Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

理想のキッチンの作り方 - キッチンのスタイル -

ライフスタイルから生まれる 新しいキッチンの形

かつて、キッチンは食材に直射日光が当らないよう北側に配置しがちでした。最近では、冷蔵庫をはじめ、断熱、冷暖房などの住宅性能が向上したほか、高性能なレンジフードや静音機能に優れた水栓やシンクが登場するなど、表舞台に置いても違和感がなくなりました。
また、ライフスタイルの変化により、夫婦で料理をしたり、友人を招いて一緒に料理を楽しむなど、今やキッチンは主婦だけのものではなくなってきています。まずは、家族のライフスタイルを見極めたうえで、どのようなキッチンにしたいのか希望を固めていくのがよいでしょう。

キッチンの基本スタイル

キッチンの基本スタイルには、クローズド型とオープン型があります。クローズド型はリビングダイニングから分離され、リビングダイニングからキッチン内が見えにくい、従来のキッチンに多く見られたタイプです。オープン型はリビングダイニングと一体化したものです。

一人で調理を楽しむならクローズドキッチンが最適

誰にも邪魔されず一人で調理に集中したい場合は、ダイニングとは独立したクローズドスタイルのキッチンが向いています。シンク、加熱調理機、ワークトップが一列に並ぶⅠ型キッチンは、シンプルでデッドスペースもないのでおすすめです。キャビネットや調理家電の位置を工夫することで、自分だけの使いやすさを追求したスペースが実現します。

子育て期にはオープンキッチンがおすすめ

奥まったキッチンだと、家族の気配に気づきにくいことがあります。そこで、キッチンをリビング空間とオープンにつなげ、キッチンを中心に放射状に空間をデザインしていくことで、調理中もリビングにまで目が届き、開放感のある子育てのしやすい家になります。一緒に調理ができるプランにすることで、お子さまの食育にも貢献します。

みんなで調理にはアイランド型やペニンシュラ型も

ホームパーティを開くことが多かったり、家族で調理をする機会が多い場合は、アイランド型やペニンシュラ型のキッチンが適しています。開放的な間取りで、複数人での調理が楽しめます。ご自宅で料理教室を開くなどという場合にはアイランド型が最適です。

アイランド型

キッチンセットが壁のどの面にも接しない独立したタイプ。

ペニンシュラ型

ユニットの再度部分が部屋に突き出ていたり、ワークトップの一部が突き出ていたりするので「半島(ペニンシュラ)」と呼ばれます。

理想のキッチンの作り方 - 素材・設備選び -

進化した素材や設備でお手入れがラクなキッチンに

換気扇やレンジフードの油汚れ、シンク、収納扉の水はねなど、キッチン仕事は掃除やメンテナンスにも時間をとられるもの。キッチンには、お手入れのしやすい素材が適しています。雑然としがちなキッチンには、お手入れのしやすさはもちろん、統一感も必要です。扉材は、デザイン、カラーともにバリエーションが多いので、キッチン、ダイニングの雰囲気に合わせて選ぶのもポイントです。

汚れが目立たない素材選び

水あかが気になるシンクは、汚防加工を施したステンレスや人工大理石がおすすめ。ワークトップは、目地の汚れが目立つタイルや、汚れが染み込みやすい天然石は避けましょう。人工大理石も汚れが染み込みがちですが、コーティングを施したものであればひと拭きできれいに。

天然木

天然素材ならではのナチュラルな木目の雰囲気が楽しめます。

メラニン化粧版

合成樹脂を重ね合わせた樹脂板。傷がつきにくく、耐熱性、耐水性に優れているのが特徴。掃除がしやすく丈夫なのがメリット。

ステンレス

高級感のある素材。シンクに用いる場合は、水あかが目立ちやすいので、汚防加工が施してあるものがおすすめ。

デザインガラス

さまざまな加工を施したデザインガラスや、フロストガラスは、棚の中身を隠したい場合に適しています。

加熱調理器もお手入れのしやすさで選ぶ

お手入れのしやすさを重視するなら、IHクッキングヒーターがおすすめ。天板がフラットなので、拭きこぼれや汚れもさっと拭くだけで手軽に掃除ができます。
ガスコンロも五徳がはずれるものであればお手入れがラクにできます。
ガスにするかIHにするか、設備面で迷うことがあれば、普段作る料理が強火を使うものが多いのか、弱火でじっくり煮込むものが多いのかなど、料理のレパートリーも決め手になります。

カラーを統一し、すっきりしたキッチンに

すっきりしたキッチンにするには統一感が大切です。壁面を利用した「キッチンクロゼット」など、キッチンの中でも広い面積を占めるものは、面材を壁の色と同色にすることで統一感を出すことができます。壁面がシンプルな分、ダイニングの椅子などをビビッドな赤や緑にするとLDKのアクセントになります。雑然としがちなキッチンだからこそ、テーマカラーを決め、すっきり見せることがポイントです。

実際の使い心地をショールームで体感しよう

実際の使い心地は、カタログやホームページだけではわかりにくいもの。ショールームで実際に見て、触れて、試してみることで実感がわいてきます。あらかじめ、目当てのものを事前にピックアップしてから、ショールームを訪ねてみましょう。

理想のキッチンの作り方 - キッチンのサイズ -

「収納量をアップしたい」、「使い勝手をよくしたい」「見た目をスッキリさせたい」など、多くの方がキッチンに悩みを抱えているようです。キッチンは料理を美味しく楽しく作るための場所、そして一日のうちの長い時間を過ごす場所でもあるので、快適な環境にしたいものです。理想のキッチンを考える際におさえておきたい、サイズ、素材・設備、ライフスタイルの面からキッチン選びのポイントをご紹介します。

快適なキッチン作りの第一歩 自分にあったキッチンサイズをみつけよう

キッチンの動線を考えるうえで、冷蔵庫、シンク、加熱調理機の3点を結ぶワークトライアングルがポイントとされています。これに、作業スペース、電子レンジ、ごみ箱など、必要なものにすぐ手が届くのが、理想的なキッチンの動線です。それぞれの寸法とワークトップ間の距離を考慮してレイアウトを考えると、効率よく使いやすいキッチンが実現します。

ワークトップ

ワークトップの寸法
準備スペース30cm~75cm
シンク60cm~120cm
調理スペース60cm~90cm
配膳スペース30cm~90cm

ワークトップの各スペースは、一般的には右記の寸法を目安に設計されています。そこで作業する人の人数や、どのような動作が多いかなどによって大きさが決まるので、必要な長さを計算してみましょう。このとおり十分なスペースが確保できないとしても、使用頻度の高いシンク、調理スペースは優先的に確保したいものです。
もっとも基本的なキッチンレイアウト・I型の場合、その合計は360cmが限度といわれています。合計が450cmを超える場合は、L型キッチンにするなどし、横移動を少なくするのがよいでしょう。
一般的に、シンク、コンロ、冷蔵庫を結ぶ3辺の総和が510cm程度になるのが使いやすいと言われています。

利き腕で決まるキッチンレイアウト

キッチンの動線を考える際、利き腕が右か左かで使いやすいレイアウトも変わってきます。I型の場合以下のようなレイアウトが理想的とされています。

また、食器洗い乾燥機を設置する際は、シンクで軽く汚れを落としてから食器洗い乾燥機へ移動するのに、利き腕で行うのがやりやすいので、右利きの場合はシンクの右側に、左利きの場合はシンクの左側にあると便利です。 これから新たにキッチンをつくる場合は、利き腕のことも考慮してレイアウトを考えることが、より使いやすいキッチンが実現します。

ワークトップの高さ

作業のしやすさを考えるうえで、動線の次に検討したいのが、ワークトップの高さです。最近のシステムキッチンは、人間工学に基づいた設計がされるなどずいぶん使いやすくなってきましたが、やはり使う人の体の大きさによって、使い勝手の良さも異なります。少しでも体への負担を軽減できるよう、キッチンまわりは自分の体にあった寸法を選びたいものです。まずは、自分にあう高さを知っておきましょう。

自分にあう高さの目安は、「身長÷2+5cm=理想の高さ」で割り出すことができます。例えば身長160cmの人なら、85cmが、適したサイズになります。
160cm÷2+5cm=85cm

高齢者の場合は、前かがみの姿勢になりがちなので、計算で出た高さよりも少し低めに設定するとよいでしょう。一般的には、65~75cmが適しているといわれています。

ここでご紹介した数値はあくまでも目安です。ショールームで実際に商品に触れるなどして、自分や家族に合わせた寸法を確認することをお勧めします。その際は、必ず靴を脱ぎ、普段使いのスリッパに履き替えて確認しましょう。数センチの差でも、使い勝手に大きく影響します。

キッチンの収納

機能的な収納で使いやすいキッチンへ

キッチンでは食器や調理器具、家電、食材、そしてゴミ入れまで、大きさや種類もさまざまなものを必要とします。キッチン収納の基本は、「しまう」よりも「使う」を考えること。調理器具は使う場所の近くに、取り出しやすい状態で収納することがポイントです。必要な道具の数とその頻度、いつ使うものなのかを把握し、これらに合わせたサイズの収納をつくるとよいでしょう。

猛暑を快適に過ごす10の工夫 - 涼しい演出 -

手軽にできる工夫で体感温度を下げ、気分から暑さを解消

目・耳・肌から、涼しい気分を感じることで、暑さを軽減できる効果があります。
部屋にモノをごちゃごちゃ置かず、すっきり片づけるだけでも、暑苦しさが軽減され気分が落ち着きます。
手軽な工夫が多いので、ぜひ試してみてください。

工夫その8 目で感じる涼しさ

インテリアの工夫で、視覚的に空間をすっきり涼しげにまとめられます。

色の工夫

涼しく感じるのは、淡い色、寒色系。とくに青はイライラを鎮めたり、モノを遠くに見せる効果があるため、ソファカバーやカーテン、クッションカバーなどインテリアに使うと、空間をすっきり見せてくれます。白・シルバー・クリアなどを組み合わせると、より爽やかです。

素材の工夫

透明感のあるガラス素材は、涼しさの演出に最適。器に水を張って、水辺コーナーをつくるのも楽しい工夫です。見た目に暑苦しいウールや起毛の冬素材は片づけ、麻や綿サッカーなど、肌に密着しない布素材がおすすめです。

工夫その9 耳で感じる涼しさ

音で爽やかさを演出して、暑さストレスを解消しましょう。

木の葉のゆらぐ音

庭に高い木があると、耳から、さわさわと風が吹き抜けるイメージが沸いてきます。地窓の側に笹など風にそよぐ植物を植えても。

風鈴やウィンドウチャイム

耳に心地よい音で、見えない風の動きを感じられます。風の強い日などは、近所迷惑にならないよう取り外しましょう。

工夫その10 肌で感じる涼しさ

肌が涼しさを感じると、脳に刺激が伝わり、体感温度が下がります。

打ち水で、ひんやり空気を満喫

江戸時代からの夏の風物詩「打ち水」は、水が気化するときに地表の熱を奪うため、アスファルトが熱くなった夕方に行うと効果的。風呂の残り湯や雨水などを利用しましょう。住まいの廻りに冷気が生まれ、涼しい風となって室内へ取り込まれます。

ゴザや畳を活用

夏だけ置き畳を敷いていて、手軽に畳コーナーを。もっと簡単にしたいなら、ラグの代わりにゴザを敷いてみては?窓を開けてゴロンとすれば、床に近いので涼しい風が通り、いぐさの香りがキモチを落ち着かせてくれます。

寝苦しい夜は氷枕

カラダの快適は頭寒足熱。どうしても寝苦しい夜は、室温を下げるばかりでなく、アイスノン枕などで頭をやんわり冷やすと、快適な睡眠に誘ってくれます。

猛暑を快適に過ごす10の工夫 - 日差しを遮る -

できるだけ熱を排除する工夫を

夏の直射日光が室内へ侵入すると、室温の上昇を招きます。
最近の住宅は気密性が高いため、一度室温が上がると、そのまま熱がこもる傾向に。
まずは、日差しを遮り、室内への遮熱対策を考えましょう。冷房の効率もアップし、省エネに貢献できます。

工夫その4 住まいの外廻りで遮熱

敷地の中に積極的に植栽を取り入れると、日差しを遮るだけでなく、光合成により空気中の二酸化炭素を取り込み、酸素を排出することで地球温暖化防止にも役立ちます。カーポートも部分的に緑化すると照り返しが軽減できます。

落葉樹を植える

南や東、西向きの窓の前に、落葉樹を植えると、夏は強い日差しを遮り、冬は落葉して、あたたかな日差しを招き入れてくれます。お住まいの地域の気候にあった樹木を選んでください。植物は光合成時の代謝作用で空気を浄化し、蒸散作用で冷気も発生させてくれます。

グランドカバー植物を植える

地面には、表面を覆う芝生やリュウノヒゲなど、グランドカバー類の植物を植えると、日光の照り返しを防ぎ、雑草の繁殖も抑えてくれます。カーポートも一面アスファルトにせず、ところどころに土を残してグリーンスペースをデザインすると、車がないときも美しく、潤いも感じられます。

ベランダも緑化

ベランダにパーゴラを設け、ツタなどツル性の植物を這わせると、自然の庇が誕生。ベランダに扇風機を出して、植物を介して室内へ向けると、涼しい風が送り込めます。

池や水辺をつくる

池にも空気を加湿冷却する効果があります。市販されている池キットを庭に埋めたり、テラスの一部に一段下げたスペースをつくり、暑い季節だけ水を張るなど、ちょっとした水空間を演出すると視覚的にも涼しくなります。

工夫その5 窓の外部で遮熱

日光は、ガラスのみだと8割、カーテンをしても5割が室内へ入ってきますが、外部に日除けがあると2割ですむというデータがあります。
つまり日除けは、住まいの外部につけた方が倍以上効果的。
庇やすだれなどを活用して、住まいの外でしっかり日差しをブロックしましょう。

すだれ・よしず

一番安価で手軽なすだれやよしず。立てかけたり、吊したりと、南や西側の窓を覆うと、70~80%の日差しを遮蔽でき、風は通してくれます。ただし天候には要注意。強い風が吹いたり大雨の時は、取り込んでおきましょう。

オーニング

電動スイッチや手動ハンドルで、軒の出を調節できるオーニング。西側など低い位置で日光が差し込む場所には、いっぱいに出して。デッキなどと組み合わせれば、カフェ風の雰囲気を楽しむこともできます。

庇を設ける

建物の軒や庇の出は、地域で多少差はありますが、開口の高さの0.3~0.4倍にするのが最適です。真上から照りつける夏の日差しを軽減して日陰を作り、室内の温度上昇を抑えてくれます。また、太陽の位置が低い冬は、あたたかな日差しを室内へ取り込めます。

工夫その6 住まいの内側から遮熱

外部で日光を遮ることに加え、ペアガラスを採用する方法も。空気層を挟んだ断熱性の高いペアガラスは、夏の熱気だけでなく、冬の冷気や結露対策にも効果的です。断熱用と遮熱用の2種類あり、南側には断熱タイプを、西側には遮熱タイプを用いるのが効果的です。

工夫その7 室内での発熱を抑える

室内にも、様々な家電製品から熱が排出されています。特に排熱の多いのが冷蔵庫。止めることはできませんが、中身をできるだけ詰め込まず、壁から少し離して置くと、消費電力を抑えられます。
また薄型でも大型のテレビは、かなりの熱を発しています。こまめにスイッチを消し、出かける時などは、主電源を切りましょう。そして忘れがちなのがパソコン。使用中は排熱する場所をふさがないよう、必要のないときはシャットダウンを心がけてください。電球の衣替えもおすすめです。電球を蛍光灯型電球やLED電球に変えると、発熱量も軽減でき、白い光は電球色より視覚的に涼しく感じられます。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP