Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

広がり演出テクニック - 素材などの演出-

内装の素材、間仕切りなど視覚的な工夫をすることで空間にゆとりを感じさせ、広々とした印象の住まいにすることが可能です。たとえば、各部屋を隔てている壁を、鏡や透明ガラスに変更することで空間に奥行きが生まれます。鏡の映りこみ効果は奥行き感をもたらし、透明ガラスは空間を延長させて広がりをもたらします。上手に取り入れて、同じ面積でも広く見せる工夫をしてみましょう。

鏡の映りこみ効果を利用する

レストランなどを訪れると、鏡を上手に使っているのを見かけます。それほど広くない場所でも鏡の映り込みによって広々と豪華な雰囲気に演出できるのです。この効果をわが家に利用することで狭さを克服することができます。例えばどの家も限られた小さな空間である洗面室や玄関。

ひとつの面に鏡を取り付けることで、空間が映し出されて奥行き感を出すことができます。ダイニングやリビングなど大きな空間でも、壁の一部を鏡貼りにすることで思いがけない広さが演出できます。

POINT

鏡に映りこむ風景を考慮して設置場所を決めましょう。鏡に人物が映りこむと落ち着かないので、座った目線よりも高めの位置に設置するのがおすすめです。

壁をガラスに変える

機能別に分かれた狭い部屋、例えばトイレと洗面室、浴室と脱衣室などの間仕切りをガラスにすることで空間が延長され、広く見せることができます。ガラスは透明ガラスでだけでなく、上半分が透明で下半分は曇りガラス、あるいはグラデーション模様などを選べば適度な区切り感も出すことができます。家族構成やライフスタイルに十分配慮して、どこに採用するか考えるとよいでしょう。

POINT

大きな面積を取りがちなテーブルも、天板をガラス素材にすることで、空間をゆったり見せてくれます。テーブルの脚部は、部屋とのバランスを考慮して、木、スチールなどの素材を選ぶとよいでしょう。床がフローリングの場合は、脚部を木にすると床との調和が取れます。ガラスとスチールは組み合わせやすいので、さまざまな空間に対応できます。

カーテンで天井を高く見せる

天井が高いと圧迫感がなくゆとりを感じられるものです。天井を高く見せるには、部屋の中でも広い面積を占める窓辺がポイントです。縦に伸びる線は高さを強調するので、縦方向に伸びるデザインのカーテンにすることで、窓や天井を高く見せることができます。

間仕切りをなくしてオープンに

機能別に分けた部屋を見直してみることも、方法のひとつ。たとえば、リビングとダイニング・キッチンに分かれている部屋は、仕切りがないと一体の大きな空間となります。家族の顔を見ながら料理ができたり、気軽に家族が料理に参加でき、食を通して家族のコミュニケーションがスムーズになる効果も期待できます。また、トイレと洗面室、浴室と、バスルームを欧米方式のスリー・イン・ワンにするのもひとつの方法です。総面積は変わらず、ゆったりした水廻りスペースが実現します。

スケルトンで存在感を省く

通常壁で囲われている階段を、蹴込み板を省いたスケルトン階段にして、リビングなどに取り込んでしまうのも効果的な方法です。光や風を通すスケルトン階段は、空間が実際よりも広く見えるのが大きなメリット。デザイン次第では空間のオブジェにもなります。そればかりか、2階の個室にいく家族と自然に会話が交わせることも可能です。

前後のスペースを活かせる引き戸

ドア(開き戸)は開閉の際に開く方向にスペースが必要になります。これに比べて横に引くだけの引き戸は、開閉の際のスペースはほとんど必要ありません。かつては、気密性が損なわれるなどのマイナス点もありましたが、最近では気密・断熱性に優れた玄関引き戸も登場しています。玄関ドアをはじめ、室内ドアなども引き戸に変えることで前後の空間を有効に生かすことができ、広がりも得られるメリットがあります。

屋外空間をセカンドリビングに

居間から庭へとデッキやバルコニーを広げていくことで開放的なスペースが生まれます。実際に外に出なくても、バルコニーの床が木に変わるだけで、視覚的に床面積が広がったように感じられます。

広がり演出テクニック - 視覚効果 -

同じ面積・天井高の室内でも使う色によって広く見えたり狭く見えたりします。それは光の当て方でも同様です。床に直接光を当てると天井が低く狭い部屋に見え、壁に光を当てると天井が高く広い部屋に見えます。色づかいや光の当て方によって、同じ面積の部屋でも異なる見せ方ができることを知り、効果的な使い方を工夫してみましょう。

色の心理効果を利用して「後退色」と「進出色」を使い分ける

青を中心とした、黄緑から紫あたりまでの「寒色系」の色には、ものを遠くに見せる効果があります。この寒色系や暗い色、くすんだ色合いなどには、実際の距離よりも遠くに見えたり、後ろに下がって見える心理効果があるため、「後退色」と呼ばれています。狭い空間では「後退色」を効果的に使うことで広がりを演出することができます。部屋のなかで最も大きな面積を占める床や壁、天井の色に上手に取り入れることで空間の雰囲気が大きく変わります。
一方、黄色からオレンジ、赤、薄い茶色くらいまでの「暖色系」や彩度の高い明るい色は「進出色」と呼ばれ、膨張して見え、実際の距離より手前に感じられます。これらは存在感を強調したり、インテリアのアクセントとして使う場合に適しています。

すべて白でまとめる

白や白に近いベージュなどは膨張色ですが、壁や天井などを白にすると部屋を広く見せる効果があります。反対に天井の色を濃い色にすると、天井が低く感じられて圧迫感があり、部屋が狭く感じます。白い空間には、光を受けたときに陰影が楽しめるというメリットも。同じ白でも素材感の違うものを取り入れたり、ベージュなど色合いを微妙に変えることで、白の美しさが一層際立ちます。白だけでは落ち着かないという場合は、白をベースに、引き締める色を1~2色、ポイントとして取り入れると効果的です。

家具の色を統一する

家具やファブリックは壁に近い色を選ぶと、壁と一体化して広く感じさせることができます。グラデーション効果を利用する場合は床面に濃い色を用い、天井に向かって淡い色に。家具の色は床の色よりも明るいものを選ぶと広がりを損ないません。また木質系の家具なら、できれば素材や色合いを統一しましょう。素材や微妙な色合いがバラバラでは視線が定まらず、雑多な印象を与えてしまいます。色はダークブラウンよりライトブラウンの方が広く感じさせることができます。

ソファの置き方一つで空間が変わる

ソファのような大きな家具は、置き方ひとつで空間の見え方を大きく左右します。部屋を広く見せるためには、入り口付近から一番遠くにあたる、ドアの対角線上に置くのがベストです。ドアを開けた際、視界が開け、空間が広く見えます。一方、ドアの近くにソファを置くと、入ってすぐソファで視界が遮られてしまうので、実際の面積よりも狭く感じてしまいます。限られた空間では、どうしても壁にソファを寄せがちですが、リビングとダイニングのスペースを仕切る感覚で、思い切って部屋のセンターに置いてみると窮屈な感じがなくなります。対角線上に置くのが難しい場合は、壁からなるべく遠くなるよう配置することが広く見せるポイントです。

POINT

ソファは座面の低いものを選び、視線を下げることで空間が広く見えます。

脚付き家具で圧迫感を解消

圧迫感を解消するためには、背の高い家具を置かないようにしたり、家具を低くまとめて視線を下げることもひとつの方法ですが、家具のデザインによっても部屋の圧迫感は大分変わってきます。家具を脚付きのものにすることで、床の見える面積が増えるため、圧迫感が解消され、部屋を広く見せる効果があります。

間接照明を活用する

照明を壁や天井に当て、その反射光で空間を照らすのが間接照明です。照明器具本体は目に見ない位置に取り付け、一度何かに当てることで柔らかい反射光を創り出します。また、部分的に照らすことで空間に明るさの濃淡が生まれ、部屋を立体的に見せることができます。光を壁に当てると天井は高く感じられ、結果として部屋は広く見えます。節電アイテムとしてLED(発光ダイオード)は、エコなだけでなく、熱や紫外線が発生しにくいので、絵画や観葉植物に光を当てる間接照明として注目されています。「見せたいもの」をより引き立て印象的な空間を演出できます。

水平線を利用して部屋を広く見せる

横に伸びる線の視覚的効果を活用すると、広さや奥行きの印象を変化させることができます。部屋を広く見せるには、家具を低くまとめて視線を下げることが基本ですが、収納量の観点から、どうしても背の高い家具が必要な場合は、棚をオープンタイプにし、横の広がりを強調することで、すっきりとした印象になり、広さを感じさせることができます。

POINT

ボーダーの壁紙を部屋や廊下の壁にアクセントとして使ってみたり、壁面に飾り棚を付けてみるのもよいでしょう。

「尊重」と「協力」イマドキの二世帯住宅 - 二世帯住宅のための間取りプラン -

二世帯住宅の代表的な間取りは大きく3つのスタイルに分けることができます。自分たちはどのスタイルにすれば快適に暮らせるかを、チェックシートを使って確認してみましょう。さらに、よくある失敗例からその対応策を学びます。

「あなたにおすすめの間取りスタイル」チェックシート

チェックリストA
チェックリストB
チェックリストC

上記の項目の中で、ご自分に当てはまるものにチェックマークをつけてください。

代表的な二世帯住宅の間取りスタイル

Aにマークを多くつけた方
【おすすめスタイル】個室以外の空間を共有するスタイル

玄関やキッチン、トイレ、浴室など個室以外の空間を共有するスタイルです。両世帯で協力して子育てしたい場合や、建築費用・生活費をできる限り節約したい場合などには、快適に暮らせる可能性が高いでしょう。チェックシートでAに一番多くマークをつけた方におすすめです。

【おすすめプラン例】家族の気配をいつでも感じられる、パブリック空間とプライベート空間の最適なバランス

1階のリビングダイニング続きに、アウトリビングとしてウッドデッキを設置するプランです。視界が広がるデッキにはテーブルと椅子を配置して、家族の間柄を一層深めるひとときをお過ごしいただけます。

Bにマークを多くつけた方
【おすすめスタイル】一部の空間を共有するスタイル

玄関とリビングだけ、あるいは浴室とキッチンだけなど、一部の空間を共有するスタイルです。両世帯で一緒に食事をしたいけれど、部活動などで汚し盛りの小・中・高校生のお子さまがいらっしゃるといったご家庭では、浴室だけを分けるスタイルが合うかもしれません。チェックシートでBに一番多くマークをつけた方におすすめです。

【おすすめプラン例】気兼ねなく同居したいご家族のために、ほどよく別々の、いい関係をご提案。

上下分離型の分け方で、居住空間を独立させた二世帯住宅プラン。玄関は共有しますが、双方の日常生活に支障のない設計を徹底しています。

Cにマークを多くつけた方
【おすすめスタイル】すべての空間を別々にするスタイル

建物は1つでありながら、玄関や水回りなど内部の空間はすべて別々にするスタイルです。どちらかの世帯の帰宅時間が深夜になりがちなど生活時間にずれがある場合や、現在の敷地に余裕があり、比較的増築がしやすい場合などには検討する価値があるでしょう。チェックシートでCに一番多くマークをつけた方におすすめです。

