Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

お子さまを健やかに育てるための住まい(2)

お子さまが安全に暮らせるための住まいは、ちょっとした設備の工夫から実現が可能です。お子さまの安全のための例を住まいのスペースごとにご紹介します。

リビング





▶ソフトクローズドア

子どもの家庭内事故の上位である指挟み対策として、危険性の高い引き戸や開き戸、折戸にソフトクローズ金物を採用してはいかがでしょう。ダンパー機能により扉が閉じきる手前からゆっくりと閉まるまで、家族みんなに安全です。閉め忘れ防止にもなるうえ、気になる開閉時の騒音も軽減することができます。

▶滑らない床材にする

フローリングには、滑り止め機能をもつワックスを塗るのが効果的です。また、コルクのように滑りにくく、柔らかい素材をフローリング材に選ぶことで、さらに安全性を高めることができます。

▶収納を設ける

たばこや電池などの小物類を片付けられる収納スペースを設けることで、お子さまの誤飲事故を防ぐことができます。さらに、収納スペースの扉や引き出しにロック機能を取りつけるとより安全です。

▶マグネット&扉付きコンセント

アイロンやストーブ、ホットプレートなどのコードに足を引っ掛けてやけど・・・想像だけでも怖い事故を予防するため、マグネットが外れる安全設計のコンセントを採用するとよいでしょう。

キッチン



▶出入り口にフェンスを設ける

子どもの行動は予想がつきにくいものです。火や刃物を使うキッチンにはなるべく入れないようにしましょう。

▶コンセントの設置

床に長い電気コードを這わせると転倒の原因になりかねません。ミキサーや炊飯器などを使う時は、キッチンまわりにコンセントがあると危険を減らすことができます。

▶ソフト排気タイプの食洗機

一般的な食洗機は蒸気の吹き出し口がちょうど子どもの顔の高さにあります。蒸気を低温にしてから排出するソフト排気タイプなら、万一蒸気に触れても火傷を防止できます。

階段

▶滑り止めを設置する

階段は滑り止めを設置することで踏み外し事故を防ぐことができます。市販の滑り止めには、フチ部分に貼りつけるシールタイプと置くだけのマットタイプなどがあります。いずれもしっかりと階段に固定できるものを選ぶようにしましょう。

▶足元灯をつける

足元に照明をつければ安全度が高まります。自動で点灯・消灯するセンサー付きの省エネタイプもあります。

▶手すりをつける

階段の手すりの高さは踏み板から70〜90cmが適当とされていますが、お子さま用にもう一本低めの位置につければさらに安全です。

浴室



▶手すりをつける

浴室の出入り、洗い場の立ち座りの時など、自然に手のいく位置にしっかり取り付けましょう。

▶滑りにくい床材を選ぶ

滑りにくいザラザラした感触の床材を選ぶことで、入浴中の転倒を防ぎます。

▶高温のお湯が出ない混合栓にする

サーモスタット付きの混合栓にすれば、温度調整ができ、安全ボタンがついているので急に高温のお湯が出ることがありません。

お子さまが安全に暮らすためのポイント

毎日の心がけで安全な住まいを実現

日々のちょっとした心がけでお子さまにとって安全な住まいが実現します。

<事故を防ぐための5つの注意点>

1.お子さまがイスの上など高い場所にいる時は目を離さない
2.入浴中は目を離さない。入浴以外ではお子さまを浴室に近づかせない
3.火や電気製品に近づかせない
4.タバコや電池など誤飲の心配のあるものをお子さまの目に触れるところに置かない
5.お子さまが使用するものはできるだけキッズデザインの商品を選ぶ

お子さまを健やかに育てるための住まい(1)

住まいの環境はお子さまの安全と成長に大きな影響を与えます。安全面、教育面で実際にどのような影響があるのかをご紹介します。

安全面の影響

厚生労働省の「人口動態統計」(平成23年)で乳幼児の死亡原因をみると、不慮の事故が0歳児で3位、1~4歳児で1位となっています。不慮の事故と聞くと交通事故など屋外を想像されるかもしれませんが、乳幼児の場合は家の中の方が多いという結果になっています。

●リビング

家族みんなが過ごすリビングには、小さなお子さまの手が届く場所にも様々な物が置かれています。お子さまの小さな口の中に入ってしまうサイズのもの、例えば電池やタバコなどは誤飲事故も少なくありません。また、リビングはお子さまが遊んでいるうちに、ソファからの転落、ドアへの激突による打撲などの事故が起こりやすい場所でもあります。

●キッチン・ダイニング

キッチンやダイニングは火の元に近いことから、火傷の事故が多い場所です。ポットやお鍋を誤ってひっくり返してしまったり、炊飯器の蒸気吹き出し口から出ている蒸気に、お子さまが手をかざしてしまう事故もあります。火の近くでは「遊ばない・ふざけない」ことを約束させましょう。

●階段

階段では踏み外しや転落に注意が必要です。また、お子さまの遊び場にもなりやすい場所ですので、日頃から階段では遊ばせないようにすることも大切です。

●浴室

滑りやすく、湯船もあるため様々な危険が考えられる場所です。大人が一緒の場合でも、ちょっと目を離した隙に、事故が起こる可能性もあります。入浴中はお子さまから目を離さないように注意しましょう。

教育面の影響

住宅コンサルティング会社と慶應義塾大学SFC研究所が共同で実施した調査によると、有名大学に合格した子どもほどテレビがあるリビングなど多少にぎやかな雰囲気の中で勉強する傾向がありました。
また、自分の部屋やリビングだけでなくダイニングや廊下など複数のスペースで気分によって、場所を変えて勉強させてあげるようにしておくと、型にはまらない自由な発想ができるようになるというデータもあります。

お家でできる教育「お手伝い」

お子さまはお手伝いの中からたくさんのことを学んでいきます。お手伝いはお家での教育の一つと言えるでしょう。ぜひ「一緒にやってくれる?」と話しかけてみましょう。

<お手伝いで身につくもの>

▶責任感

家事の一部を自分の役割として担当することで、責任感を養います。

▶達成感

お手伝いを最後までやり終え、「ありがとう」の言葉を聞くと、うれしい気持ちと共に達成感を覚えます。

▶連帯感

大人と同じことをしたり、家族の役に立ったりをすることで自然と連帯感がうまれ、心がより通い合うようになります。

▶工夫

最初は見よう見まねかもしれませんが、慣れてくれば「どうやったら早くできるか」「上手くできるか」工夫することを学びます。

▶心配り

お手伝いを続けることで、どうすれば家族が喜ぶかを知り、心配りも身につきます。

照明の選び方 ー補助照明のテクニック&ECO照明ー

やわらかな灯りでホテルのような寛ぎ空間を

ホテルや雰囲気のあるレストランやバーで、落ち着いた非日常の印象を受けるのは、フロアスタンドやブラケットなどの補助照明による灯りで明るさを抑え、空間を演出しているからです。明るさを抑えることは、陰影を深め、部屋全体に奥行きを出す効果もあります。補助照明のテクニックをマスターし、家庭でもホテルのような寛ぎの空間を作り出してみましょう。

いくつかの照明を組み合わせる

照明を上手に使うことで、同じ部屋でありながら、さまざまな表情を演出することができます。そのポイントは、一部屋に一つのあかりではなく、シーリングライトなどを主照明に、ダウンライトやペンダントライト、ブラケット、スタンドなど複数の照明を補助照明として組み合わせることです。

例えば、リビング・ダイニングは、家族が寛いだり食事をしたり、ときにお客様を招くこともある多目的空間です。食事のときは主照明で全体を明るくし、寛ぐときは主照明を消して、フロアスタンドで天井や壁を照らしてみたり、ダウンライトやブラケットのみというように、ライフシーンに合わせ、複数の照明を自由に組み合わせることで、同じ部屋でもさまざまな雰囲気を楽しむことができます。

大人の雰囲気を演出するあかり

リラックスしたいときや大人の雰囲気を楽しみたいときにおすすめなのが、床面使いのテクニックです。スタンドのあかりを床に照らしたり、低いフロアスタンドを床に置いて床からの照明だけにしてみましょう。いつもと違う光の広がりが大人の時間を演出します。また、室内にグリーンがある場合は、床からグリーンにライトを当てると壁に陰ができ、幻想的な雰囲気になります。

アートを感じるあかり

壁に飾られた絵画や写真をスポットライトで照らすことで、ギャラリーのようなライティングも楽しめます。小物やディスプレイ品にスポットを当ててみるのもよいでしょう。どの角度にも自由に光を当てられる照明器具を選ぶと便利です。

ホームシアターを楽しむあかり

テレビを見るときの室内のあかりも工夫してみましょう。映画を楽しむときなどは、部屋の明かりを暗くして映画館さながらの環境で鑑賞される方も多いかと思います。ただ、暗い中で長時間画面を見ていると、画面との明るさの差がありすぎて目が疲れてしまうことも。快適に鑑賞するには、テレビの両側から壁に向けて照らしてみることをおすすめします。やわらかな光が輝度の強い画面の光を和らげてくれます。

ベッドサイドを照らすやわらかなあかり

ホテルの照明使いで最も参考にしたいのは、ベッドサイドの照明でしょう。光源が直接目に入らないためにはシェード型のスタンドまたはブラケットが適しています。光を拡散し、部屋全般を包む柔らかな光が安眠を誘います。

照明もエコの時代

家庭におけるエネルギー消費量でも大きな部分を占める照明。温暖化防止が急務の今、照明の省エネは家庭でできる二酸化炭素(CO2)排出削減策として期待が高まっています。白熱灯に変わるものとして、消費電力の少ない蛍光灯などいろいろなタイプの照明が開発されて種類も増えています。

電球型蛍光灯

蛍光灯の特長を活かしつつ、白熱電球と同じように使えるように改良されたのが「電球形蛍光灯」です。一般用照明の場合、白熱電球を消費電力の少ない蛍光灯(白熱球の1/5)に替えるのが手軽に出来る温暖化対策といえます。現在の白熱電球のソケットも使うことができます。

LEDの特徴を活かした照明プラン

LED単体での使用はもちろん、コンパクトで発熱が少ないLEDの特徴を活かして、壁や天井に照明を埋め込むなどデザイン性の高い照明が実現します。

廊下や階段の夜間照明として

省エネルギーでコンパクトな性質を利用して、廊下や階段の照明、足元灯など、夜間つけておきたい照明器具へ採用するのもよいでしょう。

キッチンや収納に

システムキッチンのユニット下部にLEDが組み込まれ、手元灯として用いられたり、システム収納にLEDが組み込まれているものもあります。

バス・サニタリー

コンパクトなLEDは、バスルームやサニタリーにも適しています。一日の疲れを取るバスルームは、はどこよりも寛ぎの時間を大切にしたいもの。小型タイプの照明をいくつか組み合わせることで、明るさを抑え、癒し感をアップさせます。

屋外での使用も

表参道のイルミネーションの例にもあるように、発熱量の少ないLEDは、植物にダメージを与えにくいので、樹木にスポットを当てるなどガーデン照明にも向いています。また、エクステリアメーカーから、門柱や門扉、手すりなどにあらかじめLEDを取り込んだ商品も発売されているので、屋外でのLEDの活用も期待できます。

補助照明としてのLED

メインの照明に蛍光灯や白熱灯を選び、補助照明としてダウンライト等を組み合わせる方法は、先にも述べましたが、この補助照明としてLEDを組み合わせることも可能です。
まだ家庭用の照明器具としては馴染みのないLEDですが、今後、需要が増えることでバリエーションも増え、価格帯も手ごろになるなど、より身近な照明になることでしょう。

照明の選び方 ー照明選びの基本ー

冬の北欧では、太陽が顔を出すのは日に3時間ほど。一日のほとんどが暗闇に包まれています。その長い夜を快適に過ごすため、北欧の人々は照明やインテリアに様々な工夫を施してきました。事実、名作と呼ばれる多くの照明が北欧から誕生しています。照明は明るければ何でもいいと思われるかもしれませんが、あかりの明暗や照らし方などちょっとした工夫で、お部屋の印象がガラリと変わるものです。照明を上手に取り入れ、ワンランク上の空間づくりを楽しんでみませんか。

あかりの特徴を知り空間にあった照明を選びましょう

照明は明るさや光の色によって印象が大きく変わります。また、電球や照明器具には様々なタイプがあるので、あかりや照明器具の種類や特徴を理解し、空間に適した照明プランづくりに役立てましょう。

明るさと光の色の種類

明るいあかりには活動的な開放感をもたらす効果がありますが、明るすぎると、交感神経が働いて緊張感が高まることもあります。一方、ほのぐらいあかりは、副交感神経が働いてリラックスする効果があると言われています。
また、光の色にも大きく分けて2種類あり、白熱灯はやわらかくあたたかみのある黄色い光で、蛍光灯の青い光は快活な印象を与えます。

照明器具の種類

主照明
1.シーリングライト

天井に直付けする照明器具。部屋全体を均一に照らすので、主照明として用いられます。

2.ペンダント

吊り下げ型の照明器具。ダイニングや和室、吹き抜けなどに。

3.ダウンライト

天井内に光源を埋め込むタイプのため、天井がすっきりした印象になります。

補助照明
4.シャンデリア

華やかに装飾された照明器具。リビングの主照明として、天井の高い空間、吹き抜けなどに。

5.スポットライト

絵や観葉植物など、対象物に集中的に光を当てる照明。

6.ブラケット

壁面に取り付けるタイプの照明器具。補助照明としてインテリアのアクセントなどに。

7.フロアスタンド

床に置くタイプのスタンド。部屋のコーナーやテーブルサイドなどに置いて間接照明に。

8.テーブルスタンド

ベッドサイドや机上に置いて手元灯に。

9.デスクライト

机上に置いて手元灯に。

10.フットライト

足元を照らす照明器具。廊下や階段などに。

シーンに合った照明選び

照明を選ぶ際は、その空間の持つ役割を考えることからはじめてみましょう。例えば、ダイニングルームでは、料理をおいしく見せる照明が必要、子ども部屋では、勉強する際、目に負担の少ない照明が必要...というように照明を考えていくと、シーンに相応しいライティングができるようになります。部屋別にどんな照明が適しているか考えてみましょう。


ダイニングルーム

家族の集まるダイニングルームには、白熱灯の暖色系の光が適しています。暖色系の光はテーブルに並ぶ料理を美味しく見せる効果もあります。

寝室

眠る前のくつろぎのひとときには、あたたかい光を得られるよう工夫しましょう。部屋全体を照らす主照明は蛍光灯で、手元の補助照明にはやわらかな白熱灯がおすすめです。寝室に適した明るさは、物の形がおぼろげに見える程度の20~30ルクスがよいとされていますが、明るさには個人差があるので、自分に適したあかりで眠りにつくのがよいでしょう。

子供部屋

蛍光灯のシーリングライトを主照明に部屋隅々まで明るくし、机にはスタンドを置いて、机上面すべてに光が行き渡るようにしましょう。子供部屋の照明選びは、目の負担を軽減することを最優先に考えましょう。

階段・廊下

夜間にトイレに起きたときのためにフットライト(足元灯)を設置しておくと安心です。足元をしっかり照らし、階段の踏み外しや転倒を防止します。

キッチン

包丁や火を使って作業をするキッチンでは、周囲のものがよく見えるよう、影のできにくい蛍光灯を主照明にし、シンクやコンロ部分に手元灯をつけるなど、明るさを確保しましょう。

照明器具のデザインや電球の色、照明を置く場所によっても光の広がり方は異なるので、ショールームなどで実際に確認してみるのがよいでしょう。光の色や明るさを確認することでよりイメージしやすくなり、照明プランを立てやすくなります。

和室のある暮らし ー和室のインテリアー

和室では椅子ではなく畳に座ることが多いため、家具や飾り物、雑貨やグリーンなどは、座ったときの視線にあわせた低い位置に置くことがポイントです。和室ならではの照明、インテリアのコーディネイトを考えてみましょう。

和室の照明

その昔、和室では行燈やろうそくなどで室内の明るさをまかなっていました。照明が発達した今日でも、置き型の照明器具を部屋のコーナーや床の間に置くことで、より和の雰囲気が高まります。照明器具としては、和紙や竹、籐などを素材にしたものがおすすめです。和紙を通したやわらかな明かりが、リラックス感を与えてくれるでしょう。

照明の光源には、あたたかみのある光の白熱灯と、自然光に近い蛍光灯の2種類あり、和室にはあたたかい色調の白熱灯が適しているでしょう。
さらに落ち着いた雰囲気を演出したい場合は、床の間の照明を工夫してみましょう。掛け軸や生け花をスポット照明で照らしたり、和風スタンドを床の間の横に置くことで、床の間が引き立ちます。一方、薄暗さが気になる場合は、天井に吊り下げるペンダント形や、直付け型のシーリングライトを主照明とし、十分な明るさを確保しましょう。明るさをリモコンで調整できる照明器具なら、座ったまま操作できるので便利です。

和室の暖房

和室は、夏は涼しく過ごしやすそうですが、冬は寒そうというイメージがあるかも知れません。テーブルや椅子のような固定的な家具を置かないのが和室の特徴なので、なるべく大型の冷暖房器具を置かないようにしたり、機器が見えないつくりにしたいものです。そこで、和室の暖房として最近注目されているのが、床暖房です。床暖房は、ふく射、熱伝導、自然対流によって、部屋全体が均一に暖まります。足元から体を温めるので、室温を最大4℃低く設定しても温風暖房と同じ体感温度を得ることができます。和室用の床暖房に適した畳仕上げができるので、和室らしさを壊すこともありません。直接畳に座る和室では、床暖房は何より快適です。

部屋の一角に和のコーナーを

和室がない場合でも、市販されている置き畳をフローリングの上に敷くことで、和の空間ができあがります。正方形が特徴の琉球畳をはじめ、最近ではモダンなデザインの畳や、織り方や色がさまざまなものもでているので、従来の概念にとらわれず、自由な発想で畳を取り入れてみてはどうでしょう。

テーブルは床に近いものを

和室では、家具の密度が高くなると空間に圧迫感を与えてしまいます。和室にテーブルなど家具を置く場合は、できるだけ低いものを選ぶのがベストです。また、いつでもごろんと寝転がれるようなスペースを保っておくことも重要です。床に近い暮らしは、リラックスしてくつろぐことができ、快適です。

column
和室にソファでレトロにコーディネイト

和室には、テーブルや椅子のような固定的な家具を置かないのが特徴と延べてきましたが、視線を低い位置でそろえることを忘れなければ、ソファを置いてコーディネイトしてみるのも相性がよいものです。「和室にソファだなんて!」と思われるかも知れませんが、畳の縁と障子の格子が重なりあう空間に直線的なフォルムのソファを置いてみると、意外としっくりくることに驚きます。また、高級旅館をイメージして、和室にベットを配置してみるのも、いつもと違う雰囲気が楽しめてよいかもしれません。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP