• トップ  >
  • わが家の建てどきガイド

わが家の建てどきガイド

住宅取得資金贈与の非課税枠の拡充について

2019/03/15 10:00
こんにちは。
住まいづくり相談室の鈴木僚太ですwink
 
今回は、消費税率引上げに伴う住宅取得支援策として、『住宅取得資金贈与の非課税枠の拡充』についてご案内させていただきます。
 

【フラット35】またまた最低金利更新!

2019/03/01 13:00

こんにちは。

わが家の建てどきガイドの高橋です。confident

本日住宅金融支援機構より3月融資金利が発表になりました。

 

2月比較で【フラット35】が▲0.04%、【フラット20】が▲0.03%と

昨年12月以降の長期金利低下に合わせるかのようにフラット金利も下がっています。

 

3月の【フラット35】代表的金利は「1.27%」ですが、質の高い住宅に適用される

「フラットS」を利用すると、当初10年間は「1.02%」と驚異的な金利水準になります。

*金利はいずれも「新機構団信」加入の場合です。

 

ここで全期間固定金利のフラットを使わない手は無いとつくづく思います。confident

消費税率引上げに伴う住宅取得支援策について

2019/02/15 10:00
こんにちは。
住まいづくり相談室の鈴木僚太ですdelicious
 
消費税率引上げに伴う住宅取得支援策として、12月の際には住宅ローン減税の延長、1月の際には次世代住宅ポイントの創設を簡単にお知らせしましたが、今回は、住宅取得支援策をまとめてお話したいと思います。
 

【フラット35】最低金利更新!

2019/02/07 16:30

こんんちは。

わが家の建てどきガイドの高橋です。confident

2月は「フラット35」「フラット20」とも

1月比較で▲0.02%と▲0.01%とそれぞれ金利が下がりました。

 

これで1月に続き、平成29年10月の団信制度改正以降では

最も低い金利を更新したことになります。

 

安全試算とされる日本の国債が買われている状況が続いていますので

しばらくはこの傾向が続きそうです。confident

次世代住宅ポイントについて

2019/01/16 13:19
こんにちは。
住まいづくり相談室の鈴木僚太ですwink
 
以前、消費税率引上げに伴う住宅取得支援策の1つとして、「住宅ローン減税」の控除期間延長についてお知らせしましたが、12月21日には、新たに「次世代住宅ポイント」が発表されました。
 

【フラット35】団信制度改正以降最低金利に!

2019/01/08 10:06

わが家の建てどきガイドの高橋です。confident

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。

 

新年早々から衝撃的なタイトルですが...

平成29年10月に、従来の団信保険料別払い方式から金利組込型への

大きな制度変更がありましたが、この制度改正以降で、この1月は

【フラット35】【フラット20】とも最低金利を更新しました。

 

7月末の日銀金融政策変更以降の長期金利上昇に伴い、フラット金利の

上昇基調が続いておりましたが、この短期間にこのような金利水準に

なることは誰が予想できましたでしょうか?

 

2019年の金利が「猪突猛進」にならないように祈るばかりです。confident

平成31年度税制改正大綱について

2018/12/17 14:00
こんにちは。
住まいづくり相談室の鈴木僚太ですwink
 
12月14日に、与党による税制改正大綱が発表されました。
 

12月【フラット35】金利

2018/12/03 17:50

こんにちは。

我が家の建てどきガイドの高橋です。confident

本日12月【フラット35】金利が正式発表になりました。

金利が9月以降3ヶ月連続で一本調子で上昇してきましたが、12月は下がりました。

これは長期金利低下によるところが大きいのですが、ちょっと一息ついた感じです。

 

2018年も7月末の日銀金融政策変更で潮目が変わった感がありますが、一年を通じてみると比較的落ち着いた動きであったのではないかと思います。

また来年もどうぞ宜しくお願いします。confident

かせるストックについて

2018/11/15 09:30
こんにちは。
住まいづくり相談室の鈴木僚太ですwink
 
本日は、「ミサワライフデザインシステム」に欠かせない、「かせるストック」についてご案内します。
 

フラット金利動向

2018/11/04 16:29

こんにちは。

わが家の建てどきガイドの高橋です。confident

既に11月のフラット金利が発表されていますが、8月から連続して金利が上昇しています。

この主な理由は、7月末の日銀金融政策変更以後の「長期金利」上昇に伴うものです。

長期的に見れば現在も歴史的な超低金利水準であることに間違いは無いのですが

毎月金利が上がっていると、物凄く上がった感があります。

住宅ローンは長期に渡りますから、大局的な判断が極めて肝要です。confident

 

  • 資金計画が良く分かる!カタログプレゼント
  • ご相談・お問い合わせ