• トップ  >
  • わが家の建てどきガイド

わが家の建てどきガイド

住宅取得資金贈与の非課税枠の拡充について

2019/03/15 10:00
こんにちは。
住まいづくり相談室の鈴木僚太ですwink
 
今回は、消費税率引上げに伴う住宅取得支援策として、『住宅取得資金贈与の非課税枠の拡充』についてご案内させていただきます。
 
こちらは以前から継続されている策ですが、拡充されています。
額などは後ほど解説いたしますが、まずは基本的なことからご説明します。
 
人から人への「贈与」には税金が課せられます。これが「贈与税」です。
 
贈与税は、贈与額により徐々に高くなる「累進課税制度」となっていて、税率は10%〜55%と額によっては非常に高額になります。
 
それが、「親などからの住宅取得資金」の贈与については、非課税枠があるのです。(限度額あり)
要は、住宅を購入する資金に充てる場合は、非課税対象とすることができるということです。
 
非課税枠については、契約時期により異なります。
 
2019年3月31日までの契約      : 1,200万円(省エネ等住宅の場合)
2019年4月1日〜2020年3月31日の契約 : 3,000万円(省エネ等住宅の場合)
2020年4月1日〜2021年3月31日の契約 : 1,500万円(省エネ等住宅の場合)
2021年4月1日〜2021年12月31日の契約 : 1,200万円(省エネ等住宅の場合)
※他、ご利用には条件がございます。詳しくはお近くのミサワホームまでお問合せください
 
住宅取得にあたって、親などから「贈与」があるという方がいらっしゃるかもしれません。

将来の節税対策にもなりますので、贈与があるという場合は、ぜひ、住宅展示場で営業に確認ください!

展示場のご来場には事前予約がおすすめです。
https://www.misawa.co.jp/navi/index

ソーシャルブックマーク

  • 資金計画が良く分かる!カタログプレゼント
  • ご相談・お問い合わせ