• トップ  >
  • わが家の建てどきガイド

わが家の建てどきガイド

【フラット35】等の制度改正について

2019/05/15 10:00
こんにちは。
住まいづくり相談室の鈴木僚太ですwink
 
全期間固定金利の【フラット35】ですが、さまざまな制度改正が実施、または予定されています。
かしこく利用することで、総返済額をおさえることも可能です。
一部抜粋してご案内させていただきます。
 
・フラット35Sの継続
借入金利が一定期間引き下げられる制度で、1年間継続となっています。
金利引下げは当初10年間▲0.25%(Aプランの場合。Bプランは当初5年間)
期限は2020年3月31日申込み受付分までとなります。
 
・フラット35の融資率90%超上乗せ金利の引き下げ
フラット35は、融資率90%を超える場合は金利の上乗せがございます。
現行0.44%の上乗せが改定により0.26%の上乗せとなります。
2019年10月1日融資実行分から適用となります。
 
・フラット50の融資率上限および融資限度額の引上げ
返済年数が最長50年となるフラット50は、融資率上限が現行60%となっており、
融資限度額は6,000万円です。
足りない分はフラット35で借入する「ダブルフラット」の利用が多いのが現状ですが、2019年10月1日融資実行分から、融資率上限が90%に、融資限度額は8,000万円に改定されます。
フラット50単独での融資も可能となります。
月々返済負担を減らすことができる一方、返済年数が長くなる分金利負担が増えることも想定しておくことがポイントです。
 
以上は一部抜粋で、この他にも改定予定がございます。
詳細は住宅展示場にお越しいただき、営業担当者までお問合せください。
 
ご来場には事前予約がおすすめです。

ソーシャルブックマーク

  • 資金計画が良く分かる!カタログプレゼント
  • ご相談・お問い合わせ