• トップ  >
  • ファイナンシャルプランナー 久谷真理子&税理士 池田里美「住まいとお金」

ファイナンシャルプランナー 久谷真理子「住まいとお金」

久谷真理子(くたにまりこ) 株式会社フリーダムリンク専務取締役
ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー、公認不動産コンサルティングマスター 都市銀行にて融資業務を経験。会社設立後は、住宅ローンや相続・不動産などの相談業務および実行支援業務を行う。
また、日本経済新聞(M&I)等にて情報を発信。


池田里美(いけださとみ) 株式会社フリーダムリンク
税理士、ファイナンシャルプランナー。
税理士事務所、大手商社経理部で勤務後、現在は相続・不動産関連の税務、コンサルティング、セミナー講師などを務める。

【第20回】頭金なしのマイホーム取得

2014/05/08 11:00

平成26年2月からフラット35の融資率が10割に引き上げられたこともあり、マイホームを取得するハードルがますます下がったと感じます。しかし、頭金を入れずにマイホームを買っても大丈夫でしょうか。


返済を頑張れば問題ない?

まず、資金計画のおさらいです。頭金を入れるということは、諸費用以外にも自己資金を準備するということ。例えば、総予算を4,000万円とします。4,000万円のうち1,000万円を自己資金とすると、諸費用に300万円ほどを見込んでも、ざっと2割の頭金700万円を入れられる計算になります。残りの3,000万円が住宅ローンです。

予算と価格表

しかし今、「低金利だから」「住宅ローン減税が拡充されたから」などの理由で、頭金の準備ができないまま、マイホームの取得に踏み切る人が少なくありません。「頭金がない分、毎月の返済が重くなるのはわかっている。でも、頑張って返せば問題ないですよね」との声も聞かれます。

マイホーム価格とローン残高に注意

下の表は、住宅ローンを3,700万円組んだ場合の、その残高の推移を表したものです。仮に物件価格も3,700万円だとすると、マイホームの価格は将来どのように推移するでしょうか。住宅ローンの残高を下回ることはないでしょうか。

住宅ローン残高の推移

※35年2.0%元利均等毎月返済の場合

内装画像

マイホームの価格が、住宅ローンの残高を下回ると、マイホームを売ったお金で住宅ローンを完済できません。もちろん、せっかく手に入れたマイホームをすぐに手放すつもりの人はいないでしょう。しかし、なんらかの事情でマイホームを売らざるを得なくなる可能性について、考えておく必要はないでしょうか。

万一マイホームを手放す場合は、まず、住宅ローンを完済するだけのお金が必要です。加えて、仲介手数料などの費用負担もあります。売却したお金でこれらを準備できないと、貯蓄を崩すなどをしなければ、マイホームを手放すことは難しいでしょう。そのとき、それだけの貯蓄を無理なく拠出することができるでしょうか。

室内画像

マイホームを取得する際は、手元にいざというときのお金を残しながらも、頭金をしっかり入れる余裕を持てると安心です。頭金を十分に準備できずにマイホームを取得するのであれば、できるだけ早いうちに繰上げ返済を心がけるなどの対策をとってください。そのためには、毎月の返済を無理のない範囲にとどめることも大切です。

ソーシャルブックマーク

  • 資金計画が良く分かる!カタログプレゼント
  • ご相談・お問い合わせ