MISAWA 一戸建て/注文住宅

戻る

homeclubコラム集

生活スタイル

大自然の紅葉を楽しむなら早めの計画を早いところは9月からシーズンスタート!

紅葉前線は、北から&上から

9月はまだ暑さが残るとはいえ、確実に秋へと向かっていく季節。早いところでは紅葉の便りも聞こえてきます。紅葉前線は北から南へ進むだけでなく、標高の高い場所から平地へ下ってもきます。また、周辺環境や気候にも影響されるので、油断していると見頃を逃してしまうこともあり得ます。そうならないよう、あらためて紅葉の条件や、各地の見頃の目安などをご紹介します。

紅葉のメカニズム

紅葉する前の葉には、緑色のクロロフィルと、黄色のカロチノイドという色素が含まれています。光合成が盛んな春から夏にかけては、クロロフィルが表面に出ていて、葉は緑色をしています。ところが秋になって気温が下がってくると、クロロフィルが分解されてカロチノイドが表面に出てきて、葉が黄色になります。そしてさらに気温が下がると、クロロフィルが分解されて出来たタンパク質と、葉に残っていた糖分が反応し、アントシアニンという赤い色素が作られます。アントシアニンが増えることで、葉が赤く紅葉します。

紅葉の条件

紅葉が始まる目安は、1日の最低気温が8℃以下になること。最低気温が5~6℃になると、紅葉がぐっと進みます。
鮮やかに紅葉する条件としては、夏から秋にかけての日照時間が長いこと、昼夜の寒暖差が大きいこと、葉が枯れない程度に適度な湿度があることです。紅葉の名所に渓谷が多いのは、この条件が揃っているからです。

各地の見頃の目安

紅葉の見頃は、地域別で見ると、例年おおよそ下記の通りです。

■北海道 10月中旬~下旬
■東北地方 11月中旬
■関東地方 11月中旬
■中部・北陸地方 11月中旬
■関西地方 12月上旬
■中国・四国地方 11月中旬
■九州地方 11月中旬

しかし、標高の高い場所であれば、下記のように、9月に見頃を迎えるスポットも多々あります。 ※2018年以前のデータより

■大雪山国立公園(北海道) 9月上旬~10月上旬
■八幡平(岩手) 9月下旬~10月中旬
■那須高原(栃木) 9月下旬~10月上旬
■麦草峠と白駒池(長野県) 9月下旬~10月中旬
■立山室堂平(富山県) 9月下旬~10月上旬

街中で紅葉を楽しむか、それとも一足先に雄大な自然の中で楽しむか、計画は早めに進めるとよいかもしれませんね。