【おすすめプラン例】お互いのために、自分たちの暮らしを大切にする優しい距離。おとなりで見守る関係が素敵です。

左右分離型の分け方で、独立性を高めた二世帯同居プランです。増築しなくても、合理的な設計で別々同居の間取りができます。

※上記のチェックシートは、あくまで参考になりますので、実際は専門家へ相談するなどして、最適な間取りプランをご相談ください。


3つのスタイルごとのありがちな失敗例とその対応策

①個室以外の空間を共有するスタイルの失敗例

プライバシーを確保しにくい

家の中でのんびりしたり、パジャマや部屋着姿でいるところを他の世帯に見られたくない方は、リビングなどの共有場所も別々にすることをおすすめします。

バリアフリーへの配慮が足りなかった

高齢の親世帯は今後、体調を崩しやすくなるかもしれません。今は元気でも将来を見越して、手すりの設置などバリアフリーに配慮しましょう。

②一部の空間を共有するスタイルの失敗例

キッチンや洗面化粧台などの共有部分の高さが合わない

親世帯と子世帯では身長の高さに差がある場合があります。キッチンなどを共有する場合は、どちらにとっても使いやすい高さにしましょう。

玄関を共有にしたら遅く帰った時に気をつかう

玄関を共有にすると、遅く帰った時や来客が多い時などに気をつかう場合が多いようです。人の出入りのパターンが極端に違うケースでは玄関を別にした方がいいでしょう。

③すべての空間を別々にするスタイルの失敗例

二世帯なのにまったく会話がない

同じ建物でも内部の空間がすべて別々で、しかも生活時間が大きくずれているといったケースでは、しばらくの間、顔を合わせていないということも。建物内にお互いに行き来できるドアを設置したり、共有のくつろぎスペースを設けたりといった工夫をしましょう。

音が気になる

すべての空間を別々にしたとしても、隣や上下の音は伝わるものです。親世帯の寝室の上を子ども部屋にしない、両世帯の寝室は隣同士にしないなど、部屋の配置をよく考えることが必要です。

さらに、二世帯の間取りと実例を知りたい方はこちら

「尊重」と「協力」イマドキの二世帯住宅 - 二世帯住宅のメリット -

二世帯で暮らすことのメリットを最大限に活かす

二世帯住宅と言えば、昔は生活空間を完全に共にする「同居型」が普通でした。その後、核家族化への流れから同じ敷地内に住んでいても、生活は別々という形が好まれ、最近はプライバシーを尊重しながらもお互いに協力し合うスタイルへと変化しています。この「尊重」と「協力」の二世帯住宅には現代の生活スタイルにマッチした様々なメリットがあります。

二世帯住宅のメリット例

「経済面」
・住居費を軽減することができる

親世帯の住まいを建て替えて二世帯住宅を建築する場合、子世帯にとってのメリットは、なんといっても新たに土地を購入しなくてもよいということではないでしょうか。また親世帯にとっても、子世帯に建築費用を一部負担してもらえれば、より快適な住空間を比較的安価で手に入れることができます。

・各種の税の優遇・補助金が受けられる

二世帯住宅は「小規模宅地等の特例」によって相続時の土地の評価額が8割減(面積に上限あり)となるため、相続税の負担軽減効果があります。また、玄関が2つあるなど一定の条件を満たせば、区分して登記できるので、その分、土地面積や延床面積が小さいとみなされ、不動産取得税や固定資産税が安くなる場合もあります。

・生活費を折半できる

キッチンや浴室など共有部分が多い場合、食費や光熱費を別々にするのは困難です。このようなケースでは生活費を折半することが多いようです。ただし、「こちらは外食が多いのに」といったトラブルにならないために、互いの経済状況に応じて、定額負担にするなど事前にルールを設けた方がよいでしょう。

「子育て面」
・情操教育にいい

親世帯も子育てに参加することで、子どもにとって日常的に幅広い年代の人と触れあうことが可能になります。様々な年齢の人と多様な体験をすることで、子どもの情操教育にもいい影響を及ぼすと言われています。

・親世帯は孫と触れあう機会が生まれ、子世帯にとっては子育てに余裕が生まれる

二世帯住宅で暮らすことによって、親世帯は孫と一緒に過ごす時間を十分に作ることができます。また、普段仕事などで忙しい子世帯にとっても、親世帯に子育てを協力してもらうことで、余裕をもって子どもと過ごすことができます。

「家事面」
・食事の用意

病気や仕事などでどうしても家族の食事の支度に手が回らない時でも、お互いに助け合って用意をするといった連携がとりやすくなります。

・留守中でも安心

留守中に郵便物や宅配便を受け取ったり、急な雨などで洗濯物を取り込むなど、お互いの世帯で助け合うことができます。助けてもらった時の感謝の気持ちも忘れないでおきたいですね。

二世帯で共に暮らすことをイメージしましょう

このようなメリットを最大限に活かすには、同居後の生活パターンを具体的にイメージすることが大切です。たとえば親子で共通の趣味があるなら、趣味を共有できるホビールームを作るのもよいでしょう。また、どちらかの世帯の帰宅が毎日遅いようならキッチンは別々にした方がいいかもしれません。

二世帯住宅を検討する場合、まずこのような生活パターンの同じ点、違う点を洗い出し、お互いの関わり方を念頭に置いて希望や要望を整理してみましょう。

建てる前に知っておきたいノウハウや実例が満載!「二世帯・三世代住宅カタログ総合セット(5冊)」をご希望の方はこちらから

理想のキッチンの作り方 - キッチンのスタイル -

ライフスタイルから生まれる 新しいキッチンの形

かつて、キッチンは食材に直射日光が当らないよう北側に配置しがちでした。最近では、冷蔵庫をはじめ、断熱、冷暖房などの住宅性能が向上したほか、高性能なレンジフードや静音機能に優れた水栓やシンクが登場するなど、表舞台に置いても違和感がなくなりました。
また、ライフスタイルの変化により、夫婦で料理をしたり、友人を招いて一緒に料理を楽しむなど、今やキッチンは主婦だけのものではなくなってきています。まずは、家族のライフスタイルを見極めたうえで、どのようなキッチンにしたいのか希望を固めていくのがよいでしょう。

キッチンの基本スタイル

キッチンの基本スタイルには、クローズド型とオープン型があります。クローズド型はリビングダイニングから分離され、リビングダイニングからキッチン内が見えにくい、従来のキッチンに多く見られたタイプです。オープン型はリビングダイニングと一体化したものです。

一人で調理を楽しむならクローズドキッチンが最適

誰にも邪魔されず一人で調理に集中したい場合は、ダイニングとは独立したクローズドスタイルのキッチンが向いています。シンク、加熱調理機、ワークトップが一列に並ぶⅠ型キッチンは、シンプルでデッドスペースもないのでおすすめです。キャビネットや調理家電の位置を工夫することで、自分だけの使いやすさを追求したスペースが実現します。

子育て期にはオープンキッチンがおすすめ

奥まったキッチンだと、家族の気配に気づきにくいことがあります。そこで、キッチンをリビング空間とオープンにつなげ、キッチンを中心に放射状に空間をデザインしていくことで、調理中もリビングにまで目が届き、開放感のある子育てのしやすい家になります。一緒に調理ができるプランにすることで、お子さまの食育にも貢献します。

みんなで調理にはアイランド型やペニンシュラ型も

ホームパーティを開くことが多かったり、家族で調理をする機会が多い場合は、アイランド型やペニンシュラ型のキッチンが適しています。開放的な間取りで、複数人での調理が楽しめます。ご自宅で料理教室を開くなどという場合にはアイランド型が最適です。

アイランド型

キッチンセットが壁のどの面にも接しない独立したタイプ。

ペニンシュラ型

ユニットの再度部分が部屋に突き出ていたり、ワークトップの一部が突き出ていたりするので「半島(ペニンシュラ)」と呼ばれます。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP