯磨き、身づくろいやお化粧、また脱衣や洗濯の場としてなど、家族全員がさまざまな目的で使用する洗面所。使いやすく、清潔さを保つことができるプランニングが基本ですが、最近では、より快適で心地よい空間づくりも注目され、多種多様な設備機器や建材も提案されています。ここでは、洗面所のプランニングの考え方やお手入れ方法、また省エネルギーにも配慮した設備機器などをご紹介します。

洗面所のプランニングの際には、その空間をどのように使用するのかを明確にすることが大切です。家族構成やライフスタイルに合わせて、必要なスペースや機能の優先順位を考えてみましょう。隣接する空間や動線などにも配慮し、朝や夜、家族それぞれの使い方をイメージしてみることが重要です。

いろいろなタイプの洗面所プラン

洗面所のプランは、いくつかのタイプに分けることができます。空間のつくりでは、洗面や手洗い専用とする場合と、脱衣室や洗濯室も兼ねるような多目的なスペースとする場合があります。また、取り入れる洗面化粧台にも、システムタイプやユニットタイプなどがあり、さまざまなプランニングが可能です。

洗面専用か多目的なプランか。用途を明確にして検討を

●洗面専用プラン

洗面や手洗い、歯磨き、お化粧などを行う専用の場所として設けるもの。家のスペースに余裕がある場合、もしくはセカンド洗面所としてみられるタイプです。寝室に隣接させて、パウダールームとしてもよいでしょう。子供部屋や玄関近くにプランニングすれば、子供が帰宅した時に手洗いやうがいなどに利用できます。

●多目的なプラン

洗面だけでなく、脱衣や洗濯などにも利用するタイプ。多くみられるのは、脱衣室を兼ねることができるようにバスルームに隣接させ、洗濯機を設置する空間プランでしょう。最近では、室内干しや洗濯物が畳めるようなユーティリティ機能のあるタイプも。湿気も溜まりやすいので、調湿機能のある壁材や耐水性の高い床材などを選ぶことも必要でしょう。

希望に合わせて選ぶ洗面化粧台タイプ

●システムタイプ

カウンターや洗面ボウル、水栓金具、収納キャビネット、扉材などを自由に組み合わせることができるタイプ。設置する空間や収納する物などに合わせて選べるため、オリジナルな洗面スペースをつくることが可能です。

●ユニットタイプ

決まった間口で作られたタイプ。洗面ボウルや鏡、収納キャビネット、照明、水栓金具などがあらかじめセットされています。間口サイズによってさまざまな商品が揃っているのが特徴で、価格やデザイン、機能のバリエーションも豊富です。システムタイプのように、空間に合わせて一部コーディネートできる商品もあります。

より快適な洗面所にするための工夫

最近のバス・サニタリープランの傾向は、心地よくゆったりとくつろげる空間づくり。限られたスペースでも広がりを感じさせる工夫やアイデア、ホテルライクなデザインも注目されています。

●バスルームと洗面所をひとつの空間として開放的に

洗面所をより広々と心地よい空間とするために、隣接するバスルームとのつながりを意識したプランも増えてきています。たとえば、バスタブや洗面ボウル、内装材の色や素材を揃えることで空間の一体化を図ったり、仕切り壁や出入り口ドアに透明ガラスを用いることで、開放的な空間とするプランも考えられるでしょう。

●非日常のデザインを取り入れる

シンプルですっきりとした都会的なデザインやナチュラルなリゾート感覚のプランなど、ホテルのサニタリー風の空間も注目されています。作り付けのカウンターを設けたり、ガラスや陶器の洗面ボウル、海外製の水栓金具などを組み合わせても。収納スペースを充実させて、生活感を抑えた空間とするのがポイントです。

犬との快適な暮らし方 -安全対策-

室内飼いで急増する家庭内での事故を防ぐ

犬の室内飼いが一般化してきたことで、家の中での事故も増えています。滑りやすい床での足の脱臼や、階段での落下事故などには十分注意しましょう。また、家族と犬の健康のためにも、常にクリーンな室内環境を保ちたいものです。ひとことに犬と言っても、種類によって体格も性格も違うので、犬種別の注意点を抑えておくことも大切です。

Q. 滑りにくい床で愛犬の足腰の負担を軽減

犬にとって滑りやすい床は思いがけないケガにつながることも。床材は、愛犬の足に負担のかからない配慮が必要です。

●フローリング

特殊防滑マットコート塗装仕上げにより、滑りにくいフローリングが実現します。

●タイル

タイル床は滑りにくいので安心です。

●タイルカーペット

カットパイルなので、犬の足にやさしい床材。汚れた部分だけ取り外して手洗いできるので便利です。

Q. 優れた壁材で室内環境を快適に

室内の空気は目で確認しにくいですが、ホコリやハウスダスト、化学物質などで意外と汚れているもの。壁材を工夫するだけでもクリーンな室内環境を保つことが可能です。

●壁用タイル

壁自体が呼吸することで、調湿・脱臭機能を発揮する壁用タイル。空気中の臭いや化学物質を低減し、カビ、ダニの発生も抑えます。

●漆喰クロス

自然素材の漆喰をシート状にした新発想の内装材。吸放湿、防カビ、ホルムアルデヒト吸着などの効果があります。

犬は階段の上り下りが苦手 リフォームで階段事故を防止

屋内での犬の事故の多くは階段で発生します。階段を走り回るのが大好きな猫とは対照的に、犬にとって階段は、骨関節の負担になるほか、転落による骨折など危険がいっぱい。なるべく飼い主の手で移動させるのが好ましいですが、抱えての移動が難しい大型犬などの場合は、ホームエレベーターが便利です。ホームエレベーターは、階段の上り下りがきつくなった家族にも便利なため、人にも犬にもやさしい設備です。

イタズラ好きの犬を危険から守る

好奇心旺盛でじっとしていない子犬は、行く先々で目が離せません。包丁などの調理器具、熱湯や火の元など危険物がいっぱいのキッチンで何かあったら大変。ゲートを設置して愛犬の侵入を防ぐのが一番ですが、オープンキッチンなど囲うのが難しい場合は、犬の手足が届く範囲に調理道具や倒れて困るものを置いたままにしないことです。愛犬にゴミ箱のものをひっくり返されるのを防ぐためにも、キッチンや収納家具の中にゴミ箱を隠しておくと見た目も良いのでおすすめです。

犬種別の注意点

ミニチュア・ダックスフンド
胴長短足なので階段、段差には注意。腰のトラブル、ヘルニアなどにもなりやすい。狩猟犬のなごりから吠え声が大きく、動くモノにも機敏に反応します。外部からの音をなるべく遮るようにするとよいでしょう。

ウエルシュ・コーギー
ダックスフンドと同様、胴長短足なので腰や関節のトラブルを起こしやすい。運動量が多いので、床のすべり止め対策をしっかり。

チワワ
機敏で活発なのが特徴。小柄なゆえ衝撃に弱いので、衝突や落下には十分注意が必要です。脱臼も多いので、床の材質に配慮しましょう。甘やかされることで攻撃的になりやすい一面も。過保護は禁物です。

フレンチブルドック
顔が強面なブルドックは頑丈そうに見えて、意外と皮膚や関節が弱いので、病気や事故に注意が必要です。

ラブラドール・レトリバー
一見おとなしそうに見えてとても活発なので、家具の転倒防止やイタズラ対策が必要です。

犬との快適な暮らし方 -お悩み解消-

愛犬を自由にさせながら自宅もきれいに保ちたい

犬・猫などペットに関する悩みについてのアンケート調査によると、「旅行など長期の外出ができない」を筆頭に、「臭いが気になる」「近所への気配り」「家具や壁、襖などに傷をつける」など、家庭内での悩みが続きました。お互いがストレスなく暮らすためにも、愛犬を自由にさせながら、自宅もきれいに保ちたいものです。最近では汚れやキズがつきにくく、消臭機能のあるペット対応建材が増えているので、臭いやキズのお悩みを解決することが可能です。

Q. 気になる臭いには?

●換気設備で常にクリーンな空気
▶24時間フロアセントラル熱交換換気システム

室内の汚れた空気を排出し、クリーンで新鮮な空気を家中に供給するシステム。ミサワホームの住宅では、愛犬の専用スペースに吹出口を設置することで、臭いがこもるのを防ぎます。

●汚れが染み込みにくい床材

リアルマルチガードフロア

ミサワオリジナルのフローリング。表面を特殊加工しているため、汚れやオシッコが下地に染み込むことなく、水拭きで簡単に掃除できます。

タイル床

オシッコなどの汚れが染みにくく落としやすいので、臭いも残りにくくなっています。

●脱臭効果のある壁材

消臭壁紙

犬から発生する臭いの主成分、アンモニア、メチルメルカプタンなどを効率よく除去。

消臭・調湿タイル

脱臭効果とダニ・カビの抑制効果を持つ壁材。犬がいても室内の臭いが気になりません。

ティオケナフ

木材パルプにかわる非枯渇化資源「ケナフ」を用いた壁紙に光触媒を用いたもの。犬の気になる臭いを光触媒の効果で半永久的に除去します。

Q. 壁や床の傷を防ぐには?

●キズがつきにくい壁
腰壁

表面に特殊樹脂化粧シートを施し、耐傷性、耐汚性をアップさせた腰壁用壁材。汚れや傷に強く、ツメで引っかいても傷がつきにくい。体をこすりつけても臭いや汚れをガードします。

表面強化壁紙

特殊加工により一般壁紙に比べ表面強度が高く、犬が足を掛けても傷がつきにくいのが特徴。マーキングや体の擦り付けによる汚れも洗剤で楽にふき取れます。

●キズに強い床

タイル床

タイル床は、ツメのひっかき傷もつきにくく、メンテナンスのしやすさも特徴です。

Q. 家をきれいに清潔に保つには?

●洗い場&シャンプースペースを設置

雨の日のお散歩や、遊んで泥だらけになったときなど、入り口付近にシャワー設備があると便利です。お湯も使えるようにすることで、バスルームに連れていかなくてもその場でシャンプーができます。犬の洗い場としてだけでなく、庭への水撒きやガーデニングにと日常で多目的に使えます。

●洗面化粧台の設備を充実させる

小型犬なら、バスルームの洗面化粧台まで抱えて行って足を洗うのでもよいでしょう。シャワー付き、温水機能付きが便利です。また、水はね板の設置など、犬を意識した設備を整えると毎日の世話がより楽になります。

犬との快適な暮らし方 -快適な環境づくり-

戸建住宅では、今や10件中4件の割合でペットが飼われていると言われています。時代と共にペットの概念も変わりつつあり、家族同様に考える人が増えています。とはいえ、室内で共に暮らすとなると、悩みや問題を抱える人も多いのではないでしょうか。今回は、「犬との快適な暮らし方」について考えてみましょう。

快適な環境づくりに犬の習慣を取り入れる

犬は、もともと群れで生活していた動物で、群れのリーダーに従うという特徴があります。そのため、飼い主がリーダーの役割を果たせるよう、しつけをしっかりし、主従関係をはっきりさせることがよい関係を築くコツです。愛犬の習性をよく理解し、快適な環境づくりに役立てましょう。

ともに暮らす中にもほどよい距離感を

犬の祖先はオオカミだという説があるように、犬には群れを作って生活する習性があります。飼い主をリーダーとみなし共に過ごすことを望んでいるので、飼い主の存在を確認できる環境内に愛犬専用の居場所を作ってあげるとよいでしょう。テリトリーがはっきりすることで安心感を覚え、落ち着いて暮らすことができます。お住まいの特徴、愛犬の性格なども踏まえて、ゾーニングを考えてみましょう。

1、リビングの一部に専用スペースを作る

家族が集まるリビングの一部に愛犬の居場所をつくります。飼い主の存在を確認しながら、愛犬のテリトリーもはっきりするので、人にとっても愛犬にとっても安心できるゾーニングです。長時間過ごすことになるので、すべりにくい床にするなど、配慮が必要です。

2、家中を自由にさせる

住まい全体を愛犬の居場所と考え、自由にさせるパターン。この場合は、なるべく外に出ているモノを少なくしましょう。また、自由とはいえ、キッチンや浴室など危険なエリアには、可動式のゲートなどを設置し、侵入できないようにしたほうがよいでしょう。

3、夜だけ室内で過ごす

日中は主に庭やウッドデッキなど外に居場所をつくり、夜間は室内の愛犬専用スペース、または飼い主の寝室で寝るというパターンもあります。外からすぐ入れるように、愛犬が夜過ごす部屋の床材は、屋外仕様にするとお手入れが楽です。

いずれの場合も、可愛いからといって、かまい過ぎるのはストレスの一因となるので注意しましょう。むだ吠えや攻撃行動など犬の問題行動は、精神的ストレスによるものが多いので、ほどよい距離感を保つことが大切です

犬は寒さに強く、暑さに弱い

犬は基本的に、寒さに強く、暑さに弱い動物です。暑くても汗をかくことができない犬は、呼吸で体温を下げようとします。体温調節が必要な愛犬のために、土間を設けたり、床の一部をタイル貼りにするなどクールダウンできる場所を作ってあげましょう。ひんやりした床に寝そべり、身体の熱を逃すことができるので、夏場も過ごしやすくなります。

平面的な広さが必要

高さと奥行きを必要とする猫と違い、犬は平面的な広さを必要とします。室内に愛犬用のスペースを設けるのが難しい場合は、ウッドデッキで室内空間を外部に広げるのも一案です。天気のよい日には、家族も愛犬もくつろげるリラックススペースとしても活用できます。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP