• トップ  >
  • わが家の建てどきガイド

わが家の建てどきガイド

ミサワライフデザインシステムについて③

2018/02/15 10:00
こんにちは。
住まいづくり相談室の鈴木僚太ですbleah
今回は、いつもながら業界初のノンリコオプション付き「ミサワライフデザインシステム」ついてお伝えします。
 
「ミサワライフデザインシステム」は、オーナー様のさまざまな暮らしの変化に対応する仕組みです。
暮らしの変化により、住み続けることが難しくなったお住まいについて「貸す」「売る」「返す」という選択肢からが成り立っていますが、本日は、今までお伝えした「返す」「貸す」にもう1つの選択肢である「売る」について、触れていきます。
「貸す」と同じく、「売る」のは、不動産業者へ頼めば誰でも可能です。
「売る」からには、少しでも高く売りたい!と思うのが普通ではないでしょうか。
 
もちろん、住宅ローンの残債がまだ残っているならば、その残債以上の金額にはしたいところです。
とはいえ、仲介手数料や家財の撤去費用、メンテナンスやクリーニングなど、売却にあたってかかる費用は多岐に渡ります。
 
ちなみに、日本の中古住宅の流通は諸外国に比べて非常に低い数値です。
皆さんも、中古住宅よりも新築住宅のほうがいい!という印象が強いはずです。
ではなぜ、そのような印象が強いのでしょうか?
答えは簡単です。今まで、中古住宅には「古い・汚い」「品質が不安で、不具合があるかも」という印象と、「選ぶための情報が少なく、わからない」という意見も多くあり、
要は中古住宅は選ぶための「指標」がなく、心配という印象が根付いてしまっているのです。
 
そこで、選ぶための「指標」を、大手住宅メーカーでつくろう!という話になりました。
それが「スムストック」という査定の仕組みです。
2008年7月に大手10社で「優良ストック住宅協議会」を立ち上げ、ミサワホームもその一員です。
 
「スムストック」の対象物件となるには、以下の条件を満たしている必要があります。
①住宅履歴が整備された住宅
②50年以上にわたって「長期点検・補修制度」を守り続けることができる住宅
③優れた「耐震性能」を有している住宅であること
 
いかがでしょうか?この3つの内容が明確であれば、たとえ中古住宅であったとしても、購入にあたっての「指標」のひとつとなり、「心配」も軽減できるのではないでしょうか。
 
スムストックについて、詳しくはこちら → https://sumstock.jp/
 
最後にひとつだけ付け加えるならば、スムストックの査定により必ずしも高く売れるとは限りません。
「売る」からには「買う」方が必要だからです。
 
場合によっては残債をカバーできず、自己資金でローンを解消する必要もあるかもしれません。
そんなとき、「返す」選択肢であるノンリコオプションが行使できれば、残債をJTI(一般社団法人 移住・住みかえ支援機構)が肩代わりしてくれるわけです。
 
まずは「売る」「貸す」を検討してから、「返す」を検討いただくとスムーズかと思います。
是非、詳細はお近くのミサワホームにてお尋ねください!

ソーシャルブックマーク

  • 資金計画が良く分かる!カタログプレゼント
  • ご相談・お問い合わせ