Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

住まいをデザインする - インテリアデザイン -

空間を演出するインテリア

いくらおしゃれな家具をそろえても、部屋とインテリアの調和がとれなくては快適な生活空間とはいえません。理想の住まいを実現するためには、色彩、ファブリックも含めたトータルな住空間をイメージすることが大切です。

家具でインテリアを演出

デザイン性に優れた収納家具は、それだけでお部屋のインテリアとなり、室内を演出してくれます。収納力もあるので、シンプルな空間をよりすっきりすることができます。収納家具の楽しみ方を部屋ごとに考えてみましょう。

リビング

家族が集まるリビングは、くつろぎの場でもあるので、チェストに家族写真やお子さまの絵、植物などを置いて飾りつけを楽しむのもおすすめです。家族が日頃よく使うものを収納しておけるので、いつもすっきり片付きます。

寝室

一日の疲れを癒してくれるリラックスした空間にするには、大きな面積を占めるベッドをはじめ、インテリアの高さを抑えることです。空間に圧迫感が感じられず、落ち着いた空間に仕上がります。

キッチン

機能性が重視されるキッチンでも、デザイン性の高いものを取り入れることで、暮らしが華やぎます。ゴミ箱やワインボトルの収納ボックスなども、キッチンダイニングのインテリアになります。

玄関

玄関には、個性的なチェストボードを置くだけでも印象が変わります。オブジェのようなコートハンガーを選べば、使用していないときは玄関のインテリアとして活躍します。

椅子が創り出す特別な空間

家具同様、そこに置くだけで空間を美しく演出する椅子があります。たとえば、ホテルのラウンジに置かれているソファ。そこにあるだけで空間に落ち着きを与えてくれます。自宅にもお気に入りのマイチェアがあることで、いつもの空間が自分だけの特別な場所に変わり、ゆとりや贅沢を感じさせてくれます。

インテリアとしての照明

あかりを灯す道具として捉えられがちな照明器具ですが、北欧デザインを代表するヤコブセンの照明などは、それだけでもオブジェのような存在感があります。和の空間とも相性がよいので、和室を照らす灯りとしてもおすすめです。他にもデザイン性の高い照明器具はたくさんあるので、お部屋の印象にあうものがきっと見つかるはずです。

色使いの基本

シンプルであることを意識するあまり色をそろえすぎると、なぜかあか抜けない印象になってしまうことがあります。相性のよい色なら3色まで組み合わせてもうるさい印象にはなりません。
部屋の中で大きな面積を占めるソファ、ラグ、テーブルなど大型家具の色使いによって、部屋の印象が大きく変わります。面積が大きいだけに色のバランスを考慮しないと色があふれ、散漫とした印象になるので注意が必要です。
白と黒、赤と緑、黄と青といった反対色でも、それぞれの色を5対5の割合にしなければ、差し色を活かしたコーディネートができます。

住まいをデザインする - 空間のデザイン -

ライフスタイルにあわせたデザインが快適な住まいを実現します

ライフスタイルにあわせたプランニングをすることが、住まいをデザインする第一歩。その空間で誰がどんなことをするのか、そのための広さはどれだけ必要か、どんなレイアウトが相応しいか...、など基本的な条件がはっきりしたら、色や形といった全体を取り巻く空間のデザインに取り掛かるのがポイントです。

リビング

リビングの基本は、家族みんながくつろげる場所であるということ。どんなふうに暮らしたいのかを明確にすることで、くつろぎのスペースを作ることが可能です。居心地のよい空間を確保するには、飾りすぎないことがポイントです。木、竹、籐、麻などの自然素材を取り入れたナチュラルなリビングは、開放的なリラックススペースに。白とナチュラルカラーを用いることで、空間に柔らかい印象を出すことも可能です。ベーシックな色彩でまとめたモノトーン調の空間では、絵画やクッション、小物等、住む方の個性でさまざまにインテリアをお楽しみいただけます。

キッチン

キッチンは、特に使う人によって好みも使い勝手も異なるので、さまざまな提案ができますが、キッチンワークを効率的にこなせるデザインとしては、L型プランがおすすめです。L型のキッチンは、シンク、コンロ、冷蔵庫を行き来する動線が短く、効率的に作業できます。リビングの配置を工夫することで、キッチンからの視界が広がり、明るく開放的なキッチンリビングが実現します。
また、ダイニングテーブルをセットした、オープンなキッチンリビングなら、料理をつくりながら、食べながら、話しながら、家族のコミュニケーションが一層深まります。乱雑になりがちなキッチンも、機能的な収納の工夫で、スタイリッシュな空間になります。

バスルーム

浴槽に浸かり体を洗うという本来の目的に加え、家のお風呂にもヒーリング感覚を求める需要が増えています。そこで、従来の浴室の概念を取り払い、浴室から洗面室・トイレ、さらに屋外の庭までをひとつの空間、「ウォーターリビング」として考えてみてはいかがでしょう。仕切りをガラスにして開放感を演出したり、浴室の外側の庭にくつろげるバスコートを設けることで、わが家にスパ気分、リゾート気分を満喫できるスペースが誕生します。

アウトリビング

室内と外を一つの空間として活用するアウトリビング。快適なアウトリビングをつくるポイントは、室内から室外へ出入りしやすいよう、開口部を大きく取ることです。さらに、M-Wood2デッキの床が、室内との一体感を持たせ、デザイン性の高い空間が実現します。パーゴラを設けて、植物を飾れば、春には新緑、夏には涼しい木陰、秋には紅葉が楽しめます。アウトリビングを快適なものにするためにも、洗濯物を干すスペースは視角に入りにくいところに配置するのもポイントです。

住まいをデザインする - デザインの基本 -

ライフスタイルから「快適」をデザインする

住む人のスタイルに合った心地よいデザインは、住まいを豊かで、快適なものにしてくれます。見た目の美しさだけでなく、使いやすさや楽しく暮らすための要素を盛り込んだデザインとは?理想の住まいを実現させるために、住まいのデザインの基本を抑えておきましょう。

デサインの基本はシンプル・イズ・ベスト

暮らす人のじゃまをせず、好みのインテリアなどを自由に楽しめる空間にするためには、よりシンプルなデザインを心がけることが大切です。「シンプルにする」とは、余分な要素をそぎ落とし、必要なものの良さを最大限に生かすこと。そこで何をしたいのか、どういう生き方をしたいのかを考え、本当に必要な要素をじっくり検討していきましょう。

落ち着きのある住まいを実現するには、デザインの整理整頓が不可欠です。

点を整理する

たとえば釘やビスの頭など。できるだけ隠すか、あるいは点を集めて線や面、柄に見せるのも一案です。ダウンライトなどは、形状・材質・色などをまとめ、そろえ、少なくするようにします。

線をまとめる

柱や梁、窓枠、巾木など、住空間には多彩な「線」が存在します。これらを一定のルールにしたがってまとめていくことも、デザインの基本です。

面を整理する

住まいの中で、もっとも多くの面積を占めているのが床・壁・天井です。このような面的要素をいかにシンプルに設計するかということも、重要なポイントになります。

サイズを統一する

点・線・面などの要素をシンプルにまとめるには、サイズの統一も不可欠。高さや幅、間隔などを徹底的にそろえることで、スッキリした空間が生まれます。

カタチをそろえる

細部のデザインまでこだわってまとめることも重要です。金具や、たとえば二つの窓を並べて設ける場合、大きさやタイプも、できるだけ統一したいものです。

色数を制限する

インテリアを楽しむには色数を抑えること。ベーシックカラー70%、サブカラー25%、アクセントカラー5%という配分が理想的です。

柄を統一する

色づかいと同様に重要なのが、壁クロスや天井材、床材、ファブリックなどの柄・模様です。住まい全体のイメージがバラバラにならないよう配慮しましょう。

材質をまとめる

床・壁・天井などに使われる部材の材質は多種多様ですが、これらも各々種類を少なく。またグレード感もできるだけ合わせましょう。

テクスチャーを統一する

素材表面仕上げには、マット状や、光沢状のものなどがありますが、造作材がマット状なら、床もマット状に。同一材料のテクスチャーはできるだけそろえたいものです。

ライフスタイルを反映させる

どんなに好きなデザインでも、住む人の暮らし方に合っていなければ意味がありません。暮らしを見つめ、そのスタイルをデザインに反映させることが重要です。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP