• トップ  >
  • ファイナンシャルプランナー 久谷真理子&税理士 池田里美「住まいとお金」

ファイナンシャルプランナー 久谷真理子「住まいとお金」

久谷真理子(くたにまりこ) 株式会社フリーダムリンク専務取締役
ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー、公認不動産コンサルティングマスター 都市銀行にて融資業務を経験。会社設立後は、住宅ローンや相続・不動産などの相談業務および実行支援業務を行う。
また、日本経済新聞(M&I)等にて情報を発信。


池田里美(いけださとみ) 株式会社フリーダムリンク
税理士、ファイナンシャルプランナー。
税理士事務所、大手商社経理部で勤務後、現在は相続・不動産関連の税務、コンサルティング、セミナー講師などを務める。

【第55回】こんな住宅資金贈与、非課税にならないかも!?

2018/08/09 11:00

すっかりおなじみになった住宅取得等資金の贈与税の非課税制度。
身近になりはしましたが、ちょっとしたことを知らずに非課税とならず、贈与税を納めなくてはならなくなった、なんてこともあります。
今回は、非課税対象とならなくなってしまうパターンをいくつかご紹介します。


【第54回】マイホームの住替え時に検討すべき税金の特例制度~売却損が出た場合

2018/06/14 11:00

前回に引き続き、住替え時の税制上の特例制度のうち、売却損が出た場合についてみていきます。


【第53回】マイホームの住み替え時に検討すべき税金の特例制度

2018/04/12 11:00

真剣に悩んで買ったお気に入りの住宅でも、家族の人数が変化したり、自分や家族のライフスタイルの変化などにより、より快適な住まいを求めて、住み替えを検討することもあるでしょう。
今回から2回に分けて、住み替えの時に売却益が出た場合と売却損が出た場合の、税制上の特例を見ていきたいと思います。


【第52回】長期優良住宅の優遇措置を受けるには

2018/02/08 11:00

ハウスメーカーで住宅を建築すると、標準での仕様が長期優良住宅の基準を満たしていることも多いでしょう。長期優良住宅は税制などで優遇措置がありますが、その優遇を受けるためには条件があり、かつ、一定のコストがかかります。


【第51回】住宅資金の贈与はタイミングも考慮して

2017/12/14 11:00

親や祖父母などから住宅資金の贈与を受ける場合、要件を満たせば住宅取得等資金の贈与税の非課税制度が受けられます。
相続税対策にもなる有益な制度ですが、贈与を受けるタイミングによっては非課税制度を受ける要件を満たせなくなる場合も出てきてしまいます。


【第50回】親からの住宅資金援助の形

2017/10/16 11:00

子どもが住宅を建築しようとするとき、援助をしたいと考える親は多いです。 今回は、親から資金援助を受けるときの方法、その注意点を挙げます。


【第49回】消費税率引き上げに伴う諸制度

2017/08/17 11:00

前回は、住宅の請負契約のタイミングによる消費税率引き上げの影響をみましたが、 今回は、消費税増税による駆け込み需要とその反動減のための制度をみていきます。


【第48回】住宅建築と消費税増税の影響

2017/06/15 11:00

平成31年10月1日より、消費税が10%に引き上げられます。引き上げ時期が2年半延期になったとはいえ、意識をしていないと時間はあっという間に過ぎてしまいます。

住宅建築は大きなお金が動きますので、2%の差は無視できません。思わぬ出費とならないよう、増税のタイミングを見ていきたいと思います。


【第47回】住宅建築後にかかるランニングコスト~固定資産税~

2017/04/13 11:00

マイホームを建築し、晴れて自分の理想の城で暮らすことができた後、ローンの支払いとともにかかるコストがあります。その一つが固定資産税です。
今年の1月1日に住宅を所有している人には、そろそろ第1期の納税通知書が送られてくる頃です。


【第46回】家を建てたときの確定申告 ~ローン減税と贈与税の非課税~

2017/02/09 11:00

確定申告の時期となりました。昨年ローンを組んで家を新築した方や、住宅購入のための資金を援助してもらった方などは、そろそろ申告書の準備が必要となります。
今回は、住宅ローン控除と住宅取得等資金の贈与税非課税のための確定申告について、必要書類や提出期限など、実際なにをすればよいかをご紹介いたします。


  • 資金計画が良く分かる!カタログプレゼント
  • ご相談・お問い合わせ