Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

キッチンのお悩み解決 -暮らしのまん中にあるキッチン&ダイニング-


かつてのキッチンは、北側に配置するのが一般的でしたが、最近では、リビング、ダイニング、キッチンが一体化したLDKとして、奥まった場所から、家の中心に配置されることが多くなりました。最近のキッチンは、カラーバリエーションが豊富で、インテリア性の高いものが多いので、リビングともなじみ違和感がありません。キッチンをコミュニケーションの中心と考えると、空間のレイアウトも変わってきます。


リビングを見渡せる開放的なオープンキッチン

キッチンにおける、「狭い」「暗い」という不便さは、間取りの問題だけでなく、キッチンに立ったときの視覚的な狭さや、一人で調理をする孤独感、家族の様子を見渡せないことなども影響しています。そこで、ニーズが高まっているのが、リビング、ダイニングと一体化したオープンキッチンです。キッチンに「広さ」や「明るさ」を求めた結果、「自然と家族が集まるようになった」、「子どもが手伝いをしてくれるようになった」「家事に孤独感を感じなくなった」など、満足度が高くなることもうなずけます。


間仕切り壁を取り払いオープンな空間に

ダイニングとの間仕切り壁を取り払ってオープンにすることで、キッチンの面積は変わらないのに開放感を与えることできます。また、キッチンから食卓までの動線を短くすることで、配膳や後片付けがスピーディにでき、途中に壁や扉などの障害物が無くなるのでスムーズに移動できます。


自由に行き来できるサーキュレーションプラン

キッチンの両サイドからダイニングやリビングと行き来できるサーキュレーションプランです。アイランドタイプのキッチンは、シンクや調理台、あるいはコンロなどがダイニングの方向に独立しているため、二方向からアプローチでき動線を短くできます。


キッチンを中心にしたオープンなLDKプラン。①ユーティリティやアトリエとしてなど、様々に使えるマルチコーナーとバックヤードを設け、いつもスッキリした空間を保てるよう工夫しています。②バックヤードの引き戸を開放するとサーキュレーションプランになり、洗面室や浴室への行き来もスムーズ。家事効率アップだけでなく、コミュニケーションも深まります。


空間に広がりをもたせる明るく風通しのよいキッチン

明るく風通しのよいキッチンにするには、光と風を取り入れる窓を大きめに設けたいものです。キッチンでは収納を確保する必要があるので、どうしても窓は小さくなりがちですが、バックヤードなどを別に設けて収納部分を移動すると大きな窓を設けることができます。シンク前の吊り戸棚を側面の壁へ移動して窓を広げるだけでも光の差し込み方がずいぶん変わりオープンな空間を演出します。 北面に下屋がある場合は、屋根にトップライト(天窓)を設ける方法も。トップライトは壁に設けた同じ大きさの窓よりも3倍の採光が得られるといわれています。

住宅が密集している環境では、1階よりも採光や通風に優れている2階にLDKを持っていくのもひとつの方法です。建物の構造によっては、小屋裏部分を取り払って天井を高くすることで、一層の広がりと開放感が生まれます。同時に、浴室や洗面室などサニタリーも2階に設けると短い動線で家事全般をすませることができます。


家族構成や近隣環境の変化に伴い、通風・採光を考えて2階にLDKを移動したプラン。浴室などサニタリーも同一フロアに配置しています。①キッチンの外には生ゴミ置き場として重宝するサービスバルコニーを設置。在宅していることが多い親世帯の居室も2階に設け、②ホームエレベーターを採用することで上下階の行き来をラクにしています。


間仕切り壁を工夫して光を入れる

完全なオープンスタイルではなく、独立性を保ちつつ、キッチンの明るさを確保するには、ダイニングやリビングとの間仕切り壁の上部を少し開けてセミクローズドの空間にするなどの方法もあります。隣室からの光と風が入り、天井部分に空きができたことで開放感も高まります。


色の視覚効果でキッチンに広がりを

キッチンを明るくするには、壁や天井、床の色を、白やベージュといった広がりを感じさせる「膨張色」、あるいは青や緑など空間を広く見せる「後退色」を選ぶなど、色づかいを工夫するのも効果的です。

感性を育む子供部屋 -親子で考える収納-


家族と触れ合うリビングは、 感性を磨くに相応しい場所

子どもの成長とともに衣類やおもちゃは増えていく一方です。そのことを前提に、子どもの成長に対応できる収納スペースを考えることが重要です。また、収納用品を揃えたからといって片付けができるとは限りません。楽しみながら進んで片付けができる方法を親子で考えてみましょう。リビングを遊び場や勉強スペースにしている場合は、お客様が来たらすぐに片付けるなどのルール作りも大切です。


子どもと一緒に成長できる収納スペース

子どもの持ち物は年々変化していくため、収納スペースは、初めから作りこんでしまわず、成長をとともにフレキシブルに対応できることが求められます。余裕をもってスペースを確保し、可動式の棚を取り入れることをおすすめします。上下の出し入れも簡単にできるため、率先して片付ける習慣が身に付きます。


デッドスペースを有効活用

部屋を見回すと、意外とデッドスペースがあるものです。ベッド下の収納や、天井に小さめのハンモックをつるしてぬいぐるみをのせたり、空いた空間に板を渡して棚を作るなど、デッドスペースもアイデア次第で収納スペースに生まれ変わるので、有効に活用しましょう。アイデアのある収納は、子どもも興味を持って取り組むことでしょう。


見せる収納

壁にディスプレイ棚を設け、お気に入りの本を飾りましょう。手が届きやすい位置にきれいに飾ることで、読みたい時にすぐ手に取りやすく、片付けも簡単です。おもちゃなどもディスプレイする場を作って、毎日定位置に戻し、それ以外は収納ボックスにポンポン入れていく癖をつけましょう。見せるものとしまうものの区別をはっきりさせることが大切です。

感性を育む子供部屋 -規則正しい生活環境-


家族と触れ合うリビングは、 感性を磨くに相応しい場所

成績優秀な子どもの多くは、「早寝早起きし、毎日朝食を食べている」、「毎日の宿題や予習復習をリビングで行い、子供部屋は遊んだり就寝用にしている」という共通点があることが最近の調査でわかってきました。どうやら学力アップの鍵は、学習方法のみならず、規則正しい生活環境にもあると言えそうです。家族とのコミュニケーションを図りながら、一緒に成長できるリビング、ダイニングのあり方を考えてみましょう。


リビングを勉強スペースに

家族の人数よりも少し大きめのダイニングテーブルを用意することで、食事以外の時間は、子どもが絵を描いたり、宿題に励む勉強スペースになります。学校に行っている間は、お母さんの家事スペースとして利用することもできます。 リビングの一角に勉強スペースを設ける場合は、家族の気配を感じつつ勉強に集中できるよう、パーティションなどで仕切るのも一つの方法です。完全に仕切ってしまうと部屋が狭く感じられるので、目線ほどの高さで仕切るのがよいでしょう。


対面キッチンで親子の会話の場に

子どもが小さいうちは、配膳台と一体になったカウンターやダイニングテーブルなどが、勉強スペースとしておすすめです。お母さんが家事をしている側で、安心して勉強することができ、今日学んだことを会話を通して復習することができます。


リビングに子どもの居場所をつくる

リビングに大きめの本棚や収納を設け、家族で共有するのもよいでしょう。リビングに自分の本やおもちゃがあることで、自然と居場所ができるものです。また、家族の物が一緒に並ぶことで、お互いが今何に興味を持っているかが分かり、話題が生まれるきっかけにもなります。


家族みんなが顔を合わせるセンターリビング

階段をリビングに取り込むことで、外出時も帰宅後も必ずリビングを通ることになり、自然に家族が顔を合わせることが多くなります。親も子どももお互いの気配を感じ、何をしているのか把握できるので安心です。また、来客の際は、お客様と顔を合わせることになるので、自然とあいさつが身に付くでしょう。家族以外の大人と触れ合うことも社会性を育てるのに有益です。 センターリビング設計は、玄関ホールからリビングへの廊下スペースが必要ない分、リビングや和室など、居室部分を広くでき、収納スペースも確保しやすくなるというメリットもあります。


朝日の入るダイニングで朝食を

一日が始まるダイニングは、朝日が入る場所であるのが理想です。朝、太陽の光を浴びることで、体内時計がリセットされ、朝食をしっかり摂ることで体温が上昇し、体のリズムが整います。朝食を食べるだけで成績が上がるとは言い切れませんが、朝食を食べる習慣があり、生活リズムがしっかりしている子どものほうが、勉強の習慣も身に付きやすいということではないでしょうか。

感性を育む子供部屋 -感性を育む-


幼少期の体験が感性を育み、新たな世界を築きます

子どもは身の回りの環境から刺激を受け、新たな世界を学んでいきます。子ども部屋には、遊びながら想像力を膨らませることができるような工夫をしてあげましょう。また、幼少期に多くの色に触れることは、感性を育み、豊かな色彩感覚を養います。大人の好きな色を押し付けるのではなく、子どもが好む色でコーディネートしてあげることも大切です。


子どもの作品を展示するギャラリースペース

子どもが書いた絵や、折り紙などの作品を飾るスペースがあるとよいでしょう。壁に貼るだけでもいいですが、棚を用意してギャラリーのように作品を大事に飾り、褒めてあげることで、子どもの創作意欲は一層増し、喜びを強く感じるものです。


元気が出る色を差し色に取り入れる

子ども部屋だからといって四方の壁にプリント柄を選ぶのは、うるさい印象になってしまいます。一面だけをプリント柄にしたり、色を取り入れることで、部屋の印象を変えながらも落ち着いた雰囲気に仕上がります。成長に合わせて壁紙や家具を変えるのは大変!という場合は、ベッドカバーやクッションなどのファブリックに元気な色を取り入れるとよいでしょう。色を変えたくなったら手軽に変えることができます。


落書きOKの場所を設ける

小さな子どもは、場所をわきまえず絵を描いたり、シールを貼ったりするものです。もちろん壁や家具に落書きをされては困りものですが、「落書きはダメ!」と頭から叱っては、子どもの感性を摘み取ってしまうようなもの。大きめの黒板やホワイトボード、ダンボール製の玩具などを用意して、落書きしてもいい場所とダメな場所を教えながら、自由に描かせてあげるとよいでしょう。


植物を通して自然を身近に感じる

自然を感じる身近なものに植物があります。植物を育てることで、子どもの植物をいつくしむ心、想像力や好奇心も養われます。鉢植えの中にお気に入りのおもちゃを忍ばせたり、植木鉢に自分で絵を描いたり色を塗ったり、植物の世話が楽しくなる工夫をしてあげましょう。 植物の中には、エコプランツと呼ばれる、ホルムアルデヒトなどの有害物質を吸収し、葉から新鮮な空気を放出するものもあります。手に入りやすいガーベラやポットマムなどは、きれいな花を咲かせます。


屋根裏を活用して隠れ家に

子どもは誰にも邪魔されない自分だけの隠れ家的空間に憧れるものです。屋根裏がある家にお住まいなら、空間を上手に利用して、子どもの秘密基地としてみてはいかがでしょう。他の部屋に比べて狭いため、明るい色使いにしたり照明を工夫してあげるとよいでしょう。

寝室は1日の1/3を過ごす大事な場所


快適な寝室は、一日の疲れを癒し、心地よい眠りに導いてくれます。寝室は、寝るだけの部屋と思われがちですが、一日のおよそ1/3の時間を過ごす大事な場所です。寝室の色使い、照明の明るさ、インテリアや部屋全体の雰囲気などに配慮しながら、寝室環境を快適に整えましょう。


室内の温度・湿度

理想的な寝室の室温は夏が25℃前後、冬は15℃前後、湿度は年間を通して50〜60%が目安とされています。 冬の暖房時は、窓などの開口部から48%もの熱が逃げてしまうといわれています。複層ガラスの採用や、厚手のカーテンを重ねるなど、あたたかさを逃がさない工夫により快適な温度が保てます。

また、冬場は温度が低いため湿度も低く、暖房によって室内はさらに乾燥します。風邪予防のためにも加湿は大切ですが、加湿のしすぎが原因で結露やカビが発生することもあるので適度なコントロールが必要です。寝室では、枕元に小型の加湿器を設置するなどのスポット加湿がおすすめ。湿度コントロール機能付きのエアコンなら、加湿器がなくてもエアコン一台で温度・湿度管理が可能です。 寝室には、温度計・湿度計があると便利ですが、あまりこだわり過ぎも不眠のもとなので、暑過ぎず寒過ぎない室温・湿度を心がけましょう。


照明の明るさ

寝室の明るさは、一般的に、物の形がおぼろげに見える程度の20〜30ルクスがよいとされていますが、個人差があるので、自分に適した明るさで眠りにつくのがよいでしょう。ただし、明るい場所ではホルモンの分泌量が低下するという調査結果が出ているので、どうしても明かりが必要という人には直接照明よりも間接照明がおすすめです。また、電球は、蛍光灯よりも暖かみのある白熱灯のほうが心身をリラックスさせる効果があります。


騒音対策

静まりかえった夜間は、ちょっとした物音にも敏感になり、寝つけない原因になります。 家庭内から出る音は、エアコン:40〜60デジベル、テレビ:55〜70デジベル、風呂・給排水音:55〜75デジベル、と意外と大きく、寝室での音のレベルが40デジベルを超えると眠りに影響を与えると言われているので、電化製品を選ぶ際は音の大きさにも配慮しましょう。人の話し声や車のアイドリングなど外からの騒音には、二重サッシや防音効果のある窓ガラス、厚手のカーテンなどが防音対策になります。


カラーコーディネート

寝室はリラックスしたい場所なので、壁紙やカーテン、ファブリックには、刺激的な色彩は避けたほうがよいでしょう。黄緑から青、紫といった寒色系の色には、心を落ち着かせてくれる効果があります。グリーンには目の疲れを癒してくれる効果もあるので、寝室に適しています。また、ベージュやブラウンといったスモーキーカラーも、落ちついた雰囲気に。冬の季節は、オレンジや赤などの暖色系が、あたたかさを演出してくれます。


レイアウト

ベッドをはじめインテリアの高さを抑えることで、空間に空気の流れができ、圧迫感を感じることなくリラックスできます。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP